• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

メインがダメならサブがあるさ

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月24日 ウォルトンガーデン 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  36回目
天気 くもり
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 6時15分 ~ 11時15分 5時間
気温 3℃~7℃ / 表層水温 メイン10.2℃ サブ9℃ 水中水温(水深1m)メイン11℃ サブ8℃


午後に用事があったので久し振りに朝一からの5時間券での釣行。

ウォルトンの夕マズメと朝マズメの違いがどうなのか、非常に興味があった。


1.6時15分-8時15分 2時間 5尾 時速2.5尾

久し振りにレストハウス前に釣り座を構えた。

20140224_060113.jpg
特にパイロットルアーは決めてないのだが、この所パニクラSRが渋い活躍を見せているので、使ってみると1尾が直ぐに来た。

20140224_060318.jpg
水面はライズが凄く活気に溢れている。

もっと表層に違いないとつぶアンF、つぶアンHF、バービーF等でチェックするがアタリがあるのみで、掛かりそうで掛からない。

スプーンに変えてウォブルスイマー1.5g、スイッチバック1.2gでそれぞれヒットするもネット直前バラシ。
_| ̄|○

ツンツンと突っついてるようなアタリがあるので、レンジは合ってそうだが、掛かっても即バレ連発。

釣れそうで釣れないのも中々にツライ。(^^;

1g以下では反応も遠のくので、1.2gが合ってるだろうと色々とローテするが状況変わらず、スイッチバックで6時55分にようやく1尾追加で苦戦。

20140224_065545.jpg
ちょっと小ぶりだがヤマメが釣れてちょっと気分が上向く。笑

この所、爆発しまくっていたトルネードではどうだろうかと興味があったので使ってみる。

これを使っても似たような感じ。

5投目で釣れてしまったのでルアーチェンジ。笑

20140224_071008.jpg
7時を過ぎると水面のざわつきが減り、静かになった。

幾分、タナが下がったのかなと思い、スプーンでゆっくり目に引いたり、重めを使ったりするも中々うまくいかない。

私の右横に居た方が殆どロッドを動かさず、巻いてないような釣り方で堅実な釣りをしていた。

ボトムステイなのかと、ボトム用ルアー(エグザ、ダートラン、JUKEなど)を使って真似をしてみたが、そうそう上手くいかず断念。

7時台にスイッチバック1.2gとモカSSでそれぞれ1尾追加出来たのみで、まるでわからず迷走。

20140224_073217.jpg
20140224_074300.jpg
気分転換に場所変えを決意した。


2.8時15分-10時15分 2時間 18尾 時速9尾

ここは久し振りにジェームスポンドの様子を見ようと場所移動した。

誰も居ないので場所は選び放題だが、いつもの習慣で右側のインレット付近に入った。

20140224_081408.jpg
水深の浅いこの池と相性のいいスイッチバック1.2gをそのまま投入。

中層を意識しながら引いてくると1バラシを挟んで30分で4尾は悪くない。

20140224_082016.jpg
ちょっとスレてきたので、蛍光イエローへチェンジ。

2尾獲ったところでスローダウン。

20140224_085639.jpg
シルバー/グリーンヤマメカラーへスイッチしたが、これも1尾止まり。

20140224_092713.jpg
恐らく、スイッチバックそのものにスレた可能性大。

お次はバベルゼロウェイトチューン0.6g。

デジ巻き&ステイを繰り返しもNOTHING。( ̄ロ ̄lll)

デジ巻きとステイの色んな組み合わせでやってる内に巻きを長くするとその時間に反応が出だした。

もしかしてと思って、スローリトリーブの巻きで釣れた!!

20140224_091642.jpg
その後も反応はあるものの、即バレ頻発。

スイミングなら1g以下のスプーンの方がいいだろうとTロール0.6gへシフト。

案の定、食いつきがいいし、即バレが減った。

9時39分から10分で1バラシを含んで5尾キャッチに成功!!

20140224_093903.jpg
ちょっと反応が落ちたところで、カラーチェンジかと思ったが、エアーの0.6gのヒラヒラ感はどうだろうと試してみたくなって使ってみると2尾追加出来た。

20140224_095459.jpg
段々面白くなってきた。

ならば、ミニミニスティックはどうだろうか。

コイツは通常殆どリフト&フォールの使い方が多いので、デッドスローのストレート引きにどういう反応するか、興味津々。

試してみると、確かに2尾釣れたが、やはりスレてしまう。
20140224_100918.jpg


3.10時15分―11時15分 1時間 14尾 時速14尾

ミニミニスティックや1g以下のルアーでスレてきたので、また1.2gのスイッチバックに戻した。

10分くらいはまったく反応が出ず、もはやこれまでかと思った。

が、ボトムに根掛かって気がついた。

遅く巻きすぎていた。(^^;

1g以下のルアーをずっと巻いていたので、知らず遅巻きになってしまっていたようだ。

巻きスピードを変えないとダメだろうと一番最初の中層というイメージで若干早く巻くようにすると、直ぐ答えが返ってきた。

20140224_103200.jpg
これをメインにしたまま、隙間にエアー0.6g、ミニミニスティックを織り交ぜて、実質45分で14尾は大満足な結果。

20140224_105052.jpg
20140224_105955.jpg
恐らく1g以下のTロールを入れてローテしても結果は変わってなかったと思う。

ここでも確認のためにトルネードで1本だけ釣っている。笑

20140224_110452.jpg
まぁ、活性が高くレンジが合えば釣れてしまうという感じだったかもしれない。

それでも、全体の2割くらいは手元にまで来ないライン変化で掛けて釣ったのは楽しかった。

その他はライン変化と手元にまで来る感触が同時というのが多かった。

食った後、反転するアタリだったように思う。

水温は小さく浅いジェームスポンドの方が1~3℃くらい低く、10℃を切っていた。


4.総括

本日の成績は5時間で37フィッシュ、9バラシだった。 時速7.4尾

やっと満足のいく釣りが出来た感じがする。

ラインでのアタリで掛けていく釣りは本当に楽しい。

こんな釣りができれば1日中やっていても飽きないに違いない。

あとフロントフック仕様の縦用ルアーはスイミングで使うのなら、むしろリアフック仕様の方が掛かりがいいのではないかと思った。

これから表層での釣りになってリフト&フォールではなく、スイミングで使うケースも増えるであろうと思うので、試してみたくなった。

まぁ、メインがダメだとサブのジェームスポンドへ逃げてきたのが、多少後ろめたい。(^^;

結局、メインに戻らず、その攻略もせずにほったらかしにしちゃったからね。

何が正解だったのか、とうとう分からずじまい。

私の右隣で堅実にスロー引きで釣っていたあの釣り方はなんだったのか、凄く気になる。


ルアー別釣果は下記の通り

スイッチバック1.2g金/グリーンヤマメカラー  15尾
Tロール0.6gブッシュパパ  5尾
エアー0.6gスーパーグリーングロー  5尾
ミニミニスティック黄色  4尾
スイッチバック1.2g蛍光黄色  2尾
トルネード・キャラメル  2尾
バベルゼロウェイトチューン0.6gチョコカラー  1尾
パニクラSRウグイスカラー  1尾
モカSSクリアーオレンジ  1尾
スイッチバック1.2g銀/グリーンヤマメカラー  1尾


*** 今シーズン通算 859尾 ***


こんな風に思い通りに釣りが出来れば本当に楽しいのですが、必ず落とし穴があるのが釣りです。
この2日後、同僚Sとはるばる開成水辺フォレストスプリングスへ1年ぶりに行ってみたのですが、散々な目に遭いました。_| ̄|○
久し振りにカンツリで叩きのめされました。(T_T)
こういう厳しさを乗り越える術をもっと身に付けないとダメですね。
多少引き出しが増えたくらいでは太刀打ちできない難しさがありました。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ウォルトンガーデン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


トルネードの真実

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月19日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  35回目
天気 晴れ
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 13時20分 ~ 18時20分 5時間
気温 9℃~4℃ / 表層水温 10.8℃~9.4℃ 水中水温(水深1m) 11℃~10℃


連休3日目は、釣りはしないつもりだった。

この日は娘の公立高校受験の合格発表と重なっていて合否にかかわらず何かと雑用があるとのことで、釣りは控えるようにとカミさんに釘をさされていたからだった。

朝はまず家族全員で発表を見に行った。

まるで自分のことの様にドキドキしてしまった。笑

お陰様で、娘は首尾よく合格することが出来た。 (*^0゚)v

結構、ボーダーライン上と言われ続けていて、かなり心配していただけに家族中で喜んでしまった。

合格だけ確認してカミさんは仕事へ行ってしまったので、後は私が娘の面倒を見ることになった。

案の定、中学と高校とを行き交って書類の提出などに時間を費やされた。

なんだかんだで、終わったのがお昼の12時。

娘に午後どうするかと聞くとのんびり家でテレビ三昧というので、私は家にいてもしょうがなくなった。

それなら、どうするか、釣りしかないでしょう!

というわけで、近場のジョイバレーに行ってみた。

20140219_131349.jpg

1.13時20分-14時20分 1時間 2尾 時速2尾

主だった所の釣り座は埋まっていたので、受付から見て左側の排水口付近に釣り座を構えた。

20140219_131617.jpg
成田空港に近いジョイバレーでは先週の雪はみぞれ及び雨だったようで、雪しろと言うより大量の雨水が池に流入して物凄い濁りが入ったらしい。

ようやくその濁りがとれつつあるという状況だった。

苦戦するのは必至だと覚悟した。

水面も静かだし棚は深そうとディープクラピーで探ると開始早々に1本は獲れるものの次が来ない。

20140219_132147.jpg
私にとっての定番のパニクラSRで1本追加出来たのは、その実に1時間後だった。

20140219_141217.jpg
その間じっと手をこまねいていたわけはなく、ボトムも含めて色んなレンジ、スピードでチェックしたのは言うまでもない。

予想通りの厳しさに次の展開に困った。


2.14時20分-15時20分 1時間 5尾 時速5尾

一向に答えが見えてこないので、今日の活性を占う感じでトルネードを投入。

2日続けて違うエリアで釣れているので、ここジョイバレーでもどんな感じか試してみたくなった。

すると、アッサリと釣れてしまった。

20140219_143152.jpg
特に考えるでもなく普通に巻いたら釣れるというイージーさだ。

2尾釣ったところで、あえてルアーチェンジ。

釣れる事が分かったから、もう少し工夫しつつ、トルネードとローテーションすることにした。

メガギル2.3gとミニスペック28MRSPでとりあえず隙間を埋めて、ギリギリ時速5尾をキープ。(^^;
20140219_143909.jpg
20140219_150033.jpg


3.15時20分-16時20分 1時間 5尾 時速5尾

トルネードと他のルアーでのローテーションを堅持。

安定して釣れるトルネードを軸に他に釣れるルアーを探すというパターンは続く。

確実に釣れるルアーがあると安心して探せるが、逆に言うと直ぐそれに頼りそうになる自分もいる。笑

むしろ、この自分との闘いの方がキビシイ。

この時間帯は懐かしの竹ミノー2.0gとプチモカFが隙間を埋めてくれた。
20140219_153745.jpg
20140219_154743.jpg


4.16時20分―17時20分  1時間 10尾 時速10尾

日が落ちて夕マズメになったようで、次第にポンドに活気が出て来た。

相変わらずトルネードには高反応だが、この反応にあやかろうと必死に他のルアーでの道を探す。

ここで昨日上手くできなかったトルネードの釣れるレンジに他のルアーを合わせていこうと考えた。

中層やや上を秒速1/2から3/4回転くらいを目安に引くようにした。

リンゴミディ1.5gの緑で何となく出来たのか、この時間4尾のキャッチに成功。

20140219_162044.jpg
無論、連続ではない。

つぶアンFとかパニクラSR、トルネードをローテしまくっての結果だ。
20140219_165043.jpg
20140219_171811.jpg


5.17時20分―18時20分  1時間 7尾 時速7尾

他のルアーでも釣れてくれるとトルネードに頼ってばっかりじゃなくていいので、気持ちが楽になってくる。

夢中でトルネード以外のパターンを追い求めていく。

結局、これはというのはなかったが、ローテーションさせることで、フレッシュなルアーと魚の目に映るのか、faces1.4g、スイッチバック1.2g、パニクラSRで釣れた。

20140219_172558.jpg
20140219_173747.jpg
20140219_175535.jpg
暗くなってからは、むしろトルネードが釣れなくなった。

安全パイと思ってキャストしたのに、これは意外だった。( ̄ロ ̄lll)

焦りまくった結果、この時間はなんと1本だけ。

20140219_175042.jpg
どうしようと考えた結果、活性の高い時はウォブルスイマーだろうと、1.5g金/赤スポット入りを投入。

納竿間際に3連荘とは嬉しい結果となって、気持ちよく終了の時間を迎えることが出来た。
20140219_180910.jpg


5.総括

本日の成績は5時間で29フィッシュ、6バラシだった。 時速5.8尾

3日続けて違うエリアでトルネードが当たるとは、驚きよりむしろ呆れているレベル。

もうこうなってくるとイージーに釣れるルアーをどれだけ抑えて、他のルアーでの釣果を上げていくが課題になってくる。

集計してみてビックリ。

もっとトルネードに頼っていた感が自分ではあったが、集計してみると結構他のルアーで健闘していた事が分かり、ちょっとホッとした。

まさにこれは自分との戦いだね。

こんな事が続くと釣りが一気につまらなくなるし、飽きてくる。

行くたんびに答えが違う、その答探しが面白くてカンツリ通いをしているわけだから、最初っから分かっちゃったら面白くないのは当然。

とはいえ、お金を出して釣りを楽しむ以上、悶絶もイヤと人間はかくも我儘なのか、我ながら笑っちゃう。


ルアー別釣果は下記の通り

トルネード・黒  7尾
リンゴミディ1.5g  4尾
パニクラSRウグイスカラー  3尾
ウォブルスイマー1.5g金/赤スポット  3尾
トルネード・赤  2尾
トルネード・キャラメル  2尾
ディープクラピー紺/クリアー黄色  1尾
メガギル2.3gメタルグリーン  1尾
ミニスペック28MRSPグリーンカモ  1尾
プチモカFグリーンラメ  1尾
竹ミノー2.0gモスグリーン  1尾
つぶアンFピンク  1尾
faces1.4gモスグリーン  1尾
スイッチバック1.2g蛍光黄  1尾


*** 今シーズン通算 822尾 ***


トルネードのカラーチェンジローテをすればいいとと答が分かってる中、それ以外の答を探すのが大変でした。
結局正解は分からずじまいでした。
管理人さん曰く、魚が散らばり水も濁ってハマリルアーがなかったのではとの事でした。
そんな時に集魚力があるのがトルネードらしいです。
今の時期にいいのはそのせいかもしれません。
本当に釣りは訳が分からない事だらけです。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:16

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


修行は挫折!?

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月18日 フィッシングエリアJ 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  34回目
天気 晴れ
風 中風 0m/s ~ 4m/s
釣行時時間 8時 ~ 17時20分 9時間(昼食休憩20分)
気温 -1℃~7℃ / 表層水温 8.4℃~8.6℃ 水中水温(水深1m) 8℃~10℃


連休2日目は、フィッシングエリアJでの修行と決めていた。

厳しい闘いとなることが予想されたが、1日じっくりやってみたかった。

20140218_074330.jpg
フロントフックは禁止なので、行く前にこれらのルアーは完全封印、リアフックにもしないと決めていた。

TMUさんが爆釣したペレットペレットSSも封印した。

ただしボウズになりそうだったら、その時は解禁するとした。笑

そして好きなルアーのミニミニスティック、トルネードは午前中は封印して午後からの使用と決めた。

但し、そこそこ釣れていれば使わないとした。

また、修行に専念する為に、1号、3号池も封印。

2号池の場所を3箇所選んで気分転換すると決めていた。


1.8時-10時 2時間 5尾 時速2.5尾

まず最初の釣り座は事務所対岸中央やや手前。

20140218_075506.jpg
定番の表層から刻んでいく事にした。

オーナーブログによると、1g以下でスロー引きか1.2g前後の普通引きで釣れるようなコメントが載っていた。

私はどうかというと、サークル0.9gの蛍光グリーンでいきなり釣れた!

20140218_080152.jpg
が、続かない。

赤/金に色を変えて1尾追加が精一杯。

20140218_080855.jpg
色やスプーンを変えてもアタリがないので、パニクラSRを投入。

期待通りに1尾キャッチ出来たものの後が続かない。

20140218_081557.jpg
レンジを上下に変える様、色々とクランクを投入しても結果は変わらず。

今度はスプーンを1.2g、1.5gと試していくけど駄目。

1.8gのリンゴミディでようやく30分後に1尾追加できた。

20140218_084412.jpg
が、またも途絶えて、早くも悶絶釣行が見え始めた。

ボトム系を繰り出して僅かな可能性を見出そうとするが、不発。

ハルパーダイブ0.7gのどちらかというとスイミング的なアクションでようやく9時16分、1尾をゲット出来た。

20140218_091656.jpg
これを追加するのに30分も要してしまった。

この後ディープクランク、スイッチバック1.2gで掛けるもネット直前バラシ。 _| ̄|○

9時30分以降は完全に沈黙・・・・、釣れる気がしなかった。( ̄ロ ̄lll)

後ろに大物池(3号池)があるので、何回も振り向きたい衝動に駆られたが我慢我慢。笑


2.10時-12時 2時間 4尾 時速2尾

場所移動で気分転換を狙う。

対岸のほぼ中央へ移動。

20140218_100553.jpg
この管理釣り場は時間も場所も釣果に差が無いように、工夫を凝らしてると聞くが、それも確かめたかった。

少なくとも地形は明らかに違う。

こっちの岸際は浅く緩やかなかけ上がりになっている。

当然、そこのかけ上がりにいるだろうとボトム系やスプーンのスロー引き等でチェックするも思ったとおりの結果が出なかった。

この日お客さんは10人くらい居たのだが、殆どこちらサイドが人気でそれなりに釣り座が埋まっていた。

軽量スプーンのスロー引きに固執し過ぎたかと、ペンタ1.7gで色々なスピードで引いてみると、何とか1尾キャッチ出来たが、所詮単発にしかならない。

20140218_104814.jpg
じゃぁと、今度は一番信頼の厚いスイッチバック1.2gを使って、同様に色んな引き方をしてみる。

30分くらい色々試していると反応のいいパターンを発見。

11時10分から7分で3連発とこの日初めて連荘できた。

20140218_111255.jpg
ただ、そのパターン今となっては良く憶えてない・・・。( ̄ロ ̄lll)

何となくこれで暫くいけそうな気がして、お昼にしようと中断した。


3.12時-12時20分 昼食休憩

持ち込んだお握りをほおばりながら、カップ麺をすすっての昼食休憩。

せっかくなので、オーナーに色々話を伺った。

オーナーがおっしゃるには雪が凄かったので、大量の雪しろが入って水は多少濁って、ボトムには冷たい水が入ってるそうだ。

魚はそれを嫌って、ボトムにはいない感じがすると言っていた。

また水温そのものが10℃くらいで安定していることを話すと水にはお金を掛けてますよと自信のある答えが返ってきた。

何でも、100mレベルのボーリングをして汚染されてないクリーンな水源を確保しているとの事。

水温の安定や美味しくて安心して食べれる魚を育てているとの事で、とても好印象を持った。


4.12時20分―16時  3時間40分 24尾 時速6.5尾

午後一は当然休憩前に良かったスイッチバックより始める。

早速1尾はサクッと獲れたが、どうやらここまでだったようだ。

20140218_122041.jpg
次は午後解禁にしたミニミニスティックを投入。

それこそありとあらゆる引き方をしたが、ショートバイトすら無しで降板。_| ̄|○

色を変えても不発なので諦める。

次は前日良かったトルネード。

2日も続けてよかったことなどあり得ないし、この日も全く期待しないで釣り始めるとやたらと高反応。

カウント3で反応がいい。

結局、バラシなしの4キャスト、4連続キャッチに成功。

20140218_123158.jpg
信じられなかった。

ずっと厳しかったので、連続で釣れ続けると、ストレス解消になる。

多少スレてバラシや乗りづらくなってきたものの、カラーチェンジをするとコンスタントに釣れる。

20140218_124759.jpg
20140218_125616.jpg
20140218_130503.jpg
20140218_131203.jpg
1時間くらいは夢中で釣っていた。

が、飽きてきた。

それに本来はスプーンでの修行がメインな筈。

これだけトルネードに高反応を示すのなら活性は高いわけだから、スプーンで釣れるレンジやスピード、色の決め手があるに違いないと試しまくったが、全く駄目。(>_<)

こういう空しい努力を行いつつトルネードで釣るというローテーションをやっていた。

唯一、スプーンではなくハルパーダイブ0.7gのスイミングにて14時39分から2連続ヒットで他にもパターンがあるかと期待させたが、それもそれだけで終了。 _| ̄|○
20140218_143926.jpg


5.16時―17時20分  1時間20分 19尾 時速14.3尾

夕マズメを迎えて再び場所移動。

今度はまた対岸奥へ釣り座を移した。

ここで大きく方針変更。

気持ちを切り替えて釣れてるトルネードでどこまで行けるかに絞ることにした。

カラーチェンジを繰り返してる内、黒が一番いいことに気がついたので、色はもう黒だけで押してみることにした。

巻き合わせが余りに気持ちいいので、それの練習と釣れてる時しか出来ないランディングの集中練習と割り切ることにした。

その結果、納竿を迎えるまで、とにかく殆どスレずに、トルネードの黒で釣れ続けたのは驚異としか言いようが無かった。
(´゚Д゚`)ンマッ!!

20140218_161750.jpg
夕マズメという事もあるだろうが、他の方が殆ど釣れてない中、申し訳ないと思えるほど釣れてしまった。(^^;

一応、夕マズメのピーク時に15分ほど軽量スプーンで最後のあがきをしてみた。

サークル0.9gオレンジで1尾はキャッチできたものの、単発で終わってしまった。

20140218_164230.jpg
前回来た時は表層祭りで釣れたのだが、どう工夫しても獲れなかったので、またトルネードに戻してしまった。

上がり際にオーナーにスプーン修行と銘打っておきながら結局トルネードで釣り過ぎたので申し訳ないような事を言ったら、逆に慰められた。

大丈夫ですよ、トルネードは禁止ルアーではないですし、今の時期は難し過ぎます。

魚がルアーを銜えて反転しないのでアタリが非常に分かりづらいからしょうがないです。

3月に入るともっと良く分かるようになります。

むしろ、2号池は魚影が濃いので、他の釣り場さんより釣れてしまうのでは。

スプーンの釣りが楽しくてしょうがなくなるでしょうとの事だった。


本日の成績は9時間で51フィッシュ、8バラシだった。 時速5.7尾


5.総括


2日続けて違うエリアでトルネードが当たったのが不思議でしょうがない。

カウント3~5で落とし込み、秒速1/2回転から3/4回転で巻くスピードに反応が最も良かった。

殆どがクゥーと重くなるようなアタリで、急いで巻き合わせをしてアワセを入れるというような釣りだった。

このカウント3~5という巻き出しのレンジとスピードにスプーンを合わせるように、散々工夫してトライしたが、スプーンでは釣果が伸びなかった。

本当に良く分からない釣りだったと言える。


ルアー別釣果は下記の通り

トルネード・黒  22尾
トルネード・赤  8尾
トルネード・キャメル  6尾
スイッチバック1.2g金/赤・緑ヤマメカラー  4尾
ハルパーダイブ0.7gサーモンピンク  3尾
トルネード・ライムグリーン  2尾
サークル0.9g蛍光グリーン  1尾
サークル0.9g赤/金  1尾
パニクラSRウグイスカラー  1尾
リンゴミディ1.8gキャンディオレンジ  1尾
ペンタ1.7gフラミンゴカラー  1尾
サークル0.9gオレンジ  1尾
トルネード・黄色  1尾


*** 今シーズン通算 793尾 ***


前日に続いてトルネードで再び当たったのには驚きました。
時々とんでもなく爆発することがあるものの、連日違う場所で釣れるなんて事はかってなかったです。
本当に釣りは訳が分からないことだらけです。
実は翌日もトルネードで釣れているので季節的なことなのか、水温と関係があるのか、興味深いです。
ただこの日はボトムも不発でしたし、トルネードにハマリ過ぎてスプーニング修行には挫折してしまいました。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. フィッシングエリアJ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:10

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


ボトムはボトムでも・・・

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月17日 ウォルトンガーデン 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  33回目
天気 晴れ
風 強風 2m/s ~ 7m/s
釣行時時間 13時 ~ 18時 5時間
気温 12℃~8℃ / 表層水温 7℃~9.2℃ 水中水温(水深1m) 9℃~10.5℃


久々の3連休となり、まず初日はウォルトンで課題のボトム練習を行った。

1.13時-14時 1時間 12尾 時速12尾

釣り座はレストハウス対岸。

20140217_125508.jpg
ここにした理由はちゃんとある。

岸際が浅くゆるいかけ上がりになっていて、ボトムを攻めるならここと思っていたことと、ズル引いても根掛かりしないからだった。

多少は水が澄んできたのか、透明度が40cmくらいになっていた。

相当な雪しろが入ったはずだが濁りはないようだ。

でも、その影響が必ずあるだろうと予想していた。

いきなりボトムというわけにはいかないので、まずはレンジを探るべくリンゴミディ1.8g白を投入。

表層からチェック。

段々ゆっくり巻いていくと、沖ではなくかけ上がりでヒット!

20140217_125920.jpg
レンジはボトム付近なので、魚はやはりボトムに付いてそう。

次はトラッタエリアクランクFでグイグイ巻いて潜らせてからゆっくり引く。

20140217_132150.jpg
これもかけ上がりで喰ってきた。

かけ上がり付近の魚影が濃く、ボトム練習にはいいかもしれない。

念のためにバベルゼロ0.4gを投入。

いつものようにデジ巻き&ステイを繰り返すが風が強くしかもアゲインストで飛距離も伸びずラインでのアタリがとれない。

それでも、どうにか1尾は獲れたが、やっぱりレンジは深そう。

20140217_130800.jpg
水温は表層で7℃、水中で9℃と2℃も差がある。

こりゃ魚にとってボトムの方が快適に決まっているだろうと予測。

そこで、いよいよ、ダートランの登場だ。

沖の少し手前にキャストして着底を待ってから、様々なアクションをさせる。

大きくしゃくってみたり、小さく煽ったり、シェイクしたり横へジャークしたり、アクション後は糸ふけを取って暫くラインを見つめるが、一向にアタリがない。( ̄ロ ̄lll)

しつこく、やっていてようやく2尾くらいヒットするも、バラシ。 _| ̄|○

とりあえず、諦める。 (^^;

他にもボトム系を試すがJUKEで1尾ヒットするもバラシて終わり。

なので、エグザ1.2gを投入。

同じ要領で探っていくが、すぐ答が返ってきた。

チョンチョンと小さくロッドを煽ってステイするとラインが動いてアワセると掛かるというパターンにハマッた。

20140217_133656.jpg
強風なので、ラインが流されないようにずロッド位置を低くしてなるべくラインも低くして対応した。

ラインをじっくり良く見ていないと風なのかアタリなのか分からない。

アタリなのに風と勘違いして遅れたり、その逆も結構あった。笑

それでも、ハマって釣れた。

13時36分から14時までで9尾キャッチは時速にすると18尾ペースだから、爆釣感は確かにあったね。


2.14時-15時30分 1時間30分 8尾 時速5.3尾

14時を回るとバラシが増えて若干スレ気味になってきた。

そこで、このパターンを休ませるべく、スタート当初のリンゴミディとかパニクラSRとかでローテを探しつつ、ボトムチェックを続けた。

ボトムはスライドチップ1.0gでも2尾はキャッチ出来た。

20140217_151827.jpg
キャッチ率は落ちてきたものの、このままここでやっていれば、恐らくこのパターンが続くだろうが、私が飽きてきた。


3.15時30分-16時 30分 0尾 時速0尾

ジェームスポンドへ行こうか迷ったが、深い方はどうだろうかとレストハウスから見て左側排水口付近へ移動した。

20140217_154415.jpg
が、何を投げても反応無し。

恐らく何らかの答えがあったはずだが、それを一からまた探すのは、面倒で、時間的に夕マズメが迫ってきたため、早々にこの場所を見切った。


4.16時―18時  2時間 11尾 時速5.5尾

レストハウス前の初心者エリア近くへ移動。

20140217_160819.jpg
ボトム練習は充分とは言えないが、次の楽しみは夕マズメのスプーニングもしくはクランキング。

巻きの釣りを楽しもうとこの時間に有利となるはずの実績ルアーをつぎ込んでいくもののアンサー無し。_| ̄|○

見た目は水面上の活性が上がってきたように見えているものの実釣レベルでは中々上手くいかないので、イライラしていた。

無論、レンジを色々と確かめつつやっていくも、16時24分につぶアンFで事故的に釣れただけ。

20140217_162405.jpg
完全に行き詰った。

もう一度ボトムの釣りへ戻るか、別なルアーで継続するか選択を迫られた。

ここは好きなルアーで確認してからにしようとミニミニスティック投入。

が、全く反応なしで、釣れる気がしなかった。

お次はトルネード。

全く期待せず、カウント5まで沈めて巻いていると恐ろしいくらいの勢いでゴーンとバイト。

エッと本人が驚くほどの高反応。

結局、本日2回目の波がやってきて、16時50分からおよそ1時間で10尾キャッチ出来た。

20140217_165050.jpg
1時間ずっとトルネードをやっていたわけでは無論なく、合間をぬってリンゴミディを中心にして、様々試すも不発。

納得がいかないまま、トルネードで釣り続けたという展開。

トルネードが17時50分にスレて途切れた時、カラーチェンジか別ルアーか悩んだが、その10分をスプーニングに賭けてみた。

リンゴミディ1.8g黒で巻いてみると、バイトあり。

2連続ヒットするも、全て途中でバラしてしまい、上がりマスは獲れずじまい。_| ̄|○

ドラマフィッシュは残念ながら来なかった。



本日の成績は5時間で31フィッシュ、2バラシだった。


5.総括

雪しろ大量流入の影響があったかもしれない。

いつもと違ったパターンとなった。

ただダートランで釣れなかったのは痛かった。

ボトムはボトムでもエグザで連発とは本人にも予測出来なかったね。

次回以降に持ち越しだ。

夕マズメ不発は雪しろだけでなく、日が長くなって明るいせいもあるかも。

18時の閉店時でも、もう真っ暗ではないので、19時まで延長して欲しいくらいだ。



ルアー別釣果は下記の通り

エグザ1.2gモスグリーン/黒  12尾
トルネード・キャメル  10尾
リンゴミディ1.8g白  2尾
パニクラSRウグイスカラー  2尾
スライドチップ1.0g茶  2尾
バベルゼロウエイトチューン0.4gベージュ  1尾
トラッタエリアクランクF  1尾
つぶアンFライムグリーン  1尾


*** 今シーズン通算 741尾 ***


トルネードで当たったのは久々でした。
時々とんでもなく爆発することがあるからトルネードは怖いです。
継続してまだまだボトムの練習も継続するつもりです。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ウォルトンガーデン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:18

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


深いレンジに泣く

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月12日 霧の沼フィッシングエリア 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  32回目
天気 くもりのち晴れ
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 7時 ~ 16時 8時間40分(昼食休憩20分)
気温 1℃~3℃ / 表層水温 2℃~3℃ 水中水温(水深1m) 0.4℃


今日はTMUさんとの友釣り。

先週に引き続いて舞台は霧の沼FA。

20140212_070045.jpg
雪の影響で3日も閉鎖されていたというからこの日も出来るかちょっと心配していたが杞憂だった。

ちょっと遅れるかもしれないが、お先にどうぞということだったので、7時より前回とほぼ同じ所から釣行開始。

20140212_070103.jpg
10分ほど遅れてTMUさんが到着、並んで釣りを始めた。


1.7時-10時 3時間 7尾 時速2.3尾

先週の金曜日の事が頭にあるのでその攻め方がベースとなるが、どうにも上手くいかない。

TMUさんはいち早くボトムに注目して開始早々に1尾を手にしていた。

たまにライズが見られるので、ボトム以外の魚も居るはずだと中層からやや深目のレンジも探っていく。

サークル2gのゆっくり引きでようやく1尾目のキャッチに成功。

20140212_075601.jpg
何と7時46分の事だった。

今日のお昼は獲った魚を塩焼にしてもらっての定食と決めていたので早速スカリへ。

20140212_074647.jpg
その後、もう1尾を追加したもののイマイチ。

余りにも深いのでボトムまでいかずとも獲れる魚は居るだろうと探し続けた。

要はボトムは苦手なので避けたいだけだったのだが・・。苦笑

バベルゼロとウォンツクラピー、ハルパーダイバーで3mくらいレンジの魚を5尾キャッチが精一杯だった。

20140212_083419.jpg
20140212_085137.jpg
20140212_091642.jpg
ディープクランクで獲れたのが、これが最後で以降、これ以上の深さへは届かない感じだった。


2.10時-12時20分 2時間20分 6尾 時速2.6尾

前回の釣行記で水中温度と表層温度の違いに興味を持った私はリアル温度計を今回持ち込んだ。

早速測ってみると表層は2℃、水中は1℃にも満たない0.4℃と驚愕の事実が判明した。

20140212_073801.jpg
20140212_073739.jpg
紐の長さに限界があるので調査できないが今日は深いほど水温が高いのではと予想された。

だから、ボトムと超スローがカギとなるとは容易に想像がついた。

かけ上がりの3mラインくらいでも魚は居るだろうし食ってくるだろうと固執しすぎたので、今度はボトム攻略に乗り出す。

ロールスイマー2.5gでのスロー引きで1本獲るも後が続かない。

20140212_102956.jpg
先週も良かったスイッチバックが良さそうだとTMUさんが仰るので、私も投入するが、イマイチ。

ふとTMUさんを見ると私より更にスローで巻いている。

かなり遅く巻いていたつもりだったが、それでも早すぎたようなので、修正した。

それでようやく、10時53分から20分で5本のキャッチに成功出来た。

20140212_105311.jpg
この水温では魚は元気だが、スローの方が食わせられる感じがした。

しかし、その後はスレて11時30分から悶絶状態に入ってしまった。

TMUさんがボトム攻略に成功されているだけに、何とかしたかったが、どうにもならないまま。

気分転換に釣り上げた魚を焼いてもらっての昼食休憩を取った。

2尾の焼き代が300円で味噌汁とご飯を付けて〆て600円。

20140212_122110.jpg
大変美味しく頂きました。(^^)


3.12時40分-15時 2時間20分 5尾 時速2.2尾

身体は温まったが釣果は寒いまま。

殆ど釣れる気がしないまま、釣り座へ戻った。

聞くとTMUさんは、この間2尾は追加出来たのことで確実にスコアを重ねているようだった。

ダートランやシャドウアタッカー、リバーブなどボトム系ルアーを色々試してみるも、どうにもアタリが取れず大苦戦。

深すぎるレンジに終始戸惑い気味。

結局、挫折してリアフック仕様のバベルゼロやエグザ、1.2gのスイッチバックのローテで5尾獲ったに過ぎない。
20140212_125505.jpg
20140212_131408.jpg
20140212_141906.jpg


4.15時―16時  1時間 12尾 時速12尾

15時にTMUさんが帰られた後、再び、しばらくはダートランの練習を重ねた。

池中央付近へキャストしていくうちに段々アタリが出てくるようになったものの、結局1尾キャッチに留まった。

20140212_152844.jpg
15時30分を回るといよいよ水面が騒がしくなってきた。

試しにスイッチバックをカウント0から3くらいで巻いてきても食ってきたので浮いてきたのは間違いない。

20140212_151019.jpg
2尾ほど追加出来たが、反応がイマイチなのでバベルゼロへ変えてみた。

するとリアフック仕様のバベルゼロで狙い撃ち出来た。

20140212_160628.jpg
この2つのルアーローテで12尾もキャッチ出来たのは本当にラッキーとしか言いようがなかった。

浮いてる方がやり易いけどマズメだからね、獲れて当たり前。

それでも、やっと釣れた感を味わうことが出来たので、アタリが落ち着いた16時に納竿とした。


本日の成績は8時間40分で30フィッシュ、3バラシだった。


5.総括

深いタナ、変わるレンジ、うまく捉えきれずに終わってしまった。

予想通り15時30分過ぎに夕マズメが起きたので浮いた魚は狙い撃ちに出来たが、それが不発だったらと思うとぞっとする。笑

それにしてもTMUさんは絶好調だった。

早くからボトム攻略に成功し着実に追加しつつ、午後ダートランで完全にハメた釣りになった。

私を含めて周りが殆ど釣れてない時に確実に時速6尾以上のペースで釣り上げていた。

ダートランは私も持っていて使ってみたが残念ながらうまく使いこなせず足元にも及ばない結果だった。 _| ̄|○

尚、本来ならフロントフック禁止というのは、バベルやエグザ、NSTなど小さいルアーも禁止というのが筋だと思われるが、そこまでやると私の技量だと、相当に厳しくなってしまうので、私は使っているので御了承下さい。
 <(_ _)>

また、ボトムでの使用は確かにリアフックはフッキング率に問題があるが、中層でのリフト&フォールやスイミングでの使用はフロントフックと大差ないという印象を持った。


ルアー別釣果は下記の通り(フロントフック禁止なので全てリアフック仕様)

スイッチバック1.2g金/グリーンヤマメカラー  9尾
バベルゼロハイブリッド0.4gチョコ(リアフック)  8尾
スイッチバック1.2g金/赤・グリーンヤマメカラー  5尾
サークル2gモスグリーン  2尾
ウォンツクラピーD36ウグイスカラー  2尾
ハルパーダイブ0.7gサーモンピンク  1尾
ロールスイマー2.5gモスグリーン  1尾
エグザ1.2gピンク/ブラウン(リアフック)  1尾
ダートラン・ヨネスティグロー  1尾


*** 今シーズン通算 710尾 ***


霧の沼のオヤジさんも絶賛していたTMUさんの釣れっぷり。
感服しました。
友釣りだからこそ分かるこの日の正解。
私一人の単独釣行だったら周りも釣れてないことをいいことに不調の一言で片付けてしまっていたかもしれません。
ボトムが苦手だと逃げ回っていては駄目ですね。
今シーズン残り少ないですがボトムテクを磨く必要があります。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. 霧の沼フィッシングエリア
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


金曜日のカンツリ難民

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月7日 霧の沼フィッシングエリア 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  31回目
天気 晴れ
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 9時40分 ~ 17時 7時間(昼食休憩20分)
気温 -1℃~1℃ / 表層水温 1℃???


今週は変則休みなのでジョイバレー釣行後、人間ドック受診日をはさんで金曜日が休みになっていた。

休みなので当然釣りへ行かねばならぬ。笑

フィッシングエリアJへ急に行きたくなって出発。

8時からだと朝がのんびりでいいやと到着してみると誰もいない。

もしかすると、休み~???

金曜定休日だった。_| ̄|○

ウォルトンへ戻って1日券で遊ぼうかとも思ったが、DODOOが近いと行ってしまった。

下道で20分で行けるから近い。

が、ここも金曜定休日で釣る前から撃沈!!_| ̄|○

普段は火曜・水曜休みなので金曜定休日が多いなんて知らなかった。 ( ̄ロ ̄lll)

さすがに2連敗は痛い、これはシャレにならない。(^^;

ここまで来たら霧の沼フィッシングエリアが近いことを知っていたので、行くっきゃない。

無論、スマートフォンで休みでないことを確認したのは言うまでもない。

人のいいオーナー夫妻が暖かく迎えてくれた感じのいいカンツリだった。

20140207_093653.jpg
成田から初めて来たと言うと、始める前に色々と説明下さって記念にパチリ。


1.9時40分-11時 1時間40分 1尾 時速0.76尾

朝は先行者はわずかに1名。

その方のいらっしゃる対岸の受付事務所から見て左サイドに陣取った。

20140207_094016.jpg
オーナー夫人にコーヒーサービスをして頂き、ありがたく御馳走になった。

20140207_094426.jpg
茨城弁のキツイオジサンに池の様子を窺った所、何言ってるのか良く分からなかったが、やっと聞き取れたのは私の釣り座付近で水深は3m、左手に水門があってそこは深く7mだそうだ。

池中央が5~6m位で対岸の浅いところが奥から1.5mから2mとのことだった。

水門付近に溜まってる事が多いらしいが、この日の基本は深いところではなくかけ上がり付近らしい。

ヘラの釣堀からの転用というだけに池は深く、中々に攻め方が難しそう。

開始早々にスリムスイマー2.5gで1本は獲ったものの大苦戦。

20140207_094527.jpg
後が続かない。

アドバイスされた辺りをクランクで引いたり色んな重さのスプーンで色んなスピードで引くがアタリが出ない。

水門辺りや池中央へのアプローチも試みるも深すぎるので探りきれない。

時折ライズもあるのでそんなに深くないはずだが、正直掴みきれないまま時間だけが過ぎていく。


2.11時00分-12時30分 1時間30分 7尾 時速4.6尾

日が差していても、ガイドが凍るような寒さなので、水温が気になって測ると何と1℃。

これはあくまで表層水温で水深1mあたりでは4~5℃はあるだろうが、不明。

これが表層水温計の限界なので、水中を測る水温計も欲しいところだね。

水中と表層水温の両方を知る事ができればターンオーバー等の傾向も掴めるしプラスになるはず。

改めて対岸の先行者の釣りを観察してみると超スローで結果を出しているではないか。

私も方針を切り替えた。

エグザ1.0gとバベルゼロウェイトチューン0.4gを使ってデッドにデジ巻きしているととあっさり3本キャッチに成功。

20140207_110302.jpg
20140207_111435.jpg
スレたら、今度はスイッチバック1.2gを投入。

どんなに遅く巻いてもヒラヒラとアピールできるコイツは私の信頼のパートナー。

どの程度のレンジを引いてきているかは分からないが、おそらく2mくらいだろうね。

20140207_113545.jpg
2本は獲れたが次が続かないので、今度は2gのサークルを使ってその下のレンジを狙うと2本の追加が出来た。

20140207_121614.jpg
ここでお願いしていた鍋焼きうどんが出来たと声を掛けられて昼食休憩。

卵を付けて550円、持ち込んだお握りと一緒に美味しく頂いた。

201402071230.jpg
寒かったので身体が温まってヤル気も高まった。


3.12時50分-15時30分 2時間40分 6尾 時速2.3尾

やっとあったかくなってきたので、それでも気温は2℃くらいだと思ったが・・・・。

ここでちょっと遊んでみる。

まずはトルネード、カウント8くらいまで沈めてから秒速1/2回転くらいで巻いてくるとなんと反応アリ。

20140207_130151.jpg
3尾掛けて2尾ネット直前バラシ、でも1本はキャッチに成功!

その他にもデカイヤシオマスを沖で痛恨のバラシもやらかしていた。

お次はミニミニスティック、バベルZで獲れるんだからと同じような攻め方をするも、反応も少なく事故的な1本のキャッチに終わった。

20140207_132450.jpg
お遊びでの釣果は今ひとつで基軸にはやはりなりそうにない。

昼食前に見えていたパターンへ戻すことにして、バベルZとスイッチバックで4尾の追加が出来た。

20140207_133855.jpg
20140207_150211.jpg
が、突然食いが悪くなり反応が途切れた。

30分近く空振り状態が続いて反応が得られなくなっていた。


5.15時30分―17時  1時間30分 13尾 時速8.7尾

今まではかけ上がり部のボトムよりチョイ上を意識して引いていた。

が、良く池を観察していると、水面が賑やかになってきていた。

明らかにレンジが上がって来ていると思った。

その時は何故だか分からなかったが、夕マズメが始まっていたのだ。

ライズがある所を狙ってバベルZをキャストして着水して即ゆっくり巻きだすとソッコー食ってくる。

これは面白い!!

いわゆる落ちパクだね。

落ちた水音と波動で寄って来るから巻いて横へ移動させるとリアクションで食うみたいな展開だった。

1キャスト1アタリくらいの高活性。

ただ、バラシも多い。

掛けてはバラシを繰り返しキャッチ率は30%くらいだろうか。

こんな状況ならマイクロスプーンでもいけるだろうとTロールでも試した所、全く同様なパターンで3尾はキャッチ出来たが、バベルZの方が断然キャッチ率が高かったね。

20140207_154932.jpg
おそらくペレットペレットでも同様だったのだろうが、バベルZで好調だったので試すチャンスを失ってしまった。

16時30分を過ぎるとオーナーが登場。

手にしてるのは餌のペレットだった。

なるほど、高活性の原因はこれだったのかと納得。

オジサンが花咲爺さん、よろしくペレットを水面へ撒いていく。

水しぶきが上がって魚が群がる様は、もうまるで鯉池状態。

オジサンの歩く足音に反応して魚が寄ってくるくらいだから、相当なもの。

しかし、私にとっては迷惑だった。

オジサンは池中に撒いてしまったので、魚が拡散してしまい私の近くにいたのもそっちへ行ってしまい、却って釣れなくなってしまった。

私の近くに来た時に入れ食いで2尾は釣れはしたが、何か逆にペースを乱された感じ。

撒餌ショーが終わって落ち着いたが表層のパターンはもう終わってしまった感じだった。

表層から下へレンジが下がったと思い、ようやくペレットペレットSSを投入するも1尾キャッチにとどまった。

20140207_163405.jpg
ちょっと尻すぼみの状態で納竿を迎えてしまったのがちょっと不満だった。


本日の成績は7時間で27フィッシュ、8バラシだった。


6.総括

一時は釣りが出来ないと思ったほどカンツリをさまよってしまった。

定休日チェックは基本中の基本だよね。笑

最終的に夕マズメの表層祭りに参加できたのが良かった。

これでちょっと追いついてトータル27尾はまあまあだが、時速は3.8尾とふるわなかった。

釣果は全て普通サイズ、霧の沼自慢のヤシオマスは唯一トルネードで掛けたものの沖でバラしてしまってゼロに終わった。

それを見たオーナーのオジサンが豪気にヤシオマスをプレゼントしてくれた。

20140207_170847.jpg
普通のマスも絶品だというので塩焼きサイズも持ち帰ることにした。



ルアー別釣果は下記の通り

バベルゼロハイブリッド0.4gチョコ  14尾
スイッチバック1.2g金/グリーンヤマメカラー  3尾
Tロール0.6gベージュ  3尾
サークル2g深緑  2尾
スリムスイマー2.5gブラウンカモフラ  1尾
エグザ1gピンク/ブラウン  1尾
トルネード・キャラメル  1尾
ミニミニスティック・ライムグリーン  1尾
ペレットペレットSS  1尾


*** 今シーズン通算 680尾 ***

PS
ここはフロントフック禁止でした。
初めていくエリアは必ずチェックしていくのですが、この日のように流れに流れて行ってしまったのでよもやのミスでした。
釣行記でのバベルは全てフロントフックでの釣行なのでこれは禁止行為に当たります。
知らなかったとはいえチェックの甘さを反省しております。
なので、フロントフック仕様のルアーを使うのであればリアフックにして使うしかありません。


田舎ということもあるでしょうが、素朴なオーナー夫妻の優しさに触れて癒されました。
タダで頂いたヤシオマスも絶品でしたし、普通のマスもメチャクチャ美味しかったです。
ここのマスを食べたら他のとこのマスは食えないとオジサンが言ってた通りでしたね。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. 霧の沼フィッシングエリア
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:16

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


期待はずれの夕マズメ

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月5日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  30回目
天気 晴れ
風 強風 7m/s ~ 3m/s
釣行時時間 13時10分 ~ 18時10分 5時間
気温 3℃~2℃ / 表層水温 8.8℃


今週は変則休みで6日間出勤となってなんと8日ぶりの釣行となった。

夕マズメは夕マズメでもジョイバレーはどんなものかと気になったので行ってみた。

20140205_125826.jpg
前日降った雪がまだ残ってる感じがいかにも寒そう。

実際、この日は最高気温が4℃くらいまでしか上がらなかった。


1.13時10分-14時10分 5尾 時速5尾

朝一ではないので、いつも入る場所は全て先行者がいた。

しょうがないので、受付事務所から見て右サイドの岬のちょっと手前に入った。

20140205_130114.jpg
この所調子がいいリンゴミディからチェックしていくことにした。

レンジが分からないので表層から巻きスピードを変えながらカウントダウンを併用して探っていく。

反応があったのは、結局中層で1.5gの黒で普通に巻いている時だった。

20140205_132109.jpg
2本獲ったので、スレる前にバベルゼロ0.4g枝豆カラーで縦でもやってみる。

1本はキャッチ出来たが思ったほど反応が良くない。

20140205_133313.jpg
しかも風が強くラインでのアタリが取りにくい。

今日はバベルゼロはお休みにしようと思った。笑

次はクランクを試す。

これまでの経緯からのレンジ・スピードを考慮しながら、色々試すが、結局パニクラSRでの1本に終わった。

20140205_135403.jpg
なんかクランクでもイマイチなので、早くも苦戦が予想された。(^^;

とりあえず、リンゴミディへ戻って、直ぐ1本追加できたので、スプーンに絞るしかないと思われた。


2.14時10分-15時10分 8尾 時速8尾

ロッドが3本あるので、一番いいのはパターンを3つ早く見つけることにある。

そうすれば、その3本を交互に使っていけばスレ対策になり展開がすごく楽になる。

しかし、そういう日は少ない。

2時間目に入ったこの時間帯は更なる次のパターンを探したい。

まずはリンゴミディでの連荘を狙うしかない。

が、黒では反応が途絶えたので白を使うと1本は追加出来たものの、また沈黙が訪れてしまった。

20140205_141431.jpg
色を変えてもダメなので、次の選択肢に悩む。

1.5g継続で違うルアーにするかリンゴミディ1.8gにするか。

その前に可能性の一つを潰しておこうと竹ミノーとトルネードを投入。

竹ミノーは不発、トルネードは3投に1回はアタリがあるが乗らない。

ここはちょっと脇に置いといて後でということにした。

さて、次はミニミニスティックの登場。

自分的には殆どバベルゼロと使い方が同じなのだが、不思議にこの両者共にいいということは滅多にない。

本日バベルが不調なので、期待はしていた。

風が強いのでロッドは立てられず寝かしてラインも水に浮かべたまま、デジ巻きで探ってラインが動いたらアワセを入れるという使い方しかできない。

すると、14時14分からおよそ18分で6本キャッチ出来た。

20140205_142137.jpg
すべてかけ上がりにいた魚が反応した模様。

ミニミニスティックは比較的ジョイバレーとの相性は良く、当たると連荘ということはよくある。

当然スレて反応がなくなったので、やはりリンゴミディ1.5gの色違いを選択。

キャンディオレンジで1本は獲ったが次が続かない。

20140205_145027.jpg
しょうがないので、先ほどスタンバイ要員にしたトルネードを使って探るとやっと黒で1本追加できた。

20140205_151058.jpg
とてもじゃないが、連続で釣れる気がしないので、トルネードは降板させた。


3.15時10分-16時10分 5尾 時速5尾

時間的に今まで釣れたパターンを基にしっかりとした軸にしたいのだが、とてもそこまでいってない。

とりあえず、ミニミニスティックの色違いはどうだろうと赤を投入するとこれも1本は獲れたがそれっきり。

20140205_151739.jpg
どうやら、ライムグリーンの方がいいらしい。笑

しかし、他のパターンも確認したいし、少し時間をおく必要も感じたので、1.5gのウォブルスイマーを投入。

沖へ遠投してカウントゼロで、いきなり2連荘したので、これだと思ったものの、それっきり。

20140205_152405.jpg
沖の表層というパターンはなかった模様。

その後はパニクラSRとつぶアンFでそれぞれ1本追加できたが、いやぁーこれは難しい。

20140205_160206.jpg
それなりの反応があって、バラシもあってもっと釣れそうなのだが、数に結びつかない。


4.16時10分-17時10分  8尾 時速8尾
ここまで来ると今日はミニミニスティックを軸にして、スレたらスプーンは1.5g各種、クランクも適当に中層を引けるのを各種投入するしかないって感じになった。

ふわとろF、ロールスイマー1.5g、パニクラSRを交えながら、基軸はミニミニスティックで連荘できたので、この時間帯は再び、盛り返すことが出来た。

20140205_162738.jpg
20140205_163251.jpg

5.17時10分―18時10分  5尾 時速5尾

17時を回って暗くなってきたらいよいよ夕マズメだと更なる期待に胸膨らむ。

が、そうでもない感じ。

むしろ、さっきよりペースが落ちてしまって焦る。

17時30分を回って、ようやくリンゴミディ1.5g黒で1本獲って、また釣れ始めた。

20140205_173158.jpg
ミニミニスティックで3本拾って、スレた所でリンゴミディで上がりマスを仕留めて納竿とした。


本日の成績は5時間で31フィッシュ、5バラシだった。


6.総括

珍しく全時間帯で時速5尾をキープできた。

ミニミニスティックがあったから釣れただけでそれ以上でもそれ以下でもなかった。

それを証明するかのように、私の左隣であのロデオクラフトの森田さんが居られたが苦戦されてました。

私もスティックを使わなければ大苦戦で終わっていた。

ただ不思議だったのは急に冷え込んだ割には魚はボトムにいなかったことだ。

雪しろが流れ込んでボトムに冷たい水が溜まったためかもしれない。


ルアー別釣果は下記の通り

ミニミニスティック・ライムグリーン  13尾
リンゴミディ1.5g黒  5尾
パニクラSRウグイス色  3尾
ウォブンロール1.5g金/レッドスポット  2尾
バベルゼロハイブリッド0.4g枝豆カラー  1尾
リンゴミディ1.5g白  1尾
リンゴミディ1.5gキャンディオレンジ  1尾
トルネード・黒  1尾
ミニミニスティック・赤  1尾
つぶアンFライムグリーン  1尾
ふわとろ35Fベージュ  1尾
ロールスイマー1.5gムラサキ  1尾

*** 今シーズン通算 653尾 ***


もっと違うパターンを期待していただけにかなりガッカリしました。
ウォルトンのように夕マズメでスプーニングでガンガン釣りたかったのにねぇ、残念です。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


いつもと違う感じ

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 1月28日 ウォルトンガーデン 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  29回目
天気 晴れ
風 強風 7m/s ~ 3m/s
釣行時時間 13時 ~ 18時 5時間
気温 1℃~7℃ / 表層水温 13~11℃


王禅寺釣行の翌日は近場のウォルトンへ夕マズメ釣行して来た。

朝は寒かったものの午後は3月並に暖かく爆釣を期待して行ったのだが・・・・。


1.13時-15時 ジェームスポンド 2時間  7尾 時速3.5尾

いつものように先ずはジェームスポンドで様子をみてからメインポンドというプランだった。

20140128_125019.jpg
1mちょっとしかない、浅いこの池では使えるルアーは自ずと限定される。

この日も風が強くラインでアタリを見るのは不可能に近いレベル。

なので先ずはクランクから始めた。

パニクラSRで探るがヒットするもいきなりバラシ。_| ̄|○

その後はイマイチ。

1.5gのリンゴミディも珍しく不発。(´゚Д゚`)ンマッ!!

ここはここでの実績の高いスイッチバック1.2gを使うとようやく初キャッチ!!

20140128_132054.jpg
なんと1本目まで20分掛かってしまった。( ̄ロ ̄lll)

なんかいつもと違う嫌な予感が・・・・。

予感的中でスイッチバックでも続けて釣れない!

仕方なく、バベルゼロの投入をする。

が、1キャッチ、1バラシに留まる。

20140128_133819.jpg
13時56分、つぶアンFピンクでゆっくり巻いているとゴンとヒット!!

クランクでアタリがハッキリしてると気持ちいいよね。

そんな事を思って寄せてランディングすると何と尺ヤマメをゲット。

20140128_135657.jpg
これは勿論お持ち帰りにした。

その後はスイッチバックの色違い、そしてフルスペック33N、リンゴミディ1.8gと1ルアーに1尾という最悪の結果になってヒットパターンも何も分からずじまいで、時間だけが過ぎていく感じだった。

20140128_142447.jpg
20140128_143853.jpg
20140128_144312.jpg
強風でアタリが良く分からなかったせいにしておこう。笑

ここで稼ぐつもりが逆に悪い展開になりそうだったのでここで切り上げることにした。


2.15時-16時 メインポンド 1時間  5尾 時速5尾

最近の夕マズメのパターンとしてレストハウスの対岸へ釣り座を確保した。

20140128_150147.jpg
相変わらず風が強いので、攻めあぐねる。

とりあえず、ジェームスで使ったトラッタエリアクランクFを使ってみると、いきなり2連荘!

20140128_150334.jpg
もしかしたら、クランク入れ食いと期待したが、その後はサッパリ。

他のタイプで色々チェックしてみるも空振りだった。

そうなると、次は一番期待できるスター選手を投入。

ジェームスで活躍できなかったから、リンゴミディ1.8gがやってくれるだろう。

が、不発に終わる!!!! ( ̄ロ ̄lll)

まさかの事態に慌てる。 笑

前日の王禅寺で釣れたペンタ1.7gでなんとか1本取れたもののレンジ・スピードのヒットパターンが分からない。

20140128_153749.jpg
ダートランなどのボトムルアーでもチェックしてみたがボトムでの反応もイマイチ。

色々手を変え品を変えアプローチするも迷走し始めた。

久し振りに竹ミノーを登板させた。

3回くらいキャストしてもアタリ無く、今日も活躍できないとラスト1本を惰性で引いているといきなりゴンと来た。

少々引きが強いので良型は間違いない。

あまり釣果が良くない日は、バレるのが怖い。 笑

かといって、慎重すぎると却って時間が掛かってフックオフになる事もある。

ここは素早く巻いて寄せてランディングの方が得策だと判断。

そして、ネットイン!!

20140128_154806.jpg
思ったとおりの体高のある40UPでうっすらとパーマークがあるので、ヤマメっぽい。

明らかにマスとは違うのでこれはキープすることにした。

本当に久し振りに竹ミノー君がいい仕事をしてくれた。

でも、その後は活躍できずに降板。

この日はどのルアーでも連荘できないみたいだった。

結局、トルネードで1本追加するに留まった。

20140128_155740.jpg
この日はミニミニスティックは全くダメだった。

ここまでで、わずかに釣果は12本で残り2時間の夕マズメでまた爆釣出来れば上積みが期待できると思っていた。

3.16時-18時 メインポンド 2時間  6尾 時速3尾

16時を回っていよいよ夕マズメの時間帯へ突入となった。

日が翳ってきたし、いい頃合だと思うものの水面のライズが一向に増えてこない。

しかも風が収まってきて絶好のタイミングだと思うのに釣れてこない。

未だにハッキリとしたヒットパターンも分からずじまい。

その内、その内と中層をダラダラと攻め続けるしか能が無い有様だった。

16時30分に苦し紛れにボトムから早目の巻き上げでハイバースト2.4gで獲った1本だけで先行き真っ暗。

完全に暗くなった17時過ぎにやっとスイッチバック1.2gにアタリが出始めた。

17時9分、14分と2本獲るがそれっきり。

20140128_170901.jpg
しばらく、アタリはあるが釣れず悶々とする。

17時30分を過ぎてようやく本来の夕マズメパターンになってきたらしく、リンゴミディで釣れ始めた。

そうはいってもいつもと比べたら全然のローペース。

結局30分で3本しかキャッチ出来ずに納竿の時間を迎えてしまった。

20140128_180032.jpg
多少、日が延びたので夕マズメが後ろへズレた感があったが、それにしても爆釣からは、かけ離れていた。



本日の成績は6時間で18フィッシュ、4バラシだった。


4.総括

夕マズメ不在が痛かった。

表層でもなくボトムでもない。

中層のヒットパターンが掴めずに終わってしまった。

花形プレーヤーのリンゴミディも大して活躍できないままだった。

スイッチバック1.2gが5本キャッチしてくれたので主役を譲った格好になったね。


ルアー別釣果は下記の通り

スイッチバック1.2g蛍光黄色  3尾
スイッチバック1.2gシルバー/ブルー山女カラー  2尾
リンゴミディ1.8gイエロー  2尾
トラッタエリアクランクF  2尾
バベルゼロハイブリッド0.4gピンク  1尾
つぶアンFピンク  1尾
フルスペック33Nカーキ色カモフラ  1尾
ペンタ1.7gフラミンゴカラー  1尾
リンゴミディ1.8gオレ/金  1尾
リンゴミディ1.8gホワイト  1尾
竹ミノー2g赤  1尾
トルネード・ライムグリーン  1尾
ハイバースト2.4gライムグリーン  1尾

*** 今シーズン通算 622尾 ***

PS
尺ヤマメ、塩焼きで美味しく頂きました。
あの40UPを捌いてみて驚きました。
20140128_184353.jpg
美味そうな赤身、そして魚卵がたっぷりと入ってました。
赤身は刺身で絶品でしたね。
20140128_192122.jpg
過去にも卵入りがありましたが、熟成しておらず薄膜を剥がすのが大変でした。
今回はスポーニング直前だったらしく腹を割いたらポロポロとこぼれ落ちてきました。
しょうゆ漬けにして、これもイクラ丼で美味しく頂いたことはいうまでもありません。(*^0゚)v


暖かい日だったので、大いに期待したんですが、いつもと違うパターンに戸惑うばかりでした。
ただ尺山女と赤身とイクラの良型が獲れて大いに食卓を盛り上げてくれたのは嬉しい誤算でした。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ウォルトンガーデン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


初詣はいかに!?

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 1月27日 フィッシュオン王禅寺 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  28回目
天気 晴れ
風 強風 3m/s ~ 6m/s
釣行時時間 6時30分 ~ 12時30分 6時間
気温 1℃~7℃ / 表層水温 6.6~7.8℃


釣行後のUPが遅れて申し訳ないが、初詣と称して王禅寺へ行って来た。

20140127_123504.jpg
前日にタックルベリーで前売り券を購入して3000円での、6時間釣行は割安感がある。


1.6時30分-8時30時 ジロー池  7尾 時速3.5尾

6時20分過ぎに到着、ジロー池でやろうと思っていたので、入場受付をして、そのままクルマで池の釣り座近くまで移動。

ジロー池の左側に釣り座を構えた。

20140127_062811.jpg
池の水面は盛んにライズが見られ、釣れそう感がバリバリにあった。

こういう時は最近お気に入りのふわとろFで決まりとキャスト開始。

ゆっくり巻いてくるとキャスト毎にアタリがある。

20140127_063150.jpg
中々乗らないのでちょっとイライラしながらも継続すると、開始から10分ほどで3キャッチ、1バラシと好調な滑り出し。

反応が途絶えたところで、久し振りにペンタ1.7gフラミンゴカラーを投入。

何となくのチョイスだったが、1.8g前後という重さは合っていたと思う。

簡単に2本獲って、波に乗りたかったが、失速。

20140127_064932.jpg
リンゴミディ1.8gイエローで1本追加出来たものの、7時10分からは反応が途絶えた。

20140127_070830.jpg
ライズも減りマズメのサービスタイムが終了したっぽい。

ここから1時間、タナを変えて各種ルアーで、とっかえひっかえ攻め立てていくも、たま~にアタリがある程度で釣れない。
_| ̄|○

新戦力のハルパーバイブ0.7gでスイムさせたりフォールさせていたら、突如事故的ヒット!

20140127_082557.jpg
後が続かないので、これを機にイチロー池へ移動した。


2.8時30分-10時30分 イチロー池  3尾 時速1.5尾

イチロー池の方がそれなりにお客さんが入っていたので空いているところは、アウトレット右側だったのでそこへ入る。

20140127_083042.jpg
ここは余り釣ったことはなく、どちらかというと苦手意識のあるポンド。

とりあえず、ジロー池と水深は変わらないので、同じように攻めてみるが、手がかり無し。

マイクロスプーンでのデッド巻きが良いらしいが、それも不発。

かなりの強風が吹いていたので、ロッドを立てられないし、ラインも水面上に接してないと風でどんどん流されてルアーが沈まないような状況。

そんな中で、バベル1.0gとミニミニスティックで3本、揚げたに留まる。

20140127_083339.jpg
20140127_084730.jpg
それも再現性なく、偶然に近い。

イチロー池で一人だけ堅実に釣ってる方がいて、かなりのデッドスローで攻めていたようだが、結局真似できなかった。
_| ̄|○


3.10時30分-12時30分 ジロー池  6尾 時速3尾

いい成果が出ないまま、ジロー池へ戻ってきた。

20140127_102640.jpg
強い風を考慮して風上位置のイチロー池から見て正面やや右側へ今度は入った。

同じ釣れないでも、場所を変えると気分も変わるので、またヤル気も出てくるというもの。 笑

しかし、状況は相変わらず厳しい。

1時間ほどはクランクとかミノーとか試すけど、答えは出ないまま。

トルネード、竹ミノーでも不可。

やっと、ミニミニスティックで10時50分に1本キャッチ出来たが、到底答えではない。

20140127_105009.jpg
そうなると、本日の唯一の釣れ筋である1.8g台のスプーンを試していく。

朝一で釣果のあった1.7gのペンタフラミンゴカラーで1本追加出来たが、そこまで。

20140127_112901.jpg
他にも試したけど、ピンと来ないので、主役はリンゴミディ1.8gだと投入すると、やっぱり期待に応えてくれた。

カラーローテを絡めて、30分で4本は満足のいく結果だった。

20140127_121833.jpg
20140127_121127.jpg
しかも、12時11分に獲った1本は40UPで中々の引き応えがあって嬉しい1尾であった。


本日の成績は6時間で16フィッシュ、3バラシだった。


4.総括

クランク不発が痛かった。

ふわとろFでの釣果は朝一だからこそで、日が差してきてからは反応無し。

リンゴミディ1.8gは相変わらず好調で、そのタナと同じ所をクランクでも攻めたはずだが、空振りに終わった。

また、強風が吹きラインでのアワセが難しく、縦釣りもことごとく不調に終わった。

上がり間際の12時からの30分でリンゴミディ1.8gでの4本は気持ちよかった。

低調な釣れてない状況の中で、終わりよければ全て良しという気分で終われたのが唯一の救いだったかな。


ルアー別釣果は下記の通り

ふわとろFベージュ  3尾
ペンタ1.7gフラミンゴカラー  3尾
リンゴミディ1.8g赤/金  3尾
ミニミニスティック・イエロー  2尾
リンゴミディ1.8gイエロー  1尾
ハルパーバイブ0.7gサーモンピンク  1尾
エグザ1.0gモスグリーン/黒  1尾
ミニミニスティック・ライムグリーン  1尾
リンゴミディ1.8gホワイト  1尾

*** 今シーズン通算 604尾 ***


暖かい日が続いたり寒かったり天気が変わると釣果も安定しません。
風も強いと寒いし自分の活性も下がっちゃいます。
それでも、何とか通算600尾を超えました。
1000尾超えはムリポですが、1尾でも近づけるよう頑張るしかないでしょう!
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. FISH ON! 王禅寺
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:14

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


久々に座間るがハマラず

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 1月23日 座間養魚場 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  27回目
天気 晴れ
風 中風 0m/s ~ 5m/s
釣行時時間 6時20分 ~ 14時20分 8時間
気温 2℃~10℃ / 表層水温 5.8~7.2℃


遠くへ行くつもりで張り切っていたが、娘が風邪を引き、遅くなることが出来なくなってしまい、近場で我慢することにした。

そこで久し振りの座間へ行くことにした。

なんと1年2ヶ月振りで、過去の記憶が殆ど無いに等しい。


1.6時30分-7時30時 1号池  9尾 時速9尾

6時20分に着き、8時間券を購入して、1号池受付側中央に陣取った。

20140123_062334.jpg
お気に入りは奥の左側なのだが、既に先行者がいた。

水深の浅い2号池は苦手なのでまずは1号池で出来るだけ拾う作戦だった。

まずは、上からチェックという事でパニクラSRで探ると早速1尾は獲れた。

20140123_062624.jpg
ただ同じものだと続けては駄目で、色々試してふわとろFとジキル1.8gで1本づつ追加したが、まだピンと来ない状況。

20140123_064450.jpg
20140123_063531.jpg
もう少し深い方がいいかなと思って、つぶアンSを投入すると、釣れるが2尾どまり。

20140123_070405.jpg
次はチャチャ(リアフック仕様)を使って、ボトムチェックをするが、不発。

これまでの経過から中層のやや上という印象を持った。

そこを引く為にスイッチバック1.2gで巻いてくると、反応がよく3尾続けてキャッチに成功!

20140123_072200.jpg
ここまでの1時間でトータル9尾は悪くないペース。

一区切りをつけたくて場所移動を決意。


2.7時30分-8時30分 2号池  1尾 時速1尾

朝一なら苦手な2号池でもそこそこ釣れるだろうと安易に釣り座を移動してしまった。

20140123_072759.jpg
これが間違いの素だった。

移動直後に1号池からの流れでスイッチバック1.2gで簡単に釣り上げたものの、そこからショートバイトは得られるものの、まったく釣れない状況が続いた。

20140123_073026.jpg
レンジを変え、ルアーを変え、引くスピードを変え、考えられる限りの手を打ったが、ショートバイトがあるのみ。

しかも1ルアーにバイトが1~2回あるきりで、3投もすると、全くの無反応になってしまう。

頑張って1時間悪戦苦闘したが、結局1尾のみで終わってしまった。_| ̄|○


3.8時30分-14時30分 1号池  9尾 時速1.5尾

心折れてヨレヨレになって、1号池へ舞い戻ってきた。

20140123_082836.jpg
さっきまでの感じなら、こっちの池で釣れなくなるまでやってから、1号池へ行くべきだったと後悔するも後の祭り。

この留守にした1時間でどれだけ状況が変化したか興味津々。

先ほどより水面が静かすぎるので、ボトムに沈んだと思って、購入したばかりのダートランのテストを兼ねて、ボトムチェック。

直ぐに1本獲ったが、後が続かない。

20140123_083016.jpg
ボトムべったりでもないようだ。

こういう時にバベルゼロ(フロントフック)が使えないのはツライね。(T_T)

その後は、朝一で釣れたルアーをローテーションしてポツポツ追加できる程度。

10時になるとそれも通用しなくなる。

ここまでで、14尾と貧釣果で焦る。

フロントフック禁止エリアでは自粛するとしていたペレットペレットSSも投入することにした。

禁止ルアーでないのなら、もう綺麗ごとは言ってられない。

縦釣りの要領で、かけ上がりのボトムとそのチョイ上をバンプさせたりズル引いたりしていると、1尾は釣れたがやはり、後が続かない。

20140123_104017.jpg
釣れない状況で同じことをしていても打破できないので、ここで変わった事をしようと決意。

重いスプーンを使っての早巻きとミノーのダートアクションの2つ。

重いスプーンについてはハイバースト2.4gで1尾は獲れたけど、これも後が続かなかった。

20140123_110812.jpg
ミノーは2、3種類試したが、唯一ミノアンにヒット!

が、即バレしてしまい、入魂できじまい。

2年位前にボウズマンさんから譲り受けたものだが、未勝利のままだ。

突破口を見出せないまま、プチモカFを使ってみると、2本の追加が出来た。

20140123_114127.jpg
お昼を過ぎると、何をやっても釣れないというか、アタリも無くなって、完全に釣れる気がしなくなって、ギブアップ状態に陥った。

午前券で充分だったと後悔しつつ釣りを続けていた。

周りを見てもかなりヒドイ状況で釣れない感が溢れていた。

平日でお客さんが少ないので、岸と平行にキャストしてかけ上がりを集中的に攻めてる方がいた。

私も真似してペレットペレットSSをチョンチョンボトムで動かしていたら、突然ゴンとライン変化。

来ると思わなかったのでちょっと慌てたが、何とかアワセて、最後の1尾を仕留めて納竿とした。

20140123_130416.jpg
最後に本日の最大魚、40弱を釣り上げることができた。


本日の成績は8時間で19フィッシュ、2バラシだった。


4.総括

それにしても苦手とはいえ2号池であそこまで惨敗するとは想定外だった。

早目に移動したのもその辺を考慮したわけだったのだが、完全に裏目だった。

逆に1号池にステイしていれば、もうちょっとトータルでの数は伸ばせただろうと後悔したが、後の祭り。

縦釣り(ペレットペレットSS)で2尾、巻きで17尾という内訳だった。

最後の最後まで的が絞れず、攻めきれなかった。

悔いの残る釣行でまたリベンジを果たしたい。


ルアー別釣果は下記の通り

スイッチバック1.2g金/グリーンヤマメカラー  4尾
パニクラSRウグイス色  3尾
つぶアンSクリアー  3尾
ふわとろFベージュ  2尾
ペレットペレットSS  2尾
プチモカFブラウン  2尾
ジキル1.8gオレキン  1尾
ダートラン・ミナクル  1尾
ハイバースト2.4gライムグリーン  1尾


*** 今シーズン通算 588尾 ***


反応が1~2投で途絶え、再現性に乏しかったので、苦しかったです。
こういう時の切り抜け方がまだまだです。
修行は続くよ、どこまでも~♪
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. 座間養魚場
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:14

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



<<NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。