• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

難産の末に・・・

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 3月26日 フィッシングエリアJ 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  42回目
天気 曇りのち雨
風 微風 0m/s ~ 2m/s
釣行時時間 8時 ~ 17時 8時間40分(昼食休憩20分)
気温 13℃~19℃
表層水温 14.8℃~15.2℃ 水中水温(水深1m)15℃~16℃


1000尾達成まで残り20尾と迫ってきたところで、ずっと行きたかったJへ行くことにした。

20140326_075402.jpg
とっくに3月へ入っており、難しさは変わらずとも前回よりはバイトが分かり易いのではと期待していた。

2月は手前に追ってくるような弱いアタリしかなく、トルネードに逃げてしまっただけに今回は本来の修行に力を入れたいと思っていた。

8時ちょっと前に到着したので、1番乗りだった。

オーナーより、一言アドバイスを頂いた。

春ですので魚が散っています。

見切りも早くなってますので、重さ、スピード、カラーを変えて色々と探ってみて下さいと。


1.8時-11時 3時間 13尾 時速4.3尾

最初は3号池との間の中央付近に釣り座を構える。

20140326_075904.jpg
修行が目的なので、3号はパス。

まず最初は1.2g鱒玄人を引き方を変えて探るが無反応。

1.5gリンゴミディ、0.9gノアJrと空振りが続く。

一旦スプーンを見切って、実績の高いパニクラSRを投入。

2尾はゲット出来たが、後が続かない。

20140326_082910.jpg
ノラクラFで1尾は追加できたものの、またもや沈黙。

20140326_090420.jpg
色々クランクを投入していくと、プチモカFで再び反応アリ。

9時36分から3連発して、人心地ついた。

20140326_094215.jpg
10時になったので、もう一度スプーンへ再チャレンジ。

0.9gのノアとサークル、そして1.5gのスリムスイマーに1本づつ来たが、単発で統一性がまったくない。

次をどうするというヒントがないので、行き当たりばったりに近い。

色々探るうちに1.8gのジキルの蛍光イエローに好反応。

20140326_104258.jpg
これも3連発出来た。

そしてプチモカFで更に1尾追加出来た。

20140326_105619.jpg
ここまでの展開で、プチモカFとジキル1.8gでローテが出来そうな感じがしてきた。


2.11時-13時 2時間 5尾 時速2.5尾

3時間釣ったので、対岸の中央部へ移動した。

20140326_105947.jpg
殆ど場所による釣果の差をなくしているとオーナーさんは仰っておられるが、こちらサイドは地形は遠浅だし井戸水の放水や流れ込みがあって明らかに対岸とは異なっている。

3回目で初めて気がついたがお客さんはこちら側を好む傾向があるようで、いつも混み合っている。

これまでで、感じの良かったプチモカF、ジキル、そして蛍光色を中心にして派手系を試すが沈黙。

嫌な感じがしてきた。

釣れないからと移動してきたわけじゃないので、動いてきたことを後悔し始めていた。

さっきまでの傾向とまるで違っている。 (^^;

つぶアンFで1本獲ったが、レンジもスピードもカラーも分からなくなった。

20140326_111024.jpg
色々とやってみてハイバースト1.3gで追加できたものの、完全に迷走状態。

20140326_112445.jpg
時刻は11時30分、気分転換に後ろの1号池で遊んでみることにした。

ここはクリアーなので、魚の反応が分かるから色々と勉強になる。

また、獲れたらちょうど昼飯時なので、焼いて食うつもりだった。笑

ここJにはオーナーが11時から14時まで炭火を準備してくれているので利用しない手はない。

0.9gのサークルやノアJrで掛かるも、バレてしまいキャッチならず。

意地でも獲ってやるとミニミニスティックやトルネードまで投入するが、見切られてしまう。

表層ならどれでも反応がいいが、3投もするとスレて見向きもしなくなる。

賢いというか学習していて、手ごわ過ぎる。

なんだかんだと1時間遊んでいたが、遊ばれ過ぎて結局キャッチできずしまい。

12時30分、再び2号池へ向き合う。

今度はスプーン勝負でノア0.9g、リンゴミディ1.8gで3本獲れた。

20140326_124418.jpg
20140326_125110.jpg
13時になったので、昼食休憩を取った。


3.13時20分-17時 3時間40分 6尾 時速1.6尾


午後は午前中良かったまた3号池との接してる側へ移動。

20140326_132042.jpg
同じ場所には入れず、真ん中より奥側に入った。

午前中良かったルアーを順次試すも反応悪し。

13時20分から1時間悪戦苦闘するもノーフィッシュ。

午前中18尾だったので、通算998尾までいった事になる。

この感じだとヘタをしたら達成不可ではという疑心暗鬼にとらわれる始末。 ( ̄ロ ̄lll)

14時33分、シャロークラピーで午後の部のファーストフィッシュをキャッチして、やっと999尾。

20140326_143355.jpg
さて1000尾はどうしようかと悩むが、釣りたいルアーを投入してもサッパリ。

ここまで、キビシイと修行の域を超えてるし、集中力を欠いて投げやりになってしまう。

なので、なかばヤケクソに投入したミニミニスティック赤で1000尾目を達成してしまった。(^^;

20140326_144347.jpg
しかも連発もできず、色を変えて1001尾、トルネードで1002尾と何とも私らしい展開に思わず苦笑。

20140326_144922.jpg
20140326_150305.jpg
プチモカFで15時3分に1尾追加した後は何をどうやっても釣れる気がしなかった。

20140326_153307.jpg
16時30分に雨が降り出し、活性が上がる事もなく私のモチベーションは下がるばかり。

雨具を着るほどでもなく、16時52分にリンゴミディ1.5gで1本釣ったのを潮に納竿とした。
20140326_165211.jpg


4.総括

本日の成績は8時間40分で24フィッシュ、6バラシ。 時速2.8尾

惨憺たる結果だった。

特に午後からが厳しく釣れる気がしなかった。

1000尾目がかかっていただけに気が気でなかった。

結局、釣りたいルアーでなく、釣れるルアーで釣っちゃったのが残念だったが、私らしいルアーでのメモリアルなので、これはこれでよしとしよう。笑

それより、修行の中身が問題だった。

午後からのバイトは本当に小さくこれを獲るのは至難の業。

つぎ込んだルアー総数は52個

無論、闇雲に投入したつもりはないが、明らかなヒントがないまま、つぎ込まざるを得なかったというのが実情だ。

重さにしろ、種類にしろ、カラーにしても系統だってなく、攻略の糸口がついぞ見えなかった。

納得できないまま終わった感じなので、1000尾達成の嬉しさは全くない。

この修行はそのまま来季へと繰り越すことになる。

ここJでそれなりに出来ることを来季の目標に掲げたい。


ルアー別釣果は下記の通り

プチモカFブラウン  5尾
ジキル1.8g蛍光イエロー  3尾
パニクラSRウグイスカラー  2尾
リンゴミディ1.5g赤/金  2尾
ノアjr0.9g蛍光グリーン  2尾
ノラクラFクリアーブラウン  1尾
サークル0.9g赤/金  1尾
スリムスイマー1.5gオリーブ  1尾
つぶアンF赤/黒  1尾
ハイバースト1.3g緑・黒カモ/白  1尾
ミディアムクラピー  濃緑  1尾
ミニミニスティック・赤  1尾
ミニミニスティック・黄  1尾
トルネード・キャラメル  1尾
リンゴミディ1.8gキャンディオレンジ  1尾


*** 今シーズン通算 1004尾 ***


自分なりに設定した目標を達成できました。
趣味とはいえ何事も闇雲にやってもしょうなないので有意義だった気がします。
課題や宿題をいっぱい残したままなので、それは来季へ持ち越しですね。
とはいっても、今シーズンはあと3回くらいはカンツリへ行くつもりです。
1000尾キャッチ達成、良かったねと下記のバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. フィッシングエリアJ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


修行は挫折!?

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月18日 フィッシングエリアJ 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  34回目
天気 晴れ
風 中風 0m/s ~ 4m/s
釣行時時間 8時 ~ 17時20分 9時間(昼食休憩20分)
気温 -1℃~7℃ / 表層水温 8.4℃~8.6℃ 水中水温(水深1m) 8℃~10℃


連休2日目は、フィッシングエリアJでの修行と決めていた。

厳しい闘いとなることが予想されたが、1日じっくりやってみたかった。

20140218_074330.jpg
フロントフックは禁止なので、行く前にこれらのルアーは完全封印、リアフックにもしないと決めていた。

TMUさんが爆釣したペレットペレットSSも封印した。

ただしボウズになりそうだったら、その時は解禁するとした。笑

そして好きなルアーのミニミニスティック、トルネードは午前中は封印して午後からの使用と決めた。

但し、そこそこ釣れていれば使わないとした。

また、修行に専念する為に、1号、3号池も封印。

2号池の場所を3箇所選んで気分転換すると決めていた。


1.8時-10時 2時間 5尾 時速2.5尾

まず最初の釣り座は事務所対岸中央やや手前。

20140218_075506.jpg
定番の表層から刻んでいく事にした。

オーナーブログによると、1g以下でスロー引きか1.2g前後の普通引きで釣れるようなコメントが載っていた。

私はどうかというと、サークル0.9gの蛍光グリーンでいきなり釣れた!

20140218_080152.jpg
が、続かない。

赤/金に色を変えて1尾追加が精一杯。

20140218_080855.jpg
色やスプーンを変えてもアタリがないので、パニクラSRを投入。

期待通りに1尾キャッチ出来たものの後が続かない。

20140218_081557.jpg
レンジを上下に変える様、色々とクランクを投入しても結果は変わらず。

今度はスプーンを1.2g、1.5gと試していくけど駄目。

1.8gのリンゴミディでようやく30分後に1尾追加できた。

20140218_084412.jpg
が、またも途絶えて、早くも悶絶釣行が見え始めた。

ボトム系を繰り出して僅かな可能性を見出そうとするが、不発。

ハルパーダイブ0.7gのどちらかというとスイミング的なアクションでようやく9時16分、1尾をゲット出来た。

20140218_091656.jpg
これを追加するのに30分も要してしまった。

この後ディープクランク、スイッチバック1.2gで掛けるもネット直前バラシ。 _| ̄|○

9時30分以降は完全に沈黙・・・・、釣れる気がしなかった。( ̄ロ ̄lll)

後ろに大物池(3号池)があるので、何回も振り向きたい衝動に駆られたが我慢我慢。笑


2.10時-12時 2時間 4尾 時速2尾

場所移動で気分転換を狙う。

対岸のほぼ中央へ移動。

20140218_100553.jpg
この管理釣り場は時間も場所も釣果に差が無いように、工夫を凝らしてると聞くが、それも確かめたかった。

少なくとも地形は明らかに違う。

こっちの岸際は浅く緩やかなかけ上がりになっている。

当然、そこのかけ上がりにいるだろうとボトム系やスプーンのスロー引き等でチェックするも思ったとおりの結果が出なかった。

この日お客さんは10人くらい居たのだが、殆どこちらサイドが人気でそれなりに釣り座が埋まっていた。

軽量スプーンのスロー引きに固執し過ぎたかと、ペンタ1.7gで色々なスピードで引いてみると、何とか1尾キャッチ出来たが、所詮単発にしかならない。

20140218_104814.jpg
じゃぁと、今度は一番信頼の厚いスイッチバック1.2gを使って、同様に色んな引き方をしてみる。

30分くらい色々試していると反応のいいパターンを発見。

11時10分から7分で3連発とこの日初めて連荘できた。

20140218_111255.jpg
ただ、そのパターン今となっては良く憶えてない・・・。( ̄ロ ̄lll)

何となくこれで暫くいけそうな気がして、お昼にしようと中断した。


3.12時-12時20分 昼食休憩

持ち込んだお握りをほおばりながら、カップ麺をすすっての昼食休憩。

せっかくなので、オーナーに色々話を伺った。

オーナーがおっしゃるには雪が凄かったので、大量の雪しろが入って水は多少濁って、ボトムには冷たい水が入ってるそうだ。

魚はそれを嫌って、ボトムにはいない感じがすると言っていた。

また水温そのものが10℃くらいで安定していることを話すと水にはお金を掛けてますよと自信のある答えが返ってきた。

何でも、100mレベルのボーリングをして汚染されてないクリーンな水源を確保しているとの事。

水温の安定や美味しくて安心して食べれる魚を育てているとの事で、とても好印象を持った。


4.12時20分―16時  3時間40分 24尾 時速6.5尾

午後一は当然休憩前に良かったスイッチバックより始める。

早速1尾はサクッと獲れたが、どうやらここまでだったようだ。

20140218_122041.jpg
次は午後解禁にしたミニミニスティックを投入。

それこそありとあらゆる引き方をしたが、ショートバイトすら無しで降板。_| ̄|○

色を変えても不発なので諦める。

次は前日良かったトルネード。

2日も続けてよかったことなどあり得ないし、この日も全く期待しないで釣り始めるとやたらと高反応。

カウント3で反応がいい。

結局、バラシなしの4キャスト、4連続キャッチに成功。

20140218_123158.jpg
信じられなかった。

ずっと厳しかったので、連続で釣れ続けると、ストレス解消になる。

多少スレてバラシや乗りづらくなってきたものの、カラーチェンジをするとコンスタントに釣れる。

20140218_124759.jpg
20140218_125616.jpg
20140218_130503.jpg
20140218_131203.jpg
1時間くらいは夢中で釣っていた。

が、飽きてきた。

それに本来はスプーンでの修行がメインな筈。

これだけトルネードに高反応を示すのなら活性は高いわけだから、スプーンで釣れるレンジやスピード、色の決め手があるに違いないと試しまくったが、全く駄目。(>_<)

こういう空しい努力を行いつつトルネードで釣るというローテーションをやっていた。

唯一、スプーンではなくハルパーダイブ0.7gのスイミングにて14時39分から2連続ヒットで他にもパターンがあるかと期待させたが、それもそれだけで終了。 _| ̄|○
20140218_143926.jpg


5.16時―17時20分  1時間20分 19尾 時速14.3尾

夕マズメを迎えて再び場所移動。

今度はまた対岸奥へ釣り座を移した。

ここで大きく方針変更。

気持ちを切り替えて釣れてるトルネードでどこまで行けるかに絞ることにした。

カラーチェンジを繰り返してる内、黒が一番いいことに気がついたので、色はもう黒だけで押してみることにした。

巻き合わせが余りに気持ちいいので、それの練習と釣れてる時しか出来ないランディングの集中練習と割り切ることにした。

その結果、納竿を迎えるまで、とにかく殆どスレずに、トルネードの黒で釣れ続けたのは驚異としか言いようが無かった。
(´゚Д゚`)ンマッ!!

20140218_161750.jpg
夕マズメという事もあるだろうが、他の方が殆ど釣れてない中、申し訳ないと思えるほど釣れてしまった。(^^;

一応、夕マズメのピーク時に15分ほど軽量スプーンで最後のあがきをしてみた。

サークル0.9gオレンジで1尾はキャッチできたものの、単発で終わってしまった。

20140218_164230.jpg
前回来た時は表層祭りで釣れたのだが、どう工夫しても獲れなかったので、またトルネードに戻してしまった。

上がり際にオーナーにスプーン修行と銘打っておきながら結局トルネードで釣り過ぎたので申し訳ないような事を言ったら、逆に慰められた。

大丈夫ですよ、トルネードは禁止ルアーではないですし、今の時期は難し過ぎます。

魚がルアーを銜えて反転しないのでアタリが非常に分かりづらいからしょうがないです。

3月に入るともっと良く分かるようになります。

むしろ、2号池は魚影が濃いので、他の釣り場さんより釣れてしまうのでは。

スプーンの釣りが楽しくてしょうがなくなるでしょうとの事だった。


本日の成績は9時間で51フィッシュ、8バラシだった。 時速5.7尾


5.総括


2日続けて違うエリアでトルネードが当たったのが不思議でしょうがない。

カウント3~5で落とし込み、秒速1/2回転から3/4回転で巻くスピードに反応が最も良かった。

殆どがクゥーと重くなるようなアタリで、急いで巻き合わせをしてアワセを入れるというような釣りだった。

このカウント3~5という巻き出しのレンジとスピードにスプーンを合わせるように、散々工夫してトライしたが、スプーンでは釣果が伸びなかった。

本当に良く分からない釣りだったと言える。


ルアー別釣果は下記の通り

トルネード・黒  22尾
トルネード・赤  8尾
トルネード・キャメル  6尾
スイッチバック1.2g金/赤・緑ヤマメカラー  4尾
ハルパーダイブ0.7gサーモンピンク  3尾
トルネード・ライムグリーン  2尾
サークル0.9g蛍光グリーン  1尾
サークル0.9g赤/金  1尾
パニクラSRウグイスカラー  1尾
リンゴミディ1.8gキャンディオレンジ  1尾
ペンタ1.7gフラミンゴカラー  1尾
サークル0.9gオレンジ  1尾
トルネード・黄色  1尾


*** 今シーズン通算 793尾 ***


前日に続いてトルネードで再び当たったのには驚きました。
時々とんでもなく爆発することがあるものの、連日違う場所で釣れるなんて事はかってなかったです。
本当に釣りは訳が分からないことだらけです。
実は翌日もトルネードで釣れているので季節的なことなのか、水温と関係があるのか、興味深いです。
ただこの日はボトムも不発でしたし、トルネードにハマリ過ぎてスプーニング修行には挫折してしまいました。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. フィッシングエリアJ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:10

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


管釣り道場、初体験!

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 12月11日 フィッシングエリアJ 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  15回目
天気 曇り時々晴れ
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 8時 ~ 17時 9時間
気温  4℃~13℃  / 表層水温 10.2


TMUさんよりお誘いを受けて、久々の友釣りとなった。

場所はゲーム性が高いと評判のフィッシングエリアJ。

受付小屋は簡素で千葉のトラウトポンドNOIKEによく似ている。

20131211_075737.jpg
全部で3つの池があり、それぞれ特徴がある。

20131211_075749.jpg
詳細はHPをどうぞ。 →  http://homepage1.nifty.com/madara/turibori.htm

まずは大型魚が潜むとされる3号池の攻略に向かった。

2号池との間に釣り座を構えると身体を180度ターンさせれば、両方を攻められる。

私は器用じゃないのでそんなことはせず、じっくりと、まずは1時間大型魚が獲れることを祈って始めた。

20131211_075936.jpg
表層は静かで、アタリもなく、本当にいるの?って感じ。

池中央は深く、2gのスプーンでもカウント10は楽に越えてしまう。

かけ上がりのボトムにはウィードがあり、底べったりに攻めると、ちょっとストレスを感じる。

が、その辺に一番いそう。

小さいアタリを2つほど拾った後、8時15分、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

って、25cmほどの魚、ここって大物池じゃなかったの?

20131211_081444.jpg
納得がいかないまま、とりあえずキープ。

ちなみに、この大物池にいた小物はやっぱり赤身の魚ではなかった。 _| ̄|○

そうこうしてるうちに,TMUさんにヒット!!

ロッドのしなりとドラグ音からして大物に違いない。

しばらくのやり取り後、あっという声がしたら、バレた、というより、スナップ直上から歯で切られた模様。

残念、惜しい!!

私の方はというと、先ほどの1尾のみで1時間が経ち、諦めて2号池で始める。

この2号池が、ここフィッシングエリアJの道場の道場たるゆえんらしい。

20131211_085514.jpg
マッディだが、可能な限り魚影を濃くし、居つき場所の不公平を失くすために地形、環境を整えてあるらしい。

また、お客に合わせて放流というスタイルは取らないので、放流狩りはできない。

常に、ある程度スレた魚とのゲームが楽しめるというのがここの最大のウリなのだ。

開始早々に鱒玄人1.2gで1尾キャッチするも、カウントダウン中のフォールで食ってきたヤツでパターンではなかった。

20131211_090506.jpg
重さを変えてレンジを探っていくが、さっぱり分からない。

限りなくボトムに近いとは思うもののショートバイトばっかりで釣れない。

クランクも試すが、よく分からない。

2号池で開始して既に38分が経過、かなり焦ってきた。

かくなる上は、レンジを確かめる意味でもミニミニスティックを投入して探ることにした。

レンジを変えて引いてみるが、反応が出ない。

ならば、デジ巻き&ステイの組み合わせでやってると、やっとアタリが出始めた。

巻きのタイミングとステイ時間の変化で釣れるタイミングを図るのも中々難しい。

しかし、色を変えつつ、10時までの22分で4尾と結果を出した。

20131211_094209.jpg
次の1時間はクリアーな1号池への挑戦だ。

よく魚が見えるが、魚影は薄い。

20131211_100809.jpg
そしてスレていて、ルアーをことごとく無視する。

またウィードもあって、ちょっとでもボトムに沈ませると絡んでしまい泳がなくなる。

色々やってみたが、チェイスさせるのが精一杯で、食わせるのは至難の技だった。

30分でギブアップ、2号池へ戻った。

ここから、お昼をはさんで14時くらいまで、クランクで着実に拾っていった。

20131211_104003.jpg
20131211_110231.jpg
20131211_132301.jpg
20131211_141912.jpg
20131211_152053.jpg

最初のパターンはミニミニスティック、次がミッドとディープクランク、この2つのパターンが確定した所で次はスプーンのパターンを探す。

何をやっても駄目だったが、私の左でスプーンで爆釣していた人のやり方とTMUさんが自作ペレスプでヒットしたのを参考にペレスプを投入するとこれが当たった。

20131211_142556.jpg
こういう時に3本のパターンがあると心強い。

スレたら次のパターンへ移行していけばいいので、ローテーションとしては申し分ない。

15時30分まで、このローテーションで30本弱獲ったが、そこから急減速。

一方、TMUさんはクリアーな1号池で1本獲って、2号池ではアタリルアーを見つけて爆釣中。

しかしながら、後ろ髪を引かれつつ、家庭の事情で16時で上がられた。

私も当初16時には納竿する予定だったのだが、このパターンが崩壊したままでは帰るに帰れなくなった。

何としてでも次のパターンを見つけて、帰りたかった。

15時30分過ぎに餌として店主がペレットを撒いてから、池の状態は一変していた。

レンジも変わって、活性が上がっているはずなのに釣れないというイライラ感がつのっていた。

16時15分を回ると夜の帳が降りて来て、ますます水面が騒がしくなってきた。

いわゆるナイターの時間帯になっているのだが、照明が私の釣り座まで届かないので、手元が暗くてルアーチェンジも出来ない。

仕方ないので、ペレスプを付けたまま、カウントゼロでロッドティップを大きく上げて表層を泳がせ始めると、ガンガン当たってくるようになった。

これが正解だと喜ぶものの、反応がある割にはキャッチまで持ち込めない。

1キャストにほぼ1回のアタリがあって、3回に1回は乗るが即バレ。

そして5回に1回は手前までもっとこれるけど、ジャンプしまくられて、フックオフという状況。

ランディングまで出来るのは10回以上じゃないと無理という状況だった。

それでも約50分間、4キャッチ、5バラシと答を引き出して終われたのは嬉しい。

20131211_170655.jpg
1日券で18時までできるのだが、私も家庭の事情を抱えているので、17時が限界で上がりマスを釣ったのを潮に納竿とした。


本日の成績は9時間で34フィッシュ、15バラシだった。

思ったより釣れたのはミニミニスティックのお陰だった。
スティック、トルネード、竹ミノーは使えないと思っていたが、使えるとの事。
要はフロントフック禁止、ソフトタイプのアラベスクやファー素材と2cm以下のルアーは不可というのが実情のようだ。

食べる目的の赤身の魚は1本も獲れなかったのが、悔やまれた。


ルアー別釣果は下記の通り

ミニミニスティック・ライムグリーン  6尾
トラッタエリアクランクFマスタード  5尾
ディープクラピー・オレンジ/モスグリーン  4尾
ペレスプ2.3gオレンジ  4尾
ミニミニスティック・黄  3尾
ミニミニスティック・黒  2尾
ペレスプ2.3gモスグリーン  2尾
鱒玄人1.2gライムグリーン/グレー  1尾
ハンドメ・クレセントオレンジ/黄色  1尾
ノラクラFブラウン  1尾
彦クランクSSカラシ  1尾
フルスペックFDR紫  1尾
パニクラSRモスグリーン  1尾
ペレスプ2.3gグリーン  1尾
つぶアンSPクリアーブラウン  1尾

*** 今シーズン通算 306尾 ***

中々に面白い管理釣り場です。
本格的道場として自分を鍛えるつもりならスプーン1本で挑むのもいいかもしれません。
私はそこまで望んでいないので、ルール適用範囲内で充分だと思っています。
しかし、スプーンは実質ペレスプ1本しか釣れなかったのは大いに反省の材料となりますね。
シーズン本番の今季の管釣りもさらに頑張ってと下のバナーをポチッとクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. フィッシングエリアJ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:16

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。