こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

やっぱりバス釣りは難しい

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


さぁ、今度はバス釣りだと、バス池へと向かった。

とにかく、バス池へ行ってみて驚いた。

池の淵へ立つと、前回と全く違ってる。

生命感が感じられない死んだ池のように静まり返っていた。

浮きバスどころか浮きギルも見えないし、水も凄く濁っていて、魚の存在を示す水音すらない。

ときおり、デカイ魚が泳いでると思ったら、対象外の50cmオーバーのコイだ。

この活性の低さは前日の冷たい雨と急激な気温の低下のせいで水温が下がった為と思われる。

アタマに過去のノーフィッシュに終わった苦い思い出がよぎる。

嫌な予感がしつつも、前回と同じ様なポイントにミノーやクランク、スピナビを通すも予想通り無反応。

ならば”踊るうさちゃんじぐ”を投入。

池の周りを歩きながら、バスのいそうなポイントに撃つ。

ポイント直攻撃とか、ちょっと離れた所から泳がせながら近づけるなど、色々やってみたが全くダメ。

もう諦めかけた時、カバーの真横をしゃくりながら、流してた時に、ヒット。

ようやく、今日のバス池の最初の1尾を確保した。
20100526バス一号

開始から、既に40分くらい経っていた。

その後、また無反応が続く。

リグをスモラバ+トレーラへ変えてみるが、効果なし。

とうとう池を1周してしまった。

いつもの事だが、無反応というのが辛い。

100%いるのが分ってるのにねぇ、目の前でブラブラさせないと食わないのだろうか。

客は4~5人ほどいたが、1人を除いて苦戦してた。

その好調な1人は池中央の入口サイドの反対側に陣取っていた。

大きくワンドになっていて、数箇所ある水中に没した木のカバーを狙える場所だ。

そこに椅子をおいて、キャストし続けていた。

ひたすらカバーの近くに撃ち、手前のワンド方向へ巻いてくるというやり方。

ただ、ルアーに何を使ってるかまでは確認できなかった。

その場所を一歩も動かず、ときおり水しぶきが上がったと思ったら、バスを釣り上げていた。

まるで、トラウト管理釣り場みたいなペースで釣り上げてる。

もう、脱帽と言う他ない。

2時間もいて、私の釣果はたったの1尾。

その名人は10尾はいってたのでは。

やっぱり、バス釣りは難しい。
  1. [ edit ]
  2. 釣りパラダイス・バス池
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2010 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。