こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

初の神奈川遠征釣行 後編

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月20日 開成水辺フォーレストスプリングス 釣行記 後編 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  26回目
天候 雪のち晴れ
釣行時時間  7時 ~ 17時 (昼食休憩30分) 9時間30分
気温  0℃~7℃  / 表層水温 11.6 ℃


さて、腹ごしらえも出来たし、気分一新して巻き返しを図ろうと午後の釣行を始める。

12時35分、3号池のレストハウス前の1号池に接している場所に陣取る。

20130220_123304.jpg
ヒットレンジは何となく分かったものの、これはといったパターンも分からないままのスタートとなった。

とりあえず、今日アタリがあったルアーをローテーションしていく。

開始10分、DEHSミノーSPで反応が出てきたので、そろそろヒットするかなと思ったその時、足元のかけ上がりの岩陰より魚が猛烈にバイト。

突然のヒットにこっちもビックリだが、食いつく瞬間が見えたので中々に面白かった。

目の前なので、やり取りなんて楽しむ暇もなく、バラさないようヒヤヒヤしながら取り込むと何とイワナだった。

20130220_124648.jpg
久し振りに見るイワナ、食べたーいと思ったものの、キープの準備はしてなかったので、泣く泣くリリース。

直ぐ反応なくなって、降板。

次はスリムスイマー1.5g紫で表層のちょっと下を巻いてくるとヒット。

13時2分、またしても色物の捕獲に成功。

レインボーのアルビノを釣ったのは生まれて初めて。

20130220_130242.jpg
なんか金魚かコイでも釣ったような気分。

その後、13時11分に竹ミノーで追加したものの、何となくたまに釣れるという感じのままで、ペースも遅いしパターンも分からないまま。

20130220_131145.jpg
14時を回ってZANMUのFで2バラシをやらかして、場所移動を決意。

ここまでで僅か8匹、このままだと10匹いくかどうか微妙になってきた。

こうなったら夕マズメ期待で朝一の場所で勝負を賭けるしかない。

朝と同じポイントに入ってキャストし始めるが、そんなに直ぐには釣れない。

20130220_142510.jpg
ローテでキャストしたミニスペックとスリムスイマー1.5g紫でそれぞれ1匹づつ獲ってやっと10匹達成。

20130220_143540.jpg
20130220_151457.jpg
時間は15時を15分ほど回って、納竿まであと1時間45分しかない。

この頃より再びポンプにスイッチが入ったようで地下水が噴出し始める。

水面のライズが増えいよいよ夕マズメがスタートした感じ。

周りはそれに合わせてポツポツ釣れ始めていたが、完全に出遅れていた私。

ここは自分が一番信頼してるルアーで行くしかないと思い、竹ミノーを投入。

今日も釣れてるルアーには違いないが単発ばっかりで、連発はまだない。

釣れたのは表層レンジを合わせる為カウントゼロからロッドティップを上げてゆっくり引くというようなやり方をしていた。

中々ヒットしないので、ルアーを回収しようと早巻きしたら、直ぐコンコンとアタって来たので、オヤッと思った。

ならばと今度はロッドティップを寝かしてカウント3でやや早引きすると、急にアタリが出て来た。

今までより若干浅めだと思うが、ほぼ同一のレンジでリトリーブスピードを速めたら釣れそうな気配が出て来た。

そして、15時30分に直ぐ1本獲って、安心をしてさらなる追加を目指す。

20130220_152745.jpg
直ぐ次もヒットするもバラして、その3投目。

カウント終了で巻き始めた途端、ひったくられる様なアタリ。

SULのロッドがグゥッと絞り込まれる。

沖でのヒットは気持ちいい、ランディングまでのやり取りが長くて面白い。

巻けばドラグが鳴って走られ、中々寄って来ない。

2~3回繰り返して、ようやく観念した所をネットイン。

またもや色物の捕獲に成功! (*^0゚)v

20130220_155104.jpg
不敵な面構えの50UP?のブラウンが出た!

滅多に出会えないので超うれしい。 (T_T)

そして、その5分後。

着水して5回ほどリトリーブした頃だろうか、今までに経験したことのない様なアタリを感じた。

ドーンと水中から誰かが引っ張るような引きを感じた。

今度は巻けども巻けどもドラグが出っ放しで、寄る気配すらない。

左右に走られ、隣の釣り人にすっかり迷惑をかけてしまうほどの勢いだった。

このまま獲れないという気がするほどのやり取りをしている内に、やがて腕がパンパンになってきた。

シンドイので両手でロッドを支えて暫く弱るのを待つ。

ようやく大人しくなった所で一気に巻き上げてランディングに成功。

バレなくて本当に良かった。 (^^;

が、ネットインしてビックリ。

大して大きくない。 _| ̄|○

20130220_155633.jpg
どんだけの大物かと期待させたが、さっきのブラウンとさほど変わらないサイズ。

自分的には最低でも60と思っていたのだが・・・・。

これこそが林養魚場の元気のいい魚という事なんだろうね。

いやぁー、本当にやり取りが楽しめた。

気がつくと、ついに16時に突入して、のこり1時間となった。

活性はそのままに、反応は上々なので、このまま竹ミノーでやり切る覚悟を決めた。

最後の1時間は4匹掛けるも2匹はバラして、ゲームセット!!

20130220_163618.jpg
20130220_164324.jpg
結局、本日の成績は9時間30分で15フィッシュ、1ラインブレイク、10バラシだった。

最後の1時間30分で5匹、それも大物と色物で大いに楽しませてくれた釣行に大満足。

色物といえば、イワナもアルビノも釣れたし、また行きたくなってしまったそんな遠征釣行となった。

釣果別ルアー

竹ミノー赤2g  8匹
スリムスイマー紫1.5g  2匹
DEHSミノーこげ茶SP  1匹
Hunting Minnow 65 わかさぎ  1匹
ミッドクラピー深緑  1匹
ミニスペックFグレー  1匹
ペレスプ2.3g黄緑  1匹

竹ミノーも引き方によって色んな状況に対応できると分かったのは大収穫で、ますます手放せないルアーとなった。

絶版品だから、ロストしないように注意しないといけない。

もっとも、あと6個はストックがあるので安心。


レンジとスピードの組み合わせやバランスは重要だと感じました。
地合いが重なったという事実も確かにありますが、リトリーブスピードを上げたことでこうも反応が違ってくるとは思いませんでした。
スレマスを食わそうとリトリーブスピードは遅くなる一方だったので、ちょっと盲点だったですね。
タナが合ってもデッドに巻いては釣れない事もあるようです。
それが釣りだと思われた方は下記のバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村





  1. [ edit ]
  2. 開成水辺フォレストスプリングス
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:10
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2013 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。