• 2017_04
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_06

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

かけ上がりを攻めろ!

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


再び、ウォルトン便りである。

この日、久々に爆釣の神が私に舞い降りてきた。

やはり、継続は力なりということか。

今冬、一番の冷え込みの厳しかったこの日、午前7時に排水口付近の釣り座を確保。

20110114turiza
平日とあって客は他に誰もおらず、ポンドは貸し切り状態。

これだけ冷え込み、水温が6~8℃まで下がると、さすがに冷水を好むトラウトといえども、水が動く水車周りを嫌うようだ。

したがって、排水口付近はちょうど流れがちょっと弱まってるので、魚影が濃いようだ。

表層は多少のライズは見られるものの、まともなスプーンで横引きしても釣れそうにないとみた私は、前回の釣りパラのルアー(NST 1.8g)を付けたまま変えずにキャスト。

沖のボトムは捨て、かけあがりのボトムを狙った。

まっすぐキャストすると飛びすぎてしまうので、斜めにして少しでも長くかけ上がりを探れるように工夫した。

これは空いている平日しかできない業だね。笑

ボトムをとって、軽くバンプさせるか、ズル引きっぽく誘ってると、ゴンときた。

気持ちよく、アワセて、開始13分後、本日の第一号をゲット。

20110114_1
その2分後に1尾追加して上々な滑り出し。

その後、かなりデカイのを掛けるも、痛恨のバラシ。

手ごたえは40cm超えだったので、残念。

そっから、3回連続で乗せられなかったので、ルアーを変えようと見てみると、なんとさっきのバラシでフックが途中で折れてしまっていた。

20110114accident
これじゃぁ、魚は掛からないよね。

朝マズメの貴重な30分をロストしてしまった。

それならと、同じNST 1.8gのピンクで探ってると、尺岩魚キター。

20110114_2
これは美味しいので即キープ。

岩魚が出た後、NSTでは反応が悪くなってきたので、ここで踊るうさちゃんじぐ 1gを投入。

ボトムよりやや上という感触があったので、軽い方を選択。

20110114_3
1時間で4尾というまずまずの結果だった。

これも反応が薄くなってきたので、デカベスクでやってみるも、本日は2尾どまり。

20110114_4
どうも最近、うまくかみ合わない感じがする。

ここまでで2時間が経過し、10尾捕獲だから時速5尾と決して悪いわけじゃないが、アタリがドンドン弱くなってきたと感じたので、もっと小さくフワフワ感を出せるルアーとしてクレージーボムを繰り出すことにした。

キャストして着水したら、すぐ糸ふけをとって、少し巻く(1/4~1/2回転)。

ディップは立てたまま、デジ巻きのような要領で巻いてはポーズを繰り返す。

中層からボトムにかけて、ユラユラと漂ってフォールするイメージで引いてくると、これが見事にはまった。

20110114_5
最初こそ、アタリが手にツンとかコンとか来てそこからアワセていたが、ショートバイトの場合、それだとなかなか乗らないし、すぐバレてしまう。

その内、フォールするタイミングでアタリが来るのが読めるようになったので、待ち構えてラインが動いたらアワセると面白いように釣れ始めた。

いよいよ、爆釣劇の始まりである。

メーカーによると早合わせがバレの元と言ってるが、決してそんなことはなかった。

20110114_6
むしろラインでアワセる方がはるかにバラシ率が下がった。

もっとも2尾くらいはスレで釣ってしまったけどね。

最盛期は3分おきに1尾釣れていたから、いわゆる入れ食い状態だった。

キャストして1~2度誘ってアワセて、掛けてからやり取りしてランディングして写真撮影、そしてリリースと忙しい。

もう夢中で釣っていた。

10時を回ると4~5人客が来ていたが、誰も爆釣してる者などいなかった。

あんまり釣れるので、知らないあんちゃんが近づいてきて、一体何のルアーを使ってるかって聞きに来たくらい。

それにしても、噂でこのルアーは釣れると聞いていたが、私にとって今までは不発だった。

20110114_7
ついに開眼したということなのか。

メーカーが言ってる釣り方では全然釣れたためしがない。

ボトムステイで少し動かして誘うでは不可であった。

しまいには少し飽きかけてきたが、釣れてるルアーを変える気にもならず、どこまで行けるかトコトン追求したくなってきた。

が、残り20分で大切なクレージーボムが岸際の木杭の間に挟まってとれなくなり、継続不可。

そうなると、フォール時に小さくヒラヒラ感を演出できるルアーといえば、キメラだろうと思い、結び直して同じ釣り方でやってみると、釣れる、釣れる。

20110114kimera
ラスト20分で4尾追加して、本日の釣行を終えた。

結局、ネオ軍団のルアーたちが大活躍して、縦釣りで爆釣した5時間だった。

20110114Chohka
1時間で23尾というのは、私のカンツリ史上初めてのことだ。

この時期のウォルトンはかけ上がりを縦釣りで狙うといいのかもしれない。

本日の成績はルアーオンリー5時間で56フィッシュ、11バラシだった。

ちなみにイワナをもう一尾ゲットして、焼き魚にして喰らったが、とても美味しかった。

20110115SHIOYAKI
イワナ、サイコー。





更なるトラウトフィッシングの情報ならこちらへ --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. ウォルトンガーデン
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


  1. 2011/01/17(月) 08:16:39 |
  2. URL |
  3. ボウズマン
  4. [ 編集 ]
おはようございます!いやぁ〜こりゃずいぶんと抜きましたねゑ〜。まさに気持ちいい〜釣行でしたね。 漁師さんの気分になってしまいますね。クレイジーボムは私も持っていますので今度試してみたいと思います。

  1. 2011/01/17(月) 23:59:26 |
  2. URL |
  3. ヒゲオヤジ
  4. [ 編集 ]
久しぶりに爆釣で気分も上々です。
これで次へ行った時に、全然釣れず、がっくりという事があり得るから釣りは面白くやめられないんですね。
クレージーボムは確かに爆発力はありますね。


 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。