• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

スモールバス天国

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 6月19日 桧原湖 釣行記 2日目 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 20回目
天候  雨   釣行時間 7時 ~15時30分 8時間30分
気温 15℃~16℃  / 水温 17.8~18.5℃ 


昨夜はBBQを美味しく頂き、テントでぐっすり眠って4時に目覚めた。

20120619_043250
高原の爽やかな朝に感激して、のんびり朝食を取って雰囲気を楽しむ。

20120619_045105
が、夕方から雨という予報に反して雨がポツポツと落ちてきた。 ( ̄ロ ̄lll)

慌ててテント等の撤収を開始し7時に出船。

20120619_065234
まずはこたかもりワンドの水門前のシャローフラットから始める。

昨日掴んだパターンからスピニングタックルのみの釣行である。

ラインは4ポンド、オフセットフックは4号でゲーリー3インチグラブをセットしてノーシンカー大作戦の始まりだ。

20120619_124151
開始早々同僚Sが中々のサイズを釣り上げた!!

20120619_071233
反応が良くてアタリが頻発すると言うが私にはアタリ一つない。 ( ̄ロ ̄lll)

Sはバラシも出たようだが、3匹くらい連荘で捕獲できた。

完全に船上で明暗を分けてる展開に一人暗い気持ちで釣りを続けていた。

同じエリアで同様なタックル、同じ攻め方なのに差がつく一方で焦る私。

周りに3艇いたが、いずれも釣り上げていて好調だったので釣れるハズなのにどうしてなのか。

その内スレてきたのか、群れがいなくなったのか反応がなくなったようで、同僚Sも静かになってきた。 笑

今日は北部へ行くつもりが、雨も降っていることだし、昨日魚影の濃かったイカリ潟へ行き先を変更した。

昨日良かった所へ真っ直ぐ行くのではなく、ランガンしながら様子をみることにした。

イカリ潟へ入って色々探っていくと底が見える1.8mくらいから2mのブレイクラインに魚がいてディープからシャローへ行き来してるのが良く見えた。

あちこちにいて活性が高そうだった。

そうなれば、狙いは定まった。

あとはそういう場所をキープキャスティングするだけだ。

と、あっという間にSが2匹ほどキャッチに成功。

相変わらず、私にはアタリ一つない。 _| ̄|○

Sは既に5匹の獲得に成功。

私の焦りはもうMAXまで来ていて、Sの好調さを素直に喜べない。

もう一度振り返ってSと何が違うか一つ一つチェックしていった。

あっ、1つだけあった。

ラインの色だ。

私は同じ4ポンドだけど、ナイロンのイエローライン。

Sは4ポンドのフロロの透明ライン。

違いはコレしかないっていう感じ。

もっともロッドは彼がフィネス仕様バスロッド、私のがトラウト用ULの硬めなので、違うといえば違うがさすがにこれの代えは持ってきてない。

藁にもすがる思いで4ポンドフロロラインを2mほどリーダーとして付けてみた。

祈る気持ちでキャストして探っていると、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

待望の本日の初アタリが初キャッチとなった。

20120619_073422
7時34分、ちょっと小ぶりの24cmだったが、そんな事は気にならないほど嬉しかった。

開始わずか34分しか経っておらず、そんなに焦る必要はなかったが、逆にその短い間にSは5匹も釣っていたのだからこれは爆釣といっていいのでは。

その後、面白いように釣れ続く。

これはと思えるポイントで2~3フィッシュ獲れるというくらい魚影が濃く活性が高い。

昨日のデジ巻きかほっとけレベルではなく、スロー引きくらいでも食ってくる。

もしかすると、小さいミノーやクランクならハードベイトでも釣りになったかも。

が、好調に釣れてる時にそんな事は考えない。

もう面白くて完全にハマっていた。

12時33分、私にとっての最大魚である35.5cmを釣ることができた。

20120619_123317
現地のカヌーガイドをしていた方に湖上で行き会った時に、今の時期だとイカリ潟には40UPは出にくいと仰っていた。

大きいのを釣るならスポーニングが遅れている北部エリアだと言っていた。

それを裏付けるように30cm前後ばっかり。

Sもその後順調に数を伸ばし、サイズも私より大きいのを釣っていた。

それでもMAX37cmでついに40UPは出なかった。 _| ̄|○

午後1時くらいになると雨も本降りになって、激しさを増してきた。

水温も一旦は上がったものの、ジリジリ下がってくる。

不思議なことにそれに連動するように、ちょっと活性が落ちてペースが落ちてきた。

昨日釣れたエリアでは不発で岸際に茶色のシャローが見えるブレイクラインを探してはキャストしていくという釣りが相変わらず良かった。

空腹を全く感じる事無く夢中で釣っていたが、雨の中での帰りの事を考えるとそんなに遅くまで粘るわけにはいかない。

メチャメチャ後ろ髪を引かれながらも、15時30分に納竿とした。

20120619_160908
この雨が高活性に繋がった素晴らしい釣行だった。

こんなに釣れたのは初なので、今回サイズは気にしないことにした。

本日の成績は21フィッシュだった。

バイトもバラシも数え切れず、割とデカイ奴をラインを持ってバラシたのが一番痛かった。

通常、ノーシンカーはラインテンションを張らずにナチュラルフォールさせるのが一番のハズなのに、この日はそうでもなくテンション掛けたままでも十分釣りになっていた。

むしろ、そうやって明確なバイトを得てからアワセた方が確実にフッキングに持っていけるようだった。

スラックがあるとラインが動いただけでアワセても早かったりして、バラシの多さに繋がっていた。

コツと1回アタリが来ても我慢して2回目のコツでアワセるといい感じでフッキングできたようだった。

あんまり待つと今度はガッツリ飲まれてフック外しに苦労するので要注意です。

スモールバスは小さいルアーでというのは定番のようで、しかも桧原湖のスモールはさらにスローで誘わないと釣れないという印象だった。

さらにラインは4ポンドフロロカーボン、当然ながら透明ラインが不可欠。

つまりトラウトタックルで勝負できるってことですな。

水中のカバーが少ないのでラインが巻かれてのラインブレークの可能性は低いので、キズチェックとドラグ調整をちゃんとやってれば大丈夫。

この遠征釣行での夢の2桁釣果に大満足です。

2日間で23匹を釣り上げ、今季通算49匹と大いに伸ばすことが出来た。 (*^0゚)v

内訳は30UPが5匹で最大が35.5cm、それ以外は全て21cm以上で18匹だった。

ちなみに同僚Sはこの日27匹釣り上げ、船中49匹と50に迫る勢いだった。


素晴らしく楽しい桧原湖スモール釣行でした。
引きの強さと素晴らしいロケーションとキャンプを満喫できました。
桧原湖へ行ってみたくなった方、是非下記のブログ村のバナーをポチッと押して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 裏磐梯
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


  1. 2012/06/24(日) 00:24:15 |
  2. URL |
  3. TMU
  4. [ 編集 ]
こんばんは!

後半戦も期待していましたが
物凄い爆釣だったんですね!

割と早い段階でラインカラーに
気付いて良かったですね

リーダーは必要ですよね
たまに結び目からブレークしたり
なんて事の有りますが・・・・・

  1. 2012/06/24(日) 09:09:00 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>TMUさん
お陰様で爆釣でした。
やはりノーシンカーでのスローな釣りがキーワードでした。
そして、ラインが重要でした。
スモールもトラウト並に敏感というか臆病なせいかもしれませんね。
たとえ4ポンドであっても見えるラインは要注意ということです。
いやぁー、本当に早めに気づいてよかったです。 (^^;

  1. 2012/06/25(月) 08:24:29 |
  2. URL |
  3. ボウズマン
  4. [ 編集 ]
おはようございます!

2日目の爆釣おめでとうございます!
サイズUPはなりませんでしたが
充分に楽しめたようですね。

ラインでこうも反応が違うとは思いません
でした。 こういう反面、1日で全く同じ
バスが釣れたと言う話も何度か聞いた事が
あります。 活性の高さにもよるでしょうけど・・・

上手な方は、ラージ、スモールを釣り分ける
そうですよ! 今度は、40UPのビッグ
スモールのヒキを楽しんで下さい!

  1. 2012/06/25(月) 17:36:54 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>ボウズマンさん
お陰様で昨年が散々でしたので、やっと桧原湖のパターンを掴んで楽しめました。
こうもラインが重要だと思わなかったし、これはトラウトにも共通な問題と思います。

ラージとスモールとではやっぱりルアーへの反応が違うので、そこをつけば釣り分けるのは可能かなとも思います。

小貝川ではスモールがラージを上回ってるとの事です。
今季は小貝川まで進出してスモールも狙う予定ですので、40UPも釣りたいと考えていますよ。
スゴイ楽しみです。

  1. 2012/06/25(月) 19:17:27 |
  2. URL |
  3. ひろぽん
  4. [ 編集 ]
あはは!

ヒゲオヤジさん、これでまたバスフィッシングに「ドップリ」浸かりましたね(^_^)

天候はともかく景色最高の桧原湖でキャンプ&その釣果は最高ですネ!

しかし・・・クリアレイクでカラーラインは×ですよ~^_^;
芦ノ湖でもカラーラインでは釣れません・・・。
管釣りでマッディな水質でもカラーラインでは釣果が落ちますから・・・。

今回爆釣、、、で、次回はまた奈落の底へ(笑)。。
それが釣りです(爆)。

次回も好釣果、期待しています!

  1. 2012/06/25(月) 19:55:59 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>ひろぽんさん
完全にバスフィッシングモード全開になってます。
もう面白くて面白くて、バス釣りはやめられません。 笑

キャンプと釣りなんてアウトドアーの典型的な楽しみ方だと思うんですが、100%満喫できました。
ただ設営の手間とかBBQの準備や片付けに時間が取られる事を考えると安い宿に泊まって釣りに集中したいという気持ちもどっかにあるのも事実です。 笑
1年に1回で仲間がいるのならキャンプかな。

本当にカラーラインには反省してます。
これほど露骨な結果になるとは私の想像を超えてました。

どんどんハマっていくのが分かります。
この釣り地獄に心地よく暫くは浸かっていたいですね。

いよいよバス釣りベストシーズンに突入です。
好釣果を出していきたいですね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。