• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

リベンジ出来たかな!?

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 7月24日 芦ノ湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 29回目
天候 晴れ  釣行時間 6時30分~16時30分 10時間(昼食休憩30分含む)
気温 19℃~27℃  / 表層水温 20.6~21.6℃ 


4月中旬にトラウトを獲りに行って、大惨敗した芦ノ湖。

来年リベンジしましょうとひろぽんさんと約束はしたものの、それはトラウトの話。

今の時期、私はバサーなのでバスをどうしても釣りたい。

ということで、来年まで待てずバスを釣りに芦ノ湖へ遠征してきた。

今度は奮発してエンジン船(9000円)を借りて芦ノ湖全域をターゲットにラン&ガンするつもりだった。

120724_063136
ボートレンタルは湖尻湾のレンタルボートやまびこ。

120724_062237
ネットでの釣果情報やポイント情報が豊富なので、ここにしてみた。

平日なら予約の必要もなく、15馬力の漁船みたいなボートを借りれた。

120724_063143
実際に湖尻湾へ到着してみると、元箱根に比べ明らかに盛り上がりにかける街並で観光地としては地味な印象を受けた。

まぁ、釣りには関係ないけどね。

エンジン船には持ち込みのエレキ用マウントデッキは装着できないので、別途300円でマウント台をレンタルする必要がある。

120724_063152
3時20分に成田を出発して5時30分に到着したものの、近場にコンビニがなく探しに行ったり、色々と準備をしている内に出航が遅れて6時30分出船。

さて、前回とまるっきり反対側のエリアからの出発となったが、お店の人から聞いた有名ポイント九頭竜へまずは向かう。

120724_063350
芦ノ湖で外せない1級ポイントだそうだ。

到着してみると、シャローの岸際へ向けてボイルが起きてるのでそれへ向けてボイルトリガーやペンシルベイト、ウェイクマンなどを試すが不発。

ワーム禁止なので、I字系ワームのノーシンカーを試せないのが痛い。

ならばと今度はスピナベ、シャッド、ミノーを投入するが、全く反応なし。

そのまま、隣のプリンスホテル前に移動。

ここでもマリーナ前でボイルが起きていたので同様な手順で攻めたが、どうしてもバイトまで持ち込めない。

透明度が5mもあるというのに、ボイルの正体がバスだと確認できたわけではない。

ただ、今の季節にベイトを追ってシャロー域で捕食しているのはバス以外に考えられなかった。

2時間以上粘ったが、成果なく対岸へ移った。

水温を測ってみると20.6℃とこの時期としてはやや低いのかな。

120724_073551
禁猟区が終わる立岩から、湖尻湾へ向かってラン&ガンしていく。

ただ何処をターゲットにしていいか皆目分からない。

最初は岸際くらいからブレイクラインまでをターゲットにしていたが、反応もないし魚影も確認できなかったので、もっと深いところまで下がっていると思い、今度はブレイクラインから深場へかけてルアーを通していく。

朝一のサービスタイムが終わってボイルもなくなったので、TOPはやめて表層直下のシャローから中層、そしてワーム無しのスモラバ、ボトムはフットボールジグで探っていく。

途中からワームが使えないのでポークをトレーラーにしていくが、全くアタリがない。

120724_091351
初めてポークを使用するので付け方がこれであってるかどうかも分からない。

ただ、メチャクチャ硬いので、フックを通せる場所は決まってしまっている。

120724_131248
もしかしたら、オーバーハングのシャドーかと思って岸際へ近づいていくが、クリアでよく見えるシャローには魚が全く居ない。

見えたのは全て1mはあるかと思うようなモンスター級のコイのみだった。

三本杉を過ぎた辺りのレイダウンで初めて30cmクラスのバスが2匹浮いてるのが見えた。

それを獲ろうと躍起になって色々と試すが反応なく、いつの間にか姿を消してしまった。 _| ̄|○

まだチャンスはあると自分に言い聞かせて、期待の出来る深良水門へ向かう。

既に時刻は10時を回り、少々疲れてきていた。

陽がガンガン照って暑くなり、集中力がなくなってくる。

なので、考えるのが面倒くさくなって、テキトーにルアーローテンションしてお茶を濁していた。

ただ、ブレイクラインを通過させて深場へ向かっていくようなルアーの通し方だけは継続していた。

120724_101559
ある小さな岬を通過中にポントゥーン社のグリーディガッツというシャッド系アクションミノーを投げ倒していた時、突然バイトがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

反射的にアワセて、巻いてくる。

そんなに引かないので小バスかと思っていると、魚影が近づいてきたら何とレインボートラウトではないか。
(´゚Д゚`)ンマッ!!

30cmにちょっと欠けるくらいのサイズのニジマスだった。

120724_100801
カンツリでのレギュラーサイズといったところか。

が、しかし自然のフィールドでの天然物のトラウトの捕獲は人生初!!

バス釣りに来て外道のトラウトとは複雑な心境。

でも、これでボウズはなくなって、ちょっとホッとする。

このグリーディガッツは前回のモニター商品。

紹介記事や釣行記事掲載の期限内では釣果は上げられなかったが、性能から言っていつかはやってくれるだろうと思っていたので2重に嬉しい。

出来ればバスの釣果であって欲しかったのだが・・・・。

一度はやってみたかった生簀へマスを入れて釣り継続。

深良水門でお昼まで粘るがとうとうバイト1つもなかった。

さすがにお腹が減って、疲れたのでここでやまびこへ戻って、お昼休憩にした。

120724_111852
さて午後は前回来た時のエリアが気になっていたので、エンジン全開で一気に南へ下った。

成蹊、箱根神社、元箱根湾の流れ込みや桟橋周り、恩師箱根公園の岬周辺と次と次とテンポよくラン&ガンしていくも全くの空振り。

14時を過ぎたので、またエンジン全開で北上して、じっくり攻めたい早川水門およびキャンプ場前へやってきた。

ここは地形の変化が激しく、岩や石もいっぱい沈んでいて最近の釣果もあるそうなので、もっとも期待の出来るエリア。

終了までの夕マズメに絶対に出ると思って、アンカーを降ろしてじっくり攻める。

360度バスの居そうな所へキャストできる位置へボートを固定して探れるのでアンカー作戦は中々にいい。

ずっとラン&ガンで失敗してきているので、ここはじっくりと回遊魚まで待つつもりで勝負だ。

勿論、ある程度キャストしたら、アンカーを持ち上げて少しづつポイントは移動していた。

開始早々の14時24分、またしてもグリーディガッツにアタリが来た。

水門前の何でもない水深3~4mのエリアだった。

120724_142406
アワセるほどのアタリでもないが、体が自動的に反応した。

引きから見てまた子バスかと思っていると、20cmのギルだった。 ( ̄ロ ̄lll)

120724_142422
またしても外道を釣り上げた。 (^^;

が、ギルが居るところには必ずバスが居るハズ。

グッとヤル気が出て真剣に探っていくがその後は沈黙。

オカッパリも3名ほどいたが誰も釣り上げることはとうとうなかった。

15時を回ったので、ボート屋へ帰る道すがら、シャワーブローズとグリーディガッツのローテーションで桟橋へ向かいながらラン&ガン。

水面でライズが見られたもののルアーへの反応はとうとうなかった。 _| ̄|○

120724_162321
ちなみに16時過ぎの水温は21.6℃とやや上がっていた。

ありとあらゆるルアーで探索したものの、最後までバスの居所がつかめず惨敗してしまった。 (T_T)

水深5~6mラインではなく8~10mラインまで下がっていたのか、それも全然分からなかった。

本日の成績は2バイト、2フィッシュ、0バラシだった。

120724_162502
救いはバイトは全て拾えたし、この時期にトラウトが釣れたことかな。

水温は20℃を超えていたし、シャロー域に居たなんて未だに信じられない。

もっとデカケリャ良かったのにと思いつつこの日の釣行を終えた。


結局、トラウトが釣れたという意味では春のリベンジは少し出来たかもしれないです。
しかしバスシーズンにバスが釣れないんでは不満がいっぱい残りました。
魚探が故障中で使えなかったのも痛かったです。
クリアな水質の山上レイクは将監などのフィールドと違って釣り方が180度違うので難しいですね。
次こそはと思って芦ノ湖を後にしました。
その気持ち、よく分かるとと思われた方、下記のブログ村のバナーをポチッと押して慰めて頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 芦ノ湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


  1. 2012/07/27(金) 14:00:06 |
  2. URL |
  3. ひろぽん
  4. [ 編集 ]
あれま!
ヒゲオヤジさん!僕にナイショで芦ノ湖ですかぁ~(/>_<)シクシク・・・。

とは言いません(笑) が、惜しかったですね!
トラウトとギルは拝めたけど肝心のバスには会えずでしたか~・・・。
湖尻は箱根湾に比べると全然質素な?場所ですョ。当然コンビニとかないので早朝に到着すると食事とか難しいす。

今回はエンジン船で広範囲を攻められたんですネ!ウラヤマシイ~(@_@;)

いろんな場所をまわられて感じたと思いますが、岩場にオーバーハングしてる木々のシェードや湧水(これが結構キモ、かなり冷水なのでバスがたくさん寄ってたりします)にバスはいるんですが、目視では見つけられません。いないと思ってつい岸辺に寄ってしまいますが、実はいるんですよ・・・。
なのでロングスタンスで攻めないと警戒して口を使ってくれない状況も多々あります。
「こんな場所で?」ってとこで出てくるからあまり目視はアテにしないほうが賢明です。

沖からそういったシャローはトップやミノー、そしてI字系の「ジャッカルセイラミノー」などがお勧めです(ジャッカルのセイラミノーは芦ノ湖で育った山木一人プロが開発してますから)。
僕も箱根湾でセイラミノーで釣りました。

シャローで流したらブレイクラインをラバージグで攻めたいですね。
それこそヒゲオヤジさん得意のスモラバでフワフワ引いてみるとか・・・。
重いと根がかりしますんで・・・。

あぁ~、
芦ノ湖のコトになると長文になってしまぅ~(笑)。
くぅ~、行きたいっす!!!

失礼しました<(_ _)>

  1. 2012/07/27(金) 22:18:11 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>ひろぽんさん
別にコッソリということではないですが、夏の芦ノ湖でバスをどうしても釣りたかったです。
というか、釣れる気がしてたんですが、こんなに惨敗するとは想像だにしてませんでした。
もう少しオーバーハングのシャローをTOP系で攻めるべきでしたね。
勝手に居ないと判断したのが間違いだったかもしれません。
なんせ、将監とはまるっきり違う釣りを強いられるので途中で軸がブレまくりでした。

来年の4月の始めのトラウトか、5月中旬のバスかどちらでもいいので是非お付き合い願いたいものです。

エンジン船を借りるつもりなので、芦ノ湖全域をラン&ガンしませんか?


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。