• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

変わらぬ釣果

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


ついこの間、久しぶりのバス釣りに魅了されたので、再びふらふらっと、外浦の富士見池へ行ってしまった。 笑

今日は、前回上がり間際で調子が良かった第一富士見池から試すことにした。

20100517_firstpond.jpg
本日も朝7時からの午前券でスタート。

天気がピーカンなので、トップは無理だと判断し、バイブレーション、スピナベ、クランクなどを使って比較的上層を意識して様子を探るも全て空振り。

アングラー1人とこの池の管理人が朝一はトップが狙い目なんて話していて、上記写真の浮島の岸際をポッパーなどでネチネチと攻めていた。

写真では分りづらいが、管理小屋の右に見える岸は対岸ではなくて、浮島。

ここへのアプローチは対岸に桟橋があるけど、桟橋も含めてこの浮島への入場は禁止である。

2人の様子を横目で見ていたが、反応はあるものの、フッキングが1~2尾程度で、全部バラシてるように見えた。

さすがに30分ほどで諦めて、違うアプローチに変えたが、やはり晴天の時はトップはキツイでしょう。 (^-^;

ただ、このポイントは攻めがいがあるようで、常連客が良く狙ってる姿を見かける。

私はキャスティングの正確性に今ひとつ自信がないので、ヘタに狙うとそれて妙なところに引っかかると面倒になるので、地道に眼前の好ポイントを探る事に徹した。

結局、いつものように”踊るうさちゃんじぐ”で本日の1本目を釣り上げた。

20100519today_first.jpg
他のルアーを色々試していたので30分のロスト。

体に傷がない綺麗な魚体は30cm台のアベレージサイズ。

まずは一安心。

池の周りを1周しながら釣り歩いたが、第一富士見池の場合、水車のあるエリアはいつもあまり釣れない。

どちらかというと、水車の反対側の管理人らがトップを狙っていたサイドの方が釣れる。

20100517goodpoint_firstpond.jpg
浮島周辺か岸に生えたウィードの切れ目辺りがポイントだ。

それと池のコーナーにも溜まっている。

釣り方も前回と同様で、中層からボトムにかけて引いては止めてフォールさせて食わせるやり方が一番効いたようだった。

この第一で唯一の40UPがこれだ!
20100517_40up.jpg
まだまだ釣れる気配があったものの、2時間ちょっと経過して半分が過ぎたので、私にとって実績のある第二富士見池のほうへ移動した。

当然、過去に一番釣果のあった水車周りのワンド付近から攻める。

30分ちょっとで、いきなり4連続ヒットで気を良くし、こりゃぁ最初からここで釣ればよかったと思っていると、そっからパッタリとアタリが止まってしまった。

20100519-secondfirst
勿論、時間をおいて、場所を移動すれば釣れるのだが、ペースが大幅ダウン。

ゆっくりとだが、コンスタントに釣れていた第一と好対照だ。

この日の第二富士見池は釣れ方にものすごいムラがあった。

このムラがあるってのが、すっごく疲れてしまう。

多少でもバイトがあれば、釣れなくても面白いのだが、アタリすらないと魚のいない所で竿を振り回してる錯覚に陥ってしまってメゲてしまう。

この釣れない時こそ、ありとあらゆる釣り方を工夫するのが醍醐味なんだろうけど、改善の余地無しの時は心が折れそうになってしまう。

今回、ペースが落ちてからの工夫としては、かなり大きくしゃくって誘うというのが、唯一効いた感じがした。

ルアーが大きく動いて反応、フォールする瞬間、バスが喰らいつくシーンを目撃したのは興味深かった。

葦が茂る足元の浅場付近での出来事だ。

ただ、ダメな時はそんなに良くはならないのが常でねぇ、途中で本当に帰りたくなってしまうよ。 涙

それでも、釣れる場所はいつもと一緒。

前述の水車周りのワンド、入口奥の葦が茂るワンドと入口にかけての岸際。

この日は桟橋付近も釣れていた。

いくらバスが沢山いて密度が濃いといっても、所詮小さい池だしねぇ、限界もあるね。

こんな小さい池で何時間も釣ろうというのが、そもそも無理があるのかもしれない。

ただ、お気軽にバス釣りを楽しみ、ルアーテクニックを色々試すには格好の場所に違いない。

さて、この日の成績は午前券5時間を利用して、第一で9フィッシュ、1バラシ、第二で9フィッシュ、3バラシだった。

前回同様の低水準の釣果と相成った。
  1. [ edit ]
  2. 富士見池
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。