• 2017_08
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_10

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

家族で渓流釣り初体験

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 7月23日 三依渓流つり場 釣行記 特別編>>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  45回目
天気 晴れ時々曇り
風  微風 1m/s ~ 2m/s
釣行時時間  10時 ~ 13時 3時間
気温  27℃  / 表層水温 不明


近場で1泊の家族旅行ということで鬼怒川温泉へ行くことになった。

せっかく、奥深い山へ行くので渓流魚を食べるというのを主目的に釣りをアクティビティに加えてみた。

家族全員で渓流へ行くのは初だし、私以外は釣りの経験なんて殆ど無い。

息子と娘は子供の時に海釣りで堤防へ連れて行った事がある程度。

カミさんに至っては生まれてこのかた釣りなんてした事が無いというありさま。

なので渓流といってもネイティブではなく、渓流を石で区切った区画で釣るという管理釣り場を選んだ。

場所は日光・鬼怒川温泉の北に位置する三依渓谷の三依渓流つり場。

20130723_134349.jpg

管理釣り場とはいえルアーでは簡単に釣れるとは思えなかった。

なので3本はルアーロッドを用意したが、安全策として1本は餌釣り竿を借りて餌釣りとした。

ここの釣り場は川幅が3~5mくらいで最大水深1.5mほどのクリアーな渓流を60区画以上細かく区切ってあり、場所を指定して放流してもらって釣るというスタイル。

一人づつの釣る区画場所を決めたら、そこへ放流してくれる。

食堂を兼ねている受付で一人2500円を支払い釣り区間と放流魚を選べば受付終了。

20130723_134603.jpg
餌釣りの場合は貸し竿200円と餌(イクラ)500円を購入すればいい。

イクラはレインボーでぶどう虫はイワナとヤマメと相性がいいらしい。

カミさんは虫が苦手なので、イクラしか選択肢がない。笑

20130723_120125.jpg
放流魚はマス6尾、イワナ5尾、ヤマメ5尾の中から魚群を選ぶことになっている。

餌釣りの餌はイクラを選択、これならマスがいいということで、マス6尾を餌用にして、あとのルアー釣り用にはイワナとマスを適当に混ぜてもらった。

釣りの経験が殆ど無いに等しい家族に一通り釣り方を教えた。

カミさんには餌釣りを教えたが私にも経験が無い。

餌の付け方とテンションを掛けずに浮きを流れにまかせて流し、浮きが沈んだらアワセるという適当なもの。

放流する前でも魚は居るはずだが全く見えないほど魚影が薄い。

早速、放流が行われたが、石の裏に隠れてしまったようで中々に難しい。

それでも餌釣りは放流してから10分過ぎると魚が落ち着いたようで、入れ食いになってきた。

カミさんを始め、ルアーに飽きた娘や息子、それに私まで参加して全員で釣り上げた。

20130723_120617.jpg
最低限の食べる分マス5尾は確保できたので、あとはイワナをルアーで釣り上げればいい。

が、チェイスあれどバイトなし。

つぶアンなど今季管釣りで活躍したクランクやミノー、スプーンを動員して攻めてみたが、2バイト、0フィッシュで終わってしまった。 _| ̄|○

敗因は魚影が薄いことと人の気配を殺せなかったことにあると思われる。

ネイティブに近い環境は難しい。

ここは渓流魚を餌釣りでゲットして美味しく頂く事を目的とした方がいいようだ。

20130723_134712.jpg
なので家族連れにとっても向いていると言えそう。

本日の成績は家族全員で餌釣り(イクラ)でレインボー5尾だった。


釣れた魚は100円で調理してくれます。
から揚げと塩焼きにして食べましたが、絶品でした。
レインボーなのに身が赤く鮭のようで大変美味しかったです。
是非家族でお出かけの際は簡単に釣れる餌釣りで美味しい魚を御賞味下さい。
皆がハッピーになれますよ。
一度は行ってみたい思われ方、是非下記ののバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村  
  1. [ edit ]
  2. 渓流
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


渓流初心者

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


1年ぶりに渓流へ泊りがけで行って来た。

しかも、川べりでテントを張るという実にサバイバルなキャンプをしてきた。

20100803キャンプ
ダムが上流に無い事を確認の上、雨が降ったら即撤収を肝に銘じていた。

雨で川が増水して、流されたら命の保証はないからね。

さて、私としてはフライもやってる以上、管理釣り場だけでなく、実際の渓流で釣ってみたいと思うのは当然の心理。

去年は、仙台の知人に誘われて、仙台郊外の渓流へチャレンジしたが、この時はルアーで惨敗。

今年も同じ知人と中間地点のいわき・鮫川水系へ。

初日は鮫川本流を試すものの、雨のせいかどうか知らないが、本流はえらく水が濁っていて、反応無し。

クルマで上流、上流と遡って行くも、濁りは取れず、水量も大目だった。

結局、釣りをするより、車で移動のほうが長かったくらい。

翌日になっても濁りは取れず、本流を諦め、支流の入遠野川へ移動。

下流は鮎釣り場となっていたので、そこはパスして、上流のダム上付近から入渓。

それでも、水は清流とは言えず、少し濁りが入っていて、これがいつもと同じかどうか分からないが、反応は薄く、私はとうとう一度もアタリが無かった。

20100804入遠野川
同行者はテンカラを駆使して、ヤマメ2尾をゲット。

但し、10cm前後のオチビちゃんなので、そのままリリースした。

魚影が薄く、活性が低かったとは思うが、私のフライのキャスティング技術がまだまだだったみたいで、これでは釣果が望めなくても仕方ない。

魚のいるポイントの把握も甘かったし、そこへきっちりフライを落とし込むのもなかなかうまくいかなかった。

なにより、自分のキャストしたフライの行方すら、追えなくて見失っていてばかりだった。

2010年8月4日入遠野川
止水の管理釣り場しか知らないので、自然のフィールドで釣るというのは本当に難しいということを思い知った。

だからこそ、釣れた時の喜びはカンツリの比じゃないってことなんだね、多分。

とはいえ、渓流釣りの雰囲気は堪能したし、川べりでキャンプをして知人と語り合い、温泉(鉱泉)も入って楽しんだ。

知人が昼で上がるというので、11時頃納竿とした。

沢から出て、インターへ向かう途中、管理釣り場の看板を見つけたので、どうしても覗いてみたくなった。

2~3年前に出来たばかりの”遠野フィッシングパーク”という所だった。

20100804管理釣り場
渓流では丸っきりのボウズだったので、どうしても釣ってみたくなって、2時間1500円で釣ることにした。

人のいい知人は時間が許す限り、途中まで見学という事で、付き合ってくれた。

池はクリアーだから、魚が丸見え、虹マス、ヤマメ、イワナが放流されているが、沢から引いている流れ込みに集中しちゃってる状況だった。

どうしてもそこを狙う釣りになってしまった。

ルアーは表層狙いのミノーしか反応せず、アタリはあるものの、なかなかフッキングできない。

やっとガツンと来たかと思えば、なんとラインがアワセ切れでガッカリ。

結局、ドライフライで頑張って5尾釣ったに留まった。

20100804本日の釣果
フライを変えても、ドンドン反応が鈍くなっていき、最後はどうやっても喰わない状況だった。

ニンフ・マラブーも試してみたけど完全に空振りだった。

気温は30℃を超えていたし、水温も相当に高いと思って、実際に測ってみると22℃もあった。

これじゃぁ、釣れるはずがないよねぇ。

帰り際に、オーナーにその辺を訊ねてみると、オープン以来初めての猛暑の夏に苦労されてるようだ。

既に毎日何尾も死んじゃって、魚たちが、この夏を越せるか心配していた。

昨年まではここまでじゃなかったと嘆いていた。

偶然、鮫川漁協の監視員の方が管理棟にいらっしゃったので、この辺のポイントを伺うと、やっぱり入遠野川が良いとの事。

しかも、我々が釣っていた区間より上の県道20号線沿いならどこまで上へ行っても釣れると言っていた。

車も停めやすいし、お勧めのポイントらしい。

時期も訪ねたが、解禁日から8月いっぱいならいつでもいいと言って言葉を濁された感じがした。

聞けばこの管理釣り場の隣に住んでる方で、游魚券は来てくれればいつでも売りますとのこと。

5月くらいまでなら、年券もあるそうで、それを過ぎると売り切れちゃうらしい。

来年は4月初めに単独釣行かな、なんだか闘志がメラメラ燃えてきた。 笑
  1. [ edit ]
  2. 渓流
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。