• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

違うけど、嬉しい。

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 9月7日 横利根川・常陸利根川 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 30回目
天候   曇り時々晴れ
釣行時間 6時5分~13時5分 7時間
気温  23℃~29℃  / 水温 27.9℃~28.6℃  


将監・長門がシブイのなら、横利根があるさと久しぶりに水郷リバーサイドマリーナへ。

マリーナのブログの横利根や北利根川、常陸利根川、霞ヶ浦本湖の釣果情報が非常に好調だと知っていたので、それに乗っかるつもりで6時過ぎに出船。

20110907061332
過去2回来てるが、いずれも好調で、本日も釣れて当たり前くらいの気分で意気揚々とポイントへ向かった。

利根川境の閘門まで行かず、過去履歴でよく釣れた大曲から始めた。

ここに居なくて何処に居るのってくらいの絶好のポイントへスモラバを落としていくも、ことごとく無反応。

4~5ポイント回ってノー感じなので、さらにじっくり誘うために、ネコリグに変えた。

水深が2m未満なので、ネイルシンカーは1.8gでボトムを感じられる重さにした。

苦手だがシェイクしてあまり動かさずに誘っていく。

無駄に時が流れるだけで、反応も無い。

障害物周りでショートバイトがあるも、とても乗るようなアタリじゃない。

粘っても大して変わらず。

ことごとく、空振りに終わってマリーナ近くまで来てしまったが、ショートバイトがトータルで2回あったきり。

これから北利根へ出る前に小さい流れ込みを最終チェック。

ネコリグでユラリユラリ誘っているとまたもやショートバイト。

20110907103443
ギルなのか、単に突っついてるのか判別に苦しむ。

が、反応があればしつこく行くしかない。

キャスト4回目にして、2回目のバイトがあった。

直ぐアワセず、一呼吸置いてからアワセた。

半信半疑だったので、すっぽ抜けるかと思いきや、うまく乗った?!

だが、妙に重いので、根掛りかと思った次の瞬間、生命反応を感じた。

そこから、リールを巻いたが、すさまじい勢いでドラグが出て行く。

巻いても巻いても寄ってこない。

これは、アメナマズだと直感した。

が、北浦で釣った時より引きが強烈だ。

もしかするとコイ?とも思ったが、粘りがある感じがナマズという感触だった。

やり取りの最中に大型船が近づいてきたので、エレキで護岸へ逃げながら格闘を続けた。

マリーナ近くだったので、オーナー夫妻も遠目から見守る。

バスじゃなくて、多分ナマズでしょうと言いながら、格闘していたが、ロッドの曲がりが半端じゃなかったので、つい見てしまっていたのだろう。

もう腕がパンパンでロッドを持ってるのが精一杯。

ようやく弱ってきて、魚体が見えてきた。

確かにこれはデカイ。

ネットで救おうとするが、逃げ回ってなかなか簡単にはいかない。

ようやく、確保して水揚げした。 笑

自己最長の62cmのアメリカナマズだった。

20110907103250
誰も期待してない外道には違いないが、これだけ釣れてないと、これはこれで十分面白かった。

なんてたって、この引きはナマズならではのもの。

同サイズだったら、確実にナマズの方が上だろう。

これで気分がグッと盛り上がって、水門を抜け常陸利根川へ出ることにした。

出て行って帰って来れなくなると困ると思ったので、マリーナの方に確認しました。

初めて水門を利用しますが、帰って来れなくなることないですよね?

大丈夫ですよ!と笑って仰って頂けたので、水門開閉の初体験となった。

20110907103914
別に誰でも出来る簡単な事なのだが、水門と水門の空間に一瞬閉じ込められるってのが怖いのだ。

水門が作動中は一切操作は出来ない。

水門が青信号なら、そのまま進入して、中の操作スイッチに繋がる紐を引くだけ。

紐は自分が行きたい川を選んで引っ張るから間違いはない。

20110907104059
赤信号の時は水門が閉まってるので、同様に手前の紐を引っ張って、手前の水門を開けなければならない。

開いたら同様の手順で中の紐を引けば良い。

両方の水門が閉まって、水位の調整が終わったら、出口側の水門が上がる。

20110907104441
この日は横利根川の水位が10cmくらい低かったようだ。

水位の調整が出来る2重水門構造の所だけ通行が可能だ。

ちょうどパナマ運河みたいな構造だと思ってもらったらいいと思う。

長門川のように、滅多に閉まらない水門はそういう機能は全くない。

酒直水門にはこのシステムがあるようなので、今度試してみようと思った。

ドキドキしながら、水門をくぐって常陸利根川を抜けたら、前々から試してみたかった夜越川へ。

20110907104919
河口付近から橋3本目くらいまで、チェックして行くも無反応。

再び、常陸利根川へ戻り、水門周りや浮島周辺を探索。

ショートバイト2つあったのみ。

1つはラインが動くという絶好のバイトだったのだが、アワセてもすっぽ抜ける始末。

おそらく、小さい魚かギルだったのだろう。

13時過ぎまで粘ったが、とうとう外道1尾のみしか揚げられず、納竿。

20110907133204
横利根好調に釣られて来たのだが、うぅー、釣りは本当に分からないもの。

結局、惨敗に終わってしまった。 (T_T)

常陸利根川のポイントも教わったので、是非今度リベンジしたいと思ってる次第。

本日の成績は4バイト、0フィッシュ、1外道、0バラシ。


まぁ、惨敗でしたが、62cmのアメナマズには興奮しました!!
なにはともあれ、外道でも62cmは立派だと思われた方、あるいは水門ってそんな風に操作して通行するんだと興味を持っていただいた方、是非ポチっと応援よろしくお願いします。 
コレでヒゲオヤジも益々バス釣りに励めます!
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村

  1. [ edit ]
  2. 霞ヶ浦水系
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


  1. 2011/09/09(金) 12:52:38 |
  2. URL |
  3. ボウズマン
  4. [ 編集 ]
こんにちは!
釣りですから釣れなければ面白くないし、外道であろうと十分楽しめたようですね。
しかし、62cmアメナマ・・・釣ったことはありませんが文章からでも
そのヒキが十分伝わってきます。 あと、水門は面白そうですね! 
タモリ倶楽部的なマニアック感がイイです。

  1. 2011/09/10(土) 13:13:14 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
>ボウズマンさんへ
まぁ、外道でもあれだけデカければ、楽しめました。
釣りの基本はやっぱり釣れないより釣れるでしょうね。

水門通行は本当に面白いですよ。
あんなでっかい水門を自分で操作できるってのがなんか信じられない感じです。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。