• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

ユザキで痺れる

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 12月18日 レイクユザキ 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  16回目
天候 曇り時々晴れ
釣行時時間  7時 ~ 16時  9時間
気温  7℃~14℃  / 表層水温 9.8℃


釣り友、TMUさんとレイクユザキへ行って来た。

10月21日以来、2回目。

数は釣れねどまぁまぁのサイズが上がるのとロック放流の情報にバイトしてしまったのだ。笑

7時開始に間に合うよう自宅を出て、到着するとちょうどTMUさんが遊魚券を買いにいくところだった。

すぐに私も購入して、前回と同じく入り口正面より始めた。

20121218_115119.jpg
数分の差の入場だったが、早くもTMUさん1本目を釣り上げていた。

すぐに追いつくべく先ずはミノーをキャスト。

自信のある数種を投入するも、ここユザキでも反応は得られなかった。(T_T)

次にスプーンに切り替えてじっくり探っていく。

朝一の表層のライズはかなりあるし、岸際に見える魚も大変多く、魚影は濃い。

攻めどころは沖の表層か手前のかけあがりのボトムかといった所だ。

2g台のスプーンで沖へ遠投、また軽量スプーンのデッド巻きでかけあがりのボトムと使い分けてみるが、反応は良くない。

朝一のゴールデンタイムがこれでは先が思いやられる。

開始1時間近く経った7時53分、1gのサークル蛍光ピンクに食ってくれた。

20121218_075344.jpg
これが正解とならず、長続きはしなかった。

かけ上がりのボトム付近の魚だった。

今度は沖を狙ってみる。

スプーンで獲れないなら、ディープクラピーを使ってみると、デッド巻きでヒット!!

20121218_081213.jpg
ディープクラピーだが、デッド巻きするとそんなに潜らない。

速く4~5回巻けば最深レンジへ到達、そっからゆっくり巻くとそれを維持しながら引ける。

が、ゆっくり過ぎると浮き上がってくる。

レンジキープも中々に難しいものだ。

なので、結局どのレンジで食ってきたか良く分からないまま、キャストし続けたが、バラシ1匹を加えただけに終わった。

まだスプーンに未練があり1gのハイバースト蛍光イエローをデッド巻きしていると、8時43分獲れたー!

と、思ったら腹部へのスレ掛かりだった。 (^^;

20121218_084305.jpg
明らかにアタリがあってのアワセだったはずだが、スレでがっかり。 _| ̄|○

その内、TMUさんがつぶアンNFでアタリが出始めた。

それを聞いて早速私もつぶアンF黒赤を投入。

20121218_085352.jpg
NFではなかったが、やはりデッド巻きに反応あり。

結局、ユザキではつぶアンが良く効くようで、Fの色違いで時速1匹程度でポツポツと釣れた。

20121218_092514.jpg
10時に入ると反応が一時途絶えた。

なので、主軸はつぶアンでその隙間を埋めるべく、ローテの他の脇役を探すために使用を我慢していた得意のルアー(トルネード、竹ミノー、ザンム、マイクロクラピー)を投入していくが全く反応が出ない。

TMUさんは池の周りをつぶアンNFで釣り歩いていて、ちょうど私の対岸で連続ヒットして、なんと60にちょっと欠けるロックを見事に仕留めた。

いやぁー、お見事でした。

結局、なんだかんだで私は最初の釣り座を1歩も動くことなく、奮闘していた。

11時から12時台はやはりつぶアンFでポツポツ程度。

その間、色々投入するも、全く釣れる気がしない。

トルネードが諦めきれず、持ってる色を全て試していくとついに12時12分、オレンジで岸際のかけ上がりでヒット。

20121218_121259.jpg
しかし事故的に釣れただけで後が続かない。

日が傾いた14時過ぎ、つぶアンFもダメになったので、今度はSPを繰り出す。

すると、タナが若干深くなったのか、反応が出始めた。

20121218_144241.jpg
が、時速1匹は変わらず。

15時にTMUさんが上がって、私は16時まで頑張ってみたが、15時8分に揚げた1匹を最後にとうとう釣れることなく納竿の時間を迎えた。

20121218_150856.jpg
本日の成績は11フィッシュ、1スレ、4バラシだった。

ルアー別釣果は下記の通り。

つぶアンF赤黒  4匹
つぶアンSPこげ茶  2匹
つぶアンF茶  1匹
つぶアンSPクリアー茶  1匹
トルネードオレンジ  1匹
ディープクラピー黄  1匹
サークル1g蛍光ピンク  1匹
ハイバースト1g蛍光イエロー  1匹(スレ掛かり)

残念ながら今回は良型に恵まれず平均サイズ30cm前後と小さかったですが、メチャクチャ元気な魚達で引きはとても良かったのが印象的だった。


前回もつぶアンばっかりで釣れたし、ここはつぶアンがないと大苦戦しそうです。
釣り座はやはり入り口正面と対岸がいいようです。
ポンド中心に湧水ポイントがあってそこへ溜まっているようです。
ビッグロックと違い、インターから近いのが嬉しいですね。
池の周囲が広く空いていて、何処からもフライが制限なく出来る点がいいのかフライマンの天国となっています。
参考になったという方は是非下記のバナーをポチッとクリックして頂ければ幸いです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. レイクユザキ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


友釣りは楽し、出張釣行

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 10月16日 レイクユザキ 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  5回目
天候 快晴
釣行時時間  7時 ~ 17時 10時間
気温  11℃~22℃  / 表層水温 15.7℃ ~ 19.6℃


バス釣りにしろ、管釣りにしろ殆どが単独釣行なので、友釣りはとっても楽しい。 (^^

このブログを通じて知り合った方達と年齢や職業の枠を超えて、利害関係もなく趣味を通じて純粋に釣りを楽しむなんて実に素晴らしい事だと思う。

今回は休日出勤したTMUさんが代休を取るにあたって私の平日休みに合わせて頂いての友釣り。

そして選ばれたフィールドは友部SA、ETC出口から5分という立地のレイクユザキ

HPはこちら ---> http://books.panf.to/yuzakiko/lake-eigyou.html

ヘラ釣りの池も併設されてる中規模の管理釣り場となっている。

ちょっと難しめだが、ヒットすれば比較的大物が釣れるというカンツリだとの事。

いずれにしても、新しいエリアへ行くのは新鮮な気持ちになれるので、とても楽しみにしていた。

さて、当日の朝6時30分にレイクユザキ前にて待ち合わせ。

張り切り過ぎて6時過ぎには着いちゃいました。 (^^;

20121016_061048
開場は7時なので、首を長くして待っていると、アングラーが現われたが、別な人だった。

しかしながら、こちらを見ておられるのでオヤッと思っていると、なんとオレンジダウンさんだった。
(´゚Д゚`)ンマッ!!

拙ブログへコメントを頂いてる方なのだが、実は昨シーズンにジョイバレーでお会いしていたのだった。

最近の管釣り情報やこのユザキについての情報等を伺っていると、やがてTMUさんが到着。

それぞれ支度して、思わぬ友釣り3人釣行となった。

釣り座はオレンジダウンさんの情報を基に入り口正面に3人で陣取った。

20121016_064659
難しいと聞いていたので、かなり気合を入れながらのキャスト開始。

しかし、反応が中々なく、的が絞りにくい。

もたつく私を尻目にTMUさんが早くも1匹目を揚げた。

大きくはないが、この1匹目を早めに揚げると気分的に凄く楽になる。

私は内心焦りつつ、2g台のスプーンが全然当たらないので、大物を掛けたいとの思いでミノーを投入。

キャストしてチョンチョンとトゥィッチさせて誘いながら巻いてくる。

これで釣れたら気持ちいいだろうなと思っていたその3投目。

急にゴンとヒット。

7時20分、本日初フィッシュを捕獲できた。

20121016_072011
まぁ、推定37cmくらいのそれなりの大きさがあって、元気で引きの良い魚だった。

一挙に気持ちが楽になった。 笑

だが、アタリが続くということはなく事故的に釣れたに過ぎない。

トルネード黒でバラシ1匹が出たが、何が答えなのかさっぱり掴めない。

とにかくとっかえひっかえルアーを変えていく。

中層より下というレンジは合ってるだろうとそこに焦点を合わせて試していく。

そして、ディープクラピーで沖目を引き始めたら、ゴンといかにも大きいという当たりが来た。

ドラグが出て行きながらのやり取りはとても緊張する。

バラしたくない思いで必死で巻いてくる。

7時58分、大物キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

とはいっても、50cmにはちょっと欠けると思われる。

20121016_075822
いやぁー、楽しませてもらった。

20121016_075911
ランディング後、出血がひどく弱ってそうだったので、TMUさんにキープして頂いた。

私自身はロックトラウトとイワナしか食べない主義なので、助かりました。 (^^;

その後、8時6分に小物をディープクラピーで1本揚げるものの、決してアタリルアーとは言えず、以後アタリがプッツリと遠のいてしまった。

私の左隣でオレンジダウンさんが苦戦しておられたが、8時38分今日の1匹目をついに揚げた。

20121016_083853
私は9時につぶアンSPで突発的に釣れたものの、その後50分間アタリなし。

その間TMUさんが池を1周して来られて一番魚っ気があると言っていた左岸へ移動してみた。

20121016_095037
オレンジダウンさんは場所を変えずにそのままステイした。

移動した10時から11時までの間で3バラシ、1キャッチと好調なるもバラシ先行で獲れない。( ̄ロ ̄lll)

TMUさんも反応あるのにバラシが多いと漏らすもキャッチに成功。

20121016_112423
その後、13時頃まで粘ったが魚っ気も消え反応も途絶えてしまった。

この間、オレンジダウンさんは爆釣ではないが、確実に大物も含めてきっちり釣られていた。

私はついに辛抱溜まらず、元の釣り座に戻って仕切り直しとなった。

戻りはしたものの、直ぐに反応が上がるわけでもなく、何回も心が折れそうになりながら、友釣りがいるというだけで何とか凌いでいけたっていう感じだった。

いくつものルアーをキャストし続けてきて、何気に投入したサークル2gのピンク。

沖までキャストしてカウント7までフォールさせ、ゆっくり巻いていく。

軽くトゥィッチをかけて巻いた瞬間ゴンとバイト!!

この日はスプーンで全く釣れてなくトゥィッチも利かなっただけに嬉しいヒットとなった。

13時51分、ちょっと尻尾の曲がった小粒なマスだったが、やっと獲ったスプーンでの意地の1匹。

20121016_135130
でも、スプーンではそれが限界でどう頑張ってもそれ以上はアタリも取れなかった。_| ̄|○

スプーンで渋く釣り上げていたアングラーがいただけに、まだまだ私の腕は未熟だと痛感した。(>_<)

が、釣れないとボヤイていても始まらない。

ダメならダメで反応のあるルアーに切り替えるまでだ。

なんだかんだと言って調子の良かったトルネードのブラック。

他の色は全く駄目だったのに、なぜかこの黒の反応がいい。

そういえば、ジョイバレーのオヤジさんも最近は黒が強いんですよと言っていた。

20121016_073648
ちなみに今回の釣行には自作は間に合わずこれは市販品だ。

14時30分を回って多少日が傾いたせいか、少しづつ反応が上向いてきた。

トルネードを使っての何回かのショートバイトの後、ゴンと大きいアタリがあって、すかさずアワセると乗った。

もうリトリーブし始めた所で直ぐ半端ない大物というのが分かった。

ロッドがグゥッと絞り込まれ強烈な引きが私を襲う。

凄い引きなのでなかなか巻けない中、ドラグが少しづつ引き出されていく。

ドラグも出て行くが大物の割りには少ない。

これはヤバイと緩めようとした瞬間、プツッとラインブレイク。 ( ̄ロ ̄lll)

しまったぁー、バス釣りの軽量ノーシンカー用途で兼用していたので、ドラグをちょっと締めていたのだった。

痛恨のミス、天を仰ぎ思わずため息が漏れる。

午前中に釣り上げた50弱の感触からいって、逃した魚は間違いなく50UP以上ヘタしたら60かも。

そして、一番反応のいいルアーを釣れ始めのタイミングで失ったのはいかにも痛い。 _| ̄|○

ガックリと肩を落としていた頃、TMUさんが対岸から戻られた。

やはり大物をルアー・つぶアンSPごと失ったとこちらもガッカリされていた。

しかし、つぶアンのSPがいいとの事だったので、早速投入開始。

ここから、2人でのつぶアン祭りが始まったのだ。(*^0゚)v

とはいっても、爆釣というほどではない。

アタリがガンガンあれどもバラシ多発といった具合。

ここまででの7時間30分でわずか6匹の貧釣果、その渋さに比べればそれでも天国だった。

やっと2本揚げたがまたアタリが遠のいた。

その間にまたデカイのにTMUさんが最後のつぶアンSPを持っていかれてしまった。

すっかり困ってつぶアンFに0.09gのシンカーシールを2箇所に貼ってチューンナップしてキャストし始めた。

20121016_151006
これがとってもいいみたいで好調さを維持していた。

ウェイトチューンするとSPよりちょっとだけ深いレンジを引いてこれるみたいでそれが効を奏しているようだった。

TMUさんは、ミノーやクランクを自作されてるだけにさすがチューンナップには長けてる、これには脱帽である。

しかも、なんとそのシンカーシールを分けて下さって私もチューンナップして臨んだ。

期待を裏切らず、本格つぶアン祭りの再開となった。

14時57分より、約1時間で3キャッチ3バラシと結構楽しめた。

16時台はぷっつり途絶えて苦戦したものの、16時41分、TMUさんと仲良く上がりマスを釣り上げ納竿となった。

20121016_164127
いやぁー、長ーい1日だったが、まさに友釣りに救われたそんな釣行だった。

本日の成績は12キャッチ、1ラインブレイク、8バラシだった。

尚、ルアー内訳は下記の通り。

ファリーナ・ミノー70S 1匹
ディープクラピー 2匹
つぶアンSP 3匹
トルネード黒 1匹
サークル2gピンク 1匹
つぶアンFチューンナップ 4匹


ルアーのチューンナップ、シンカーシールでこんなに劇的に釣果を上げる事が出来るなんてビックリしました。
また1つ管釣り道の引き出しが1つ増えた気がします。
つぶアンに色々なチューンを施せばオールシーズン対応の最強兵器になるやも知れずです。
TMUさん、ありがとうございました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。m(_ _)m
尚、TMUさんのHPはこちらです。==> 管釣りロード爆走中!!
それがカンツリだよと思われた方、ポチっと下記のバナーをクリックして頂ければ幸いです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. レイクユザキ
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。