• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

バス釣りを楽しむ

バス釣りに関してどうしてもこだわりたい事がある。

それは自分だけのポイントを見つけること。

雑誌などのメディアに紹介されてる所は、平日でも凄い人がいて、私のような初心者では腰をすえて釣りに集中できない。

ブラックバスは基本的に水路で繋がってる所には全て生息してるはずだから、逆に言えばそこら中の湖沼や川にいるはずなのだ。

勿論、ビッグバスがいるかどうかは別な話になるが、今年の6月くらいから始めた人間にとっては大きさにはこだわらない。

そりゃ大きいほうがいいに決まってるが、それよりも釣れる方が嬉しい。

色んな方のブログを拝読させて頂いてると、1回の釣行で5尾以上ゲットされる方が沢山いて、その実力には驚かせられる。

場所を見つける力も含めて実力をつける以外にないのだが、あんまり釣れないと心が折れそう。

なんつっても、中高年なんで、がむしゃらに頑張れない。 笑

誰もいないところで、ポイントを見つけていくなら、よく釣れる方が参考になるし、バス釣りが楽しい。

それならばと、エサ釣りに手を出してみた。

およそバス釣りのルアーマンなら、絶対にやってはいけない禁じ手だろう。

でも私はバス釣り大会に出るわけでも、ルアーで釣るからこそ価値ある60UPを狙ってるバサーでもない。

どこにバスがいてどんな風に食ってくるか、知りたいし、何より釣って楽しみたいので、その辺は安易に妥協しても心が痛まない。

それにルアーと比べどんくらい釣れるか、そっちの方の興味が勝ったし、実際に試してみたかった。

もっとも、エサ釣りと言えど、ルアーのような釣りスタイルは変えない。

つまり、ジッと待って釣るヘラ師のような釣りはしない。

でもエサ釣りなんですけどねぇ・・・・ 笑

ミミズを使うのでなく、金魚を使って針を掛け、自分が泳がせてバスに食わそうと考えた。

場所は根木名川

利根川に繋がる河口付近こそ、バスボートが入ってくるポイントだが、ちょっと上流へ行けば、殆どバサーは見当たらない。

時折、バスボートが遡上してくるが、おかっぱりは皆無。

自宅から徒歩圏内にも流れているが、さすがに、そこは膝下くらいなので、いなさそう。

将来的にはそういったポイントすらも探ってみようとは思うものの、1発目はもっと無難な所を選んだ。

利根川から遡る所4~5km地点の根木名川

本当は両岸が護岸されているのだが、雑草が激しく生い茂り、人が川岸へ近づくのを阻む。

バスがいると信じて勇気を出して藪漕ぎして降りていく。

時間は9時半過ぎで天気は快晴、気温は25度で清清しい風が橋げたの下を通り過ぎていく。

ウェーディングして、ひんやりした川に立ちこんでの釣りは気持ちいい。

根木名川の川面
水質はマッディだけど、そんなに悪くはない。

時折、ベイトが泳いでいくのが見える。

水温は24度で何もかもが好条件。

橋脚ポイント
最初のポイントは橋脚

典型的なストラクチャーから攻める、というより根木名川には他にこれといってストラクチャーは見当たらないので、逆に言うとここしかないっていう感じ。

用意したエサは生きた金魚5匹。

和金の子供で俗に子赤と呼ばれる5cmサイズ、1匹25円とワームに比べても格安。

エサ付け
1号と3号の2本のフックを用意して、シンカーを針の下に付ける。

リーダーの長さが20cmのダウンショットリグのライブベイト版といったところか。

まずは小手調べと1匹針掛けして、岸沿いに投げる。

運悪くいきなり、根がかりしてライブベイトをロスト。 Σ( ̄ロ ̄lll)

こりゃ、釣れないのかと不安に駆られながら、2匹目を用意。

今度は持参してくる途中に死んじゃったのを選んで橋脚の間のど真ん中に投げる。

エサが死んでるので、ワームと同じ要領で着底後、軽くしゃくりながら誘う。

するといきなり、ヒット。

ゴンという強烈なアタリ。

フッキングにも思わず力が入る。

バス釣り上げ1号
いい引きを楽しんで、上がってきたのは、35cmのレギュラーサイズ。

やっぱり楽しい。

エサはなくなっていたので、すぐに3匹目を用意。

少し下流側へずらしたポイントへ投入。

すると、またガツっというアタリ。

さっきより少し遠慮がちなアタリだけど、引きは強い。

半分の距離まで巻いたところで、川底の障害物らしき所へ潜られた。

嫌な予感がした。

このまま強引に巻いても、ラインが切られるだけなので、辛抱強くテンションをかけたまま、ホールド。

しばらくすると、スッと軽くなったので再び巻き始めた。

さっきよりは引きは弱い。

やっと、水面から姿を現したがちょっと形が違うので、えっと思っていると、なんとヒゲがあるではないか。

ナマズ
ナマズを釣っちゃった!

魚は平気だけど、ナマズは気持ち悪い。

触れなくて、リリースに苦労した。

う~ん、エサ釣りはやっぱり釣れる、反応がいい。

アメリカ在住のバスアングラー、ヒロ内藤が言ってた言葉を思い出した。

全てのバスの10%がエサに反応するが、ルアーにはもっと少ない1%しか反応しない。

バスが釣りたいのならエサで釣ればいい。

そうです、その通りです。

私はエサでも釣ります、当分の間、併用スタイルで行こうと思った。

ナマズにもエサを取られたので、金魚4匹目を投入。

段々風が強くなってきて、なかなか狙い通りのポイントへ落とせない。

橋脚へぶつけたりすると、ライブベイトが直ぐに傷んでしまう。

生だからね、千切れて原型をとどめなくなってしまう。

それでも針に付け替えながら肉片を投げていたら、エサ釣りだね、それでも反応があるよ。

だけど、ガツンと丸呑みするようなアタリじゃないから中々針がかりしない。

魚の形をしてないから、バスも警戒してるのかもしれないね。

最終的にはうまくエサだけ取られて肉片がなくなってしまった。

敵もさるもの、なかなかのエサ取り上手だ。

いよいよ最後の子赤5匹目の投入となる。

しかし、風にあおられて橋脚の出っ張った所へ引っ掛けてしまい、またもやエサとシンカーをロスト。

ヘタッピだな、と舌打ちしながらも、ルアーは持参してなかったので、本日はこれにて納竿。

わずか2時間の釣行だったが、とっても楽しかったし、実に興味深い実験だった。

今日分った事は2つ。

1つはルアーであれ、エサであれバスが警戒したら、ガツンと丸呑みはしないって事だ。

ちょこんと突っつくようなアタリは合わせてもフッキングしないし、バラシが多くなって当たり前なんだね。

この所アタリが良く分からず、バラシも多かったのはこれが原因だったわけだ。

警戒しないようなルアーを使うか、もっとしっかり食うまで早合わせをしないなどの対策が必要だと感じた。

2つ目はポイントを外すとバスはやっぱりいないということ。

ルアーだとバスがいないのか、単に見切られて食わないのか分らなかったけど、エサでやってみるとハッキリしてくる。

今回、橋脚周りと岸までの地形の変化があるところにバスはいたが、それ以外は無反応。

どこでもただ投げればいいという釣り方はやっぱり無駄なんだね、実感した。

ルアーだけで釣られる方でも、このエサ釣りの釣行記は参考になることもあると思います。

今後もこの釣り方はアリだと私は思うので、根木名川の探査を続けていこうと思ってます。
  1. [ edit ]
  2. 利根川水系
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。