• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

開成で撃沈!

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月26日 開成水辺フォレストスプリングス 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  37回目
天気 晴れ」
風 微風 0m/s ~ 2m/s
釣行時時間 8時 ~ 17時 (昼食休憩&魚捌き50分) 実質8時間10分
気温 4℃~15℃ / 表層水温 3号池12.2℃ 1号池14.6℃ 水中水温(水深1m)3号池14℃ 1号池15.2℃


普段は管理釣り場へは行かない同僚Sを誘って開成水辺フォレストスプリングスへ行ってきた。

20140226_075638.jpg
実は候補地として他にすそのフィッシングパークもあって、悩んだのだが、自分が初めて行くところへ人を案内するのが、何となく不安に感じて諦めた。

これが実は思わぬ結果になろうとはその時は知る由もなかった。

朝、5時過ぎに家を出たものの、途中なんだかんだあって、結局7時45分くらいに到着して8時スタートフィッシング。


1.8時-10時 2時間 1尾 時速0.5尾

何処へ入ろうかと池の様子を見ると、平日にも拘らず結構な人が既に釣りをしていた。

なので比較的空いている3号池のアウトレットのレストハウスサイドに入った。

20140226_075948.jpg
見ると水面はバシャバシャと魚が跳ね、入れ食いしそうな活況を呈していた。

3号池の透明度は40cmくらいで時折泳いでいる魚が見えるので、その辺のレンジだと確信。

前回当たったルアーを中心にしてその辺のレンジを探っていくも、ツンツンとショートバイト、もしくはチェイスはしてくるもののくわえ込むまでの勢いがなく、見切ってUターンの連続。

もしかして、早巻きの方がいいかと試すも沈黙のまま。

じゃぁと、ふわとろFを文字とおりフワフワとゆっくり巻いていくと突然ゴーンとアタリがきた。

8時20分、ようやく35cmくらいの引きのイイ魚をキャッチできた。

20140226_082005.jpg
さあ、これからと思うものの、次に何をどう巻いても引いてもさっぱり。

とうとう、チェイスもショートバイトも消えうせた。

周りで釣れているのはフライの方とトルネードだった。

そのトルネードでも2尾位が精一杯のようだった。

私も手が伸びかけたが、まだまだ始まったばかりと我慢した。

あんまり反応がないので、場所を変えることにした。


2.10時-12時 2時間 0尾 時速0尾

今度は1号池のインレット脇のレストハウス側に釣り座を構える。

20140226_093745.jpg
フライの方が多く、同僚Sにもフライを持ってくるように薦めたのでバックキャストできるスペースのある場所を考慮した。

余りにルアーの反応が悪いのでSはフライで釣り始めた。

ここは3号池より透明度が高く、80cmくらいはあった。

なので、もっと魚が見えていたし、活発に回遊していた。

Sはドライフライに魚が反応してくるのが楽しいと今にも釣れそうな勢い。

20140226_095442.jpg
そして、ついに10時5分過ぎ、40UPのキャッチに成功!!!

20140226_095824.jpg
私はこの状況では間違いなく軽量スプーンで表層をゆっくりと確信していたので、Tロール0.6gで何回も何回も違うルートでトレースしていると、私にもキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

40UPではないけど、35くらいかな、なんて言ってて、ネットですくおうとしゃがんだら無念のフックオフ。_| ̄|○

うぅー、口惜しい!! (T_T)

そして、さらなる、不幸が私を襲う。

カラーチェンジをしたTロールで多少スピードを変えつつ地道に巻いていると再びゴーンと大きなアタリ。

ドラグが出て行く勢いでその魚の大きさが分かる。

透明度が高いのでちょっと寄せた時にその大きさも確認できた。

どうみても50UPはあっただろう。

林養魚場特有の強い引きで、まさにバトル。

2回ほど沖へ走られて、もう一度巻いてきて、次に走られた瞬間フッと軽くなった。

バレた。_| ̄|○

ラインブレイクかと思ったら、フックブレイクとはお粗末な結果である。

20140226_114528.jpg
細軸ではデカイのには対応できないよね。(^^;

まぁそれでもTロールで釣れそうなので、継続するも反応も消えてしまった。

ここからが、まさに苦悩の連続だった。

ドライフライがいいからとTOP系のバズボール等、ド表層系、その下の表層と攻めたてたが、バイトのみで掛からない。

もしかしてボトム以外の中層域まで魚が散っていると思い、1g以下、1.2g、1.5g、1.8g、2gと重さを変えて巻きスピードを色々と変えていくが益々反応が悪くなっていくばかり。

クランク、ミノーも可能な限り試していくも反応がないので、釣れる気がしなくなってくる。

もしかしてとボトムのチェック、特にかけ上がりを丁寧に探ったが、ショートバイトはあっても直ぐに消えてしまう。

縦ルアーのバベルやエグザ、NSTもダメ。

ミニミニスティックもダメとなっては、もうどうしていいか分からなくなる。( ̄ロ ̄lll)

その間、Sはフライでそれなりに釣っていた。

大きいサイズは出なかったものの、既に4~5尾は追加していた。

ぐったりとするほど疲れたのでここで昼食休憩を摂った。


2.12時20分-16時30分 4時間10分 1尾 時速0.24尾

ランチを食べ気分を一新して午後釣行へ臨んだ。

が、状況は全然変わらないので、Sを残し、他の場所での様子を探りつつ釣れてる人の観察をしに動き回った。

やはり全体的に釣れてないが、3号池の流れ込みのワンドで上手な人を発見。

デッドスローに巻いていて、時折誘うようにスピードを変えて釣っていた。

あんまりジロジロ見るわけにはいかないので、結局ルアーは何を使用していたか分からずじまい。

かけ上がりのボトムをマイクロスプーンで攻めていたのかもしれない。

私も頑張って色々やってみたが、結局1バイトも得られず、撤退。

その後、2号池や1号池のインレット、アウトレット等、流し歩くも結果は変わらず。_| ̄|○

私の右隣の方もそれなりに釣っていて、帰り際にチラッとタックルボックスを覗くと1~2gの派手系の複合色がいっぱい置いてあった。

私は派手系は単色モノばかりだったし、この日は地味系が中心だったので、これが原因だったのか、釣れない時は迷うばかりだ、

14時過ぎに元の釣り座へ戻って、性根を入れ直して釣り始めた。

と、その前にミニミニスティックとトルネードを試してみた。笑

案の定、ピクリとも反応無し。_| ̄|○

もう一度、1g以下のスプーンへ戻して、引き方を変えてみる。

結果は変わらずで、それならバベルゼロでデッドスローで巻いてみる。

やっと反応が出て来たようで、なんだかんだとキャストしていると、ヒット!!!!

でも、デカくはない。

そんな贅沢は言ってる場合じゃない。

バレるなと祈りながら、14時41分やっとの思いでキャッチできた。

20140226_144115.jpg
これも30そこそこのレギュラーサイズだった。

これを最後に納竿まで、まったくアタリもなく、厳しい闘いだった。


4.総括

本日の成績は8時間10分で2フィッシュ、1フックブレイク、1バラシだった。 時速0.25尾

昨年と同数の15は最低獲れると思っていただけに、余りのきびしさに思わず天を仰いでしまった。

釣れているのはフライマンばっかり。

これだけ釣れないとサバサバして清々しいほどの撃沈ぶりだった。

408CLUBのボウズはまだ分かるとして、このカンツリでこんな目に遭うとは全くの想定外だった。

ちなみに同僚Sはルアーで1尾、フライで8尾キャッチに成功。

40UPを2尾釣り上げていたので、1尾はおすそ分けしてもらった。(^^;

ちなみにひろぽんさんがこの日の3日後に訪れ、ありとあらゆる数と色のルアーローテで、29尾を絞り出している。

私とはまったく違う手法で答えを出している。

実に興味深い。


ルアー別釣果は下記の通り

Tロール0.6gブッシュパパ  1尾
バベルゼロウェイトチューン0.6gベージュ  1尾


*** 今シーズン通算 861尾 ***


あまりの貧釣果に声も出ません。
完敗でした。
ここまでの敗戦は予想してませんでした。
まだ試してないのはペレットペレットとミノーの長めのステイだけでした。
それもトライしておくべきだったと後悔してます。
いつかリベンジですね。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. 開成水辺フォレストスプリングス
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:14
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


初の神奈川遠征釣行 後編

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月20日 開成水辺フォーレストスプリングス 釣行記 後編 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  26回目
天候 雪のち晴れ
釣行時時間  7時 ~ 17時 (昼食休憩30分) 9時間30分
気温  0℃~7℃  / 表層水温 11.6 ℃


さて、腹ごしらえも出来たし、気分一新して巻き返しを図ろうと午後の釣行を始める。

12時35分、3号池のレストハウス前の1号池に接している場所に陣取る。

20130220_123304.jpg
ヒットレンジは何となく分かったものの、これはといったパターンも分からないままのスタートとなった。

とりあえず、今日アタリがあったルアーをローテーションしていく。

開始10分、DEHSミノーSPで反応が出てきたので、そろそろヒットするかなと思ったその時、足元のかけ上がりの岩陰より魚が猛烈にバイト。

突然のヒットにこっちもビックリだが、食いつく瞬間が見えたので中々に面白かった。

目の前なので、やり取りなんて楽しむ暇もなく、バラさないようヒヤヒヤしながら取り込むと何とイワナだった。

20130220_124648.jpg
久し振りに見るイワナ、食べたーいと思ったものの、キープの準備はしてなかったので、泣く泣くリリース。

直ぐ反応なくなって、降板。

次はスリムスイマー1.5g紫で表層のちょっと下を巻いてくるとヒット。

13時2分、またしても色物の捕獲に成功。

レインボーのアルビノを釣ったのは生まれて初めて。

20130220_130242.jpg
なんか金魚かコイでも釣ったような気分。

その後、13時11分に竹ミノーで追加したものの、何となくたまに釣れるという感じのままで、ペースも遅いしパターンも分からないまま。

20130220_131145.jpg
14時を回ってZANMUのFで2バラシをやらかして、場所移動を決意。

ここまでで僅か8匹、このままだと10匹いくかどうか微妙になってきた。

こうなったら夕マズメ期待で朝一の場所で勝負を賭けるしかない。

朝と同じポイントに入ってキャストし始めるが、そんなに直ぐには釣れない。

20130220_142510.jpg
ローテでキャストしたミニスペックとスリムスイマー1.5g紫でそれぞれ1匹づつ獲ってやっと10匹達成。

20130220_143540.jpg
20130220_151457.jpg
時間は15時を15分ほど回って、納竿まであと1時間45分しかない。

この頃より再びポンプにスイッチが入ったようで地下水が噴出し始める。

水面のライズが増えいよいよ夕マズメがスタートした感じ。

周りはそれに合わせてポツポツ釣れ始めていたが、完全に出遅れていた私。

ここは自分が一番信頼してるルアーで行くしかないと思い、竹ミノーを投入。

今日も釣れてるルアーには違いないが単発ばっかりで、連発はまだない。

釣れたのは表層レンジを合わせる為カウントゼロからロッドティップを上げてゆっくり引くというようなやり方をしていた。

中々ヒットしないので、ルアーを回収しようと早巻きしたら、直ぐコンコンとアタって来たので、オヤッと思った。

ならばと今度はロッドティップを寝かしてカウント3でやや早引きすると、急にアタリが出て来た。

今までより若干浅めだと思うが、ほぼ同一のレンジでリトリーブスピードを速めたら釣れそうな気配が出て来た。

そして、15時30分に直ぐ1本獲って、安心をしてさらなる追加を目指す。

20130220_152745.jpg
直ぐ次もヒットするもバラして、その3投目。

カウント終了で巻き始めた途端、ひったくられる様なアタリ。

SULのロッドがグゥッと絞り込まれる。

沖でのヒットは気持ちいい、ランディングまでのやり取りが長くて面白い。

巻けばドラグが鳴って走られ、中々寄って来ない。

2~3回繰り返して、ようやく観念した所をネットイン。

またもや色物の捕獲に成功! (*^0゚)v

20130220_155104.jpg
不敵な面構えの50UP?のブラウンが出た!

滅多に出会えないので超うれしい。 (T_T)

そして、その5分後。

着水して5回ほどリトリーブした頃だろうか、今までに経験したことのない様なアタリを感じた。

ドーンと水中から誰かが引っ張るような引きを感じた。

今度は巻けども巻けどもドラグが出っ放しで、寄る気配すらない。

左右に走られ、隣の釣り人にすっかり迷惑をかけてしまうほどの勢いだった。

このまま獲れないという気がするほどのやり取りをしている内に、やがて腕がパンパンになってきた。

シンドイので両手でロッドを支えて暫く弱るのを待つ。

ようやく大人しくなった所で一気に巻き上げてランディングに成功。

バレなくて本当に良かった。 (^^;

が、ネットインしてビックリ。

大して大きくない。 _| ̄|○

20130220_155633.jpg
どんだけの大物かと期待させたが、さっきのブラウンとさほど変わらないサイズ。

自分的には最低でも60と思っていたのだが・・・・。

これこそが林養魚場の元気のいい魚という事なんだろうね。

いやぁー、本当にやり取りが楽しめた。

気がつくと、ついに16時に突入して、のこり1時間となった。

活性はそのままに、反応は上々なので、このまま竹ミノーでやり切る覚悟を決めた。

最後の1時間は4匹掛けるも2匹はバラして、ゲームセット!!

20130220_163618.jpg
20130220_164324.jpg
結局、本日の成績は9時間30分で15フィッシュ、1ラインブレイク、10バラシだった。

最後の1時間30分で5匹、それも大物と色物で大いに楽しませてくれた釣行に大満足。

色物といえば、イワナもアルビノも釣れたし、また行きたくなってしまったそんな遠征釣行となった。

釣果別ルアー

竹ミノー赤2g  8匹
スリムスイマー紫1.5g  2匹
DEHSミノーこげ茶SP  1匹
Hunting Minnow 65 わかさぎ  1匹
ミッドクラピー深緑  1匹
ミニスペックFグレー  1匹
ペレスプ2.3g黄緑  1匹

竹ミノーも引き方によって色んな状況に対応できると分かったのは大収穫で、ますます手放せないルアーとなった。

絶版品だから、ロストしないように注意しないといけない。

もっとも、あと6個はストックがあるので安心。


レンジとスピードの組み合わせやバランスは重要だと感じました。
地合いが重なったという事実も確かにありますが、リトリーブスピードを上げたことでこうも反応が違ってくるとは思いませんでした。
スレマスを食わそうとリトリーブスピードは遅くなる一方だったので、ちょっと盲点だったですね。
タナが合ってもデッドに巻いては釣れない事もあるようです。
それが釣りだと思われた方は下記のバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村





  1. [ edit ]
  2. 開成水辺フォレストスプリングス
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:10

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


初の神奈川遠征釣行記 前編

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月20日 開成水辺フォーレストスプリングス 釣行記 前編 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  26回目
天候 雪のち晴れ
釣行時時間  7時 ~ 17時 (昼食休憩30分) 9時間30分
気温  0℃~7℃  / 表層水温 11.6 ℃


いよいよ3連休の最終日を迎え、遠征釣行として開成水辺フォレストスプリングスへ向かう。

今までは東京を通り抜けする際の渋滞を嫌って敬遠していたので、神奈川県のエリアは初めてになる。

フォレストスプリングスで放流している林養魚場の魚は大きくて元気があってよく引くという定評があるし、豊富な地下水を使って水温も安定していると評判だ。

那須白河とともに、トラキンの試合会場になっている所なのでとても有名。

東名・厚木を過ぎて山間部に入ると急に周辺が雪景色に変わって驚く。

20130220_072629.jpg
昨日の雨はここでは雪だった模様。

7時過ぎに到着して管理人に初めて来た旨を告げ、注意点やアドバイスを受けた。

それによると、ルアーは1号池から3号池まで何処でも釣れるが3号池が一番反応が良いとの事。

特に流れ出し付近は活性が高いと耳寄りな情報を頂いた。

タックルを持って3号池の現場へ行ってみると驚いた。

20130220_073249.jpg
物凄い数のライズがあって信じられない程の高活性が見て取れた。

流れ出しがあって水の流れがあるだけでなく、池内部から地下水を大量に噴出させているポイントと重なっているのでライズが凄いのだろう。

水が噴出している周辺でバシャバシャと魚が水面上から跳ねまくっていた。

天気予報では晴れると聞いていたが、少なくとも7時30分の頃はかなりの雪が降り続いていた。

高活性は降り続く雪の影響もあったに違いない。

水温だって驚異の11℃台もあって、何を投げても釣れるだろう思い、ミノーを投入。

こんだけライズがあれば、比較的シャローなのは自明の理とトゥィッチして浅いレンジを引いてくる。

確かに反応は多いが、簡単に乗るほどのアタリはない。

それでもしぶとくキャストしていると、ゴンと強烈なアタリがあって、グイグイと強烈な引きを感じた。

間違いなく大物だと思い、やり取りを開始するが、途中でフックオフ。

残念! _| ̄|○

高活性であってもスレているせいなのか、意外に釣れない。

それは私だけでなく、周辺の方達もこんなに高活性な割には釣れてない。

1.2gと1.5gのスプーンで表層付近から中層レンジを探るがバイトはあっても乗らない。

釣れそうで釣れないので、中々にイライラする。 笑

そして、ついに8時4分待望の初フィッシュを揚げることができた。

20130220_080401.jpg
Hunting Minnow 65というシャローミノーでトゥィッチしてガーンと来たアタリだった。

間違いなく45UPはあるだろうこの魚も大いなる引きを楽しませてくれた。

さすが林ブランドの魚は凄いなどと感心したけど、次が続かない。

自分にとっての最強のDEHSミノーSPを投入。

2つ掛けたがバラして、がっかり。

シャロークランクではX、ミッドクランクではと思い投入するがレギュラーサイズの1匹止まり。

20130220_084603.jpg
シャロークランクとミッドクランクの間のレンジだと思うがうまくルアーを通せない。

結局、8時台はたったの2匹しか釣れなかった。

9時に入ると雪は止み地下水の噴出が停まった。

どうやら魚の集中を分散するためにお店側がポンプのスイッチを切ったと思われる。

するとライズがあちこちで見られ、魚が分散した傾向が見られた。

今までは地下水の噴出域まで届くルアーに限定されていたので、これで攻め易くなった。 (^^

この段階で自分の得意ルアーを次から次へ登場させて、とにかく数を稼ぎたかった。

ムカイのつぶアン、ZANMU、ミニスペック、フルスペック、トルネード、竹ミノー、ペレスプなど。

何が悪いのか、反応が落ちる一方でドンドン釣れる気がしなくなってきた。

他のクランクやらスプーンも繰り出すがどうしていいか手詰まり状態。

9時49分にペレスプ2.3gで表層で1本揚げることができたが、なんか偶然っぽい。

20130220_094901.jpg
10時過ぎに悲劇が起こる。

ルアーローテで投入した朝一のミノーが着水して泳ぎ始めた瞬間、ゴーンと物凄い勢いでひったくられるようなアタリを感じた。

沖でヒットしてリトリーブする間もなく走り始めた。

こちらもすぐさま応戦。

ガンガン巻いていくが、ドラグを鳴らしてその上をいく走りっぷりを見せる。

これは長い戦いになると思ったその瞬間、プツッとラインブレイク。 _| ̄|○

ガーン、朝一で釣った時ラインに傷がついていたのか、それとも魚の歯で切られたかのどちらかだろう。

ただ65ミノーだから、歯で切られた可能性は低いだろうね。

久々にラインチェックを怠ったツケが回ってきた感じ。

信頼していたミノーが殉職、これはメーカー不明品でネットで調べても入手不可なのでちょっと落ち込む。

20130220_073546.jpg
気を取り直し、全然ダメだった竹ミノーを再登板させカウントを変えレンジを今一度変えて試していく。

10時23分、やっと竹ミノーで釣れたー!

20130220_102329.jpg
しかし、これも偶然っぽい。

ここで3号池を諦め、1号池へ向かう。

レストハウスサイドからランガンしていくが、ショートバイトが1回あったのみで、キビシイ展開。

対岸へ移って、再び竹ミノーで1本獲るも単発なので、傾向もなにも掴めないまま。

20130220_112022.jpg
10時30分からお昼くらいまでの1時間30分粘ったが、結局1本しか釣れず撤退。

20130220_112432.jpg
今日は長期戦なので、ここで気分を変えてランチ休憩を取る事にした。

午前の部が終了してここまで僅か5本しか獲れてない。

全然パターンが掴めないまま、何となく事故っぽい単発を拾っただけという釣果だった。

これだけ高活性だった午前中がこれでは先が思いやられてしまう。

まぁ、ともあれフォレストスプリングスのレストランは美味しいとの話だったので、そこも楽しむつもりでいた。

色々あったメニューの中で一番、ボリュームと金額が見合うのはポークジンジャー定食(850円)だったので、迷った末に注文した。

20130220_121532.jpg
マス丼とか他にも良さげなメニューもあったので・・・。

味は値段に見合う内容で、私的には充分美味しいと感じた次第。

美味しい食事を頂き、午後に向けてどう攻略するかしばしの休憩となった。

後半に続く

今冬、他の釣り場でやってきたパターンは何一つ通用しませんでした。
水温の高さや安定度などが違っているとこうも違うのかと感じました。
レンジだけ合わすことばっかり考えていた私はちょっとした落とし穴にハマっていました
さて午後は巻き返しなるのか、後半が気になるという方は是非下記のバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 開成水辺フォレストスプリングス
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。