• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

釣りパラダイスでダブルヘッダー後編

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


好調なトラウト池に後ろ髪引かれつつ、気持ちを切り替えてバス池へ向かった。

釣りパラダイスは私がトラウト釣りにハマったきっかけとなった管理釣り場。

2年半前の11月下旬、初めて訪れてボウズに終わり、さんざんな目にあった。

最初は管理釣り場ならバス釣りも簡単だろうと飛びついたのだが、アタリすらなく心が折れるような3時間を過ごした場所だ。

あまりに口惜しいので残り2時間、今度は気分を変えて、トラウト釣りをついでに試したところ、釣れはしなかったが、アタリがあって、新鮮な驚きと喜びを感じた。

これなら、工夫すれば釣れると思って本格的に始めたというわけだ。

その頃は自分のロッドやルアーなどなく、全てレンタルで、随分テキトーな気分で臨んだもんだ。

当時の知識や技術なら釣れなくて当たり前だと今なら思える。 笑

さて、そのボウズに終わったバス池にリベンジする時が来た。

心なしか、ちょっとドキドキして、池の淵に立つ。

20100521バス池
ここのバス池は小さいが、とってもナチュラルで野池に近い雰囲気がある。

バス釣りの醍醐味である、探しながら釣り歩くってスタイルが出来るからいい。

さて、2年半前のリベンジを果たすべく渾身の第1投目。

幸いに客は他にいなくて、貸切り状態、プレッシャーも少なくてこれはチャンスだろう。

無論、富士見池で好調だった”踊るうさちゃんじぐ”で様子見。

バス池入口の溜池部分にキャスト。

プルルと反応したと思ったら、いきなり釣れちゃいました。 笑

20100521最初の1尾

小さいけど傷ひとつ無く、元気がいいから結構引いて面白い。

フックを外してリリースしようとして、ここでトラブル。

さんざん活躍してくれた”踊るうんちゃんじぐ”がポッキリ2つに折れてしまってご臨終に。

20100521無残
シンカーとフックを繋いでる部分の金属が摩耗していたらしく、いとも簡単に逝ってしまった。

残念ながら、代わりの”踊るうさちゃんじぐ”がクルマに行かないとないので、ここで戻るのは面倒だし、ここは違うルアーを試してみようと思って、ミノーを投入。

カバーのギリギリの際を攻めてルアーを引っ掛けると、回収不能になるのでブッシュとブッシュの間などを探る。

すると直ぐ反応があった。

が、早すぎるアタリが、ちょっと信じられなくてフッキングが甘くなってしまい、格闘の末バラしてしまった。 _| ̄|○

でも、釣れることが分ったので、俄然気合が入った。

今まで、ハードルアーではそんなにイイ思いはしてないので、半信半疑で釣りをしていた。

その後、3尾は釣り上げることに成功。

20100521ミノーでゲット
ミノーもクランクと同じ様なアタリが感じられて中々に面白い。

その後、お客が5~6人に増えてくると、ちょっと反応が悪くなってきた。

やっぱり、”踊るうさちゃんじぐ”を使いたくなって、車まで取りに戻って、今度は赤を試した。

だけど、富士見池のように簡単には釣れない。

カバーギリギリに落として、しゃくるような探り方をして、ようやくゲットできた。

20100521赤でゴー
今日の釣りを振り返ると、ストラクチャーやカバーに付いてサスペンドしてるバスには、フォールさせるのが効果的だと痛感した。

でもバスにも回遊してるのもいるから、そういったバスにはスイミング系が効くわけだね。

もっとも活性が高ければ、カバーにいるのもスイミング系で引きずり出すことが可能になるんだろう。

そして葦の中ならテキサスだし、際ならスピナベということか、状況に応じてルアーを使い分ける重要性がよく分った気がした。

この辺が自然のフィールドでないと中々実践できない部分で、管理釣り場の限界でもある。

管理釣り場のトラウトとは釣り方が明らかに違うし、楽しみ方も違う所以である。

まぁ、でもここは野池に近いから、マシな方か。

サイズ的には30cm前後ばっかりで小物ばっかりしか釣れなかったが、傷などなく元気いっぱいで、引きは充分。

欲を言えば40UPだが、この日はカスリもしなかったねぇ、残念。

トラウトには釣果で足元にも及ばなかったが、釣りとしては充分に面白く楽しめたバス池だった。

バス池での成績は2時間半で5フィッシュ、5バラシだった。
  1. [ edit ]
  2. 釣りパラダイス・バス池
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。