• 2017_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_11

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

茨の道

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 8月7日 亀山湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 24回目
天候 晴れ  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 6時 ~ 15時30分  8時間30分
気温 24℃~33℃  / 水温 28.9℃~31℃


久し振りに高滝湖へ行こうと思ったら2m近く減水して最悪の状態らしいので、亀山湖に行ってみた。

20130807_054126.jpg
前回のイメージがあるので、フィーディングを何とかできれば数も釣れると楽観していた。

行ってみると、のむらボートの平日トーナメント開催と重なっていて、前回より人が多く駐車場にクルマが停められないほど。

何とかボートは確保できたもののトーナメント参加者の後塵を拝してしまった。 (T_T)

それはそうと、DIYでエレキの電気ケーブルを自分で延長してやっとバッテリーを後方に積めるようになった。

20130807_060239.jpg
出船してみると、ボイルは前回の4分の1程度しかなく、既にポジションはガッチリ取られていて、私の入る隙は全くなかった。

それでも、そのハジの方でおこぼれにあずかろうと懸命にキャスティングしてみるがヒットなし。 _| ̄|○

20130807_060921.jpg
マイラーミノー、ジャズフィッシュ、ケイテックのI字形ワームをノーシンカー、ジグヘッドやネイルシンカーを入れて少し沈ませてみたり、ライトキャロリグで使ってみたりしたが、1バイトも取れなかった。

トップをボイルトリガー、少し沈めてK1ミノーと新規に購入したラッキークラフトの「ビースイムトリガー70」も投入するが全く反応なし。

このビースイムトリガー70はブログ友達のひろぽんさんのお勧めルアーで新規戦力として期待していた。

20130809BSIM.jpg
この、のむらボート前~亀山大橋のエリアに見切りをつけ、おりきさわ方面へ舳先を向けた。

上流勝負のつもりだった。

途中も要所要所をチェックするもギルバイトくらいしかない。

20130807_090253.jpg
地形が良く分かって上記のように窪んだ地形が魚が着き易いだろうと思わせるようなポイントもいくつか見かけた。

小櫃川上流へ行ってさらにビックリ。

先週より更に水位が下がって、おりきさわの橋脚までしか行けなかった。

水位は50cmくらいで、水は淀みアオコだらけで最悪の状態。

下流の本湖の方がよっぽど水の状態が良かった。

バスはおろか魚の気配すら感じなかった。

白鳥島の近くでは一部フィーディングしていたバスもいたが、中々獲れずじまい。

水位が2m近く下がっているので普段目にすることのない地形が分かって興味深い。

20130807_100914.jpg
上記写真は白鳥島前の建物跡の干上がった所が見えている。

通常水位の時はこの地形変化の所に魚が着いている。

その理由が良く分かる。

一番活性の良かった亀山大橋のところまで戻ってみると、まだ少しボイルをしていたので、ビースイムトリガー70を再び投入。

最初はただ巻きをしていたが、トゥィッチを入れて巻くようにすると、突然ゴンとヒット!!

おっと驚いたが慌てることなくアワセてリトリーブを開始すると大した抵抗も無しにスルスルと巻けてしまった。

10時46分、やっと獲った本日1尾目は22cmのチビバスだった。

20130807_104601.jpg
よくもまぁ果敢にこのルアーに喰らいついてきたものだ。

購入して直ぐに入魂できたので、これは即1軍登録のレギュラー入り確定だね。

続いていくぞと気合が入ったが、その後ボイルが完全になくなり魚の気配が消えてしまった。 _| ̄|○

しょうがないので、次はトキタボート方面へ流していく。

前日まで良かったという岩盤や立ち木をラバージグ、キャロリグ、テキサス、メタルジグまで動員して探るも空振りだった。

トキタ対岸も綺麗に干上がっていて地形が丸見え。

この場所がいいとされる理由も良く分かった。

程よいシャローが庇のように出っ張っているので、バスが居つき易いのだろう。

ダムサイト側でちょっとだけボイルが発生していたので、ここでもキャロリグ、ノーシンカー、ビースイムトリガー70を投げまくった。

触る程度のショートバイトが1回こっきりと岸際のシャローでスモラバで誘っているとデカイのが見に来て食いそうだったのだが見切られて帰っていってしまった。 _| ̄|○

あまりにも難し過ぎる ( ̄ロ ̄lll)、通いなれてない人間には手も足も出ない印象があった。

お昼を過ぎたので、夕マズメにもう一度亀山大橋で勝負をしようとトキタからのむら方向へ向かった。

今度は来た時と反対側のショアラインの要所を撃っていく。

とあるレイダウンのシャローでスモラバに反応が出た。

障害物に引っかかって外れた瞬間だった。

気持ちよくアワセてフックアップ。

引くほどでもなく、瞬時に巻き上げて釣り上げたのは24.5cmのまたしてもノンキーだった。 (T_T)

20130807_132425.jpg
これが13時24分の出来事でこれが今日のラストフィッシュとなった。

のむらボート前まで戻ってもボイルはなく強烈な日差しの下、オーバーハング下のシェードをフロッグ等のTOPでも攻めてみると1度だけ水面に出たけど乗るほどじゃなかった。

平日トーナメントの方は参加者36名 ウエイン33名で上位の方は3本で3キロ越えと凄過ぎて私は声も出なかった。 笑

殆どがボイルを拾ったようで、通いなれた常連さんの必殺テクニックがないと歯が立たない気がした。

本日の成績は5バイト、2フィッシュ、0バラシだった。

オフセットジグヘッド0.9g+シリコンスカート+4インチグラブ 1尾
ビースイムトリガー70 1尾


今季通算45号
スモールマウス 22尾、ラージマウス 23尾
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


減水中の真夏の亀山も難しいものです。
さすがに歯が立たないと心が折れました。
通いこまないと常連さんの足元にも及ばないですね。
徐々に頑張っていけばいいとポチッと下のバナーをクリックして慰めて頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


管釣り亀山湖

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 7月17日 亀山湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 20回目
天候 曇り時々晴れ  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 5時40分 ~ 16時10分 11時間
気温 19℃~30℃  / 水温 27.5~28.2℃


マイボートの船外機のエンジントラブルから1週間。

まだ直る見込みは無い。

ならばと今度はレンタルボートで亀山湖に同僚Sと行ってみた。

例年真夏になるとわかさぎパターンが発生してそのフィーディングを上手く捉える事が出来るとビッグバスや数釣りが出来ることで有名。

しかしながら、年々スレてきて、そんなに簡単じゃないのは確か。

20130717_053959.jpg
ここ数日はのむらボートハウス前から亀山大橋の間で朝だけじゃなく1日中発生していて、デカバスが釣れているとの事。

我々が出撃したこの日はおりしも房総チャプターの第3戦が行われていて平日とは思えない人でごった返していた。

5時過ぎに到着したけれど、クルマが駐車場から溢れていたくらい。

出船準備段階から桟橋前から垂直岩盤の対岸までボイルが発生しまくり。

早くそれを獲りたくて急ぎ準備して6時前に出船。

でも人も多い。

この狭いエリアに何と20艇近く集中して浮かんでいた。

20130717_171612.jpg
フィーディングが起きる度にキャストしているがそんなに簡単に釣れるほど甘くない。

表層系のボイルトリガー、シャロー系のK1ミノー、それからI字系のワームをジグヘッド、ノーシンカーで試すが全くの無視。

特にノーシンカーはマイラミノーの頭へのチョン掛けとワッキー掛けとバリエーションを変え引き方も工夫してみたがアタリすら取れない。 _| ̄|○

ボートの直ぐ横までフィーディングしてるバスの姿を見かけることも頻繁にあるもカスリもしない。

まさに超劇ムズのカンツリ状態。

そこに魚が100%いて、ボイルしまくりの高活性なのに釣れないという厳しさ。

魚にちょっとでも不審感を思わせるルアーやら動きだったりしたら全く相手にされないそんな感じ。

夢中になって延々とやっていたが、ふと気づくと2時間を越えていた。

でもゼロバイト。

この間に6人ほどが結構いいサイズを釣り上げていた。

しかし、我々には振り向いてくれなかったようで、ひとまずは諦めて上流方向へ流していく。

朝は涼しくてというより、むしろ寒いくらいだったが10時を過ぎると強烈な日差しが降り注ぐ。

こうなるとシェードに違いないとカバーの絡む所を攻めていくが1バイトも取れない。

モニター期間中のシャロークランク・タバタオ、フロッグ、テキサス、スモラバ、キャロリグ、ノーシンカーと変えていった。

医院下へ向かうシェードでノーシンカーもI字系だけでなく得意のグラブも試す。

すると、4インチにも関わらずギルバイト多発。

ついにというか、残念ながらというか16cmのギルが掛かってきた。

20130717_105728.jpg
ズーっとノーバイトだったので、まぁいいかと一安心。

その後はまた沈黙。

ならばノーシンカーワッキーで地道にのんびりとユラユラ攻撃。

しかし医院下まで、何もなく、引き返して今度はおりきさわ方面へ

途中、つぼりとの岩盤を攻めている際に涼んでるねこを見かけて少しだけ癒される。

20130717_124255.jpg
岩盤も不発、シェードやカバー、ゴミ溜まりもダメと八方塞り。

じゃぁ上流だぁと遡って行く。

結構上がっていって水深が1.5mくらいに浅くなってもアオコはなくならずボトムも見えない。

魚の気配は増してきたので引き続きノーシンカーワッキーでチェックしていく。

岸際でボイル発生。

発生した所へキャストするも空振り。

その右横1mくらいのところへ再キャストするとそこへ移動していたみたいでヒット!!

根掛かったようなアタリだったので正直半信半疑だった。

でもスウィープにアワセを入れてみたら生命反応ありという感じだった。

ろくなアタリさえなかったので、突然のいい引きに戸惑った。

ガンガン逃げ回られながらも、幸いに障害物もなく無事ランディング成功。

20130717_142315.jpg
14時23分、ジャスト40cmの亀山バス君に出会えた。

まだ完全にアフターから回復し切れてないバスだったね。

20130717_142614.jpg
釣行開始から約8時間、もうボウズだと諦めかけた時の1尾は嬉しい。

下りつつノーシンカーワッキーを継続。

おりきさわボート近くでまたもヒット。

今度は落ちパクだった。

ルアーの着水した所にバスがいたというパターン。

15時30分、とてもラッキーに拾えた魚はぎりキーパーサイズの25cmだった。

20130717_153010.jpg
その後、時間が押してきたのでエレキ全開でのむらボートへ戻りつつ要所は撃っていく。

が、ことごとく反応なし。

のむらボート桟橋付近まで戻ってくるとまだ人がいっぱいいた。笑

まだボイルは続いているみたいだった。

なので、納竿前に今一度チャレンジすることにした。

ボイルした所に惑わされずこの辺に来ると予想した所へじっくりとノーシンカーのマイラーミノーをキャストし続ける。

フックはマス針の頭部チョン掛け。

ゆっくりデッドに巻きながら、5~6回に1回軽くトゥィッチを入れる。

それを繰り返していると下からデカイ奴が追いかけてきてパクッと食ったように見えた。

アワセを入れると食ってなくてルアーが先行して逃げる形になってまた食った、ように見えた。

今度こそとアワセを入れるが、またもや空振り。

さすがに3度目はなく、そのまま水中へ潜って行ってしまった。 _| ̄|○

ウゥー口惜し~い!!! 

全て見えていただけに口惜しさも半端ない。

カァーっとなってさらに真剣モードになってキャストを続けるもバイトもなし。

再び諦めて納竿とした。

まるで管釣りのような亀山湖釣行だった。

帰着後、ボート屋のオヤジに聞くところによるとチャプター上位組の殆どは、のむらボートハウス前のフィーディングを獲った人ばかりだったとのこと。

本日の成績は5バイト、3フィッシュ(2バス、1ギル)、0バラシだった。


今季通算38号
今季最大魚 41.5cm スモール桧原湖


こんな釣りもアリなんですね。
バスは探す釣りだって思ってましたが、この管釣りみたいな超難関のバスを釣り上げようと躍起になるのも面白いです。
こんなバス釣りも面白そうだと思われた方はポチッと下のバナーを押して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:6

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


スローに戸惑う

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 5月7日 亀山湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 4回目
天候 快晴のち曇り時々晴れ   風 4m/sから6m/s
釣行時間 6時30分 ~ 16時30分 10時間
気温 12℃~20℃  / 水温 17.9℃ ~ 18.8℃ 


ゴールデンウィーク中、好天に恵まれ高釣果だった亀山湖に同僚Sと出撃した。

20130507_060949.jpg
朝一のフィーディングを求めて早朝から出掛けたのだが、圏央道の出口ICを間違えて30分以上のロス。

降り出口は木更津東、圏央道終点だったのに圏央道が延伸され、行き止まりと思い込んでいたために何と通過してしまった痛いミス。

この日は雲ひとつない快晴であったが、気温は上がらず朝一は冷え込んで風は強かった。

のむらボートより出船し桟橋付近からまどか岬周辺のシャローからじいさんワンド、ばあさんワンド、トキタボート周辺、水産センターのある島を廻って松下ボートへ出て探っていった。

20130507_060933.jpg
シャローからゴミだまりのカバー、オーバーハングや立ち木周り、中層からボトムとチェックするも全くのノーバイト。

シャローで同僚SがノーシンカーかジグヘッドのI字系ワームにバイトがあった。

20130507_105934.jpg
風が強く逆風が吹くとバッテリーの消耗が激しく、持参したバッテリーがもたずレンタルする羽目に陥った。

わたしのバッテリーもかなり弱ってきているようだ。

本湖より上流へ移動することにして、のむらボート桟橋へ寄ってみるとフィーディング中のバスを発見。

20130507_063040.jpg
それをヒントに周辺のシャローをかなり粘ってやってみたが、私はチェイスもバイトもなし。

Sはチェイスがありピックアップ寸前まで追ってくるバス、それも40upが来て惜しいと声を上げた。

その後白馬島を廻り医院下方面へ流すが相変わらず反応無く釣れる気がしなかった。

20130507_141310.jpg
Sの反応パターンでI字系ワームを随時投入し、ノーシンカーやジグヘッドでレンジを変えながらスローにやってみたものの、ついぞ私には何の反応もなく納竿の時間を迎えた。

ノーバイト、ノーフィッシュの完全試合を喰らい、いわゆる完デコだった。 _| ̄|○

帰る際、のむらボートにて話を伺うとさすがにこの日は皆さんも苦戦されていたようだ。

とにかくスローでしか食わず、釣れた人は朝一のフィーディングにうまく遭遇できた人が数を獲れたらしい。

我々はそれも道を間違えたために逃してしまい、本当に厳しかった。

考えてみると桧原湖のスモール並みにスローにしないとダメだったのかもしれない。

小森嗣彦プロが亀山湖で得意とするリグ、ライトキャロ(2g)でゆっくりというのは試さなかっただけに後悔が残った。

久々に完敗したバス釣り、これで2連敗と釣れる気がしない感じになってる。 ( ̄ロ ̄lll)

未だ小さいのが1匹止まりの今シーズンなので、これから本腰を入れて頑張るっきゃないね。 苦笑


バスとの出会いは中々に難しいです。
バスのあの匂いや触った感触を忘れそうになっています。
今後に期待と下のバナーをポチッと押して応援して頂ければ幸いです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


敷居の高い亀山湖

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 6月11日 亀山湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 16回目
天候   雨のち曇り時々晴れ  釣行時間 5時 ~16時30分 11時間30分
気温 16℃~22℃  / 水温 22.2℃ 


将監でボツボツとやってると、亀山湖・ノムラボートハウスのHPで毎日のように40UP、50UPの記事が気になってしょうがない。

連日のデカバス情報を見せつけられると行きたくなるのは人情。 (^^;

久々に取った月曜日の休みに同僚Sとノムラボートで4時過ぎに待ち合わせ。

20120611_045610
天気予報では梅雨の谷間の晴れということだったが、前日の夜からシトシトと雨が降っていて、しかもかなり寒い。

たいした雨じゃないので活性が上がりそうだった。

5時少し前にボート事務所が開く前に準備の終わったお客が桟橋でオカッバリしていたら、いきなり30cmくらいのが釣れた!!

さらにデカイのも掛けたが、それはバレたみたい。

こんな活性のよさを見たら期待に胸が膨らむのは当然の事。

準備を終えてボートレンタルと遊漁料を払って5時出船。

20120611_045708
桟橋周りでボイルが多数発生している。

ボイルトリガーをキャストし倒すが、バイトなし。

小バスがフィーディングしているみたいで、他のルアーにも見向きもしない。

今日はデカバスを仕留めたいので、ノーシンカーの3インチは封印。

まずはメーカーは忘れたけど、5インチのコイツを使ってノーシンカーで様子見。

20120614_181859
早巻きすれば表層も引けるし、じっくりいけば自然にフォール、ゆっくり引いてスイミングと色々と誘える。

が、1時間やっても反応なし。

スピナーベイトへチェンジするが、状況変わらず。

ミディアムクランクも不発。

フィーディングを見かければ、ボイルトリガーを投入するが、完全に空振り。

開始6時間が経過、ワームはジャッカルのアイシャッドの4インチへサイズダウン。

20120614_181941
それでも無反応。

頭にきてゲーリーの4インチグラブ イエローを投入すると、やっと小バスとギルのショートバイトが出るようになった。

でも、釣れない。 ( ̄ロ ̄lll)

本日は本湖方面へ流していってるので、行ったことのない未知のエリアが多い。

押切沢へ入っていくと釣れそうな感じがバリバリあるものの、ショートバイト(ギルや小バス)ばっかりで、釣れる気がしない。

どん詰まりまで行くと滝があって、なんか亀山というか渓流みたいな雰囲気。

20120611_114223
滝つぼそばのシャローで40cm以上の見えバス数匹を発見。

ノーシンカー、ジグヘッドワッキーと頑張って誘ってみたが、完全に無視される。 _| ̄|○

俺にも加藤誠二張りのサイトマジックのテクが欲しい!!

その内どっかへ行っちゃった。

松下ボートまで戻って来た時、方針変換。

3インチ、ノーシンカーへサイズダウン。

このままだと、ボウズになりそうだったので、それはなんとしてでも回避したかった。

変えて直ぐ、ボート桟橋近くの岬周りで待望のアタリが出た。

ソッコーアワセを入れたが軽い。

ギルかと思ったら、18.5cmのノンキーサイズ。

20120611_134745
開始8時間47分後の13時47分で初の1匹目をゲット!!

でも、こんなサイズでは全然元気になれない。

こんなサイズを釣るために亀山に来たんじゃなーいと心の中で叫んでいた。

まぁ、気分転換にはなったけどね。 笑

そして、14時50分、ギルがいっぱい浮いてる中に小バスもいたらしく、殆どほっとけ状態で漂わしていたら、本日2匹目が来た。

ギルの猛攻にイチイチアワセても仕方ないので、小さいアタリは無視していたのだ。

さっきよりはちょっとだけサイズアップ。

でも21cmとまたしてもノンキーサイズだった。

20120611_145021
ここまできて、やっぱり違うと感じた。

ギルと小バスのいる近くあるいはその下のレンジに欲しいサイズがいると思ったがどうも違うらしい。

全然別なカバー奥にじっとしている感じがしてきた。

ならばそこへタイトへスキッピングするならと、スモラバ+4インチグラブへとスイッチ。

20120611_153146
サッタ下のオーバーハングした木の枝の手前から奥の岩盤目掛けてスキッピングさせると、うまく跳ねてくれて岩盤まで当たって落ちていく。

そしたらグンとアタリが来た。

チョンとアワセると小バスのお兄さんクラスって分かる引き。

15時30分、キーパーサイズの26cmを釣り上げた。

20120608_084226
本日3匹目は今季23号となった。

これが正解と思ったものの、ノムラボートまでの帰り道に似たような所へドンドン入れていくが、それっきりで獲れずじまい。

ノムラボート周りで最後のあがきをしてみたが、ショートバイトが1つあっただけで、16時30分納竿とした。

今シーズン2度目の亀山湖はボウズを逃れただけの屈辱の釣行となってしまった。

ひそかに期するものがあっただけに口惜しさが募ってくる。

ノムラボートのHPによると、この日のデカバスの写真はないものの、数釣り出来た人もいたらしく、つくづく腕の差を感じた。

1日だけでは回りきれない広大なフィールドだけに、通いつめないとどういう釣りをしていいのか全然分からない。

いつかデカバスを釣ってやるゾと捨て台詞を残して、釣り場を後にしたのは言うまでもない。

本日の成績は4バイト、3フィッシュ、0バラシだった。


亀山でガンガン釣れてるようですが、自分にとってはまだまだ敷居が高い亀山ですね。
将監並みに通いこめば攻め方も分かってくると思うのですが・・・。
いかんせん遠いです。 (T_T)
亀山での40UP期待してるよと思われた方、ブログ村のバナーをポチッと押して応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


雨の亀山湖

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 5月15日 亀山湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 6回目
天候   曇りのち雨  釣行時間 5時45分 ~15時15分 9時間30分
気温 18℃~19℃  / 水温 19.5℃ 


午後から雨というのが分かっていて、あえてチャレンジする亀山湖でのバスフィッシング。

再び訪れた3連休を1日も無駄にしたくないという気合の表れでもある。 笑

休みが待ち遠しくて、釣りがしたくて、雨なんて気にしてられない。

5時過ぎにのむらボートハウスに着いたが、殆どの方が準備を終えられて出船ラッシュ。

20120515_050701
ちょっと出遅れた感じがしたが、1日は長いから気にしない。

水色は微妙に濁っている感じ。

20120515_111535
一路、折木沢方面へ向かう。

釣りビジョンで見た長崎と対岸の川口を目指す。

20120515_054912
デカイのが釣れる実績があるのとフィーディングしてればとTOPで狙えるスポットらしい。

まずはそこでボイルトリガーというジャッカルのルアーで釣りたくて行ってみた。

が、この日の湖面は静かそのものでフィーディングは無し。

未練たらしくボイルトリガーを投げまくるが不発。

やっぱりテレビの番組のようにはいかない。 笑

ならばと岸際をスピナーベイト、グリーディガッツで狙っていくけど無反応。

とある小さい岩盤ワンドでスモラバを投入。

20120515_063934
チョンチョンとリフト&フォールでやってるとグンと来た。

アワセると物凄い勢いでボート下の水中を逃げ回るのが見えて、ジャンプしてそのまま水中へ帰っていった。
_| ̄|○

まぁ、どうみても30cm以下の小バスだったけどね。

魚影が濃いとみて、継続して攻めてみるが、今度はギルが掛かって全く同様なパターンでバレてしまった。

どうやら小魚しかいないようなので、場所移動。

猪川方面へ釣りあがっていくが反応無し。

引き返し、今度はおりきさわボート方面へ。

このあたりから雨が激しく降ってきた。

20120515_130847
どうしても重いバッテリーと人が立ってる所へ水が溜まっていく。

フットコンロラーが水没するとショートしかねないので、溜まったら手で水を掬ってだしていた。

おりきさわボート対岸のオーバーハング下で急ぎ合羽を着込み、手早く昼食のお握りをほうばる。

お昼近くになっていたが、スタート直後のアタリ以降まったく反応が無い。 ( ̄ロ ̄lll)

雨が降り出したので、フロッグをカバー下へ滑り込まして探っていくが水面を割ってくれない。

20120515_111901
失意のまま、長崎キャンプ場へ引き返す。

20120515_130858
上記写真は長崎から川口方面を望む方向。

ここのシャロー域で試すが無反応。

さらに稲ヶ崎キャンプ場対岸の岩の上島まで戻ってきた。

ここでシャローが広がっているエリアにネストを発見。

見えバスがウロウロしていて、それを釣ろうと躍起になるが見向きもされず終了。

その近くのシャローで別なボーターが私の目の前でバスを釣り上げた。

見てると本当にスローで殆ど動かしてない感じがした。

そういえば、のむらボートハウスのHPではノーシンカーで良く釣れたという情報があったことを思い出した。

ノーシンカーのテンションの掛かってないフォールがいいようだけど、中々待つのがしんどい釣りでもある。

ちょっと試してみたけど自分にはどうにも合わないので、予定変更。

つばきもとボートの岬の沖に建物跡の基礎がシャローフラットになってる場所がある。

ここは有名なポイントで既に2人が探索中だった。

魚探で6mラインから2mラインへ上がってきた際から1.5gスモラバをキャスト。

着底まで待ってゆっくり竿先を上げる、ずる引きのイメージ。

たまにシェイクを入れてポーズを入れる。

すると、バイトの感触が手元にかすかに伝わってきたので、鬼アワセを入れると、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

14時3分、やっと釣れたー!

20120515_140314
今季3号は33cmとレギュラーサイズだったけど、シャローでスローは当たってるパターンだと思った。

そのパターンを試すべくボートハウスへ帰る道すがら、探索していくも不発。

合羽を着ていても濡れてしまい、すっかり疲れてしまって15時15分納竿です。

本日の成績は3バイト、1フィッシュ、1バラシだった。

この日の亀山湖の様子が気になったのでのむらボートのHPを覗くと好調とあってかなりショック。 ( ̄ロ ̄lll)

20120515_140320
よく読むとエリア的には本湖方面のシャロー域。

かなりクリアーな水域だったらしい。

前日に亀山湖で釣行した同僚Sと連絡が取れて、詳しく話を聞くと同様な事を言っていた。

彼は40cm、30cm2本とギル3匹釣り上げたらしいが、トキタ対岸のシャロー域がメインだったらしい。

全て虫パターンのトップのみの釣果で他のルアーは全く反応しなかったそうだ。

私はどうやらエリア選択を間違ったかもしれない。

まぁ、それも釣りだし、亀山湖は広いのでもっと通いこまないと中々厳しい感じがした。

対前年比、マイナス5匹とまだまだ出遅れている今シーズン。

これからどういう展開になっていくのか、自分自身も楽しみになってきた。 (^^


たった1本という貧釣果でした。
反応も少なかったしハードルが高かったですが、不思議と惨敗感はないです。
もっと通いこめば釣れるそんな気がした亀山釣行でした。
まぁ、先は長いよと下のバナーをポチッと押して応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:4

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


亀山の秋

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 10月18日 亀山湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 35回目
天候   曇り 釣行時間 6時30分~14時30分 8時間
気温  16℃~19℃  / 水温  20℃ 


どっかで亀山なら釣れるだろうという、頼みの綱的なものを感じて、再び同僚Sとノムラボートで早朝5時40分待ち合わせ。

私はモータガイド用のレンタルボートバウデッキがない為、Sのボートに乗船して2人乗りで6時30分、出船。

この日は多くのボーターが早朝にも関わらずいて、続々と桟橋を後にした。

我々も朝一は桟橋周辺のシャローエリアから探索開始。

じいさんワンドまでチェックを広げていくが、何の反応もない。 ( ̄ロ ̄lll)

気温は低く、だんだん強くなる風に寒さを感じながらトキタボート方面まで足を伸ばすも、結果は無残。

20111018070422
ショートバイトすらないし、魚影を見ないし、気配も感じられない。

亀山水産センター前の桟橋で、ロッドが大曲りしてる人を発見。

でもよく見ると、桟橋に横付けしたボートから竿を出してるヘラ師だった。

大きな外道のコイでも釣ったのかなと見ていると、なんと58cmのバスを釣り上げたではないか!!

20111018085915
ゲッ、ヘラ用の練りダンゴ餌にもバスが食いつくのかと、ビックリした。

頭からバスはライブベイトしか食わないと思い込んでいたので、驚いたのだが、魚だからある意味ナンでも食うわけだよね。

ヘラ師いわく、5mレンジでバスが食ってきたよと外道だけど、嬉しそうだった。

ノムラボートの店主によると、ヘラ師の周りにはヘラ師がリリースする外道の小型の魚を狙って、大型のバスが寄ってくることもあるそうだ。

さて、デカバスを目にして俄然やる気が出てきたものの、その後もまったく反応がないまま時間だけが空しく過ぎていく。

シャローにはいなさそうなので、とにかくヘビダンで水深5~6mをボトムを感じながら、ゆっくりしゃくって誘う。

水深2~3mなら、得意のスモラバでボトムを、そしてスピナベでそれより上のレンジをチェックしていった。

20111018121039
水産センター先のワンドでヘビダンでゆっくり大きくリフト&フォールしてると、重く感じたのでアワセると生命反応。

巻き上げてる最中にバラシ。 (T_T)

その場所でもう一回アタリがあるものの、乗らず。

今日初めてのアタリがお昼の12時過ぎだというキビシサ。

少し気をよくして、松下ボート付近でまたアタリ。

うまくアワセて、巻き上げつつ獲れると思ったも束の間、今度は痛恨のラインブレイク。 _| ̄|○

ラインが経年変化で弱くなっていて切れやすくなっていたためだった。

ちなみにリールはスピニングでナイロンの8LBだった。

結局、これが最後のアタリとなり、後は何の収穫もなく、14時30分納竿とした。

20111018143911
アタリは全てヘビダンで、大きくゆっくりリフト&フォール時に食ってきたものだった。

この日はノムラボートブログにもキビシイ1日だったと書いてあったね。

完全に秋パターンになっていて、バスが湖全体に散らばってる感じだった。

的を絞れず、また食いも渋くまたも撃沈してしまった。

ホントに難しいねぇ。

本日の成績は3バイト、ノーフィッシュ、1バラシ、1ラインブレイクだった。


ほんとに釣れる気がしないです。 (T_T)
今回、1匹は釣れると思っただけに残念でなりません。
またも、ボウズかよと思われた方、そう仰らずに是非応援のクリックをポチッとよろしくお願いします。
ヒゲオヤジも何とか、メゲズにバス釣りを続けられます (^-^
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


今シーズン初バスゲット!!

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 4月18日 亀山湖釣行記 >>>>


今、亀山湖がアツく、のむらボートハウスのブログには連日、好釣果が報告されている。

印旛沼で連敗してる身としては、こんなに釣れてる情報を目にしちゃうと、矢も盾もたまらず駆けつけてしまった。

朝一の5時30分到着を目差して、夜明け前に出発。

前回(10月26日)だって、3尾は釣れたので季節の良い今回は5尾は釣れるだろうと意気込んでいた。

20110418053757
5時35分頃の到着だったが、さすがにベストシーズンだけあって、平日だというのにもう既に多くの客が受付を済ませ、出船のピークを迎えていた。

私と同僚S氏はやや出遅れた感は否めなかった。

手早く手続きを済ませ、やっとのこと出船出来たのが5時50分。

20110418055445
前回、2尾をゲットできたボートハウス向かいの岩盤へ向かった。

かなり減水している。

ボートハウスのブログによると2mの減水だそうだ。

岩盤沿いにテキサスを落とし込んだり、やや広めにスピナベで探ったりしたが反応無し。

ならばと、近くのシャローエリアをスモラバ+3インチシュリンプでチェック。

しばらく探っていると、ちょっとバイトを感じた。

おっ、やっぱりシャローにいるなと続けているとゴンと明確なアタリが来た。

やや小さいアタリだったのでちょっと半信半疑のアワセを入れると中々の引き。

30cm以上だと確信しながら、抜き上げた。

20110418062436
やったー!

今季、初のバスをゲットできた。 (*^0゚)v

6時24分、開始早々の捕獲劇である。

サイズも40cmちょうどとまずまずである。 (^-^

20110418062416
これは幸先がいいとほくそ笑みながら、じいさんワンドへ。

ここは私の大好きな亀山のエリアの一つ。

シャローにステイの見えバスが結構居たが、ルアーには見向きもしなかった。

その後は前回と逆方向の屋敷跡方面へ向かう。

kameyama_Pmap1
シャローは少なく反応もないまま進んでいく。

何気なくキャストして反応がないと思い、ルアーを回収しようとした時、子バスが食いついてきた。

20cmくらいなので、なーんだとがっかりしつつ寄せようとした時バレました。 _| ̄|○

こんな子バスにも馬鹿にされて、調子が出ない。

トキタボート近くの公園のシャローが良さげそうに見えたが、全く反応なしだった。

その内、ハイボ製フットコンエレキがまたもや調子が悪くなり、操船不能に陥ってしまった。

フットコンを踏んでもヘッドが回転しないのだ。

スクリューは動くので、ヘッドを手で回転させながら、のむらボートハウスまで戻った。

仕方ないので、ハンドコンを借りて再出発。

もう昼になっていた。

今度は前回同様、つばきもとボート、つぼりと方面へ。

20110418141718
途中のシャローでまたもや見えバスを発見。

かなり粘って誘ってみたが、ショートバイトがあったのみ。

場所によってはギルがいっぱい浮いてるエリアもあったが、ギルバイトの嵐があったもののギルすら釣れなかった。 (T_T)

ほうしょう正木のシャローエリアにかなり期待したけれど、大いなる生命感を感じつつも成果なしだった。

上がり間際は、のむらボートハウス近くの午前中に良さそうだった所を再度攻め倒したが、とうとう結果が出なかった。

釣れてるバスを見かけたのは、ボーターが3尾、オカッパリが2尾なので、やはり高活性だったのだろうと思いながらも、爆釣してるというイメージはなかった。

ところが、家へ帰ってのむらボートハウスのその日の釣果情報を見てビックリ。

釣れた人は30尾って、そんなぁー。( ̄ロ ̄lll)

とても信じられなかった。

シャローで数釣りが当たった人物の成果みたいだが、かなり亀山に通いなれたポイントの分かった人だからだろうね、ちょっとショックだった。

岩盤でも釣れたらしいが、私は気配を感じられなかった。

本日の成績は4バイト、1フィッシュ、1バラシだった。 (^^;


貧釣果だったが、何はともあれ今シーズン初バスゲット出来て良かったねと思われた方、
是非応援のポチおねがいします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ

にほんブログ村

  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


関東バスの聖地・亀山湖

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


ずっと憧れていたバス釣りの聖地・亀山湖へ会社の同僚と行ってきた。

私の家から、たっぷり1時間半掛かるし、高速代も馬鹿にならないが、どうしても行ってみたかったのだ。

もっといい季節に行きたかったのが本音だけど、多分釣れるだろう、いやランカーが来ると信じて乗り込んだ。 笑

マイボートの持ち込みは出来ないので、やっと修理が完了したエレキを持ち込んでの釣行だ。

選んだボート屋は”のむらボートハウス”。

20101026170607
亀山湖のど真ん中に位置し、ロケーションが良いと思ったからだ。

行ってみると中々愛想のいい店主があれやこれや教えてくれた。

とっても好印象だった。

中には、不親切で無愛想な店主のいるボート屋もあると聞いているので、選ぶ際はなるべく人づてに良いと聞いた店を選ぶのがいいだろう。

早速、荷物をカートへ積み込んで、桟橋へ。

20101026170422
この電動カートが、何かと便利。

2人分の荷物を1回で楽々と運べるのが嬉しい。

駐車場から桟橋まで結構あるし、坂がキツイので重宝する。

ロッドも8本くらいまで積めるから言うことなし。 (^-^

さて、ようやくボートの準備が出来たので、6時半に出船した。

20101026170521
先ずは、じいさんワンドへ入る。

夏場だったら涎が出そうなほどオイシイ、カバーやシャドーが豊富にあるが、全く反応なし。

しょうがないので、ボートハウスの対岸の岩盤エリア・亀山城下でダウンショットを落とし込む。

20101026090537
ここはとっても水深がある。

8m以上あるのは間違いない。

なので、通常使ってるシンカーではボトムが取れないので、もう一個追加して2個玉とした。 笑

岩がえぐれて変化してるところへ落とすと、フォール中にバイト。

20101026072457
すぐアワセて、引き上げてみると、28cmの小型が釣れた。

7時24分、まずはボウズ逃れが出来た。

その14分後、別な岩盤沿いにダウンショットを落としていると、また妙な感触があった。

少し竿を煽って巻いてやると、今度は明確なバイトを感じ、アワセた。

これもフォール中に食ってきた。

20101026073858
引きが弱いから、やっぱり20cmのコバッチュだった。

まぁ、釣れないよりマシという感じ。

その後、ランカーが釣れるという”つぼりと”へ移動したが、不発。

その先の小櫃川方面へ進んだ小さいワンドで何気なくキャストしたテキサスに反応、アワセるとそれなりの引きを感じて上がってきたのが、これだ。

20101026085302
32cmだったが、ランカーには遠く及ばない。 (^^;

カバー以外でテキサスで釣れたのは初めて。

これもフォール中に食ってきたパターン。

今の時期は中層でサスペンドしてる感じだった。

今回使ったモジャモジャがいいアピール効果があったのかもしれない。

20101026090414
その後、さらに奥へ進むと、菱藻と流木が一面に浮かぶワンドへ行き着いた。

ここでは、ボイルが起きていたし、40cm級のバスが群れをなして泳いでるのが見えたので何としてでも獲りたいと懸命にクランク、ジャークベイトを投げ倒すも、ショートバイトが1回あっただけ。

もう少し、トップのルアーを多く投げれば良かったと後で後悔したが、それこそ後の祭り。

このワンドで釣れると信じて、かなり粘ったのが失敗して、時間を相当ロスしてしまった。

亀山湖はとても広いので、とてもじゃないが、一日で全部回るのは無理。

kameyama_Pmap1
テンポ良く釣れる魚だけをターゲットにして探す釣りのスタイルの方が良かったと思う。

ボート屋の店主が言うとおり、バスはあちこちに散ってる感じがした。

中層がメインだけど、シャローならボトムだし、ベイトが豊富なら表層も狙えるし、カバーにだっている感じだった。

個人的な感想はとにかくカバーが多いので、夏場の釣りがホントに楽しいだろうと思った。

それにしても、深いところは8から10mはあるので、なかなか攻めにくく少し戸惑ったのは確かだ。

同行した同僚は凸ってしまった。

私の成績は4バイト、3フィッシュ、0バラシだった。
  1. [ edit ]
  2. 亀山湖
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。