• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

フロートボートの弱点

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<<  11月5日 印旛沼水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 46回目
天候 晴れ  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 6時30分 ~ 10時  3時間30分
気温 9℃~16℃  / 水温 15.2℃


久し振りに午後の用事もなく、1日バス釣りをしようとこの水路へやってきた。

20131105_062049.jpg
先週の巻物で高反応だった印象そのままに、フロートボートで6時30分出船。

前日に冷たい雨が降ったせいか、先週同様水色は濁ったまま。

20131105_060832.jpg
まずはスピナーベイトを巻きまくってみる。

橋脚と岸辺に挟まれた小さいワンドでバイトがあった。

もう少しで乗りそうだったので、直ぐネコリグとスモラバでフォローを入れるが、不発。

その後、当たりが無いのでブリッツ、バンクシャッド、ソウルシャッド、ネコリグ、ライトテキサス、スモラバと順繰りにローテーションして探っていく。

しかーし、何の反応もなし。

死んだ川のように生命感も全く感じられない。

水温は表層で15.2℃あるのに、どうにも納得がいかないが釣れないものはどうしようもない。

20131105_093024.jpg
私のフロートボートは予算の都合で拡張キットを取り付けてないので、手漕ぎ仕様のまま。

なので、広く探ろうとすると手漕ぎで時間が掛かる。

もっとも、フローターよりは格段に速いのだが、こういう風に反応が全く無いと大きく動いて変化のある所を探したくなる。

そうなると、やっぱりエレキ仕様にしないと厳しいね。

かといって、岸へ上がって分解して、またクルマで移動して組み立てるのも面倒。

爆釣しているのなら、進んでやるのだが、こんな感じの日は粘ってもあまり釣れない事の方が多い。

その点フローターなら膨らせたまま車に積んで移動できるので、フローターの良さを再認識しつつも、こんな水温では寒くて浮かんでられないだろう。

散々悩んだが、粘ってもダメだと潔く諦め、今日は納竿とした。

そして、次はウォルトンガーデンへ向かい、またしてもダブルヘッダー釣行となったのだった。

本日の成績は1バイト、0フィッシュ、0バラシだった。


今季通算75号変わらず
スモールマウス 25尾、ラージマウス 50尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖/ラージ将監川


1週間で豹変した水路でした。
前日の雨のせいだったのか、この日は全く釣れる気がしませんでした。
中々に気まぐれです。
11月の釣果が出せるのか不安になってきます。
バス釣りも頑張ってと下記のバナーをポチットクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


秋は巻物

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<<  10月29日 印旛沼水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 44回目
天候 曇りのち雨  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 6時 ~ 11時  5時間
気温 11℃~15℃  / 水温 14.2℃


フィールドの水が安定してきたと思い、先週に引き続きフロートボートで様子見がてら水路へ出撃してみた。

この日は寒く気温は11℃、水温も14℃前後で雰囲気は釣れない感じ。

20131029_055212.jpg
しかも水はまだ濁っていて透明度は10cmくらい。

いつものように橋脚、杭回り、ガマ際等をまずライトテキサスで攻める。

橋脚周りの小さいワンドで本日1回目のアタリがあった。

ギルか小バスかといったアタリだった。

とりあえず、スモラバでフォローを入れてみるがNOTHING。

ウーン、苦戦しそうな気配がプンプン匂って来た。

こうなると、秋は巻物というし、とりあえず巻いてみようとブリッツ(シャロークランク)を投入。

今までにローテーションの谷間に巻物を投入することはよくあった。

が、そこで結果を出してくれないとドンドン弱いフィネスの釣りへシフトしていって、結局自滅してしまうケースが多かった。

今回もそうなるかなと大して期待もせずに巻き巻きしていた。

エレキ無しのフロートボートなので、漕いではアンカーで固定してじっくり探るという方法でアプローチしていた。

というのも、圧倒的に魚影が濃いエリアなので、居そうな場所に1キャストでは勿体ないからだった。

色んな角度から少なくとも2~3投する感じでブリッツを通していく。

そんな中で杭と杭の間を通しているとゴーンといきなりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!。

余りに唐突でアワセを忘れるくらい。笑

でも、巻物で来ると本当に嬉しい!!

ただバラシが怖かったので慎重にやり取りをした。

ロッドティップを下げてジャンプさせないようにして、左右に八の字を書くように回しながら寄せて、最後はラインを手にとって、ハンドランディング!!!

7時3分、プリプリの36cmの水揚げに成功。

20131029_070338.jpg
ナイスな引きを楽しませてもらった。

ベイトを求めて沖やブレイクをウロウロしてる感じではなく、ストラクチャー周りでベイトを探してる印象があった。

なので、そういう所を中心に投げまくった。

8時43分、今度はヘラ台脇の先で食ってきた。

ヘラ台の直ぐそばに着水したので恐らくそこから追ってきて、ガツっと食ってきたんだろうね。

これも難なくランディング出来た。

26cmのぎりキーパーサイズで正直引きはイマイチだったが、巻きで釣れれば楽しさ倍増だ。笑

20131029_084322.jpg
その後、反応も落ち、ライトテキサス、スモラバ、ジグヘッドワッキーとローテーションするが、全く反応がない。

この頃より2人組のカートッパー2艇が加わってきて、ちょっと会話した。

彼らはスモラバで小さいのを獲ったそうだ。

ブリッツで2つほどバイトを取ったものの、釣れないまま大きく移動を決意。

ひたすら漕ぎ漕ぎして、橋の反対側へ大きく移動して杭回りをまたブリッツで攻め始めた。

なんか、これでしか釣れない気が逆にしてきていた。笑

杭の密集してる手前の単発杭の横を通していると、根掛かりした、と思わせるような重いアタリ。

でも重量感があっても生命感があるので魚には違いない。

とにかくベイトリールでグイグイ巻いて寄せてくる。

水中でもんどりうって暴れ、首を横に振りながらイヤイヤをして、一瞬見える抵抗する姿は紛れもなくバス。

サイズはちら見程度なのでハッキリは分からないが、40UPはあったはず。

ラインを掴んで引き寄せようとした瞬間、フックオフ。

逃がした魚はデカかった。 _| ̄|○

その時は気づかなかったが、ただのフックオフではなかった。

翌日の将監釣行時にブリッツのトリプルフックの1本が折られていたことに気がついた。 ( ̄ロ ̄lll)

20131030_065352.jpg
残念・無念というほかなかった。

この日も午後に用事があったので、未練たらたらだったが11時で納竿とした。

パドルで漕いだ後に泡が航跡にのように残っていたので、この日は軽くターンオーバーもしていたはずだったが、それでも釣れるというのは、いかに魚影が濃いという証ではなかろうか。

20131029_072904.jpg
まぁ、釣れる時は簡単に釣れちゃうから何とでも言えるのかもしれない。

本日の成績は6バイト、2フィッシュ、1バラシ(フックブレイク)だった。


今季通算74号
スモールマウス 25尾、ラージマウス 49尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


とても寒くしかも濁りのあった中で巻物で釣れたのは驚き以外の何ものでもなかったです。
秋パターンというのを実感しました。
居場所はいつも通りでしたが、横の動きの方が良かったんですね。
水温が10℃以上あれば、まだまだ11月中旬まではバス釣りが楽しめると思っています。
バス釣りも頑張ってと下記のバナーをポチットクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


久し振りのフィールドと新兵器進水式

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<<  10月22日 印旛沼水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 43回目
天候 曇り時々晴れ  中風 2m/sから5m/s
釣行時間 6時 ~ 11時  5時間
気温 19℃~28℃  / 水温 22.1℃


毎週のように来襲する台風のせいでバス釣りに全然行けてない。

そして肝心のフローターが使えなくなってしまった。

予算が無くフローターをとりあえずやってみたいという一心で1万円程度の安物のフローターを購入したが、1シーズンどころか、9回釣行しか持たず使えなくなった。

20131022FUROTA.jpg
どこかに小さい穴かキズが入って空気が漏れ1時間しか浮いてられない状態になってしまった。

修理しようと思えば出来ない事も無いが、この程度の使用にしか耐えられないのなら、修理してもまた直ぐにダメになってしまうのは目に見えていた。

なので、代替機を緊急購入することにした。

本当は本格フローターもしくは10フィートアルミボートかカヤックが欲しかった。

しかし、カートッパーになるなら、それにはルーフキャリアが別途必要になる。

FJなら純正ルーフキャリアが欲しいけど、これだけで5万円くらいするので、論外。

今回、カートッパーになるのは諦めた。

次は本格フローターがいいか、散々悩んだ末にカーメイトのフロートボートにした。

20131022_055922.jpg
拡張性が高いという理由と耐久性を考えての決断だった。

予算的にキツイのでとりあえずクラッチキット(手漕ぎのパドル)付きのノーマルボート仕様を購入した。

これでも6万円弱はする。

完全にボーナスをあてにしての購入だ。(T_T)

ただコイツのいい所は拡張キットが豊富でパーツを買い足していくと一人乗りではあるが、ちょっとしたリザーバーまでカバーできるボートになることだ。

1馬力エンジンとフットコンエレキ、ロッドホルダーなど備えた本格スモールボートに変身できる。

ハードプラスティックなので、耐久性もあるし、軽く持ち運びも容易でクルマにコンパクトに積める。

フィールドに合わせてそのオプションパーツの組み合わせをすれば、何処でも釣りが可能だ。

ボートトレーラーのランチングが出来ない場所はコイツで決まりかなっていう感じ。

01007-z1fw40.jpg
上記写真はオプションパーツを装着しての完成形。

これだったら自分の持ってるフットコンエレキも魚探も利用できるので経済的だ。

とりあえず、今ハマッてる水路ならとりあえず、この手漕ぎレベルで充分。

流れや風対策は12フィートアルミボートからアンカーを借用すれば流されずに済む。

20131022_075840.jpg
台風が通り過ぎた後の印旛沼水系水路で進水式を兼ねてバス釣りをやってみた。

これは10月8日以来のバス釣りだった。

そして10月に入ってからはバスを見ても触ってもいない。

どうしても釣り上げたいという気持ちと新しいボート釣行にワクワクしての釣行だった。

現場へ到着してみると台風から6日くらい経っていたので水位は下がっていたが、日曜日の雨で濁りは全然取れていなかった。

普段なら透明度が30cm以上あるのにこの日は10cmもない。

ちょっと嫌な予感がしたが、とりあえず6時に出船。

椅子がないので、フローターのエアクッションがちょうどいい。笑

小さいクセに安定感があり、フローターのように身体が水に浸からずに済むので今の季節は特にいい。

水が濁ってる時はカバーやストラクチャーにベッタリ着く傾向があると思ったので、先ずは橋脚周りや杭回り、葦・ガマの際や奥にライトテキサスを落としていく。

反応は無く、生命反応が殆ど感じられない。

一応、その周りもスピナベ、クランク、シャッドとしつこいくらい通していく。

秋だからね、広範囲に探る必要もある。

ノーシンカー、ジグヘッドワッキー、スモラバといったライトリグであるフィネスな釣りも合わせてやっていく。

水路の水を排出させるため機場が動き出したらしく、流れが出て来た。

チャンス到来かなと期待したが、状況は変わらない。

その内風もキツクなって来た。

その時はアンカーを降ろして対応した。

手漕ぎパドルで移動してアンカーを打って、一箇所をじっくり釣るというのも、中々にいいものだ。

おそらくエレキで移動していたら、ポンポンと早く流しておしまいになってしまう。

魚影の濃いエリアはこのフローターっぽい攻め方の方が向いていると思う。

その攻め方で2箇所ほど杭回りでバスのアタリがあった。

20131022_074430.jpg
20131022_091902.jpg
明らかにギルのそれとは違うもうちょっとで乗せられそうなアタリだった。

ルアーはいずれも2gシンカーとシリコンスカート付きのライトテキサス。

スローにズル引きをして、小さいボトムバンプで食ってきた。

色々試してこの結果だったので、とりあえず合っているだろうと思ったが、この日も午後から用事があり、後ろ髪を引かれながら11時で納竿とした。

釣れはしなかったが、明らかなバスのバイトが、予想した場所で予想した釣り方で来たので正解に近かったのではという満足感はある。

本日の成績は2バイト、0フィッシュ、0バラシだった。


今季通算72号変わらず
スモールマウス 25尾、ラージマウス 47尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


毎週来る台風で満足なバス釣りが出来ません。
せっかく今シーズンの端境期はバス釣りに専念しようと思ったのですが、緊急避難的に行った管釣りの魅力にも引かれています。
こうなると釣れる方へ行きだすので、バス釣りがおろそかになってしまいます。
今度の台風27号が過ぎれば11月中旬まではバス釣りに専念できると思っています。
バス釣りも頑張ってと下記のバナーをポチットクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


朝マズメが命!?

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<<  9月30日 印旛水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 41回目
天候 曇りのち時々晴れ  弱風 0m/sから3m/s
釣行時間 5時30分 ~ 11時  5時間30分
気温 17℃~25℃  / 水温 19.2℃~20.8℃


自分のホームである将監の調子もイマイチ。

っていうか、この時期は場所を選ばないとボウズ地獄の恐怖が常に付きまとう。

印旛水系の水路ではこれまで8戦して坊主は1度のみ、釣果トータルは2桁以上。

決して大漁してるわけではないが、通い始めたばかりなので、まぁこんなものだろう。

どっちにしても手堅く釣れているのは確かだ。

ということで、私の足は自然にこの水路へ向かってしまう。笑

20130930_053701.jpg
本日も他をすっ飛ばして北部エリアにて5時30分より入水。

いつものように橋脚より攻め始める。

まだこの水路では実績のないダウンショットリグ、ルアーは先週に引き続きケイテック、3インチのEasy Shiner。

バイトが多発していたから釣れる筈だと今日は最初に投入した。

1投目からバイトがあったが、ショートだしギルっぽい。

アタリを無視してシェイクしながら引いてくると、コンと小さく違和感があって、ラインがスーッと動いていく。

しめた!とアワセたが、生命感を感ぜず、すっぽ抜けたかと思ったら、なんか付いている!?

おぉっ、なんとまたまた最小記録更新の小バス君の登場だ。

開始10分で13cmの最小バスを釣り上げた。

20130930_054040.jpg
狙って獲れるものではないから、これはこれで嬉しいかな! なんか複雑な心境だ。 (^^;

橋を反対側へくぐっていつものように杭とガマの複合ポイントをダウンショットで攻め続けるもショートバイトのみで釣れそうで釣れない。

ここで2gライトテキサス+シリコンスカート+3インチドラゴンバグでもっとタイトに攻めてみる。

ガマと沈船のキワにテキサスを落とし込み、着底後最初の煽りでゴンとバイトあり。

そしてラインが少し動いている。

これぞ、テキサスの醍醐味。

スラックを巻きつつロッドを大きく上げてアワセを入れる。

ガツっとアワセた感があって直ぐそれが生命感に変わる。

何度やってもこのプロセスがたまらない。

引き味イマイチの26cmだったが、贅沢は言えない。

20130930_061745.jpg
本日2尾目ゲットは6時18分の事だった。

今日は中々調子がいい。

続けてテンポ良く杭回りを攻めていく。

すると、その10分後、3回くらいボトムで小さくリフト&フォールさせていると、小さくコンとバイトがあった。

正直、うまくバスがルアーを咥えたかどうか、自信が持てなかった。

ラインを見ると動いてないが、あんまり待っていると吐き出しちゃうし、ここは勝負と鬼アワセだ。

空振りすることなくフックアップ。

が、杭に魚が巻きそうになって大慌て。

懸命にフローターでバタ足してライン角度を変えソッコーで巻いて杭より引き剥がす。

6時27分、若干サイズアップした3尾目、29cmの捕獲に成功した。

20130930_062623.jpg
開始から僅か1時間弱でサイズはともかく3尾は出来過ぎだろう。

これは大漁かと思われたが、そこからは急に沈黙。

障害物にタイトに着いている気がしたがどうやら状況は変わった様子。

こんな時もっと広く探れるボートがあればなぁと一人ボヤク。

今度はタイトについてない事を想定してシャッド、クランクを巻いてみるが、ノーバイト。

もう一度ダウンショットも使ってみるが、ギルか小バスのショートバイトがあったのみ。

ダウンショットが小さい魚に有効ではなく使ってるワームが小さいからだろう。

ハードルアーは諦めて、今度は0.9gのジグヘッドワッキーに変えてみた。

20130930_093352.jpg
ワームは、がまかつの5.5インチWISストレートを使用。

針先が出ないような刺し方をして根掛かりしにくくした。

それでもガマのおい茂る中に入ってしまうと大変なので、手前から攻めることにした。

ちょうど渓流ボートと杭の複合ポイントがあってそこへキャストするとロッドにかすかなアタリらしきモノを感じた。

疑心暗鬼でいるとラインが妙な動きをしている。

これも確信が得られなかったが、とりあえずアワセを入れてみた。

するとグンと抵抗感があって重さを感じた。

しかし、引きがなく根掛かりかと思った瞬間、魚が走り出した。

慌てて巻いてこちらも応戦する。

突然、フローターの下へ潜ろうとするので凄く慌ててしまった。

それほど大きくないので、すぐ抵抗も弱まり、ランディングに成功。

9時33分、30cmちょうどの4尾目を釣り上げた。

20130930_093229.jpg
こうなると、釣り人とは欲深いものでさらに釣りたくなってくる。

この頃より急に雲が広がって風が強くなってフローターでの釣りがやりづらくなってきた。

今回はクルマでランガンせずに同じエリアの2周目チェックを開始した。

20130930_100639.jpg
2時間以上あいて魚が入り直したかなと思いきやそうは甘くなかった。

時折、ダウンショットで小さいバイトを拾うものの例の小バスだろう。

そして、10時過ぎにダウンショットでヒットしたもののジャンプでバレてしまった。

それも小バスだったが、5尾目が欲しかった。 _| ̄|○

結局、追加叶わず4尾止まりとなって本日も11時過ぎに納竿。

20130930_114152.jpg
初めてこの場所をフローターで攻め始めて1ヵ月半が経ち今日が一番戦績が良かったね。

本日の成績は10バイト、4フィッシュ、1バラシだった。


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

3gダウンショットリグ+3インチEasy Shiner  1尾
テキサスリグ 2gシンカー+シリコンスカート+3インチドラゴンバグ  2尾
0.9gジグヘッドワッキー+5.5インチWISストレート  1尾


今季通算72号
スモールマウス 25尾、ラージマウス 47尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


季節の変わり目の難しいシーズンでもちゃんと釣れてくれるこの水路は中々のものです。
もう少し広範囲を探れる小型ボートがあればホームを将監からこちらへ移したいくらいです。
そうはいっても将監もそろそろ頑張れとポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


秋の難しさ

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<<  9月24日 印旛水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 40回目
天候 曇りのち時々晴れ  弱風 0m/sから3m/s
釣行時間 5時30分 ~ 10時30分  5時間
気温 18℃~27℃  / 水温 20.6℃~21.2℃


失意の裏磐梯釣行の翌週、唯一期待が出来る場所へフローター釣行してきた。

最近一番釣れてる北部エリアへ5時過ぎに到着。

20130924_054720.jpg
全体的に減水してる中、比較的水深のあるこのエリアの調子がいいので今日はここで粘るつもりでいた。

5時30分過ぎに入水するといつものように橋脚まわりと杭とガマの複合ポイントを攻めていく。

私のフローターはロッドスタンドを付けているがそれでも全部で3本しか持っていけない。

なので、今回は2gライトテキサスとダウンショット、ビースイムトリガー70を装備した3本を用意した。

台風が先週通過したこのエリアもタフになっているとの事前情報があったのでここはスローに攻めようと思ってのタックルだった。

ビースイムトリガー70は曾原湖で結果を出せなかったので久し振りに使おうと思った。

秋の散ってるバス探索にはもってこいの筈だからだ。

さて、まずはライトテキサスでストラクチャー周りでのフォール、そしてその周辺をリフト&フォールで探るが全く反応無し。

次はダウンショットを投入。

ルアーはケイテック、3インチのEasy Shiner、そしてシンカーは根掛かりに強いスティックタイプを使用。

20130924_062511.jpg
これは根掛かっても簡単に外れるし、千切ってウェイト調整も簡単にできるので便利だ。

この日は無調整の3gで使用した。

魚っ気がなく何となくスローな感じがしたので、ボトムズル引きで様子を見ていくとガマの密生した際で直ぐバイトあるもギルバイトっぽい。

それ以外の場所では反応はなかった。

その内、ヘラ台とガマとの複合ポイントで捕食らしきライズを目撃。

すぐさま、そこへライトテキサスを投入。

20130924_064913.jpg
調子がいいと即、食いついてくるはずだが、反応がない。

あれはバスじゃなかったのか、そう思い始めた5投目。

かすかなバイトを感じてスラックを取って様子見。

ラインは動かないが、まだ咥えてる感じがしたので鬼アワセ敢行!

ズンと抵抗を感じてすぐ生命感があった。

やった! 乗ったー!

凄い緊張して乗せたけど引きはイマイチの28cmだった。

20130924_064700.jpg
もうちょっとで諦める所だったので、これは粘り勝ちっしょ!

その後は沈黙。

相変わらず魚っ気がない。

対岸へ移り橋脚へ戻っていく。

再び水音が聞こえた。

ガマやストラクチャーべったりという感じじゃなかったので、ここでビースイマートリガー70を投入。

20130924_070710.jpg
ウロウロとベイトを求めて泳いでいるだろうと期待しての4投目。

突然、ガガッとバイトがあった。

軽くアワセみると乗っているようで、生命感あり。

4~5回巻いてくるが、しっかりアワセてないのが急に不安になり追いアワセを入れてみた。

がー、それが裏目に出て無念のフックオフ。

まぁ、小さかったけどね、残念な巻物のバラシだった。

その後ダウンショットにアタリはあるもののローテをしてもルアーを変えても変化無し。

打開策としては、ここでさらに遠くへフローターで行くのかクルマで違うエリアへ行くかの選択を迫られた。

私は飽きっぽいのでこの場所をもう一度やりたくなく結局、車で移動することにした。

20130924_103317.jpg
あと2箇所ほど、この水路の違うポイントをチェックしてみたが、とうとう1バイトもなく、終了。
 _| ̄|○

まだまだ秋の難しさを感じるそんな釣行だった。

午後から用事もあったし、粘ることなく5時間で納竿とした。

20130924_103554.jpg
本日の成績は4バイト、1フィッシュ、1バラシだった。


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

テキサスリグ 2gシンカー+シリコンスカート+3インチドラゴンバグ   1尾


今季通算68号
スモールマウス 25尾、ラージマウス 43尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


釣れそうで釣れない、秋は難しいです。
もうちょっと天候が安定してくれば、巻物でドンドン獲れそうなそんな感じでした。
秋に追い込んで釣果をもっと伸ばしてとポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:7

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


野池で癒される

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 9月11日 茨城・野池 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 35回目
天候 曇り  弱風 0m/sから3m/s
釣行時間 6時15分 ~ 11時45分  5時間
気温 22℃~27℃  / 表層水温 25.8℃


印旛沼水系水路ばっかりでは面白くないので、ネットで見つけた茨城の野池を回ってみた。

まずはK池。

20130911_061222.jpg
一面にハスが生えていてフローターで入水しても中でスタックしそうだったので、オカッパリでやってみた。

ハスの切れ目の間へテキサスを落とし込んで誘ってみたり、護岸された壁沿いに流してみたが、全く反応がない。

池の全周は回れなかったが、所々をランガンしても、反応は得られなかった。

釣り人もおらず、何だか釣れる気がせず、とうとうフローターを浮かべることなく撤収した。

次はD池へ行ってみた。

ネットのフローター釣行記で紹介されていた小物釣りで有名な池みたい。

20130911_070323.jpg
K池よりは大きく、いかにも釣れそうな感じの池だ。

雰囲気のある手ごろな池なので、たとえ釣れなくてもフローターでプカプカ浮かんでいるだけで癒される。

いかにも野池という場所から入水する。

ここの欠点としては駐車場から3分くらい池まで歩くという点だろう。

ワクワクする気持ちを抑えながら、7時30分に入水。

小バスの数釣りが楽しめるとのことだったが、大きいのも居るはずだろうと5.5インチのネコリグとライトテキサス+シリコンスカート+4インチグラブという攻め方は普段とおり。

が、池を半周してチェックするも乗りそうもないショートバイトが2回あっただけで。とてもこれじゃ釣れないと判断。

魚探がないので実際の深さは分からないが、ロッドを入れてみると恐らく深いところで水深2mくらいと推察された。

ヒシモが池中央から奥にかけて所々浮いておりその根っこがウィードとなって水中に広がっていた。

その内部にはバスは居そうにないので、もっと軽いルアーでその上を引けば良さそうだった。

なのでルアーは0.9gのジグヘッド+3インチグラブへ変更。

再度入水しそのエリアへ向かう。

せっかくなので向かいつつルアーを流しながら移動。

まるでトローリングのようにしていると突然ヒット!!

ロッドを上げるようにしてアワセるともう乗っていた。

殆ど引かないのでやはり小バスだった、

9時28分、23cmの最初のバスを釣り上げた。

20130911_092828.jpg
ヒシモのある池中央付近まで進出していくと怒涛のアタリラッシュである。

その殆どがギルらしく中々乗りそうにない。

そんな小当たりを無視してルアーを動かしているとゴンとマシなアタリが来た。

しかも、すーっラインが動いている。

これはとすかさずアワセを入れる。

乗った!

中々良く引くが妙に横へ移動するのでおかしいなと思っていたらギルだった。

しかも22.5cmもあった。

20130911_102939.jpg
20cmを超えているギルは初めてで結構引くので驚いた。

小さいバスとでっかいギルが釣れる池のようだった。

大きいバスもいるはずだと池中央のヒシモ下のウィードエリア、対岸のオーバーハング下もチェックするがバスは最大で27.5cmどまりだった。

結局、バスは4尾(23cm、25cm、27.5cm、27.5cm)ギルは10尾(18cm~22.5cm)で中々に楽しめた。

20130911_102520.jpg
20130911_103408.jpg
20130911_104214.jpg
池を1周してこの結果なので、もう1周すれば更なる釣果が得られるだろうが、もうお腹いっぱいで充分に癒されたので撤収することにした。

その後、2つほど池や水路を見て回ったが水がないとか小さいとかで釣りが出来なかった。

G池まで足を伸ばしたが、ここは全周護岸されておりフローターの出番はなく広すぎた。

ちょっとオカッパリもやってみたが、成果なしに終わる。

帰りにサイト51(旧ポパイ北浦店)へ寄ってみた。

消耗品を補充して店主へ話を伺った。

やはりポパイは潰れているようで、ここは独立して個人オーナーの店になっているとの事。

K池にバスはいるようでやはり密生しているハスの間がポイントだそうだ。

但し、ここも30cmくらいのがレギュラーサイズとの事。

このエリアはD池とK池とのセット釣行がお勧めのようだ。

大きいのが釣れてるポイントとしては北浦の潮来マリーナ周辺、水原岬周辺との事だった。

本日の成績はバイト多数、14フィッシュ(バス4、ギル10)、1バラシだった。


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

0.9gジグヘッド+3インチグラブ   4尾


今季通算64号
スモールマウス 23尾、ラージマウス 41尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


いやぁー癒されました。
ギルだってデカけりゃ結構引きますよ。
同じ大きさだったらギルの方が上だと初めて知りました。 (^^;
なんだかんだいって、楽しめました。
たまにはこういう釣りもアリだと思われた方はポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


減水で状況変化あり

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 9月10日 印旛沼水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 34回目
天候 晴れ時々曇り  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 5時30分 ~ 11時30分  6時間
気温 21℃~28℃  / 表層水温 23℃~24℃


利根川で貧釣果に終わった次はフローターで数釣りを目指すべく水路をフローターでランガンするつもりで南端エリアへ。

20130910_050406.jpg
このポイントは平日だというのに、この日は大賑わいを見せていた。

カヤックにフローター、オカッパリまで幅広く先行者がいた。 (´゚Д゚`)ンマッ!!

20130910_052758.jpg
フローター2名が完全に先行者として自分の進路にかぶってしまった。

まぁ時間を空けて行けば大丈夫だろうと遅れてのんびり追随。

ライトテキサス、ネコリグ、クランク、シケーダーと一通りローテして探っていくがノーバイト。

開始1時間、カヤックとフローターの先行者達が次々に引き上げていく。

私も釣れないが彼らも同様らしく撤退していく。

アタリもないのに粘ってもしょうがないし、私も次のポイントを求めて移動することにした。

お次は8時過ぎに水路中間付近へやってきた。

20130910_081714.jpg
フローターランガンの2箇所目である。

入水して初めて異変に気づく。

狙ってるポイントを目の前にしてドンドン流されていく。 ( ̄ロ ̄lll)

ガーン、またか!?

どうやら一昨日の雨で増水した分を機場で排水してるようだ。

のんびり流されてやってると帰りが大変になるので、流れに逆らって上流?へ向かうことにした。

やりたいポイントではなかったが、魚が居そうな場所はある。

が、ここでも反応は無し。

バイトの一つもない。

9時過ぎには見切り、次のポイントへ向かう。

前回のランガン同様、最初の2箇所は完全に不発。

次で釣れればいいけど、かなり不安な気持ちで釣行開始。

20130910_091615.jpg
さっきよりは流れが弱まったようで、何とか同じ場所に留まりながらキャストが出来る。

それでも打ちたいポイントへ正面を向いては出来ない。

流れの上流方向へ背を向けてバタ足しながら、下流への横キャスト状態。

が、相変わらず、反応無し。

ここで、スローな展開にしてみた。

私はステイが苦手でチョンチョン動かして反応がないと直ぐルアー回収をしてしまう。

そうやってキャスト数を増やしてどちらかというとフォール中にアタリを取るという展開が多い。

しかし、活性の低い時はそれでは釣れない。

キャストして着底後、一呼吸置いてチョンとほんの少しリフトアップ、そしてステイ。

せっかちな私はイライラするが、こういう釣りもありだ。

すると、すぐ答えが出たようで初バイトあり!!

乗せられなかったが、段々調子が出て来た。

ネコリグとシリコンスカート付きのライトテキサスの2本立てだったが、テキサスの方が反応がいいようだ。

シリコンスカートを付ける事でラバージグ効果があるし、沈下スピードも抑えられる。

20130910_102845.jpg
ジグヘッドだと障害物に引っかかるがバレットシンカーだと回避能力が高いので、とても使い勝手がいい。

そのライトテキサスで探っていると、葦の生えてる地形変化と杭との複合エリアでバイトあり。

ソッコーアワセたが、乗らず。

もう1回フォローしていると、またまたコンコンとアタリ。

食いが渋いとちょっと待っているとスーッとラインが動いた。

ここぞとばかり、スラックを素早く巻き取って鬼アワセ。

やっと乗ったー!

10時25分、やっとの思いで獲ったのは25cmの小バスだった。

20130910_102517.jpg
その後、対岸へ移り同様な攻めをやっていると、再びバイト。

同じようにアワセたが、若干スラックがあったために、浅掛りだったよう、

ファイト中に30cmくらいのがジャンプしてバレてしまった。 _| ̄|○

そして、10時51分、お次はサイズアップの34cmを釣り上げた。

20130910_105107.jpg
さらに11時11分にもアタリがあったが乗らなかった。

食いに来た瞬間が見えただけに口惜しい。

この日も午後に用事がある為、11時30分でストップフィッシング。

20130910_113147.jpg
前回のランガンと同じ結果になるとは予想外だった。

私の乱暴な推理だが、減水以降魚が移動しているように思えてならない。

最初と2番目に比べ最後のポイントは明らかに水深がある。

岸に近づくと浅い方はフィンの足が底へ届いてしまう。

2回の釣行結果から考えるとどうしてもそう思ってしまう。

本日の成績は5バイト、2フィッシュ、1バラシだった。


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

テキサスリグ 2gシンカー+シリコンスカート+4インチグラブ   2尾


今季通算60号
スモールマウス 23尾、ラージマウス 37尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


やっと60尾へ到達しました。(^^;
昨年や一昨年は7月下旬には到達していました。
1ヶ月以上遅れています。
何処まで行くか分かりませんがギリギリまで頑張ります。
このまま頑張ってとポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


フローターでランガン

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 9月4日 印旛水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 32回目
天候 曇り時々雨のち晴れ  弱風 0m/sから3m/s
釣行時間 5時30分 ~ 10時30分  5時間
気温 24℃~29℃  / 表層水温 26.6℃~28.2℃


早いものでフローター釣行の第5弾となった。

南北に長い水路の要所をチェックしたので、今日はその3箇所をランガンするつもり。

早起きはしたものの朝方物凄い雨が降っていたため、一旦は中止にした。

が、小降りになってきたので再度出撃を決意。

その為にちょっと出遅れて5時42分に最初の現場に到着。

20130904_054219.jpg
最南端の場所から始めることにした。

今日は誰も居ないようだった。

手早く準備して6時に入水して釣行開始。

先日の大減水よりは多少回復していた。

今日は流れがなく、やり易いが水面は静かで魚っ気はない。

20130904_063421.jpg
トップはチェックせずいきなりジグヘッド+シリコンスカート+4インチグラブで探る。

葦やガマの際や間、杭回り、ヘラ台など居そうな所を撃っていくが、全く反応がない。

スタートからつまずく感じ。

5.5インチWISストレートワームのネコリグへチェンジ。

その後も反応なく、1時間30分が経過。

尿意を覚えて用を足すついでにこの場所を見切ることにした。

お次は水路の真ん中辺りの場所。

20130904_074656.jpg
先行者のクルマが1台停めてあったが姿は見えなかった。

7時50分、再び入水する。

今度は橋があるので、橋脚周りと杭などストラクチャーを中心に探っていくが不発。

その後ガマや葦と流れ込みもチェックするも反応無し。

雨の影響だろうか。

水は多少濁っていたが水温は大して下がってない。

濁ればカバーやストラクチャーべったりとよく言われるが、付いてない感じだった。

9時30分までの1時間40分、驚くべきことにここでもノーバイトに終わる。 _| ̄|○

水に浸かってるので身体が冷えるのか、また尿意を覚えていたのでこれを潮に退散。

2場所連続でこのざまだと正直もう釣れる気がしなかった。

だがもう1箇所ある。

よっぽど、このまま帰ろうと思ったがせっかく来たことだし、ちょこっとだけやってみる事にした。

9時40分、3箇所目の場所に到着。

入水ポイントに杭があるので水へ入る前にとりあえずオカッパリでチェック。

反応無し。

20130904_094431.jpg
入水後、もう一度杭回りを攻め直す。

すると、バイト!!

待望の初バイトである。

但し、ギルバイトっぽいけどね。 笑

でも生命反応に少しヤル気が出る。

今度も橋があるので橋脚から攻める。

橋脚と葦・ガマで囲まれた小さいワンドへ何気にキャスト。

決してタイトには攻めてない。

しかし、グンとアタリがあり、ソッコーアワセを入れる。

すると、待望の生命反応を感じた。

グイグイと引いて気持ちいい。 笑

9時52分、本日のファーストフィッシュ33cmの捕獲に成功!!! (*^0゚)v

20130904_095200.jpg
いやぁ、まさかの展開だったね。

こうなると、もう1尾と欲張りたくなるのが人間の心理。

反対側の同様な場所を攻めるが不発。

いくつかの杭回りを順番に丁寧にチェックしていく。

20130904_101409.jpg
葦近くの杭と杭の間にうまくネコリグを落とし込めた。

しかしちょっと杭にラインがかかりそうだったので、着水後ラインをメンディング。

その直後、再び大きなアタリを感じた。

ちょっと驚いてビックリアワセとなったが、魚はグイグイ引く。

バレルのが怖いので、追いアワセをかましつつ巻いていく。

かなりの力で引いて逃げ回る。

とにかく杭に巻かれないよう沖へ逃げながら格闘する。

フローターの下に潜り込んでのファイトは迫力があって面白い。

10時29分、ついにランディングに成功。

良型の37.5cmだった。 d(・ω・´)

20130904_102951.jpg
まさかの2尾目、地道にやって良かったとほくそ笑む。

30cmを超えると引きがいいが、35cm以上はまた引き味が格別。

その後はどう探っても沈黙で後が続かなかった。

午後から用事があるので11時20分、予定とおりの納竿とした。

20130904_112237.jpg
2時間弱くらいでこまめに切り上げ次へ移るという戦術は効を奏した感じがした。

尿意を感じるし足が疲れるしブレイクを入れるタイミングとしてもいいのでは。

靴下を2重に履くようになってから、足の痛みは殆ど感じなくなっている。

急遽フローターを緊急購入したため、1万円くらいの安物をネットショップで手に入れていた。

5回使用して異常なしと言いたいところだが、早くも問題発生。

気室部とカバーに分かれているフローターだが外のカバーが裂けちゃった。

20130904_112247.jpg
まぁ空気の入れすぎのせいなんだけどね。

中のフロートが最大に膨らむ状態をカバーしてのカバーだと思うんだけどね・・。

さすが安物だね、詰めが甘い。

とりあえず使う分には問題なしだが、修理も必要だな。

本日の成績は3バイト、2フィッシュ、0バラシだった。


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

5.5インチWISストレート0.8gネイルシンカーネコリグ   2尾


今季通算57号
スモールマウス 22尾、ラージマウス 35尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


フローターは調子いいです。
場所がいいせいもあるでしょうが、5戦して4勝1敗、ボウズを1回食ったものの8尾を揚げてます。
このまま頑張ってとポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


思わぬ減水と流れに翻弄

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 8月27日 印旛沼系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 30回目
天候 曇り時々雨のち晴れ  弱風 0m/sから3m/s
釣行時間 5時30分 ~ 10時30分  5時間
気温 19℃~29℃  / 表層水温 22.4℃~26.4℃


前日から急に気温が下がって、この日も深夜から雨が降っていた。

朝の気温は19℃しかなく、夏なのに寒い感じ。

こんな日は釣れないと相場は決まっているが、釣り好きな私はそれでも休みだったら、出かけてしまう。笑

今日は水路探索の第4弾で最南端の北側を攻めるつもりだった。

20130827_051733.jpg
現場に到着すると、フローターの先行者が準備をしていた。

一応、挨拶を兼ねて情報収集してみた。

毎週ここへ来られてるとかで、先週はあまり釣れなかったとの事。

夏は25日を過ぎると減水が始まって、葦やガマの中にいたバスが外へ出てくるので釣りやすくなると仰っていた。

水路へ目をやると確かに先週まで目いっぱい満水だった水が減って、50cmは減水している。

ガマや葦際は見事に干上がっていた。

この方は南へ下られるとの事だったので、私とかぶらずに済みそうだった。

さて手早く準備して、5時30分に入水。

北へ向けてチェック開始である。

20130827_054148.jpg
本日も魚の気配は薄い。

水温も非接触温度計は22.6℃を示している。

気温も水温も5℃以上下がっていて、活性があるとはとても思えなかった。

それでも、最初の15分はシケイダーを投げてみる。

いつもひょっとしてという期待感を込めてキャストしているが、何も出ず終了! _| ̄|○

お次はがまかつのWIS5.5インチストレートワームを使用してのダウンショット。

水と比重が同じで水中でフワフワと生き物のように生命感が出せるワームとして有名。

ゆっくり攻めるならこれだと思って投入するも、残念ながら不発。

今度はドライブクローラーのネコリグを投入。

干上がっているとはいえ、一部のガマや葦は水中へ張り出してるものもある。

あるエリアで、そういうガマの間へ落としていくと反応あり。

瞬間的にアワセると生命反応があったが、最近フッキングが甘くてバラすことが多いので、追いアワセをかます。

グイグイ引くので30cm超は間違いない。

やり取りは水面に近いフローターの方が迫力があって楽しい。

難なく引き寄せてランディング。

7時26分、アベレージの33cm、本日の1尾目をゲット!!

20130827_072622.jpg
正直釣れるとは思っていなかったので、嬉しい誤算だった。

その後は反応無し。

橋と流れ込みの所まで足を伸ばしたが、ショートバイトが1つあっただけ。

8時30分を過ぎて、時間的にそろそろ戻らなくては思った。

が、減水中のこの水路はドンドン水が流れていてまるで川のようで、逆流する動きは中々にシンドイ。

必至こいて足をバタバタ動かすも大して進まない。

本当に流れがあるとフローターはキツイ。

とてもじゃないが、動くので精一杯でキャストするどころじゃない。

橋がある所は水路幅が狭かったので流れも急だったようだ。

一瞬、戻れなくなるかと不安になったほど。

まぁ、いざとなったらどっか岸に上陸して歩いて帰ってくれば良かったのだが・・・。

半分ほど戻ってきたらようやく安心して、キャストも出来る余裕が出来たものの、それでも足漕ぎしながらじゃないと流されちゃう。

行きで釣れたポイントをネコリグで攻めなおしたが、不発。

ドライブクローラーは先ほどの釣果があった時にロストしたので、今度は5.5インチWISストレートワームを使用。

20130827_095654.jpg
もう出ないだろうと諦めて後ろ向きに進みながら、ブレイクラインに落としては暫くほっとくという釣り方をしていた。

フローターで進みながらだから、ちょっとしたトローリングみたいな感じになっていたと思う。

なるべくラインは張らずに緩めるよう心がけているとスーっとラインが動いた。

ここで来る?と不審に思いながら、試し合わせを入れると再び生命感。

まさかの2尾目である。

予想外なので、嬉しくて思わずニヤけちゃう。

これも即、追いアワセを入れてやり取りをする。

さっきより小さい感じ。

9時54分、危なげなく28cmを追加出来た。

20130827_095402.jpg
釣行開始した頃よりずっと減水は続いていて、水深はさらに浅くなっていた。

満水時に比べ1m近く水位が下がったのではなかろうか。

フローターで出船した場所は浮いた状態では近寄れないほど。

この流れ込みの水位を見比べてもらうと良く分かるだろう。

こっちが朝一の画像。

20130827_052720.jpg
角度が違うので正確には比較できないが、帰りの画像では流れ込みが干上がっているのが分かる。

20130827_110816.jpg
流れ込みの奥から出て来たバスが戻れず浅瀬でバシャバシャやっていた。

そいつをオカッパリから狙ったが、どっかへ行ってしまったらしく、獲れなかった。

上がり際にカートッパーの2人組に声を掛けられた。

かなり北へ遡られたみたいだったが、今ひとつだったようだ。

どっか別な所へ行ってみようと仰っていた。

靴下2重履きは中々に良いです。

本日は普通の靴下の上に濃紺の厚手の軍足で武装した。

20130827_110807.jpg
私自身がフローターへ慣れてきたこともあるが、この装備だと足の甲の痛みは皆無といっていい。

しかも、汗をしっかり吸収してくれるので、ウェーダーの中も濡れずに済む。

但し、蒸れてこの靴下はメチャメチャ臭うので、釣行後は車の中が臭くてかなわない。 笑


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

4.5インチドライブクローラー0.8gネイルシンカーネコリグ  1尾
5.5インチWISストレート0.8gネイルシンカーネコリグ   1尾


今季通算55号
スモールマウス 22尾、ラージマウス 33尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


釣れる気配濃厚で釣る気満々で釣れなかったり、この日みたいに釣れるとは思わなかったのに釣れたり、やはり釣りは面白いものです。
こうしてコツコツと釣果を伸ばしていくのも中々のものです。
このまま頑張ってとポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


杭に悔いが残る!?

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 8月20日 印旛沼水系水路 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 28回目
天候 晴れ  弱風 0m/sから3m/s
釣行時間 4時40分 ~ 9時20分  4時間40分
気温 27℃~34℃  / 表層水温 27.4℃ 非接触温度計にて測定


中1日おいて、水路探索の第3弾である。

今度は場所を中流域へ移して橋の前後を中心にして南側へ下って流れ込み周辺までをチェックする予定。

探索対象の橋の近くは杭がいっぱいあり、地形変化に富み、絶対の自信を持って臨んだ。

4時40分過ぎに橋のたもとから薄暗い中を出船。

20130820_044835.jpg
本日は先行者はいないが、水面は相変わらず静かでフィーディングの気配なし。

まずは、シケーダーでTOPを探っていくがやはり出ない。

ジグヘッドで橋脚周りや杭廻り、ガマ際もチェックしていく。

僅かに数バイトが得られたが明らかにギルバイト。

バスが居る雰囲気がない。

橋のすぐそばにも流れ込みがあるので、そこもチェックするが、反応無し。

やがて陽が昇り、明るくなってくるが状況は変わらず。

流れ込みの反対側へ移動して、杭回りを攻める。

得意のオフセットフックジグヘッド+シリコンスカート+4インチグラブをタイトに通していく。

3投目に、バイトを感じたので、反射的にアワセを入れた。

グッと重みがロッドに乗ってヒット!!

巻き始めたら、バシャバシャと水音がして魚が暴れているが、リトリーブが重くて巻けない。

なんで?と思いつつ、無理して引っ張らずテンションを掛けたまま、近づいて様子を見てみると、ラインが杭のひび割れた所へ入り込んでいた。

20130820_070526.jpg
ほぐすようにラインを外していったが、とっくにラインがブレイクされており、ルアーごと魚は消失。
_| ̄|○

7時5分の出来事だった。

魚でラインが杭へ巻かれたということでなく、ラインが杭のひび割れた所へちょうど上手い具合に入り込んでしまったための悲劇だった。

フローターだとポジションが水面に近く低いのでアワセた時、食い込んでしまったようだ。

ボートだと位置が高いので、こういう風にラインが食い込むことにはならなかっただろう。

フローターの不利なケースの典型だね。

1つ、学んだが、貴重過ぎる魚をバラシただけにその代償は大き過ぎた。

その後、橋を挟んで反対側にも流れ込みがあるので、そちらへ向かいながら、引き続いてガマ際とガマの中にまでネコリグやテキサスを入れていった。

流れ込み周辺もチェックを入れていくも、ショートバイトがあっただけに留まる。

この日も結構風があり、遠くへ移動するのが億劫だった。

20130820_062339.jpg
こうも反応が悪いとヤル気が失せるよね。

8時30分を過ぎると、かなり暑くなってきたが、水に浸かっていて風が吹くので、プカプカ浮いてる分にはまったく苦にならない。

しかし、靴下2重で装備した足も段々痛くなってきて、戦意がドンドン低下していく。

この辺でバイトなりヒットできれば、ヤル気が出るとぶつぶつ言いながら、続けるも無反応のまま。

20130820_084039.jpg
ついに心折れて、9時20分過ぎ納竿とした。

20130820_093216.jpg
このエリアを得意としている方のブログがあり、私は熱心な読者であるが、たまたまこの日の釣行記がUPされていた。

しっかり釣果があり、シェードで2尾キャッチされていた。

そういう場所も勿論攻めていたのだが、エリアが違っていたからなのか、答えは分からずじまい。

本日の成績は5バイト、0フィッシュ、1ラインブレイクだった。

久々にボウズをやらかしちゃった。(^^;

絶対の自信を持って臨んだエリアだっただけに、ちょっとショックが大きかったね。


☆☆ ルアー別釣果 ☆☆

オフセットジグヘッド+シリコンスカート+4インチグラブ  1尾ヒットするもラインブレイク


今季通算52号 変わらず
スモールマウス 22尾、ラージマウス 30尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


ついにやらかしました。
せっかく調子が上向いてきていただけに残念です。
そろそろ釣りにくいシーズンに入ってきたかな、というのは感じます。
まぁ、ボウズにメゲズに地道に頑張って下さいとポチッと下のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. フローター&フロートボート釣行記
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。