• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

久々の早起き

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


バス釣りへと本格的にシフトする季節となった。

雄蛇ヶ池で惨敗するも、一々気にしていたら、バス釣りなんぞやってられない。 (^-^

私の家の近くにはバス釣りフィールドがいっぱいあるので、場所選びには苦労しない。

本日も出勤前の釣行を楽しんだ、といってもノーフィッシュだったが・・・・。

訪れたフィールドは印旛沼水系江川。

20100608今日の江川
知る人ぞ知る成田の激戦区。

1年中バサーで溢れてる有名なポイント。

成田市から印旛沼へ流れ込む小さい小川だが、割と水質がよく、護岸されて足場がいいし、冬にも釣れるとあって人気が高い。

私はこんな人気ポイントは苦手なのだが、早朝5時なら人がいないだろうと思って行ったが甘かった。

先行者1名、既に真ん中あたりの葦際を探索中だった。

それならばと、私は印旛沼への流れ込み付近を探ることにした。

いきなり葦の中っていうのは、ツマラナイので写真の橋から両方向の岸際や葦際をスモラバでゆっくり流す。

まずは着底させて、ゆっくりシェイクしながら、巻いていく。

たまにちょっとあおって、フォールさせてみたりする。

キャスト中に橋の袂辺りに見えバスもいたりするが、こういうヤツは得てして、釣れないものだ。

それでも一応、その辺もリグを落として反応を見るが、ダメだった。

少しづつ、印旛沼方向へ移動しつつ、そういう探りを入れてると、自分のスモラバに反応して追ってくるバスを発見。

俄然、ヤル気が出た。

ならばとその辺りを集中的に攻めてると、キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!

待望のバイト!

即合わせると重い引きを感じて、気持ちも一気に高まる。

が、次の瞬間、ラインが切れて、スモラバごと持ってかれた。 _| ̄|○

アレは何だったんだろう?

原因が分らず、しばし呆然。

落ち込んでいてもしょうがないので、気を取り直し、今度はテキサスジグへ変えて上流方向へ戻りながら、葦撃ちを続けた。

かなりの範囲まで遣り通したが、バスの気配はあるものの、バイトまで持ち込めなかった。

その内、ワームが傷んでフックが露出したにも関わらず、気付かずにキャストし続けた為、葦に引っかかって取れなくなり、ロスト。

開始から既に1時間が経過。

気がつけばバサーも増えて4人くらいになっており、それを潮に本日は納竿。

今日も届かなかったなぁ、残念。
  1. [ edit ]
  2. 印旛沼水系
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。