こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

トラウト・ルアーフィッシングの魅力

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村

トラウトルアーフィッシングに魅せられて1年が過ぎた。
2010年2月28日イメージ
それまで釣り全般の面白さを認めてはいたものの、わざわざ出かけて行っても、中々釣れない→ツマラナイ、釣れても小さい→アタリはあるけど、引きの面白さはないといった理由で決して釣りにハマることはなかった。

そりゃ金をかけて、船でベストシーズンに繰り出せば、釣りを堪能できるんだろうけど、それでも釣れなかったらイヤだなぁと行く前から尻込みしてたし、とてもじゃないけど釣り船に1人で参加する気にもなれなかった。

一方、身近に出来る釣りとして、いわゆる釣り堀の存在は昔からあったけど、どうにも年寄り臭いイメージがあって、ヤル気にならなかった。

つまり、エサ釣りだと、動きがなくじっと待つというイメージが強すぎて、面白くなさそうに感じていたからだ。

そんな時に、ルアーという誘って魚を騙して釣るという能動的な釣りに魅力を感じて、近くのトラウト管理釣り場へ行ってみたら見事にハマってしまった。

2010年2月28日管理釣り場
それが、去年の1月。

手軽に行けて、行けば数は別にして必ず釣れて、それなりの引きを味わえるというトラウトルアーフィッシングは、もうこれはハマって当たり前の要件を満たしているといえる。

自然のフィールドでこれだけ大きい魚を手にすることは実際相当に難しい。

ドラグが出て行く程の大型を釣ったら、誰だって病みつきになるだろう。

それが、ロッド1本持って手軽な服装で行ける場所で手軽に釣れるとしたら、流行って当たり前だと思う。

ここ最近のトラウト管理釣り場が急増・充実してるのがそれを証明してる。

とはいえ、デビュー戦は5時間いて確か4尾程度だったと記憶してる。

時速1尾にも満たない、低調な記録、2回目はもっとヒドク、たった1尾だったように思う。

ここでやめちゃうか、続けるかで、釣り好きになるかどうかのポイントだったけど、やめずに何で釣れないんだろうと思うことで次は釣ってやると燃えてしまったのだ。

2010年2月28日ブルック
というのも、釣れた魚は大型とは言えないものの、30cmはあって、結構引きを楽しめた。

それにコーンと当たってくるアタリもなんともいえない心地よい響きを手にもたらすものだし、バラさないように慎重に寄せてくる時のハラハラ感もたまらなかった。

バーブレスだから、ちょっとでもテンションが緩めば、フックがすぐ外れてしまうから、魚とのやり取りも真剣そのものになるし、それがたまらなくスリリングで面白い。

リリースするにしても、ネットに収めなければ釣ったことにならないと自分に諫めてるから、毎回必死になって取り込んでいた。

モタモタして、取り込む直前でバラして口惜しい思いを何回もしてるし、ジャンプして逃げられる事もしばしばあった。

こんな風に何回も失敗を繰り返せば、やり取り中にその辺を想定しながら、寄せてくる事が最近になって、ようやくできるようになってきた。 笑

さて、この釣りの唯一のネックは水温が上がると活性が下がって全く釣れなくなることだ。

もともと冷水域に棲むトラウトにとって関東の平地では夏を越せない。

勿論、場所によっては井戸水を相当量、出しっぱなしにすれば、とりあえず生きてはいられるけれど、それはギリギリというレベルであって、とても気持ちよく釣りが出来るとは言えない。

したがって夏場は渓流などの自然のフィールドへ行くか、とんでもなく遠い標高の高い管理釣り場へ行くしかない。

そんな時間も金も無いので、ツナギの意味でやってみたバス釣にもハマってしまった。 笑

この釣りの魅力は後述するとしても、トラウトとは全く異なる釣りの面白さがある。

脱線したけど、トラウトの面白さはやればやるほど奥が深い。

大抵の人はまずスプーンから始めるから、その巻き方のバリエーションを覚えるだけで楽しいけど、今度はクランクやミノー、はたまた変り種ルアーなんかもあるから状況に応じてそれらをどう使っていくかを学んでいくのは更に楽しい。

水温や天気で魚たちの活性は、日によって全然違うから、それらを見ながら、泳層を見極めて、ルアーを使い分けていく。

自分で予想したプランでガッツリ釣れた時は無上の喜びだし、さらに周りより釣れていたら有頂天になって、さらにハマっていく。

釣りなんて自分だけが楽しんでいたら、それでいいはずだけど、周りより釣れるところを見せつけるというのもたまらなく気持ちがいいものだ。

逆のパターンで今までに口惜しい思いで上手に釣る人をいっぱい見てきたから、なんだか見返した気分になれるんだね。

釣れてる人をよく観察することで、どうしたら釣れるのか学ぶことはいっぱいある。

そういう意味で私はまだまだ未熟者なので、どんなに渋い時もしっかり結果を出す釣りを目指したいものだ。

今年はフライも始めたことだし、渓流もチャレンジしたいと思ってる。

今年の釣りはどうなるのか、自分でも予測がつかないが、大変楽しみにしている。
  1. [ edit ]
  2. 釣りに関して
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2010 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。