• 2008_12
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2009_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

シーズン開幕の先駆け

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<<  3月18日 レイク・ウィルソン 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 1回目
天候 曇り時々晴れ  微風 0m/sから2m/s
釣行時間 7時 ~ 14時  7時間
気温 16℃~28℃  / 水温 21.8℃


家庭の事情とは家族揃っての海外旅行だったのだが、今回はハワイ島へ行ってきた。

帰りにオアフ島に2泊したので、またオアフ島のピーコックバスガイドフィッシングの千野さんにお世話になってきた。

釣りに全く興味の無い息子を誘ってのバスフィッシング。

ハマルはずは無いだろうが、親父が夢中になっているものも体験して理解してもらいたかったというのが誘った本音だった。

朝、6時にホテルに迎えに来ていただいて、ワヒアワ州立フィッシングパークには7時ちょっと前に到着。

以前は6時30分過ぎに開いていたゲートだったが、最近はルール通り、7時きっかりの開門となってるとの事。

20140319_014513.jpg
ゲートオープンを待つ前にタックル準備を済ませる。

原則、このバスフィッシングガイドにはルアー込みでタックルはスピニングとベイトが5本づつくらいレンタルできる。

が、それでも私は自分好みのルアー各種を持ち込んでいた。

なんせ2回目の利用なので、大体の要領は分かっていた。

いよいよボートランチングして、出船である。

20140319_020208.jpg
ちょっと肌寒いウィルソン湖をダムサイト下流へ向かってボートは疾走する。

20140319_021232.jpg
風が冷たくスタート当初はボイルも見当たらなかった。

とりあえず、ダムサイト脇の湖岸をK1ミノーを使ってジャーキング。

ピーコックバスが狙いなので、どんな状況であれスローな展開では絶対に釣れないと散々言われていた。

ブラックバスと違って、ピーコックバスは生きた魚しか食べないので、高速で逃げ回るベイトフィッシュを演出しないと本当に釣れない事を身を持って私は体験している。

遅いと直ぐ見切られるし、そもそもピーコックバスの食性を刺激しないようだ。

その内、沖合いで朝マズメのボイルが始まった。

千野さんがスーッとボートをさりげなくボイル場所へ絶妙の距離感を取って寄せていく。

さぁー、ボイル狩りの始まりだー!

朝一から使ってるK1ミノーを継続使用。

20140323_074745.jpg
高速リトリーブでジャークを2回連続で時折入れるというアクションだったが、その内ジャークを連続で入れながらのリトリーブがいいとアドバイスを受けて変更。

変更したその3投目、ガツっと強力なバイト。

高速に巻いているので、充分乗ってるはずだが、さらに追いアワセをかます。

ググっといい生命感を感じる。

バレるのが怖かったが、水面下で逃げ回るピーコックバスを見て安心。

結構ガッツリ掛かっている。

8時12分、この日最初のピーコックバスを仕留めた!!

20140319_031220.jpg
35cmと小ぶりだが、引きは強烈だった。

中々、次が出ないので、ルアーチェンジ。

今度はバンクシャッドを投入。

20140323_074809.jpg
K1ミノーよりややレンジが深い。

シャッドは高速リトリーブかジャークを時折大きく入れるかとの事だったので、まずは高速リトリーブで試してみる。

いいタイミングでボイルした場所へバンクシャッドの軌道が差し掛かったその瞬間、再びゴンッとバイト。

中々のファイターで引きを楽しませてくれる。

さっきより引きが弱いと思って、寄せてきたら、若干サイズダウン。

8時24分、今度は30cmのピーコックバスだった。

20140319_032459.jpg
段々面白くなってきた。

色々試す方がいいだろうと今度はプロップベイトを取り出す。

ステルスペッパー55Sだ。

20140323_074822.jpg
千野さんいわく、ボイル時に有効な唯一スロー&ただ巻き出来るルアーとの事。

前後にあるプロペラの水押し効果らしいが、私は半信半疑だった。

本当にスローで釣れるのか。

しつこくボイル周辺をスロー引きで通していく。

よく動きを観察してると分かるが、早く巻いたりアクションさせるとルアーのバランスが崩れてしまうので、これは当然の帰結なようだが、果たしてそれで食うのか。

なんて、思っていたその矢先、今度はグッと根掛かった様なアタリ。

水深5~6mあり湖の真ん中で根掛かりはあり得ない。

スロー巻きなので、バイトは重くなる感じになった模様。

すかさずアワセを入れて、応戦。

ちょっと深く潜られて苦労したが、こっちも必死で応戦する。

2度ほど巻いては逃げるを繰り返した後、やっと観念して寄ってきた。

8時40分、3尾目の水揚げに成功!

1尾目とほぼ同じの35cmだった。

20140319_034039.jpg
引きは一番あったので、40UPを期待したのだが・・・・・。

一方、息子の方は苦戦中。

私が持参したOSPのマイラーミノーではなく、千野さんお勧めのボイル時に有効という小型バイブレーション使用。

カウント3から4で沈めた後、高速リトリーブがいいらしいが、中々当たらない。

経験が殆ど無いので、ボイル場所に適切にキャストできないし、ルアーの泳ぎをイメージして巻けないので、機械的に言われたとおりやってるのでは、やはりキツイ。

入れ食いという程ではないので、経験の浅い人にはタフとなっているようだ。

それでも、8時30分頃、バイトしてきて、一瞬乗ったのだが、今度はアワセが上手くできず、ロッドワークに問題があって、バラしてしまった。

千野さんがナイスな指導してくれていたお陰で私は自分の釣りに集中出来ていた。

その後、潮が引くようにボイルが激減。

9時を回るとボイル狩りはほぼ終了となった。

途中から小型シャッドをひたすら巻いていた息子がアッと声を出す。

どうやらヒットした模様。

すかさず、千野さんや私のアワセろの声が飛ぶ。

スルスルと巻けばそのまま付いてくる感じだったので、どんな魚かと思っていると、25cmくらいの小型ピーコックバスだった。

20140319_040102.jpg
やっと釣れたって感じで、私もホッとした。

ただ巻きをしてる内にバイトして勝手に釣れちゃった感じだったので、本人も釣った感ゼロだねと苦笑していた。

開始2時間で3尾なら首尾は上々、今日は大漁と思いきや、その後は反応途絶え、本当にキビシイ展開となった。

場所移動してる時にハプニングが起きた。

湖岸の民家で犬に追われてる野豚がいた。

散々逃げ回った挙句、意を決して湖に飛び込んだ。

20140319_045935.jpg
20140319_050037.jpg
犬掻きならぬ豚掻きで犬からの猛迫を逃れるように対岸へ泳いでいく。

黒いので、もしかしたらイノブタだったかも。

野生の豚が犬に追われる事なんて、極めて珍しいと千野さんも仰ってました。

これも自然で釣りをしてるからこその珍百景に出会えたのかもしれない。

10時くらいからオープンウォーターではなく、カバー周りの釣りに切り替わる。

ピーコックバスもブラックバス同様、物陰に隠れて小魚が通り過ぎると猛然と襲い掛かるらしい。

オーバーハングは殆ど無いが倒木などのストラクチャーが多いので、ルアーをマイラーミノーのオフセットジグヘッドへチェンジ。

タイトに落として、ジャークしながら巻くを繰り返す。

11時くらいにとある倒木の間にピーコックバスが居るのを千野さんが発見。

タイトに落としてジャーキング。

するとその動きに沈木の影に隠れていたヤツが狂ったように襲い掛かってきた。

ヒラを打つ動きにバイトしようとする姿は見てるこっちまでが大興奮。

バイトはしたものの乗らず結局獲れなかった。

それでも2~3回フォローを入れるとチェイスはして来たのだが、最初ほどではなくスレて見切られていた。

時間を置いて入り直したが、ついぞ取れずじまい。

逃がした魚はデカイというが、本当に大きかった。

40UPは間違いなかっただろう。

ヘタをしたら45UP!? 笑

ジャークのやり過ぎに腕も手首も疲れてしまって、今度はブラックバス狙いのジグヘッドワッキーでゆっくり攻める。

いきなりバイトがあったものの、乗らずじまい。

その後は反応なくなったので、今度はクランクを投入。

20140323_074831.jpg
ブリッツを巻いていると水中ストラクチャー付近でバイトあり。

グーッと重くなる感じのバイトでヒットした。

この感じはブラックバスに間違いないだろうと巻いていく内にフッと軽くなり、バレた。_| ̄|○

お昼を過ぎるとさらに状況は悪くなり、釣れる気がしなくなってきた。

何気なく後方を振り返ると案の定、息子はダウン。

20140319_083815.jpg
夢の世界に居た。笑

まぁ、仕方のないことだろう。

納竿の14時過ぎまで、カバー周りをマイラーミノーで攻め続けたが、小型のチェイスはあるもののついぞバイトは無かった。

調子がいいと、13時くらいにもう1回ボイルが発生するのだが、この日はとうとうないまま、納竿を迎えてしまった。

20140319_092407.jpg
片手くらいの釣果があると思っていただけに、ちょっと残念。

それにブラックバスがゼロだったのも口惜しい。


本日の成績は6バイト、3フィッシュ、1バラシだった。


今季通算3号
スモールマウス 0尾、ラージマウス 0尾、ピーコックバス 3尾
今季最大魚 35cm ピーコックバス レイクウィルソン/ハワイ


通常のバス釣りとは全く違うピーコックバスの釣り。
巻き倒すという釣りも中々に楽しいものです。
興味を持たれた方は前回の釣行記をご覧ください。
千野さんのハワイピーコックバスフィッシングガイドのHPへのリンクを掲載しています。
ブラックバスではないですが、このピーコックが釣れたのをきっかけに今季バス釣りの開幕としたいです。
今季バス釣りも頑張ってと下記のバナーをポチットクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. ハワイ・バス釣り
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:14
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


ギリギリ滑り込みでシーズン終了!!

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


<<<< 11月29日 ハワイ・ウィルソン湖 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季バス釣行回数 52回目
天候 曇り   釣行時間6時50分 ~ 14時20分 7時間30分  
気温 16℃~22℃  / 水温 推定20℃ 


あと2匹で100匹の大台まで迫ったところで足踏み状態だった今季のバス釣り。

オアフ島でのピーコックバス釣りガイドに賭けてみることにした。

今回、お世話になったのはハワイ在住20年の千野さんという日本人の方で、この地でピーコックバスに魅せられてプロ釣りガイドを始めて13年のベテランの方だ。

このガイドは5時45分にホテルまで迎えに来てくれる所から始まる。

私を乗せて、未明のフリーウェイ(H1からH2)をバストレーラーを引っ張って重厚なトヨタのタンドラが疾走していく。

目的地はH2終点の町・ワヒアワタウンのフレッシュウォーターパーク。

20121129wahiawamap.jpg
灌漑目的のダムがあり、その名はウィルソン湖。

ダム湖の所有はドール社らしいが、州立公園になっていて遊魚料や公園の管理はハワイ州が行っている。

そしてラージマウスバスを教育の一環で付近の小学校で孵化させ養殖した上、放流してるらしい。

なので、最近急速にラージが良く釣れる様になったと千野さんがおっしゃっていた。

まだ暗いうちに見事なトレーラー捌きでバスボートをランチングさせていく。

20121130_014005.jpg
20121130_014141.jpg
タックルはルアー以外は全てレンタル可能でスピニング5本、ベイト5本づつある。

詳細は彼のHPを参照下さい。---> ピーコックバスガイドサービスハワイ

ここはワイキキエリアより標高が高く気温が2度ほど低く、この時間は16℃とかなり寒い。

上着がないと寒くて釣りにならない。

6時50分、出船。

20121130_014439.jpg
20121130_022948.jpg
上流部には一切目もくれず、ダムサイトの下流へ向かう。

あちこちにバスは居るそうだが、魚影が一番濃いのはダムサイトとのことで、さすが13年の経験がモノをいうと感心した。

20121130_043413.jpg
しかし、ダムといっても日本のようにコンクリート製ではなく、上記写真中央に見えるように、土で出来た土手のような物がダムと聞いてビックリした。

ダム周辺へ来てみると、朝一でボイルが発生してる所が多数あり。

ブラックバスと違ってピーコックバスは生きている魚しか捕食しないので、スローな釣りは全く通用しない。

ひたすらトップかミノーでドッグウォークさせて巻くしか釣る方法がない。

ミノーは大きいのはイマイチでベイトに合わせて小ぶりなモノをトゥィッチというよりジャークの速い動きで誘う。

最初はボイルトリガーにてトップで狙い続けるも出ないので、今度はK1ミノーへ切り替える。

ひたすら速くジャークさせてリアクションバイトを誘うが、中々反応がない。

ピーコックはベイトフィッシュを下から食い上げてくるか岸際へ追い詰めて捕食してるそうなので、岸際は一旦、ルアーを岸へ落としてから水中へ入れるアクションも有効だと教わる。

そんな中で、7時45分、唐突にバイトがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ベイトを捕食してそうな岸際へK1ミノーを落としてスラックを巻いて最初のジャークを入れた次の瞬間、根掛かった様な感触があったかと思うと大きな生命反応を感じた。

巻き始めると相当な引き。

かなりデカそうな魚体はピーコックバスでは無さそう。 (^^;

バシャバシャと水面で暴れながらも上がってきたのは、42cmのラージマウスバスだった。 (*^0゚)v

20121130_024509.jpg
いやぁー釣れました。 涙

これで今季通算99匹となり、あと1匹で大台となる。

なんとしても釣りたい。

千野さんも私の事情を知ってるので是非次をとボイルしてる所をドンドン案内してくれる。

その内の1つに今度もK1ミノーをキャストして、ジャークを2度かました次の瞬間、ゴンと強烈なアタリ。

巻き始めるとフッと抵抗がなくなったので、バラしたと思ったが引き手方向へ泳いだだけのことで、その直後に物凄い引きを感じた。

これはまたデカイと期待したが、残念ながら上げてみると30cmでそれほどでもなかった。

20121130_030348.jpg
20121130_030448.jpg
8時3分、しかしながら人生初のピーコックバスを釣り上げることができた。 (*^0゚)v

今季100匹目がピーコックバスとは何とメモリアルなことではないか。

トラウトフィッシングでもそうだが、速くリトリーブしてると向こうアワセで掛かってくるし、アタリが強烈でこの感触はカバーでのスローな釣りとは全く違う。

この調子でもっと出るかと思われたが、天気は曇ったままで気温も上がらず、その内ボイルもなくなって反応が急速に遠のく。

20121130_061408.jpg
カバーもあるが、決してヘビーではなく倒木のストラクチャー絡みが多い。

ジャークで疲れたので、ラージ狙いでカバーへクランクやネコリグなどを投入してみるが、反応がないまま。

11時頃、冷やかしで付き合ってくれた義弟をスロープで降ろし、後半戦の開始。

20121130_023003.jpg
左がガイドの千野さん、右は付き合ってくれた義弟。

お昼を過ぎるとまたボイルが発生し始める。

岬の先端付近で発生した所へボイルトリガーを投入して誘っていると、バシャッとデカイピーコックが水面へ出て来たのだが、残念ながら乗らなかった。

ミノーでフォローを入れるも獲れずじまい。 _| ̄|○

ここで作戦変更、ジャッカルのジャズフィッシュ3インチをノーシンカーでドッグウォークさせる。

これは軽いのでジャークすると水面から飛び出してくるので出来ない。

岸際をチョンチョン操作してると子バスが反応してくる。

バイトが2~3回あるも乗らずじまい。

終了間際、似たようなシチュエーションで、ついに食ってきた。

20121130_090616.jpg
が、どうにも小さい魚でギルかと思ったら、シクリット科の魚でこれで成魚だそうだ。

14時6分、久し振りに獲れた魚は外道だった。

そしてついに、14時20分過ぎ、タイムアップとなりハワイでのバス釣りは終了した。

20121130_063650.jpg
20121130_093332.jpg
本日の成績は7時間30分で6バイト、2フィッシュ(1ピーコック、1ラージマウス)、0バラシだった。

釣果的にはちょっと物足りなかったが、今の季節では平均的な釣果だと思う。

それにしても、こんだけ1日巻き倒す事は過去になく、ゴーンと来るアタリの大きさは新鮮で忘れがたいものがあった。

もうちょっといい季節にまたトライしたい気持ちを残しつつウィルソン湖を後にした。

千野さんのガイドサービスの釣果情報のブログはこちらまで ---> http://ameblo.jp/ocellaris/

他にもキャットフィッシュやスモールマウスバスもいるが、数は少ないしピーコックバスの釣り方では出るのは稀だろう。

20121130_093542.jpg
千野さんいわくまだまだラージよりピーコックの方が多いからピーコック狙いで釣る方が賢明らしい。

でも来年くらいは逆転するかもね。

そうはいっても、ピーコック狙いの釣りスタイルは面白かった。

すっかり虜にされた感があるね。 笑


ピーコックバスはバスじゃないといえばそうですが、この際バス扱いで100匹達成とさせて頂きます。
色々ありましたが、心おきなく今季これにてバス釣りはシーズン終了となります。
色々応援して頂いてありがとうございます。
3桁達成おめでとうと下記のバナーをクリックして頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. ハワイ・バス釣り
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


ハワイ遠征

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


ハワイ遠征とは聞こえがいいが、実はゴルフ三昧の旅のついでだった。

3日で5ラウンドという、ゴルフバカを発揮した旅行だったのだが、同行した義弟の都合で1日空く事が事前に分っていた。

なので、ピーコックバスで有名なウィルソン湖でバス釣りに挑戦しようと計画した次第。

仕舞い寸法50cmの振出しバスロッドをネットで購入して、釣行に備えた。

20100626振出バスロッド
これは”PRIMEGATE 5105TLFS”という製品で実勢価格1万円弱の優れもの。

飛行機で移動する際の旅行に、大きなロッドケースが不要になるメリットがある。

機内持ち込みのバッグに入る大きさというのは嬉しい。

ルアーも限定、ミノーとスモラバ、トレーラーとして各種ワームを数種類を用意。

シャローをミノーでファーストリトリーブ、ボトムをスローで攻める予定だった。

場所はフリーウェイH2の終点あたりのミリラニタウン奥のダムによる人造湖。

20100616ウィルソン湖
ここに南米原産のピーコックバス、そしてラージマウスバス、スモールバスなどが生息しており、釣れると聞き、トライする気になったのだ。

実は日本人の千野さんが現地で展開するフィッシングガイドがあってかなり有名なのだが、今回ゴルフがメインのため、そのガイド費用(1艇300ドル)が捻出できず、オカッパリとなった。

まぁ、1艇の値段なので2人で参加することが出来れば、150ドルとなってリーズナブル。

が、やっぱり1人で300ドルはキツイ。

ちなみに、旅行に同行した義弟は釣りには全く興味がなく、付き合うことすら期待できなかったし、スケジュール的にも不可だった。

初めて行くので、どこでオカッパリしていいか、全く分らず、クルマであちこちをウロウロ。

この辺だと目星を付けたところに公園を発見。

中を進んでいくとボートをランチングする場所があった。

ボートランプ
ここがワヒアワ淡水釣り公園とは後で知った。

既に何人もオカッパリがいた。
20100616ウィルソン湖1

夏休みで高校生くらいのアングラーもいて、一番のポイントと思えるボートスロープあたりを陣取っていて、大賑わいだった。

でも、場所が広いので他にポイントがいっぱいあり、場所選びに苦労はしなかった。

静かで鳥の声が聞こえ、自然豊かな所での釣りは素晴しかったが、結論から言うとボウズで、チェイスやアタリすらなかった。

20100616ウィルソン湖2
水質はステイン、ベイトは多いし、魚の気配は感じられたものの、完全に空振り。

私以外の釣り人が釣ったのも目撃してないので、さして口惜しくはない。←本当か?

今回はあくまで様子見ということで、自分を慰めたのは言うまでも無い。

ちなみに産卵直後のこの時期はあまり、ピーコックバスは釣れないそうだ。

しかも、魚類しか食べないピーコックバスは、ワームの釣りでは絶対に釣れないそうだ。

ウィルソン湖での釣行記は千野さんのブログがあるので参考にされたし。

ハワイのバスフィッシングガイドサービス → http://ameblo.jp/ocellaris/

また、ウィルソン湖での釣りやフィッシングガイドについての情報や予約については、千野さんのHPがあるのでそっちも参考にしてください。

プロフェッショナルガイドサービス → http://www.outdoor-quest.com/

一番釣果が安定して釣れるのは9月から10月にかけてだそうだ。

その頃に行って、ガイドしてもらいたいけど、釣りだけの為にハワイへ行くことはないだろうな。
  1. [ edit ]
  2. ハワイ・バス釣り
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:1

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

12 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。