こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

久々のパターンフィッシング

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 1月24日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  22回目
天候 曇り時々晴れ
釣行時時間  12時20分 ~ 16時50分  4時間30分
気温  9℃~8℃  / 表層水温 10.6 ℃


昨年の11月27日以来、2ヶ月ぶりとなるジョイバレーへ夕マズメ狙いで訪れてみた。

20130124_120641.jpg
2013年に入って、ウォルトンでやっと2桁出たもののそれ以外は一桁安打続きで散々だった。

プールトラウトは片手も行かない釣果に痺れっぱなし。 笑

今日は数は出るだろうと受付を済ませ、最奥の定位置を確保して12時20分に実釣開始。

20130124_121056.jpg
昨日の雨でポンドは薄濁り状態、昨年来から気になっていた藻は一掃されたようで、ルアーに付いてくることはなかった。

地下水を豊富に流し込んでいるジョイバレーはこの時期でも水温は表層で10℃はある。 (´゚Д゚`)ンマッ!!

流れ込み付近での測定結果だが、地下水を流し込んでいるところが圧倒的に水温が高いので、当然魚もそこへ溜まる傾向がある。

が、それでもレンジは深いはずで、ZANMUシリーズから始めた。

IDOはハズレだったが、33DRのSPで手応えあり。

開始後、10分で2本とマズマズの結果。

20130124_130506.jpg
その後反応があるものの、乗らない病多発。

それでも、しぶとくやっていって13時に1匹追加出来た。

次はトルネードを投入。

最近覚えたボトムからのギリスロー引きで試すとこれもバイトがいっぱいあるも乗らない。

結局、1匹も乗せられず降板。

ZANMUをローテしてると今度はIDOでヒット。

かけ上がりで1本獲れた。

だが、それだけで終わったので、今度はボトム作戦を展開。

HADOの巻きフォール、ボトムデジ巻きは不発だったので、今度はボトムキラーでやってみる。

これもズル引き、デジ巻きは不発だったがバンプで魚が反応。

1匹バラしたが1匹追加出来た。

20130124_134048.jpg
しかし、反応は長続きせずこれもあっさり降板となった。

ボトム系は他にも試したが全て不発に終わった。

ここまで、約1時間40分が経過して5フィッシュ1バラシと今ひとつ。

数釣りって感じじゃない、まぁプールよりはマシ程度。

でもサイズが小さいのでもっと釣れないと気分はスッキリしない。

水温の事もあるし、放流が行われて池全体の活性が少し上がり、レンジも上ずったとみて、つぶアンのSPを投入。

2~3投するがイマイチだった。

それじゃぁとリトリーブに変化をつけて巻くとなぜか釣れてしまった。

20130124_135840.jpg
もしやと思い、次からそれをパターン化してみるとこれが大当たり。 (*^0゚)v

14時から17時までの3時間で31匹と大量ゲットに成功した。 d(・ω・´)

途中ちょっと渋った時にローテでスプーンを投入して3匹ほどはスプーンで獲ったものの、あとはつぶアンSP、Sのみで捕獲できたのでこれは爆発とも言える凄い釣果だ。

20130124_150808.jpg
その釣法とは・・・・教えな~い・・・・・・・、ウソ。 笑

それはズバリ、クランクFのレンジキープの応用だったと自分では思っている。

一般にスプーンのカウントダウンは良く知られているが、クランクのカウントアップは知名度がイマイチ。

クランクのフローティングを使って早巻き1回、2回、3回でレンジを決め、そこからゆっくり引くことでレンジをキープできるというもの。

レンジをキープしているスピードを保てるかをチェックするのが、カウントアップなのだ。

大体、早巻き3回もすれば、クランクの最深まで潜らせることが出来るはず。

早巻き1回、2回、3回直後のそれぞれの場合で何秒で浮き上がってるか憶えておいて、しばらく引いてきてからまた止めて浮き上がってくる時間を計るわけだ。

この時同じ時間で浮き上がってくればレンジキープできてるスピードで引けてることになる。

しかし、ここからがポイントでフローティングだとデッドに巻けば絶対にレンジキープはできない。

どんなに潜らせても引いてる内に浮き上がってきてしまう。

なので冬の低活性時は中々出来ない技なのだ。

ならば、SPやSならどうか。

グイグイ巻いて最深レンジへ到達させておけば、そっからどんなにゆっくり巻いても浮き上がらないから、レンジキープは容易だろう。

最初からゆっくり巻いてしまうと最深レンジまで到達できぬまま引くことになってしまい、レンジが合わず微妙に反応が悪いこともあるわけだ。

それと、グイグイ巻いてる時に魚の注意を引きつけておいて、デッドスローで食わしてるとも言えそうだ。

キャスト毎に反応があった時は確かにグイグイ巻いてデッド巻きへ移行した途端、ゴンと食ってきていたから間違いない。

それにしても気持ちよかった。

放流によって池全体の活性は上がっていたのは確かだったが、キャスト毎にアタリがあってずっと釣れ続けていたのは私くらいしかいなかった。 (*^0゚)v

久々の快感だった。

まぁ、殆どが25cm未満の小物ばっかりで、30UPがやっと2匹程度混じるそんな釣果だったけどね・・・。

20130124_145240.jpg
しかし、久々にパターンにハマっていい釣りが出来たと自負している。

残念ながら、またもや家庭の事情で30分早く切り上げなくてはならなくて、40匹まで行けなかったのは残念であったが・・・・。

本日の成績は4時間30分で36フィッシュ、11バラシだった。

ルアー別釣果は下記の通り

つぶアンSクリアー  16匹
つぶアンSPこげ茶  6匹
つぶアンSピンク  3匹
ZANMU33DRピンクSP  3匹
つぶアンSPクリアー茶  2匹
ゲーター1.5gライトグリーン  2匹
ZANMU IDO SPこげ茶/黄色  1匹
NSTボトムキラー1.6g黄色・オレンジ  1匹
ハイバースト1.3g緑カモフラ/白  1匹
Faces1.4gダークグリーン  1匹

同じつぶアンS、SPでも色ではっきり反応が分かれたから、カラーはやっぱり何種類かあったほうがいいね。


久々に気持ちいいくらいにパターンにハマりました。
シーズン中にこんな事はそうそうないので、もう夢中で釣ってました。
これだから釣りはやめられませんね。
そりゃそうだと思いになったという方は是非下記のバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2013 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。