• 2017_07
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_09

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

根木名川でニャーニャー祭り

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 6月15日 根木名川、利根川 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 15回目
天候 曇り時々雨  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 6時45分 ~ 14時45分 8時間
気温 22℃~27℃  / 水温 22.6℃~23.9℃


モニター商品のクランクをを試さなくてはならないとしたら、どこがいいか。

真っ先に思いついたのは根木名川だった。

護岸された変化の無いエリアを闇雲にスローで攻めるのはシンドイ。

ここはという所はスローにネコリグ等で攻めるとして、それ以外はクランクで広くチェックするのが効率がいいのは明白だ。

土曜日だったので大賑わいかなと6時30分過ぎに将監へ行ってみたが、もうピークは過ぎていた。

20130615_064459.jpg
既にマイボートが6艇、レンタルボーターもかなりの数が出船済みだった。

出船の準備をしていると、マイボーターの方に御挨拶頂いた。

茨城の方で私の拙ブログを見て頂いてるとの事。

小貝川のスモールマウスについてちょっと立話しをした。

結構、小貝川のスモールはネコリグが大好きと仰っていた。

今後ともよろしくお願いします。 m(_ _)m

20130615_064612.jpg
画像を見てオヤッと思われた方、注意深い観察ありがとうございます。

そうです、ついにキャスティングシートをDIYで取り付けました。

今日は将監じゃないので、ランチングすると、とっとと将監水路から長門川を経て利根川へ出た。

20130615_070500.jpg
広くて大きい利根川をエンジン全開で下って行っても、20分くらい掛かる。

見覚えのある大きな水門が見えてきた。

根木名川河口へ到着だ。

20130615_072301.jpg
河口ではベイトのボイルが起きてることが多いのだが、この日は残念なことに岸際でたまに見られる程度だった。

一応、件のクランクとその他シャッド、I字系ワームをノーシンカーやジグヘッドで色々引いてみるが、不発。

2つほどのポイントを今度はネコを中心にじっくりいくも、反応すらなし。 _| ̄|○

まぁ、これはある程度、想定内なので本来の作戦へ。

護岸際のチェックをシャロークランク、”タバタオ”で始めた。

20130615_093809.jpg
しかし、やっぱりクランクとはいえ、むやみに流していくには芸が無さ過ぎる。

なので、少しでも釣れそうな変化のある所を探して、そこへ集中することにした。

オーバーハングのある所、水門や杭、岸際に植物がある所やベイトなどの生命反応がある所など。

とある杭と水門の複合ポイントで杭回りにタバタオ(今回のモニタークランク)を通していると根掛かったような感触があったかと思うと次にググっと生命反応。

すかさずアワセると、うまく乗ってそのまま巻いてくる。

が、2~3巻してる内に生命反応が消えて、バレた。 _| ̄|○

こうやって直ぐに何かしらの釣果があれば、使う方も気合が入るというもの。

そのまま上流方向へ流していくが、そうそう反応が続くものじゃない。

しばらくすると、ライズがあってバスらしき魚の捕食音が聞こえた。

今シーズンは、こういう状況で狙いにいった時の成功率が高いので一気に緊張感が高まる。

ライズがあった場所のちょっと先にクランクを着水させるとゆっくり巻き始める。

すると、突然ガガッとまた根掛かりしたようなアタリが来て、その後ググっとティップが引きこまれる。

殆ど向こうアワセで乗ってる感じがしたが、すかさず追いアワセは入れておく。

それにしても、物凄い引きで簡単には引き寄せられない。

ベイトリールの12ポンドラインなので、切られる恐れはなく、強気に巻いていったが、それでも締め気味にしたドラグが少し出て行くほど。

激しく逃げ回るように引く様はどう考えてもバスじゃない。

そしてチラッと見えたその姿はやっぱりキャットだった。_| ̄|○

9時51分、クランク”タバタオ”の入魂はバスではなく52cmのキャットフィッシュだった。

20130615_095149.jpg
まぁ、気持ちの悪い魚ではあるが、50upの引きは中々のもので大いにやり取りは楽しませてもらった。

ガッツリ、クランクを咥えて掛かっているから相当ヤル気満々のキャットだったようだ。

20130615_095332.jpg
10時30分くらいまで流していくがその後は沈黙。

中流域まで行っていたが、このまま上流へ行くか撤退か悩む。

もう少し季節が進行していれば間違いなく上流だと思ったが、この日は利根川を探索したくて、ここでUターン。

20130615_104902.jpg
11時利根川へ出た。

長門川までの何箇所かのポイントを巡っていった。

テトラ帯でもこのタバタオを試したが、全然根掛かりしなかった。

少しでも根掛かりを感じたら止めればフローティングなので回避できる。

硬い障害物ならコンコンとボトムノックしながら引いてこれるので理想的だ。

但し、沈木や枝は引っかかってしまう。

このルアーで快調に流していけたが、肝心のバスの反応が得られない。

しょうがないので、ネコリグでフォローアップ。

それでも反応無いまま、やめようとピックアップ寸前で下からバスが食い上げてきた。

食った瞬間が見えたのでアワセを入れたが、一瞬乗ったものの、即バレで終了。 _| ̄|○

焦って早アワセしたのが失敗の原因だろう。

30cmくらいのバスだったのに・・・・。

その後、水門前のシャローで再び捕食音とライズを目撃。

勿論、獲りに行こうと三度目のタバタオの出番。

このシャロークランクの潜行深度は80cmから120cmくらい。

速く巻けば最大深度まで達するがゆっくり巻くレベルだと1m以下でシャロー域を流すのにもってこい。

ボトムノックしながらの3投目。

予想通りのヒット!!

今度こそバスだろうとアワセて巻いていく。

ジャンプして暴れる魚。

が、ジャンプした瞬間、その魚影は紛れもなくキャットフィッシュ。

12時56分、そこそこの引きを楽しんで36cmのキャットの水揚げ。

20130615_125635.jpg
まぁ、確かにキャットばっかり釣れるが、これはタイミングの問題でバスも充分に釣れるルアーだと思った。

とりあえず、釣れるという意味では1回目の使用でキャット2匹は上出来ではあるまいか。

しかも、巻き倒すというレベルではなくこの日は広い範囲をチェックするという目的なので使用率は40%くらいだった。

これは次回以降も使うのが楽しみになってきた。

本日の成績は4バイト、2フィッシュ(2キャットフィッシュ)、1バラシだった。

2匹の外道であるキャットを仕留めたのは、いずれもポントゥーン21社製のシャロークランク・タバタオだった。

バスが0尾だったので、今季通算15尾は変わらず。

この日の潮汐は7時が満潮、13時が干潮だったにも拘らず、総じてカレントをあまり感じる事はなかった。

利根川の水門が潮汐の流れ以上に閉まってしまうと潮汐通りにはいかないので難しいよね。


さかんに捕食していたのはキャットばっかりということだったのか、このクランクがキャット受けしているのか、それは分かりません。
でもキャットが釣れるルアーはバスも良く釣れているのも確かです。
まぁ次回は頑張ってと下記のバナーをポチッと押して応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 利根川水系
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


  1. 2013/06/21(金) 16:48:12 |
  2. URL |
  3. ボウズマン
  4. [ 編集 ]
こんにちは!

釣行お疲れさまでした。
タイトルを見て、釣れた魚はキャットフィッシュ
と即答できました(笑)

プラグで釣れるのは面白いですね!
50UPともなればネチっこいヒキが想像できます!

でも、フックが中々外れないんですよね~!

  1. 2013/06/22(土) 07:45:55 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>ボウズマンさん
あー、やっぱりバレバレでしたか。
かといって、50UP出た~ってキャットだと、後ろめたいので、まぁこんなところですね。

ライトリグじゃなくクランクですから、やっぱり面白かったですね。
勿論バスが釣れてれば最高だったんですけどね。

プライヤーがあればそんなに苦労しないですよ。
キャットに触れないから多少時間が掛かりますけどね。

  1. 2013/06/22(土) 18:43:53 |
  2. URL |
  3. yoshi
  4. [ 編集 ]
こんばんは!
タバタオ実戦投入ですね。

キャットといえども2匹も釣れるとは!
今後の釣果が楽しみですね^^

50cmのキャットは相当な引きでしょうね!


  1. 2013/06/23(日) 00:09:55 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>yoshiさん
タバタオが思わぬ釣果を上げました。
キャットとはいえ、よく2匹も釣れたと感心しています。

なんか、このクランクは凄く活躍する気がしてなりません。

同サイズのバスより間違いなく引きますよ。
釣れないよりはやっぱり外道でも釣れたほうがいいです。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。