• 2017_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_05

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

答えは出たものの・・・・

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 10月9日 高萩ふれあいの里フィッシングエリア 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  2回目
天気 曇り
風 強風 2m/s ~ 7m/s
釣行時時間 7時20分 ~ 16時20分 9時間
気温  19℃~21℃  / 表層水温 16.6℃


4月に行った時に結構いい思いをした高萩ふれあいの里。

管釣り開幕は10月に絶対にここでと決めていた。

店主の10月がベストシーズンという言葉が耳に残っていたからだ。

この時期なら自宅近隣の管理釣り場より水温も低く安定しているから期待できると判断した。

が、台風の影響で夏が戻ってきたように気温が急上昇。

一抹の不安を感じながら、7時過ぎに到着。

ベストシーズンというだけあって、20人以上お客がいた。

1号池は3人ほどフライマンが先行していたので、2号池から釣行開始。

20131009_071847.jpg
2号池は透明度が1m ほど、沢山の魚が浮いていて魚影が濃い。

まずはTMUさんより頂いたハンドメイドのクレセント・オレンジ/赤を投入。

20131009_073240.jpg
これはシンキングなので、ティップをかなり上げないと表層は引けない。

ゆっくり誘っているとチェイスしてくるのが分かる。

その内、1尾がヒット!

いきなり入魂かと思ったが、残念ながらバラしてしまった。 _| ̄|○

もう1色も試すがこれは反応が渋い。

それなら、今度はスプーンで攻める。

ギルガメッシュを使って、これもティップを上げてややスローに表層を泳がす。

チェイスあれども中々食ってくれなかったが、ついに7時24分、本日の1尾を揚げる。

20131009_072441.jpg
その後、色々工夫をして引いてみるがチェイスあれど乗せられない。

ここで、つぶアンHFを投入。

いきなり1投目でヒット!!

かなりいい引きを楽しんでいたら、急にグイっと大きく引っ張られてプツッとラインブレイク。
_| ̄|○

ラインのキズだろうと思ったが、貴重な戦力を失ってガッカリ。

ここでマイクロスプーン、バベルハイブリッドへシフト。

なぜかリフト&フォールに殆ど反応せず。

表層引きにチェイスが見られていたので、辛抱強く誘っていると8時30分から30分で3連発できた。

20131009_083937.jpg
とてもじゃないが爆発するほどではない。

この頃から何をキャストしてもチェイスもしなくなってきて、かなり厳しくなってきた。

ここで2号池を見切り別場所へ移動を決意。

3号池は人がいっぱいいたので、仕方なく9時45分、4号池へ移動。

20131009_094316.jpg
まぁ、前回いい思いをしたのはここなので、その再来を願ってクレセント・オレンジ/赤をキャスト。

なんと、9時49分、1投目で釣れちゃいました!!!

このニョロニョロ系クランク、いいです。

20131009_094938.jpg
ただもう1色の方はここでも渋かったようだ。

色なのかハンドメなのでわずかな動きの違いなのか、結局分からずじまい。

この4号池は一番広さがありしかも深さ(3m)もある。

透明度は一番低く40から50cmくらい。

魚が見えないので表層ではない感じがした。

しかしながら、ライズが頻繁に見られるのでその直ぐ下で回遊してるイメージで攻略することにした。

そのレンジを引けるルアーをドンドン試していった。

レンジの確認とスピードを見つけなくてはならない。

そんな中で何気に投げたミニミニスティック赤に高反応。

最初は得意のリフト&フォールを試したが全くダメでルアーチェンジしようと思ったくらい。

ところが、変化を付けずにそのまま回収しようとしたら、下から魚が食い上げてきた。 (´゚Д゚`)ンマッ!!

ここで一つの答えらしきものを見つけた。

表層をゆっくり引くとその直ぐ下の層から食い上げて来るというもの。

このパターンを見つけた10時39分から11時まで、ミニミニスティック赤で5連発。

20131009_103903.jpg
4号池の魚は比較的大きく引きが強烈で元気いっぱい。

いずれも40cm前後の魚たちで大いに楽しませてくれた。

反応は継続していたが、トルネードも試したくなってキャスト。

すると、1投目でひったくられるような強烈なバイトがあり、アワセた瞬間から物凄い引き。

XULのロッドが折れるかというくらい引き絞られる中、必死のファイトで魚を寄せようと奮闘。

ついに11時10分、推定60cmくらいの大物をゲット出来た!!

20131009_111051.jpg
この日のトルネードはアタリルアーではなかったが、割と大物がヒットするのでやっぱり欠かせない。

大物を釣り上げて、なんか一区切りついた気がして休憩したくなった。

お客が多いので食堂が混む事を警戒して11時30分から食事休憩とした。

ここのイワナ塩焼き定食を食わずして帰れない。笑

20131009_114205.jpg
さて、11時56分より後半戦の開始である。

パターンが継続してると思って表層下30cmくらいをゆっくり引けるルアーを投入していく。

クレセント釣果2尾目の追加に成功したが、台風の影響で風が強くなってきて軽量ルアーでは流されてしまって釣りにならない。

20131009_123223.jpg
せっかくスプーンで頑張るつもりだったがコントロールが難しいので諦めた。

ならばとシャロークラピーを試してみると、これがまたプチアタリ。

但し、今まで釣れていたエリアの奥でバシバシ反応が出ていた。

いわゆる、沖の表層パターンだ。

風に負けず沖まで飛ばせてゆっくり表層を引けるルアーなら何でも良かったはず。

シャロークラピーの他にダブルプロップベイトもあったのだが、これも強烈なバイトと引きで殉職してしまった。

他にフルスペックHFもロストしており3つも失くしたのは初の失態。

後で分かったのだが要はリールのドラグ調整がうまくいってないことが判明。

リールそのものの不具合だったようだ。

勿体ないことをしてしまった。 (T_T)

午後の釣りもそこそこに調子が良く、2号池や3号池で2度の放流があるにも拘らず4号池で孤高の釣り人と化していた。笑

20131009_131218.jpg
20131009_131341.jpg
14時までは順調でそれを過ぎてからは大減速がかかり、15時からはバッタリ反応が途絶えてしまった。

つまり、今までのパターンで反応する魚を全て獲ってしまった事を意味する。

次はそれ以外のパターンで反応する魚を見つけることであるが、これがそんなに簡単なことではなかった。

違うレンジなのか、同レンジで違う攻め方なのか、強風が吹き荒れる中、使えるルアーが限定され、大苦戦。

ついに15時以降、1バイト1バラシという結果で納竿の時間を迎えてしまった。

この日は相当に厳しかったようで2度の放流があった2号池、3号池でも放流効果は殆ど見られなかった。

たまたま掴んだパターンで4号池はモノにできたが、ヘタしたら一桁釣果もあり得たというくらい渋かった。

それにしても市販ルアーに混じってクレセントはいい働きをしてくれました。

シンキングでもロッドティップを大きく上げて引けば表層をゆっくり引けるし、頼りになります。

この場をお借りしてTMUさんに感謝申し上げます。

ありがとうございました!!  <(_ _)>

本日の成績は実質8時間30分で25フィッシュ、3ラインブレイク、9バラシだった。(T_T)


ルアー別釣果は下記の通り

シャロークラピー モスグリーン  5尾
ミニミニスティック赤  5尾
バベルハイブリッド0.4g ブリック  3尾
クレセント オレンジ/赤  2尾
トルネード赤  2尾
ギルガメッシュ1.4g赤/金  1尾
faces1.4g モスグリーン  1尾
フルスペックHFグレー/黒  1尾
竹ミノー2g モスグリーン  1尾
スティック蛍光赤  1尾
シャロークラピー クリアーオレンジ  1尾
トルネードオレンジ  1尾
つぶアンF 赤/黒  1尾

*** 今シーズン通算 33尾 ***


中々に厳しい戦いが続きます。
それにしても、ドラグ調整が上手くいかず、釣れるルアーを3つも殉職させたのは痛い以外の何ものでもないです。
まぁ、これも勉強です。
今季管釣りも頑張ってと下のバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. 高萩ふれあいの里フィッシングエリア
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


今シーズン総復習釣行

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 4月30日 高萩ふれあいの里フィッシングエリア 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  43回目
天気 曇り時々雨
風  微風 1m/s ~ 2m/s
釣行時時間  7時20分 ~ 16時 8時間40分(昼食休憩40分、実質8時間)
気温  11℃~13℃  / 表層水温 10.2℃ ~ 11.2℃


今シーズンのトラウト管理釣り場での釣行も終盤を迎えつつある。

出張釣行は最後となる可能性がある中、今季まだ行ってない高萩ふれあいの里フィッシュッシングエリアへどうしても行ってみたくなった。

TMUさんよりDODOOへ友釣り釣行のお誘いを頂いていたのだが、水温の事が気になりつつ、高萩へ行かないと今シーズンはもう行けない可能性もあって、行き先変更をお願いしたのだが、うまく折り合いがつかず、単独釣行となった。

成田から片道160kmあるので、行って不発だと大層残念な事になるので、賭けではあるが昨年1月の極寒の時でさえ16尾は獲れたので、何とかなるだろうとお気楽に行ってみた。 笑

20130430_071118.jpg
7時過ぎに到着したが、1番乗りだったみたい。

釣り券を購入してオーナーと話をすると、1年2ヶ月振りに来た私の事を憶えてくれていた。 (*^0゚)v

というより、FJクルーザーの印象が強烈だったようだ。 笑

20130430_071220.jpg
お昼の定食も遊魚券も自販機で買えるというのも中々にユニーク。

ここは1号から4号までの池が縦繋がりで段々畑のように伸びていて、かなりの水量が流れている。

前回は極寒の時期だったので、釣りが出来たのは1号と2号池のみだった。

3号と4号は表層が氷で閉ざされており釣りが出来なかった。

1号池が一番透明度が高くボトムが見えるほど。

20130430_071835.jpg
ただ水深が1mくらいしかなく、スレまくっていて釣るのは一番難しい。

とりあえずパスして2号池へ向かう。

ここは真ん中がひょうたんのように絞られている変則池だが、魚影が濃い。

20130430_071955.jpg
流れ込みのある2号上池より始める。

20130430_072031.jpg
水深は2mくらいで透明度は70cmから1mくらい。

表層に魚がいっぱい浮いている。

そうなれば、バベルZEROハイブリッドで表層勝負とキャスト開始。

表層をスイミングで引いてくるとチェイスして来た。

それを繰り返しながらの3投目。

まずは1発目が来た。

20130430_072559.jpg
40cm弱の元気な魚が獲れた!!

が、すぐにスレてしまった。

ロッドをしゃくりながらのリフト&フォールへ切り替えるが、反応あってもショートバイトで苦戦した。

とりあえず、それで1尾追加出来たが、その次は何と腹部へのスレ掛かり。 _| ̄|○

20130430_073220.jpg
バイトがあると思ってアワセを入れるのだが、ルアーが魚体へ触れただけのようだ。

何か急に縦釣りにヤル気が失せてしまい、1.5gのロールスイマーピンクで速引きして再び表層を狙う。

とりあえず、1尾は獲れたが後が続かない。

20130430_074438.jpg
一つの池に固執してると時間が勿体ないので、今度は2号の下池へ移る。

20130430_080305.jpg
イワナが釣れれば150円で調理してもらえるので、ミノーへ切り替えて岸際やストラクチャー周りを探っていく。

するとかけ上がり付近でK1ミノーに反応、本日5尾目をゲット出来た。

20130430_080646.jpg
残念ながらイワナではなかった。 _| ̄|○

その後は沈黙が続くので3号池まで進出。

20130430_082649.jpg
水深は似たようなものらしいが、透明度が下がって40cm程度。

レンジは浅そうだったので、つぶアンHFで探っていると、1尾は直ぐに釣れた。

20130430_092852.jpg
が、次が続かない。

このまま粘って当たりルアーを探していくか、4号池へ行くか悩んでいるとオーナーからのお知らせが入り2号池へ放流が入るとの事。

迷わず2号下池へ戻って、放流を待つ。

3号池滞在は僅か30分だった。 笑

2号下池はさっきと違ってかなり魚が浮いていた。

池中央に大きなレイダウンがあって、その周辺が狙い目とみて浮いているのをTロールで獲りにいく。

サイトなので反応が良く見える。

チェイスしてきたらチョンと誘ったりしていると、10分で3尾キャッチと好調。

20130430_095220.jpg
その内の1本は45up結構な引きでした。

そうこうしてる内に放流が入った。

子供連れがいるということで、放流プラス餌撒きまでのスペシャルサービスとなった。

定番のスプーンの赤/金にスイッチしてもいいのだろうが、ペレットを撒いたのだからバベルZEROのフォールでも食うと判断。

ソッコー、ハイブリッドのオレンジを投入してみた。

一時的とはいえ魚の活性が上がって、表層へ落ちてくるものへの反応が相当に高くなっていた。

10時10分から10分で3尾は簡単にキャッチ出来たもののそれを過ぎると失速。

20130430_101359.jpg
目先を変えるべくミニミニスティック、Tロール0.8gで何とかしのぎつつ、30分で4尾キャッチである。

20130430_102826.jpg
20130430_104802.jpg
まぁ、どんどんルアーローテをしていけば、数は積み上げていけるだろうと一つの答えを見つけて午前の部は終了した。

5時間弱で16尾なので、前回並みの釣果は出た。

美味しいヤマメの塩焼き定食(千円)を食べながら、オーナーと釣り談義。

20130430_120327.jpg
昨日はゴールデンウィークのさなかと言う事もあって50人を超す釣り客で賑わっていたそうだ。

なので、スレていると店主も認めていた。 笑

ただ、一番大きい4号池には昨日かなりの放流を行い、お客は初心者が多かったので、まだまだ狙っていけるとのこと。

流れ込みの一番下にあるので透明度が低くマッディなので、これもスレが少ない要因らしい。

本来はクリアーな池で更に頑張ろうと思っていたが、方針変更。

未だ釣ったことのない4号池へ行ってみることにした。

20130430_122809.jpg
既に釣果は昨年並に出しているので、とりあえず4号を探ってみてダメなら2号へ戻るつもりだった。

着いてみると本当にマッディでウォルトン並みの透明度しかない。 笑

水深は4つの中で唯一3mあるそうだ。

表層だろうと思いつつも、魚が全く見えないので、レンジが分からない。 (^^;

午後12時30分、表層よりやや下を意識して竹ミノーで始める。

直ぐに答えが出て3尾を釣り上げた。

20130430_124020.jpg
ちょっと反応が途絶えたので、つぶアンHFを試す。

しかし狙うレンジの下を行ってしまうようだった。

ティップを上げて引いてくると1尾は獲れたもののイマイチ。

20130430_131453.jpg
プラグでの釣果が少ないのでバービーFやらシャロークラピーなどを投入するも微妙にレンジが合わない。

このレンジに対応できて釣れるクランク、ミノーを自分は持ってない事に気づかされた。笑

それならとトルネードを投入。

第1投でいきなりバイト、結構デカイのがヒットしてやり取りしていると、急に軽くなった。

なんだ、バラシかとルアーを回収してみてビックリ。

トルネードが千切られていた。 (´゚Д゚`)ンマッ!!

20130430_132136.jpg
まぁ魚がデカかったのは事実だが、それ以上に中の針金が金属疲労していた為に切れたんだろうね。

使い込むと壊れるのがトルネードだと思い知らされた。

幸いに黒はもう一つ予備を持っていたので、それで続けた。

反応は上々でバラシもありつつ直ぐに3尾ほどをゲット。

20130430_132515.jpg
レンジが分かればそこを攻めるルアーをローテしていく方がいいと踏んで、次はミニミニスティックを投入。

何のことはない、これが一番反応が良かった。 笑

風が出てきたのでバベルは使わなかったものの、竹ミノー、トルネード、ミニミニスティックのローテーションでずっとうまい具合に釣り続ける事が出来た。

20130430_134157.jpg
20130430_135638.jpg
20130430_153921.jpg
中々に楽しくなってきてしまい、本来は最後の1時間で1号池にリベンジをと思っていたが、4号池を離れる気がしなくなって最後までやりきってしまった。

ここの1日券は9時間という制限があり、延長の場合は500円割り増しとなる。

帰宅時間も気になるので、勿論そこまでやるつもりもなく16時過ぎやや後ろ髪を引かれながらも納竿とした。

前半はクリアー池でサイトの釣り、後半はマッディでの数釣りと大変楽しめた釣行であった。

それでいて魚は最低30cmはあり、平均は35cmくらいで大型も混じり、元気でよく引く。

今回、私は釣れなかったが、イワナやヤマメ、ロックなどもいる。

本日の成績は44フィッシュ、1スレ(バベルZERO)、1ルアーブレイク(トルネード)、8バラシだった。

尚、ルアー別釣果は下記の通り。

ミニミニスティック黄  11尾
ミニミニスティック赤  6尾
トルネード黒  6尾
Tロール0.8g3色  4尾
竹ミノー2gオリーブ  3尾
バベルZEROハイブリッドオレンジ  3尾
バベルZEROハイブリッド枝豆  2尾
竹ミノー2g赤  2尾
つぶアンHF茶クリアー  2尾
つぶアンHFカラシ  1尾
ロールスイマー1.5gピンク  1尾
K1ミノー  1尾
Tロール0.8gベージュ  1尾
ディックナイト0.9g黒  1尾

まさに今年の総決算という顔ぶれである。 笑

クリアー池でのマイクロスプーンのリフト&フォールに始まり、軽量スプーンでの表層引き、マッディ池での竹ミノー、トルネード、ミニミニスティックの活躍で今シーズンを出し尽くした感があるね。

つぶアンはレンジが合わず苦戦、バービーFは見切られ釣果が出なかったが、まぁこんなものだろう。

ミノーはシーズンそのままを表すかのように不調だったが、裏磐梯でいい思いをしたのでこれも良しとしよう。

この日はゴールデンウィーク中盤の平日でお客は10人以下、1つの池で2~3人ととってもいい環境で出来たのも良かったと思う。

また来シーズンも行きたくなった。 笑


時期がいいと良く釣れると感心しました。
高萩は春と秋がいいのではと思います。
クリアーからマッディまで4つの池を楽しめます。
このブログを読んで1度は行ってみたいと思われた方、是非下記ののバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 高萩ふれあいの里フィッシングエリア
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:10

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


寒さとの闘い

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 1月16日 高萩ふれあいの里フィッシングエリア 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  19回目
天候   曇り
釣行時間 8時20分~16時20分 8時間
気温  -3℃~5℃  / 水温 1.8℃  


急に遠出がしたくなって、3連休の初日、茨城の高萩まで行ってしまった。

成田から片道150km、2時間の道のりは確かに遠かった。 (^^;

朝4時30分起床、5時20分出発。

本当は若栗フィッシングの森へ行くつもりで、現地へ7時20分に到着したものの、営業開始の7時30分を過ぎても一向に管理人が現れないので、急遽予定変更して、高萩ふれあいの里フィッシングエリアへ向かった。

20120116takahagikanri
管理小屋の写真を撮り忘れたので、ネットより写真をお借りしてます。 m(_ _)m

ふれあいの里は若栗から4~5kmしか離れておらず、ここは8時からということで行くと待つほどもなく、管理人が現れた。

初めて来たと言うと、懇切丁寧に4つあるポンドの特徴や釣り方、お勧めのポイントや放流情報まで教えてくれた。

20120116takahagikpondmap
池がクリアーなので、カラーラインは魚に警戒されるから、その場合はクリアーラインのリーダーをつけた方がいいとアドバイスされたが、ちょっと大げさかなと思い、聞き流していた。

この日のお客は私を入れて3組、5人だけだったが、4つあるとはいえ池自体はそんなに大きくなく、しかも外周の半分は人が立ち入れないので、意外に沢山のお客には対応できない。

さて、まずは1号池から始める。

20120116081741
平均水深が1mと浅いが、岸辺近くが2mと深く掘られているので、手前でもヒットするので最後までしっかり巻いてとアドバイスを受けた。

とにかく底が見えるほどクリアーで魚はいっぱい居る。

サイトで釣れるのは興奮するだろうとキャストするも魚は全く反応しない。

魚の居るレンジにルアーを通していくが、知らん顔してる。

つぶアンやミッドクランクを投入してるのに、反応して見切られるならいざ知らず、完全無視なので、これ以上やってると、どつぼにハマりそうだと早々に撤退し2号池へ。

2号池はやや広い池だが水深は2mくらい。

20120116082650
ここも反応は1号池と同じで全く釣れそうにない。

ならばと管理人が薦めていた3号池に釣り座を移した。

20120116083118
ここは前日の日曜にかなり放流したそうだし、今日も予定があると聞いたからだ。

また、水深も2.5mあるし、魚のストック量が豊富で透明度が70cmと、ほどほどがいい。

ジョイバレーよりちょっと透明度が高いという感じだ。

ここなら、カラーラインでも大丈夫かなと思って8時30分から始めた。

先ずはスプーンで様子見をするが、反応なし。

クランクやミノーも不発。

では得意のつぶアンフローティングピンクでやってると、8時58分にようやく本日の1匹目をゲットできた。

20120116085828
が、次が出ず、再びスプーンで悶々とやってるとサークル2.0gイエローでヒットするも、ネット直前でバラシ。

_| ̄|○

9時近くになってもまだ寒く、ガイドが凍りつくほど。

何か突破口をと、グルグルXのチャートカラーを投入。

9時27分に2匹目の捕獲に成功。

20120116092727
このあとバラシ1本加えて反応途絶える。

その後、9時41分にミディアムクランクで1本、9時50分にサスペンドミノーで1本とポツポツとルアー1個に1匹という低空飛行。

そして、いよいよ10時になって、放流タイムとなった。

放流といえば赤/金ということで、MIU2.8gでキャストしてると、管理人さんがやってきて、カラーラインだからクリアーリーダーを付けた方がいいと改めて仰って、なんとタダでつけてくださった。

そして、私のスプーンワレットの中からウォーターランドの赤/茶の迷彩3.5gがいいだろうとチョイスしてくださった。

言われるままに、カウントゼロで引いていると、ツンツンとアタリが炸裂し始めた。

20120116103451
凄い放流効果だ。

乗らなかったり、乗ってもバラしたりするも、反応が急増したのでこりゃぁ楽しい。

10時22分には、スプーンだけど尺イワナもゲットできた。

20120116102212
早速、管理人さんに焼いてもらうようお願いした。

ここは1匹150円で調理してもらえるのが嬉しい。

赤/金MIUとウォーターランド迷彩のローテーションで釣り続けた。

20120116105820
反応が落ちるとタナをカウント3まで下げて探るとまた釣れるといった按配。

ミディアムクランクも織り交ぜ、10時18分から11時20分までで8匹とまずまずの成果。

焼き魚をお願いしてる時間になったので、ここでランチブレイク。

身体が芯まで冷えているので、いいタイミングの休憩となった。

焼き魚にご飯/味噌汁セット450円を付けて、イワナ焼き魚定食の出来上がり。

20120116113710
イワナはいつ食っても旨いね。(*^0゚)v

管理人と釣り話に花を咲かせて、40分が経過してしまって慌てて、3号池へ戻った。

が、放流効果もなくなって、ランチ前の釣りはもう通用しなかった。

軽いワルキューレ1.5gの蛍光ピンクでデッドに引いてキャッチ出来たりと全然違うことも織り込まないと釣れない感じ。

20120116140718
そんなこんなで、14時10分くらいまで、時速2匹くらいのペースで何とか釣りになっていたが、15時を過ぎるとヒットしてもバラしてばっかりで釣れそうにない感じ。

2号池も試すが、反応が薄く釣れそうにない。

4号池は半分凍っていて、流れ込みを中心に攻めるが、掛けてもバラしてしまい、成果を上げられない。

この日は天気が悪く日も差さず、相変わらず寒い。

午後もこの時間になると気温が下がってきて、2~3℃といったところか。

15時過ぎに余りにも寒く(身体も釣果も)、管理小屋に30分ほど緊急避難したほど。

最後に、16時から20分間、クリアーな1号池でサイトフィッシングに挑戦したが、流れ込みで1匹ヒットするもバラして、ついにこの池では釣果を上げることは出来なかった。

ここで釣れる平均サイズは30cmで圧倒的にレインボーが多い。

でも、40cm級も混じるし、イワナやヤマメ、そして50cm級のスティールヘッドもいるそうだ。

私も40cm級を2匹上げることが出来た。

20120116121317
1日あると色んな攻め方が出来て楽しいのだが、本日は水温/気温共に低く、魚の活性も低かったため、釣果が寂しかったのが少し残念だった。

なんせ食ってきても、その後の引きも弱く水温1.8℃は、とてもベストとは言えないだろうね。

ここは3~4月、あるいは10~11月がベストシーズンではなかろうか。

どっちもバスシーズン真っ盛りだから、ちょっと遠征しにくいけどね。

本日の成績は実質6時間50分で16フィッシュ、7バラシだった。

20120116_choka
ちなみにヒットしてバラしたのはもっとあったが、自分で釣れたと思ってネットを掴んだ後、バラしたものだけをカウントするようにしているので、この7バラシはちょっと多過ぎると反省。

もっと取り込みを上手に出来れば半分は回収できたかも・・・。 (^^;

20120116chokaperlure
つぶアンが活躍できなかった分のリカバリーをもっと別なルアーが活躍できたらとまだまだ反省が残る1日だった。


山あいにある釣り場は、冬場はやっぱり相当にキビシイです。
春か秋なら、最高に楽しい1日が過ごせるのではないでしょうか。
たまには遠征もいいなと思った方、是非、下記バナーのクリックをポチッとよろしくお願いします。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 高萩ふれあいの里フィッシングエリア
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。