• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

楽あれば苦ありの3時間

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 3月12日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  40回目
天気 晴れ
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 15時 ~ 18時 3時間
気温 16℃~14℃
水中水温(水深1m)13℃

*******************************************************************************************************
色々と家庭(家族旅行)の事情があり、釣行記のUPが1週間以上遅れてしまった。(^^;

遅れれば遅れるほど情報としては役に立たないとは思いつつ、自分の備忘録としての記録保持が目的なので御了承頂きたい。
*******************************************************************************************************

3月11日に爆釣したので、また直ぐに釣りに行きたいと思うのが人情。

いろいろ用事があったのだが、何とか3時間という時間をひねり出すことが出来たので、近場のジョイバレーへ行ってみた。

気温が急激に上がったこの日、一抹の不安があったのは確かだが、そんなに気にしなくても大丈夫だろうと高をくくっていた。

釣り座は右サイド岬付近。

20140312_145100.jpg
最近の定番ポイントだ。


1.15時-16時30分 1時間30分 6尾 時速4尾

第1投は迷わず前日に活躍した、しかも拾ったノアJr0.9g蛍光グリーン。

ラインはもちろん2.5LBナイロンライン。

3~4投は空振りしたものの、5投目くらいでクンとアタリがあって、あっさり1尾キャッチ出来た。

20140312_150625.jpg
ラインだけが動くというアタリでないのが、不満だったがしょうがない。笑

が、この1回のアタリだけでその後全く反応無し。

穴の開くほどラインを見つめながら色んなスピード、カウントを取っての引き出しレンジを変えても答無し。

徐々にスプーンの重さを変え試すが、反応そのものが薄い。

そして、全てクンという突っつくようなアタリでしかない。

くわえ込んでこちらへ向かってくるようなアタリは殆ど感じられない。

これは苦戦すると早くもギブアップ宣言!? 笑

とりあえず、目先を変えクランクを投入。

何とか15時33分につぶアンFで1尾の追加は出来たが連荘できる状況ではなかった。

20140312_153339.jpg
これは今季、もう何回も経験している様々なルアーを投入して、ちょっとづつ釣れるというパターンに思えた。

が、このあともヒットできるルアーが見つからない。

30分苦しんだ後、癒しを求めてミニミニスティックを投入。

残念ながら爆発することもなく、1尾止まり。

20140312_160311.jpg
色々工夫すればもう少し獲れそうだったが、まだ頼りたくなく中断。

今度は0.9gより更に軽いスプーンで探っていく。

0.6gディックナイトで久々にヒットしたものの、ネット直前バラシに泣く。

その後、0.4gまで落として試していくがパッとしない。

もう1度、ノアJr0.9gを使ってみると、16時12分に再び1尾キャッチ出来た。

20140312_161231.jpg
どうやら、コイツで時間を空けると1尾や2尾は釣れるというそんな展開らしい。

他にそういうのを見つけることができればローテーションできると少しは今後の展開に明るい光が見えると思った。

これまでの感じでいくと魚が散っている感じがあって、でも食ってくるのは比較的表層にいる魚という印象があった。

スプーンで一通りチェックしていっても追加が叶わなかったので、今度はクランクでそういうレンジを探っていく。

すると、プチモカFで2連荘。

20140312_162157.jpg
これだー!って思わず叫んでしまったが、不思議にこれだけに留まる。_| ̄|○

色を変えても、似たようなレンジを他のクランクで通しても何の反応もない。

さすがに疲れてきた。

1時間30分が経過して6尾は何とか頑張ってる感じはあるものの、尻すぼみなので、今後の展開は暗過ぎた。


2.16時30分-18時 1時間30分 6尾 時速4尾

ここで、再び癒しタイムという事でトルネードを投入。

釣れるという楽しさを味わないとさびしすぎる。笑

まず、1尾は比較的簡単に釣れた。

20140312_163924.jpg
相変わらず、トルネードは強い。

が、毎回反応があるわけじゃない。

そして私の好きなグーッと重くなるようなアタリでもない。

カウント3くらいからの比較的早巻きで、かけあがり付近でコンッと当たってくるパターン。

半分くらいは掛からず、粘り強くやってればやっと掛かるという釣り。

釣れはするが工夫感は全くなく、飽きる。笑

30分で2尾という感じなので、釣れはするがずっとやっていくのはやめた。

とりあえず、癒されたので次はボトムチェック。

今日の感じでは無いと思っていたが、トルネードでかけ上がりで食ってきたのが気になった。

また、管理人のオジサンも比較的受付小屋に近いところではボトムでも食ってきますという言葉を思い出した。

私の居るところからは斜めキャストになるが、ダートランを投入。

このプラグでの練習は最後になるかも知れず、真剣モード。

20140312_171227.jpg
第1投でいきなりフォールでバイト。

ヒットするが、即バレ。

次からは着底後、様々な工夫を試みる。

バイトはあるものの中々ヒットには至らない。

しかし反応がある限りチャンスはあるはず。

すると、ついにフックアップ!

気持ちのいい展開にウキウキ気分で取り込もうとした矢先、ジャンプ1発でバラシ! ( ̄ロ ̄lll)

その後は完全に反応が消えてしまった。

諦めきれずにバベルゼロ、エグザ、ペレスプバンプ等でかけ上がりを念入りに探っていくが(>_<)。

しまいにはエアーとバベルゼロでのスイミング、スイミングからのフォール、巻きフォール等、試していくが反応無し。

自分的にはちょっと万策尽きた感じ。

頼みの綱のブチモカFもノアJrも沈黙のまま。

17時30分を回って、ここまで8尾。

残り30分で下手をしたら1桁なんてことにもなりかねない。

それは避けたい。

薄暗くなってきたので、夕マズメを期待したが、状況は変わらない。

しょうがないので、再びトルネードを登場させた。

17時30分から15分で3本キャッチ出来たので、10本を超えることが出来てホッとした。

20140312_172702.jpg
ならば、残り15分で再びルアーローテ勝負を挑む、

反応のあった、もしくは釣れたルアーを総動員していく。

すると、17時50分過ぎにやっとノアJr0.9gでキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

20140312_174237.jpg
取り込みまで上手くいって、結局これが上がりマスとなった。


3.総括

本日の成績は3時間で12フィッシュ、2バラシ。 時速4尾

この日はとにかく厳しく、トルネードに頼ってしまった。

まぁ、この姿勢・パターンを当分変えないつもり。

色々試しつつ厳しいときは癒しの時間も必要だと思っているからだ。

お金を払って釣りをしている以上、釣れる時間、そして釣る事そのものも大事なのでは。

別に言い訳してるつもりはないのだが・・・・・。

もっと大量に多種類を投入すれば、別な展開もあったかもしれないが、さすがに3時間釣行ではそこまで出来なかったのが実感としてある。

それにしても、前日のウォルトンとは全く異なる状況にただただ驚くばかりの釣行だった。


ルアー別釣果は下記の通り

トルネード・キャラメル  5尾
ノアjr0.9g蛍光グリーン  3尾
プチモカFクリアーグリーンラメ  2尾
つぶアンFライムグリーン  1尾
ミニミニスティック・ライムグリーン  1尾


*** 今シーズン通算 955尾 ***


自分の釣り方は変えてないのに、まるで釣果が変わってしまいました。
本当に釣りは奥深く、難しく、面白いと改めて感じました。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:10
スポンサーサイト

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


新たな課題

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 3月5日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  38回目
天気 曇り時々雨
風 微風 0m/s ~ 2m/s
釣行時時間 7時 ~ 12時 5時間
気温 6℃~7℃ / 表層水温 11.2℃ 水中水温(水深1m)12℃


本当はフィッシングエリアJへ行くつもりだったが、1日雨という予報を聞いて、気持ちが萎えた。

近場での5時間に切り替えてジョイバレーへ行ってみた。

20140305_064733.jpg
さすがにこんな日はお客が少ない。

10時頃までは私を含めて2人しか居なかった。

自分のラインシステムは4ポンドナイロン、4ポンドPE+4Bポンドフロロというシステムしか使ってこなかったので、今回はゅぅきさんの薦めもあって、2ポンドラインを1g以下のスプーンに試すつもりでいた。


1.7時-9時 2時間 5尾 時速2.5尾

たった一人の先行者が右サイドの岬に居たので、私は対岸のアウトレット付近へ入る。

20140305_065042.jpg
1g以下といいつつ、2ポンドラインの方で1.2gのチェイサーをキャスト。笑

キャストが上へ膨らみ過ぎて、着水後の糸ふけが出過ぎてしまい、ラインを張っている間にかすかな違和感。

フォールでのバイトに違いないので、魚がルアーを放さない前にソッコーでアワセて、1キャスト目でキャッチと幸先のいいスタートを切った。

20140305_065258.jpg
が、着水時のフォールで食った奴はレンジやスピードのヒントにはなりにくい。

比較的沖の表層がいいだろう程度。

案の定、次からいきなり詰まる。笑

1g前後のスプーンを色々とスピードとカウント1~4で巻き出しレンジを変えて試していくもピンと来ない。

順繰りで再びチェイサー1.2g別色でキャッチ出来たが、到底正解と言えない感じ。

20140305_072956.jpg
ここはジョイバレーなので、ハイバーストがいいだろうと軽い気持ちで選択。

0.8gの蛍光ピンクが当たった。

といっても、プチレベル。

20140305_083317.jpg
8時33分から5分で3本はちょっと釣れた感が出た。

2ポンドラインは実は昨年のウォルトンミーティングで早掛け3位じゃんけんで,ゅぅきさんより頂いたもの。

20140304_091158.jpg
いいタイミングで試せて好都合だった。

この日も細いラインだからこそ感じるアタリがあったように思う。

ただカラーラインではないので、殆どラインが見えないのはキツかった。

やりたくなかったが水に漬けたり、しゃがんでみたりしたけど、見えるタイミングは短く逆に自分にはストレスになってしまった。

ティップやロッドへの感触が全てだったので、精神を集中していたが、結構シンドイ。

今後の課題になりそう。


2.9時-11時 2時間 10尾 時速5尾

ハイバースト0.8g蛍光ピンクが良かったので、反応が遠のいた時点で次の手を考える。

色か動きか悩む。

同じハイバーストでも蛍光黄色には全くダメだったので、動きだろうと予測。

ウォブンロールする似たようなシェイプのfaces1.4gを投入した。

直ぐに2本がヒット、ローテでハイバーストへ戻すとさらに1本追加できた。

20140305_090029.jpg
何となく方向性が見出せそうになったので、ここでちょっと寄り道。笑

ミニミニスティック・ライムグリーンの登場。

5投くらいしたが反応なし。

かけ上がりで、ロッドをしゃくってフォールさせたらライン変化でアワセて1尾は獲ったがそれまでだった。

20140305_093014.jpg
それなら、トルネードはどうだろう。

反応はある。

2投に1回はショートバイトがあるが、乗らずに乗っても即バレを繰り返す。

でも、反応があるから面白くてついついやってしまった。笑

結局、2尾も釣ってしまった。

20140305_094129.jpg
まぁ、今日も基軸にはなるだろうが、2尾でやめとこう。

お次はクランク。

表層から50cm前後のスロー引きだろうと考えて、色々とやってるとつぶアンHFとミディアムクラピーでそれぞれ1尾追加出来た。

20140305_095040.jpg
20140305_102116.jpg
後は何を試してもイマイチなので、最初のハイバーストのパターンへ戻したが、レンジが変わったかスレたか、反応なし。

ハイバースト繋がりで2.4gでの早巻きで1本来たり、蛍光ピンク繋がりで、ワルキューレ1.2gで1本獲れたりしたが、傾向というより偶然の事故にちかいのでは・・・・。

20140305_105646.jpg
20140305_104151.jpg

3.11時-12時 1時間 2尾 時速2尾

実は10時過ぎにある御夫婦に声を掛けて頂いた。

先日のジョイバレーやウォルトンで偶然ご一緒だったと当ブログへコメントを頂いた、のんたんさん夫妻だった。

聞くと昨日はウォルトン、今日はジョイバレーと連日の釣り三昧だそうだ。笑

かなりの釣りxx夫婦ですな。 笑

この日も私が帰る直前にかなりデカイ、多分ドナルドソンを釣り上げたようで、益々ハマっていくんではなかろうか。

これからも、釣り場で会ったらまたよろしくお願いします。

さて、私のほうは、この時間になるとせっかく見つけたパターンは無くなったみたいで、どうしていいか迷う。

魚が散らばっていて、これはというパターンが見出せないまま。

対岸にいらっしゃった方が、かけ上がりにステイさせて、殆どロッドも動かさず、巻きもせずに定期的に釣ってる釣法が相当に目立っていた。

この間、ウォルトンで見た人と同じ釣り方ではないか。

ルアーは何だか分からないので、私はバベルやエグザ、NST等でチャレンジしてみたが、ダメだった。

まず、動かさないで待つということが出来ましぇ~ん。(T_T)

辛抱しきれずに動かしちゃうんで、結局反応もなく惨敗。

結局、スプーンの巻きに戻して再開。

新規に当たったのは鱒玄人1.2gで1本くらい。

20140305_111258.jpg
上がり間際にもう一度、ハイバースト0.8gで粘ってやっと1本キャッチしたのが、上がりマスとなった。

20140305_114411.jpg

4.総括

本日の成績は5時間で17フィッシュ、2バラシだった。 時速3.4尾

9時からの1時間でパターンを掴んだ気になったが、結局レンジが変わったのか、再現性がなくなって、再び闇に落ちてしまった感じ。

対岸の方のかけ上がりのステイの釣りが気になったので、受付のオジサンに聞いてみた。

すると、ペレスプのボトム用スプーンでバンプっていう奴でしょうと仰っていた。

なんでも常連さんで今日は巻きで釣れないからとこれを多用していたようですとの事。

魚達が池のボトムに産卵もしくはこぼれたイクラを食っている?習性から、イクラもどきが載っているペレスプは食いが良いらしい。

特にボトムへの放置プレイで食ってくるこのバンプはかなりの戦力になるらしい。

やってみたいと思うものの自分は持ってないし、あそこまで放置プレイできる我慢強さが自分にはないなぁ。


ルアー別釣果は下記の通り

ハイバースト0.8g蛍光ピンク  5尾
faces1.4gモスグリーン  2尾
トルネード・キャラメル  2尾
チェイサー1.2g蛍光黄色  1尾
チェイサー1.2gオレンジ/ダークブラウン  1尾
ミニミニスティック・ライムグリーン  1尾
つぶアンHFレモンイエロー/黒  1尾
ミディアムクラピー深緑  1尾
ハイバースト2.4gシルバー/青  1尾
ワルキューレ1.2g蛍光ピンク  1尾
鱒玄人1.2g白/ピンク   1尾


*** 今シーズン通算 878尾 ***


前回の時と水温は僅かに1℃上がっただけで、表層水温との差も1℃くらいしか差がなかったです。
トルネードが前回は当たったので、釣果はまんまその分だけの差が出たという感じです。
今回もずっと使い続けていれば、4~5尾は積み上げる事が出来たかもしれません。
それより、ペレスプ・バンプのボトムの釣りも是非覚えたいですね。
ステイさせ続ける忍耐力があればの話ですが・・・・。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:20

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


トルネードの真実

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月19日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  35回目
天気 晴れ
風 弱風 0m/s ~ 3m/s
釣行時時間 13時20分 ~ 18時20分 5時間
気温 9℃~4℃ / 表層水温 10.8℃~9.4℃ 水中水温(水深1m) 11℃~10℃


連休3日目は、釣りはしないつもりだった。

この日は娘の公立高校受験の合格発表と重なっていて合否にかかわらず何かと雑用があるとのことで、釣りは控えるようにとカミさんに釘をさされていたからだった。

朝はまず家族全員で発表を見に行った。

まるで自分のことの様にドキドキしてしまった。笑

お陰様で、娘は首尾よく合格することが出来た。 (*^0゚)v

結構、ボーダーライン上と言われ続けていて、かなり心配していただけに家族中で喜んでしまった。

合格だけ確認してカミさんは仕事へ行ってしまったので、後は私が娘の面倒を見ることになった。

案の定、中学と高校とを行き交って書類の提出などに時間を費やされた。

なんだかんだで、終わったのがお昼の12時。

娘に午後どうするかと聞くとのんびり家でテレビ三昧というので、私は家にいてもしょうがなくなった。

それなら、どうするか、釣りしかないでしょう!

というわけで、近場のジョイバレーに行ってみた。

20140219_131349.jpg

1.13時20分-14時20分 1時間 2尾 時速2尾

主だった所の釣り座は埋まっていたので、受付から見て左側の排水口付近に釣り座を構えた。

20140219_131617.jpg
成田空港に近いジョイバレーでは先週の雪はみぞれ及び雨だったようで、雪しろと言うより大量の雨水が池に流入して物凄い濁りが入ったらしい。

ようやくその濁りがとれつつあるという状況だった。

苦戦するのは必至だと覚悟した。

水面も静かだし棚は深そうとディープクラピーで探ると開始早々に1本は獲れるものの次が来ない。

20140219_132147.jpg
私にとっての定番のパニクラSRで1本追加出来たのは、その実に1時間後だった。

20140219_141217.jpg
その間じっと手をこまねいていたわけはなく、ボトムも含めて色んなレンジ、スピードでチェックしたのは言うまでもない。

予想通りの厳しさに次の展開に困った。


2.14時20分-15時20分 1時間 5尾 時速5尾

一向に答えが見えてこないので、今日の活性を占う感じでトルネードを投入。

2日続けて違うエリアで釣れているので、ここジョイバレーでもどんな感じか試してみたくなった。

すると、アッサリと釣れてしまった。

20140219_143152.jpg
特に考えるでもなく普通に巻いたら釣れるというイージーさだ。

2尾釣ったところで、あえてルアーチェンジ。

釣れる事が分かったから、もう少し工夫しつつ、トルネードとローテーションすることにした。

メガギル2.3gとミニスペック28MRSPでとりあえず隙間を埋めて、ギリギリ時速5尾をキープ。(^^;
20140219_143909.jpg
20140219_150033.jpg


3.15時20分-16時20分 1時間 5尾 時速5尾

トルネードと他のルアーでのローテーションを堅持。

安定して釣れるトルネードを軸に他に釣れるルアーを探すというパターンは続く。

確実に釣れるルアーがあると安心して探せるが、逆に言うと直ぐそれに頼りそうになる自分もいる。笑

むしろ、この自分との闘いの方がキビシイ。

この時間帯は懐かしの竹ミノー2.0gとプチモカFが隙間を埋めてくれた。
20140219_153745.jpg
20140219_154743.jpg


4.16時20分―17時20分  1時間 10尾 時速10尾

日が落ちて夕マズメになったようで、次第にポンドに活気が出て来た。

相変わらずトルネードには高反応だが、この反応にあやかろうと必死に他のルアーでの道を探す。

ここで昨日上手くできなかったトルネードの釣れるレンジに他のルアーを合わせていこうと考えた。

中層やや上を秒速1/2から3/4回転くらいを目安に引くようにした。

リンゴミディ1.5gの緑で何となく出来たのか、この時間4尾のキャッチに成功。

20140219_162044.jpg
無論、連続ではない。

つぶアンFとかパニクラSR、トルネードをローテしまくっての結果だ。
20140219_165043.jpg
20140219_171811.jpg


5.17時20分―18時20分  1時間 7尾 時速7尾

他のルアーでも釣れてくれるとトルネードに頼ってばっかりじゃなくていいので、気持ちが楽になってくる。

夢中でトルネード以外のパターンを追い求めていく。

結局、これはというのはなかったが、ローテーションさせることで、フレッシュなルアーと魚の目に映るのか、faces1.4g、スイッチバック1.2g、パニクラSRで釣れた。

20140219_172558.jpg
20140219_173747.jpg
20140219_175535.jpg
暗くなってからは、むしろトルネードが釣れなくなった。

安全パイと思ってキャストしたのに、これは意外だった。( ̄ロ ̄lll)

焦りまくった結果、この時間はなんと1本だけ。

20140219_175042.jpg
どうしようと考えた結果、活性の高い時はウォブルスイマーだろうと、1.5g金/赤スポット入りを投入。

納竿間際に3連荘とは嬉しい結果となって、気持ちよく終了の時間を迎えることが出来た。
20140219_180910.jpg


5.総括

本日の成績は5時間で29フィッシュ、6バラシだった。 時速5.8尾

3日続けて違うエリアでトルネードが当たるとは、驚きよりむしろ呆れているレベル。

もうこうなってくるとイージーに釣れるルアーをどれだけ抑えて、他のルアーでの釣果を上げていくが課題になってくる。

集計してみてビックリ。

もっとトルネードに頼っていた感が自分ではあったが、集計してみると結構他のルアーで健闘していた事が分かり、ちょっとホッとした。

まさにこれは自分との戦いだね。

こんな事が続くと釣りが一気につまらなくなるし、飽きてくる。

行くたんびに答えが違う、その答探しが面白くてカンツリ通いをしているわけだから、最初っから分かっちゃったら面白くないのは当然。

とはいえ、お金を出して釣りを楽しむ以上、悶絶もイヤと人間はかくも我儘なのか、我ながら笑っちゃう。


ルアー別釣果は下記の通り

トルネード・黒  7尾
リンゴミディ1.5g  4尾
パニクラSRウグイスカラー  3尾
ウォブルスイマー1.5g金/赤スポット  3尾
トルネード・赤  2尾
トルネード・キャラメル  2尾
ディープクラピー紺/クリアー黄色  1尾
メガギル2.3gメタルグリーン  1尾
ミニスペック28MRSPグリーンカモ  1尾
プチモカFグリーンラメ  1尾
竹ミノー2.0gモスグリーン  1尾
つぶアンFピンク  1尾
faces1.4gモスグリーン  1尾
スイッチバック1.2g蛍光黄  1尾


*** 今シーズン通算 822尾 ***


トルネードのカラーチェンジローテをすればいいとと答が分かってる中、それ以外の答を探すのが大変でした。
結局正解は分からずじまいでした。
管理人さん曰く、魚が散らばり水も濁ってハマリルアーがなかったのではとの事でした。
そんな時に集魚力があるのがトルネードらしいです。
今の時期にいいのはそのせいかもしれません。
本当に釣りは訳が分からない事だらけです。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:16

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


期待はずれの夕マズメ

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 2月5日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  30回目
天気 晴れ
風 強風 7m/s ~ 3m/s
釣行時時間 13時10分 ~ 18時10分 5時間
気温 3℃~2℃ / 表層水温 8.8℃


今週は変則休みで6日間出勤となってなんと8日ぶりの釣行となった。

夕マズメは夕マズメでもジョイバレーはどんなものかと気になったので行ってみた。

20140205_125826.jpg
前日降った雪がまだ残ってる感じがいかにも寒そう。

実際、この日は最高気温が4℃くらいまでしか上がらなかった。


1.13時10分-14時10分 5尾 時速5尾

朝一ではないので、いつも入る場所は全て先行者がいた。

しょうがないので、受付事務所から見て右サイドの岬のちょっと手前に入った。

20140205_130114.jpg
この所調子がいいリンゴミディからチェックしていくことにした。

レンジが分からないので表層から巻きスピードを変えながらカウントダウンを併用して探っていく。

反応があったのは、結局中層で1.5gの黒で普通に巻いている時だった。

20140205_132109.jpg
2本獲ったので、スレる前にバベルゼロ0.4g枝豆カラーで縦でもやってみる。

1本はキャッチ出来たが思ったほど反応が良くない。

20140205_133313.jpg
しかも風が強くラインでのアタリが取りにくい。

今日はバベルゼロはお休みにしようと思った。笑

次はクランクを試す。

これまでの経緯からのレンジ・スピードを考慮しながら、色々試すが、結局パニクラSRでの1本に終わった。

20140205_135403.jpg
なんかクランクでもイマイチなので、早くも苦戦が予想された。(^^;

とりあえず、リンゴミディへ戻って、直ぐ1本追加できたので、スプーンに絞るしかないと思われた。


2.14時10分-15時10分 8尾 時速8尾

ロッドが3本あるので、一番いいのはパターンを3つ早く見つけることにある。

そうすれば、その3本を交互に使っていけばスレ対策になり展開がすごく楽になる。

しかし、そういう日は少ない。

2時間目に入ったこの時間帯は更なる次のパターンを探したい。

まずはリンゴミディでの連荘を狙うしかない。

が、黒では反応が途絶えたので白を使うと1本は追加出来たものの、また沈黙が訪れてしまった。

20140205_141431.jpg
色を変えてもダメなので、次の選択肢に悩む。

1.5g継続で違うルアーにするかリンゴミディ1.8gにするか。

その前に可能性の一つを潰しておこうと竹ミノーとトルネードを投入。

竹ミノーは不発、トルネードは3投に1回はアタリがあるが乗らない。

ここはちょっと脇に置いといて後でということにした。

さて、次はミニミニスティックの登場。

自分的には殆どバベルゼロと使い方が同じなのだが、不思議にこの両者共にいいということは滅多にない。

本日バベルが不調なので、期待はしていた。

風が強いのでロッドは立てられず寝かしてラインも水に浮かべたまま、デジ巻きで探ってラインが動いたらアワセを入れるという使い方しかできない。

すると、14時14分からおよそ18分で6本キャッチ出来た。

20140205_142137.jpg
すべてかけ上がりにいた魚が反応した模様。

ミニミニスティックは比較的ジョイバレーとの相性は良く、当たると連荘ということはよくある。

当然スレて反応がなくなったので、やはりリンゴミディ1.5gの色違いを選択。

キャンディオレンジで1本は獲ったが次が続かない。

20140205_145027.jpg
しょうがないので、先ほどスタンバイ要員にしたトルネードを使って探るとやっと黒で1本追加できた。

20140205_151058.jpg
とてもじゃないが、連続で釣れる気がしないので、トルネードは降板させた。


3.15時10分-16時10分 5尾 時速5尾

時間的に今まで釣れたパターンを基にしっかりとした軸にしたいのだが、とてもそこまでいってない。

とりあえず、ミニミニスティックの色違いはどうだろうと赤を投入するとこれも1本は獲れたがそれっきり。

20140205_151739.jpg
どうやら、ライムグリーンの方がいいらしい。笑

しかし、他のパターンも確認したいし、少し時間をおく必要も感じたので、1.5gのウォブルスイマーを投入。

沖へ遠投してカウントゼロで、いきなり2連荘したので、これだと思ったものの、それっきり。

20140205_152405.jpg
沖の表層というパターンはなかった模様。

その後はパニクラSRとつぶアンFでそれぞれ1本追加できたが、いやぁーこれは難しい。

20140205_160206.jpg
それなりの反応があって、バラシもあってもっと釣れそうなのだが、数に結びつかない。


4.16時10分-17時10分  8尾 時速8尾
ここまで来ると今日はミニミニスティックを軸にして、スレたらスプーンは1.5g各種、クランクも適当に中層を引けるのを各種投入するしかないって感じになった。

ふわとろF、ロールスイマー1.5g、パニクラSRを交えながら、基軸はミニミニスティックで連荘できたので、この時間帯は再び、盛り返すことが出来た。

20140205_162738.jpg
20140205_163251.jpg

5.17時10分―18時10分  5尾 時速5尾

17時を回って暗くなってきたらいよいよ夕マズメだと更なる期待に胸膨らむ。

が、そうでもない感じ。

むしろ、さっきよりペースが落ちてしまって焦る。

17時30分を回って、ようやくリンゴミディ1.5g黒で1本獲って、また釣れ始めた。

20140205_173158.jpg
ミニミニスティックで3本拾って、スレた所でリンゴミディで上がりマスを仕留めて納竿とした。


本日の成績は5時間で31フィッシュ、5バラシだった。


6.総括

珍しく全時間帯で時速5尾をキープできた。

ミニミニスティックがあったから釣れただけでそれ以上でもそれ以下でもなかった。

それを証明するかのように、私の左隣であのロデオクラフトの森田さんが居られたが苦戦されてました。

私もスティックを使わなければ大苦戦で終わっていた。

ただ不思議だったのは急に冷え込んだ割には魚はボトムにいなかったことだ。

雪しろが流れ込んでボトムに冷たい水が溜まったためかもしれない。


ルアー別釣果は下記の通り

ミニミニスティック・ライムグリーン  13尾
リンゴミディ1.5g黒  5尾
パニクラSRウグイス色  3尾
ウォブンロール1.5g金/レッドスポット  2尾
バベルゼロハイブリッド0.4g枝豆カラー  1尾
リンゴミディ1.5g白  1尾
リンゴミディ1.5gキャンディオレンジ  1尾
トルネード・黒  1尾
ミニミニスティック・赤  1尾
つぶアンFライムグリーン  1尾
ふわとろ35Fベージュ  1尾
ロールスイマー1.5gムラサキ  1尾

*** 今シーズン通算 653尾 ***


もっと違うパターンを期待していただけにかなりガッカリしました。
ウォルトンのように夕マズメでスプーニングでガンガン釣りたかったのにねぇ、残念です。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


序盤でつまづく

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 1月20日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  25回目
天気 晴れ
風 微風 0m/s ~ 2m/s
釣行時時間 6時45分 ~ 11時45分 5時間
気温 -3℃~7℃ / 表層水温 8.6℃


ウォルトンガーデンに次いで、もはやセカンドホームと言っていいいジョイバレー。

しばらく遠ざかっていたので、様子伺いに行ってみた。

朝一から先行者が4~5人居て、私の好きな最奥のPOSは取れなかった。

仕方ないので、管理事務所から見て右サイドの岬に釣り座を構えた。
20140120_063715.jpg


1.6時45分-7時45分  5尾

沖目にライズが盛んに見られるので、まずは表層をチェック。

ふわとろFを投入してチェックするもショートバイトのみで釣れない。

でも魚は浮いてるっぽいので、バベルゼロウェイトチューンでその辺のレンジをチェック。

肝心の沖まではキャストできないので、狙いはかけ上がりの魚。

案の定底べったりではなくデジ巻きであっさり2尾キャッチ。

20140120_064846.jpg
ちょっと反応が途切れたところで、最近のマイブームのリンゴミディ1.5g赤/金を投入。

表層というより中層のやや上をスローに引いて1尾追加できた。

20140120_070335.jpg
が、ここで反応が途切れる。

今までのチェックで沖は1mまでのレンジ、かけ上がりは底周辺だけどべったりではないことがわかっていても、それを釣る為のルアーが絞れない。

私の左隣の方はこの時間帯にきっちりハメタ釣りをして連荘していた。

他のルアーでチェックするも、釣れたルアーも簡単に見切れない。

それらも使ってローテしてやっと7時27分、リンゴミディで1本追加できた。

20140120_072737.jpg
1mまでのレンジならばと、つぶアンFを使うと何とかもう1尾をキャッチできた。

20140120_073855.jpg

2.7時45分-8時45分  2尾

日が昇ってポンドに差し込むようになると、マズメが終了したようでライズが減り渋くなってきた。

単純にレンジが下がったのか、食いが渋ったのかちょっと判断に悩む。

ローテの延長で7時47分にバベルゼロウェイトチューンで1本追加した後はショートバイトに悩まされる。

20140120_074753.jpg
レンジが下がったかとつぶアンSで探ってみると確かに1本は獲れたが、もう1本はバラした。

20140120_081523.jpg
リンゴミディも1.8gを投入し、朝一よりやや深めを探っていく。

かけ上がりをスイムさせていると、ゴンとヒット!

アワセて巻き始めるとギュ-ンと衝撃を感じつつドラグが悲鳴を上げて出て行く。

負けじと巻き上げつつ大物とのやり取りを開始した途端、いきなりジャンプされた。

そして、フッと軽くなったので、バレたと思って、ルアーを回収してみると、なんとフックがへし折られていた。
(´゚Д゚`)ンマッ!!

20140120_084507.jpg
まだそんなに使ってないのに、折られるとは意外だった。

たしかに逃した魚はデカかったが、せいぜい50UP程度にしか見えなかったのに・・・。 _| ̄|○


3.8時45分-9時45分  3尾

フックブレイクのショックがまだ冷めやらず、中々に釣れないので、ここはとりあえず数を獲りに行こうと、ミニミニスティックを登板させた。

ツンツンとショートバイトがあるも、とても乗りそうにないアタリしかない。

辛抱強くやって、とりあえず1本は揚げたがこれが限界。

20140120_092325.jpg
なら、トルネードならどうだろうと使ってみるとこれもアタリがあるものの中々乗らず苦労した。

色々引き方を変えつつ、ライムグリーンとキャラメル色で1本づつ獲るのが精一杯。

20140120_092854.jpg
20140120_093527.jpg

4.9時45分-10時45分  7尾

得意ルアーで数を稼げないと分かったので、本格的にクランクとスプーンで探っていく。

クランクは今までの流れを汲んでいわゆる中層を引けるモノを順次試していく。

そんな中でフルスペックN33のオリーブカモに高反応だった。

それと1.8gのリンゴミディの黄色、これらをローテさせてトータル6本獲った。

20140120_095034.jpg
20140120_101114.jpg
もう1本はバベルゼロウェイトチューンでの1本でトータル7本だった。

20140120_104527.jpg
バベルゼロでのローテをたまにいれるとまだまだ釣れるという感じだった。


5.10時45分-11時45分  3尾

前の時間帯でローテーションの軸が出来たと思い、この時間で追い上げようと思ったが、こちらの思惑通りにはいかず、苦戦。

新たなルアーも試しつつローテも継続させていく。

1~2投で見切らず、時間を置いて再投入を繰り返す。

新しいルアーでの釣果はなかったが、このローテの延長線上でリンゴミディで2本、フルスペックN33で1本の追加を得た。

20140120_111613.jpg
20140120_112233.jpg

総括

それにしても左隣の方は上手でした。

朝マズメの時合いのタイミングを逃さず見事に連荘していました。

今後はとにかく釣れるタイミングを逃さないこと、釣れない時にどう拾っていくか、この2つが今季の課題だと思って修行に励むことにするつもり。

ところで、昨年の大型台風で崖崩れした道路は完全に復旧していました。

20140120_114823.jpg

本日の成績は5時間で20フィッシュ、1フックブレイク、5バラシだった。


ルアー別釣果は下記の通り

バベルゼロウェイトチューン0.4gオフホワイト/ベージュラメ  4尾
フルスペックN33オリーブカモ  4尾
リンゴミディ1.8g黄色  4尾
リンゴミディ1.5g赤/金  2尾
つぶアンFピンクマーブル  1尾
つぶアンSクリアー  1尾
ミニミニスティック・ライムグリーン  1尾
トルネード・ライムグリーン  1尾
トルネード・キャラメル  1尾
リンゴミディ1.8g白色  1尾


*** 今シーズン通算 533尾 ***


朝マズメにちょっと時合いを逃したのは痛かったです。
そして、フックをへし折って逃げたデカイのも口惜しかったです!!
ジョイバレーでは滅多に大型は釣れないだけに惜しいことをしました。
今季の管理釣り場も頑張れと下記のバナーをクリックして応援して頂ければ嬉しいです。

m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


もはや表層に浮きなし

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 12月24日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  17回目
天気 晴れ
風 微風 0m/s ~ 1m/s
釣行時時間 6時30分 ~ 11時30分 5時間
気温  2℃~11℃  / 表層水温 9.8℃~10.2℃


表層の釣りにハマッたジョイバレーのその後が気になっていたので、久し振りに訪れてみた。

20131224_063253.jpg
6時15分に到着して、時間までしばし、受付の名物オジサンと話をした。

さすがに、この寒さで魚は沈んだらしい。

ただ、ボトムではなくレンジは池のあちこちで複雑らしい。

陽が差してきたタイミングで魚が回遊するので居付き場所もレンジも変わるからだそうだ。

3連休直後の叩かれたあとだし、これは苦戦する予感が早くもしてきた。(^^;

とりあえず、あちこち攻められるど真ん中がいいだろうという事で、排水口に釣り座を構えた。

20131224_063405.jpg
まぁ、定位置ということですな。 笑

中層だろうという時の第1投に何を投げるか悩んでしまう。

とりあえず、自分の中での定番のウォブルスイマー1.5gの赤/金を投入。

カウントゼロから始めて、3くらいでアタリが出るようになった。

6時37分、1尾目をキャッチ出来た。

20131224_063745.jpg
秒速、約3/4回転くらいのリールスピードだった。

続けて次のアタリがあって、アワセが決まった次の瞬間、いきなりデカイ引きがゴンと来て、ラインがプツンとブレイク。 _| ̄|○

久々の結束部からのブレイクだった。

PEとフロロとの結束部の締め付けが緩かったのか、どっちにしても急な衝撃にドラグが対応できなかったみたい。

お気に入りのウォブルスイマー赤/金の殉職に気持ちが下げ下げ。

しかも、その後は迷走して色々スプーンを投入するも、6時台は1尾止まり。

7時になってたまらず、上からレンジを刻めるクランクへシフト。

ミッド、ディープと試していくが、ポツポツと釣れる程度で何が答えか全く掴めないまま。

20131224_070445.jpg
20131224_080709.jpg
20131224_081648.jpg
中層なのは間違いないが、縦のバベルでは全く反応無く大苦戦。

重さも変えてみたがショートバイトのみで釣れない。(T_T)

8時30分を過ぎ、手に出来たのは僅かにたったの5尾。

さすがに焦ってきた。

とりあえず、違うとは思ったもののミニミニスティックを投入すると2尾は直ぐ獲れたが、思ったとおりその後はサッパリ。

20131224_084701.jpg
こんな時は場所変えで気分をリフレッシュ。

9時ジャスト、これも定番のいつもの最奥の流れ込みへ移動。

20131224_090626.jpg
約30分間、クランク、スプーン、ミノーと各種投入し引き方も工夫して頑張るも釣果無し。(>_<)

では、ペレットペレットはどうか。

これも不発。

もう万策尽きた。 _| ̄|○

すると、まだ試してないのがあった。

それはトルネードだ。

定番の黒からいって赤、オレンジと順次試していくけど反応無し。

いよいよ追い込まれて、つい最近購入したライムグリーンをダメ元で投入。

すると、あら不思議。

なんと、第1投から5連続ヒットに成功!!

20131224_093619.jpg
ちょっと気分が楽になり、他のルアーでもポツポツと追加でき、時間を置いてまたトルネードで釣れるといったパターンが出来あがった。

20131224_095754.jpg
20131224_100426.jpg
20131224_105345.jpg
20131224_112651.jpg
トルネードは黄色も試したが、バレてしまってこのライムグリーン以外の釣果なし。

ミニミニスティックの時と同様にライムグリーンへの反応がこれほどだとは思わなかった。

とはいえ、ほかのルアーでこの色を使ってもイマイチだったので、謎は深まるばかりだ。

ジョイバレーで細長いルアーならライムグリーンがいいということなのか、一つの仮説は成り立つと思うけどね・・・。

結局、トルネードに助けられた格好になって、追加できたが他のルアーでのヒットパターンが掴めなかったのが残念だし口惜しい。

釣果をもう一段上げていく為にはこの壁を乗り越えるしかないと感じた釣行だった。


本日の成績は5時間で23フィッシュ、1ラインブレイク、5バラシだった。


ルアー別釣果は下記の通り

トルネード・ライムグリーン  12尾
モカSSクリアーオレンジ  2尾
ミニミニスティック・ライムグリーン  2尾
ウォブルスイマー1.5g赤/金  1尾
トラッタエリアクランクFカラシ 1尾
ウォブルスイマー1.5gピンク  1尾
TMUハンドメ・クレッセントオレンジ/黄  1尾
ハイバースト2.4gライムグリーン  1尾
RAVE2.5g赤/金  1尾
スティック茶  1尾


*** 今シーズン通算 346尾 ***

トルネード以外、何一つ分からずに納竿を迎えてしまいました。
表層でもボトムでもない、一番難しい時期に突入してしまったようです。
まぁ、3連休後の一番叩かれた時期だったからだと勝手に自分を慰めています。 笑
シーズン本番の今季の管釣りもさらに頑張ってと下のバナーをポチッとクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:14

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


バービーDAY

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 12月3日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  12回目
天気 晴れ
風 微風 0m/s ~ 1m/s
釣行時時間 6時40分 ~ 11時40分 5時間
気温  2℃~13℃  / 表層水温 9.8℃~11.2℃


表層の釣りが忘れられず、自然と足がジョイバレーへ向かった。

20131203_062824.jpg
デカイのがいるわけでも、引きが楽しめるわけでもないのだが、表層の釣りが楽しめるんだったら迷わず行ってしまう魅力がジョイバレーにはある。

季節が進行して真冬になれば、さすがにここも表層の釣りは出来なくなる。

今のうちに楽しんどこうってとこかな。

本日も一番乗りで奥のワンドに陣取る。

20131203_062929.jpg
ポンドを見ると1週間前よりマス玉はあまりないが、ライズがあって活性は高そう。

魚が浮いているのは間違いなく、こいつらを仕留めてやるぞって気持ちが高まってくる。

まずは手堅くバービーFで表層をゆっくり引く、いや引けない!?

なぜなら、いきなり落ちパクでヒット!!

第1投で釣れるとは出足好調。

20131203_063043.jpg
その後も入れ食い状態が30分続く。

なんと、ルアーチェンジもせずに、30分で9キャッチ、3バラシは中々に無い展開。

20131203_064615.jpg
30分経つと、さすがに反応が落ちてきて、乗りづらくなってきた所で、ルアーチェンジ。

今度はスプーンで表層を攻めるつもりで、7時過ぎにウォブルスイマー1.5g赤/金を投入。

ロッドを立てて表層を1秒で3/4回転くらいのスピードで巻いてくる。

10分で5発ヒットするも、3バラシでキャッチは2尾にとどまる。

20131203_070436.jpg
イマイチ乗りが悪いので7時18分、ピンクへカラーローテ。

これがプチアタリで10分で5連発、しかもバラシ無し。

20131203_072354.jpg
が、急にスレて反応がた落ち、カラーを変えても変化無しで降板。

さぁ、次はどうする?

対岸にいらっしゃる方がフローティング・クランクらしきもので連発されていた。

後で管理人のオジサンに話を伺うとバルサ製の自作クランクだったそうだ。

とにかく目を見張るほどの物凄い爆釣をしていたので、何を使っているのか知りたくて聞いてみた。

さて、私は今一度バービーFを再投入する事にした。

反応はいいのだが、乗りづらく即バレ多発。

しょうがないので、バービーSSで少し沈めてみる。

すると、7時49分から、ちょっとしたフィーバーとなった。

9時過ぎまで間断なく釣れ続ける。

8本くらい獲れた。

20131203_080424.jpg
但し、バラシも多い、6本もあった。_| ̄|○

ヒット後、ジャンプさせないようにロッドティップを下げて魚を寄せる。

なぜならジャンプするとラインテンションを保ったままにしていても、フックが外れることが非常に多いからだ。

近寄ってきて射程圏に入ったところでロッドを立ててネットへ入れようとすると、フックが外れるというのも多かった。

スプーンの時は余りないのにクランクはこういうバラシが圧倒的に多い。

これは翌日の課題になった。

9時40分を過ぎると魚が見づらくなってきたので対岸へ移動。

20131203_094039.jpg
ここで、やっと縦系のスプーンや1g以下のスプーンでの表層引きを実施。

釣れないことはないが、すぐスレて見切られる。

20131203_083039.jpg
20131203_100149.jpg
今まで良かったバービーSSとローテーションして、地道に追加できるレベル。

さらに、つぶアンHF黄をロッドを立てて引くことでなんとか表層を攻めることが出来て3尾のキャッチにも成功。

20131203_102946.jpg
11時を回るといずれのルアーにもスレて、チェイスもして来なくなった。

大体、ウォブリングの動きの多いアクションで攻めてきたので、ここはロール系はどうだろうと11時30分にロールスイマー1.5gを投入。

あと10分しかないのだが、祈るような気持ちで引いてくる。

すると、反応が一気に上がった。

さっきまで知らん顔していた魚達がまたチェイスしてくる。

もう真剣に取り組んだアツいラスト10分、結果は2キャッチ、2バラシで終了。

20131203_113444.jpg
あまりにバービーで釣れた(54%)為、他のルアーの投入時期やローテーションがブレてしまった。

動きとカラー、どういう順番で投入していくか、釣れる動きやカラー、スレ具合によるローテーションと克服すべき課題は多い。

そして、クランクのバラシ病も何とかしたいね。

翌日はもっと悲惨な事になるとは、この時点では夢にも思わなかっただけに・・・・。


本日の成績は5時間で37フィッシュ、19バラシだった。

今度も、メッチャ釣れている感があったが、バラシにもカウントしてない即バレもたくさんあって、結局キャッチ数は40に届かなかった。(T_T)


ルアー別釣果は下記の通り

バービーSSクリアーレッド  11尾
バービーFクリアーグリーン  9尾
ウォブルスイマー1.5gピンク  5尾
つぶアンH黄色  3尾
ウォブルスイマー1.5g赤/金  2尾
ディックナイト0.6g赤/シルバー  2尾
ロールスイマー1.5gメタリックレッド  2尾
バベルゼロウェイトチューン0.6gオレンジ  1尾
エアー0.6gピンク/黒  1尾
Tロール0.6g白/オレンジ  1尾


*** 今シーズン通算 221尾 ***

完全に表層の釣りにハマッてます。
ルアーローテのタイミングの大切さを実感しました。
色より重要かもしれません。
シーズン本番の今季の管釣りもさらに頑張ってと下のバナーをポチッとクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


表層いろいろ

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 11月26日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  11回目
天気 晴れ
風 微風 0m/s ~ 1m/s
釣行時時間 6時30分 ~ 11時30分 5時間
気温  12℃~18℃  / 表層水温 11.8℃


今の時期のジョイバレーはどうなっているかと気になったので行ってみた。

11月から6時30分からの営業なのに知らずに6時前に着いてしまった。

受付小屋で名物おじさんと、しばし釣り談議をして時間を潰す。

コーヒーまでご馳走になり、ありがとうございました。

10分前になると釣り座を構えて準備してから始めて良いとの許可を得て、普段は滅多に入れない排水口付近に陣取る。

20131126_0625.jpg
7時にお客が来るまでは私一人の貸切状態だった。

薄暗い中、ポンドを見渡すと、所々にマス玉が出来ていた。

基本表層にサスペンドしてるが、時たまライズが起きるので活性は高く見えた。

前回はど表層の釣りに終始したが、今回はそのまま当てはまるとは思えず、その下の層にいるやつの方が活性が高いと読んでつぶアンF赤を投入してみた。

が、数投するも反応なく駆け上がりでとりあえず1尾はキャッチできた。

20131126_0626.jpg
さらにレンジを下げるか、悩みどころだったが、こうなればやはりマス玉を狙っての表層引きに方針チャンジ。

いきなり高速引きもどうかと思い、1.2gのスイッチバックを1秒1回転くらいで巻くといい具合にど表層を引いてこれる。

レンジとスピードが合ったらしくすこぶる反応がいい。

乗って即バレというのはあったがファイト中にバラすのは少なく、1時間10分で12尾キャッチ。

20131126_0627.jpg
この中にはバービーSSをローテさせての2尾も含まれている。

20131126_0709.jpg
時速10尾というのは久々の快挙かもしれない。

7時40分を回ると反応も落ち、ここから迷走が始まる。

同レンジの早引きか遅引きか、レンジを下げてスピードを変えていくか、いろいろ試していくが芳しくない。

1.5gのウォブルスイマーでややスイッチバックよりやや遅く引いてくると多少は反応があって4尾ほどを追加できた。

20131126_0730.jpg
やや下層の魚を遅いスピードで獲ったと言えるだろう。

しかし、決定打とは言えない。

駆け上がりはボトムに違いないとボトム系ルアーを投入、ウェイトを変えてやってみるが縦の動きにすこぶる反応が悪い。

かといってズル引きでも獲れない。

クランクもつぶアンHで1本獲れただけで何のヒントにもならなかった。

ここで気分転換のつもりでミノーFを使ってのトゥィッチやトルネード、ミニミニスティック、竹ミノーと得意ルアー試していくが、ミノーとトルネードで掛けるもバラシてしまった。

もう一度ど表層にサスペンドしてる魚をターゲットにしてみる。

1g以下のマイクロスプーンをゆっくり巻く。

反応が急に出てきた。

しかし、5尾くらい連続バラシで2尾程度しかキャッチできない。

20131126_0930.jpg
光の加減でサスペンドしてる魚がよく見えないので、釣り座移動を決意。

10時2分、最奥の流れ込みに移ってみてビックリ。

20131126_1007.jpg
魚がよーく見える。

20131126_1120.jpg
反応がいいのはよくわかるが、スレるのもよくわかる。

3投もすれば、ルアーを追わなくなるのが丸見えだ。

Tロールやピリカモア、ベッキーなどをとっかえひっかえ投入してサイトフィッシングする。

反応が丸わかりで面白い。

苦労しながら3尾追加できた。

20131126_1015.jpg
時計の針を見ると11時を回っていて、あと30分しかない。

ここで思い切ってバベルゼロを投入しての表層引きに方針変更。

偶然使ったオレンジに高反応。

表層からのフォーリングには反応しないけど、巻き続けるとスレずに追いかけてくる。

食わせるのには苦労するけど、反応が衰えないので面白くて夢中になれた。

後ろにチェイスしてきたらゆっくり巻き上げスピードを上げていくとリアクションで食ってくることがあり面白い。

速くし過ぎると見切られるし、その加減がサイトで見えてるだけに超楽しい。

25分で4尾キャッチ、3バラシであったが、時間を忘れて夢中になれた。

20131126_1010.jpg
この日はゴルフ旅行で海外へ行く日だったので、延長は諦めざるを得なかった。

後ろ髪を引かれながらも納竿とした。


本日の成績は5時間で27フィッシュ、17バラシだった。

もっと釣れている実感があったが、キャッチ数は30に届かなかった。


ルアー別釣果は下記の通り

スイッチバック1.2g銀ヤマメ  9尾
バベルゼロ0.6gオレンジ  4尾
バービーSS赤  2尾
ウォブルスイマー1.5g赤/金  2尾
ウォブルスイマー1.5gピンク  2尾
Tロール0.6g白/オレンジ  2尾
ピリカモア0.7g茶  2尾
スリムスイマー1.5gオリーブ  1尾
つぶアンH黄色  1尾
ベッキー0.35g白/ピンク  1尾
つぶアンF赤  1尾


*** 今シーズン通算 184尾 ***

表層のサイトフィッシングがこんなに面白いとは思わなかったです。
朝一の早引きから獲っていって、最後はスローでと状況に応じて合わせていくのが面白かったです。
シーズン本番の今季の管釣りもさらに頑張ってと下のバナーをポチッとクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:14

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


タフコンディションの表層攻め

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 10月30日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  6回目
天気 曇り
風 微風 0m/s ~ 2m/s
釣行時時間 12時45分 ~ 17時45分 5時間
気温  20℃~18℃  / 表層水温 16.6℃


釣行ダブルヘッダー、お次はジョイバレーでの管釣りである。

20131030_123238.jpg
休日の釣りにどうしてもと割り込ませた管釣り、否が応でも気持ちが高ぶる。

とにかくどういう答を導き出せるか、それが楽しみでしょうがない。

勿論、数釣りが出来ればそれに越したことはないが、自分なりの答さえ見つかれば、ある意味それで充分満足だ。

何となく適当にキャストすれば釣れるという釣りは最終的には飽きてくるからね。

さて、それなりにお客が入っていたジョイバレー。

2箇所ほど、がけ崩れ痕が見受けられ、先日の台風の凄さを実感した。

20131030_123210.jpg
ポンドを一見したところ、魚は浮いておりそんなに活発には動いていない。

自分の好きなポイントが空いておらず、とりあえず受け付け小屋前の左サイドに入る。

20131030_123532.jpg
釣りを開始して直ぐにブログを見て下さってるというアングラーに挨拶していただいた。

いつも見ていただいてありがとうございます。

その方曰く、かなり厳しいとの事。

それなりの反応があるが、中々食いそうで食わないらしい。

速い動きでリアクションバイトがあるのでそれがたまに獲れるという釣りらしい。

なので、先ずは表層の浮いてる魚をバベル0.4gウェイトチューンで狙いにいった。

表層引きで誘うとチェイスはしてくるのに、途中で見切られてしまう。

速引きして止めたり、沈めてからリフト&フォール等、色々試すが中々食わない。

食ってもショートバイトで乗らないし乗っても即バレで大苦戦を強いられる。

とりあえず、表層を速引きするために2gクリスタル赤/金を投入してみる。

反応はさらに良くなったがすぐ釣れるという感じでもなかった。

しつこくやってると、とりあえず1尾は釣れた。

20131030_131918.jpg
ネットをクルマに忘れたので、こんな写真で悪しからず。(^^;

表層を一旦諦めてその下の中層やらボトム攻略もやってみるけど、それでもダメ。

ボトムはかけ上がりの魚の反応がいいのだが、それでも見切られて食わせられない。

それならニョロ系がいいのかとノラクラを投入すると途端に2ヒット!

が、あえなくネット直前バラシで_| ̄|○。

その流れで当然のようにTMUさん自作のクレセントで追撃をかけると、1本獲れました!!

皮1枚の薄掛かり、あやういキャッチだった。(^^;

20131030_134824.jpg
ニョロ系の反応もこれまで。

反応遠のき降板。

ここまで釣行開始1時間が経過。

何とも2尾とは情けない。

しかも獲れそうで獲れないのが口惜しくしょうがない。

モノは試しとミニミニスティック赤で様子をみる。

これまでのパターンで表層速引きからのフォールがいいはずだと思い試すと確かに反応は凄い。

が、見切られるし喰っても乗らない、乗っても即バレを繰り返し、それでも何とか1尾は獲れた。

20131030_135617.jpg
クリアーの表層レンジなので全て見えている中でのサイトフィッシングなのだが、爆釣どころか1尾に留まる。

その内反応もなくなり、あえなく降板。

そこから1時間、全く釣れなーい!! (T_T)

もちろん、ショートバイトはあったのだが、ヒットはなくバラシもない。

よっぽど帰ろうかと思ったくらい。 苦笑

開始2時間経過したところで、気分転換に場所移動。

排水口付近は相変わらず先行者がいたので、その奥に釣り座を移した。

20131030_145050.jpg
見た感じはここも魚が表層に浮いてサスペンドしている。

同じようなアプローチを試みるが、こっちの方が反応が悪い。

ガーン!! ( ̄ロ ̄lll)

移動しなければ良かったと後悔するも後の祭り。

そこから1時間悪戦苦闘する。

もちろん、ヒットもバラシもありません。(T_T)

表層の速引きのどういうパターンがいいのか、とにかく試しに試す。

軽いのは速過ぎると泳がなくなるし沖まで飛ばせない。

重いのは速引きに適しているが、ど表層はそのままでは泳がせられない。

なので、ロッドティップをかなり上げて、2gくらいからとっかえひっかえ試していく。

すると、自分なりにカラーは地味系で重さは1.5gくらいで速さは1秒間で2回転位がいいだろうと閃いた。

それを踏まえて、渋い時にいいというスリムスイマー1.5gオリーブを投入。

すると、なんと15時46分からわずか4分で立て続けに3本キャッチに成功!

20131030_155047.jpg
この時の気持ちよさは何物にも替え難い。(*^0゚)v

サイトで全て見えていたが、元気なヤツが横っ飛びでガツンと咥えるのが良く見えた。

速引きなので、アワセも要らず向こう合わせで掛かってくれるし、こんな気持ちいいことはない。

これが一つの答には違いなかったが、それで釣れ続けるほど、この日は甘くはなかった。

その後、速引きというパターンの中で、重さや速さ、カラーを変えながら、何とか3尾追加できて、この1時間に限って言えば時速6尾を達成!

20131030_160003.jpg
20131030_165558.jpg
この日の一番気持ちのいい時間帯だったと言えるだろう。笑

日が落ちてきた17時過ぎから、表層がさらに賑やかになった夕マズメのサービスタイムが訪れたが、表層の速引きというパターンがそのまま通用せず、また苦戦。

今度は軽量ルアーのデッドスローがいいと気が付いた時は既に遅く、わずか2尾しか獲れず、夕マズメが終了。

20131030_170827.jpg
真っ暗なナイターに突入後は反応も急に遠のいて、17時15分から終了までの30分間、ノーバイトのまま無念の納竿を迎えてしまった。

本当にタフな釣行だった。

でも、こんな渋い時にあんな速引きが効くなんて自分でも信じられなかった。

また一つ引き出しが増えた気がして、全然釣れなかったけど、何だか嬉しくなって家路についた。


本日の成績は5時間で10フィッシュ、5バラシだった。
バラシしの分を加えても時速3尾留まり、目標に遠く及ばなかった。


ルアー別釣果は下記の通り

スリムスイマー1.5gオリーブ  3尾
クリスタル2g赤/金  1尾
クレセントオレンジ/黄色  1尾
ミニミニスティック赤  1尾
ウォブルスイマー1.5g茶カモフラージュ  1尾
トルネード赤  1尾
MIU2.2gピンク/金  1尾
ディックナイト0.8g赤/シルバー  1尾

*** 今シーズン通算 118尾 ***


厳しい中、ぎり2桁まで釣れてホッとしてます。
正直、中盤の釣れなさ過ぎに帰りたくなったくらいでした。笑
今季の目標は時速5尾以上、シーズン通算1000尾を目指すつもりです。
今季の管釣りも頑張ってと下のバナーをポチッとクリックして応援して頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用


想定外の管釣り開幕

ヒゲオヤジに応援のポチお願いします。 --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村


<<<< 10月2日 ジョイバレー 釣行記 >>>>


*** 釣行メモ ***
今季トラウト釣行回数  1回目
天気 雨のち曇り
風  中風 2m/s ~ 4m/s
釣行時時間  13時 ~ 18時 5時間
気温  22℃~23℃  / 表層水温 19.2℃


3連休で1日しか釣りに行けないのが耐えられず台風通過中のジョイバレーへ出撃してみた。

20131002_125610.jpg
バス釣りか悩んだが、風が弱いといっても4m/sはある中、例の水路でのフローターは苦戦必至。

かといって、他はこの時期は微妙だろうということで管釣りも厳しいのは百も承知だったがリハビリを兼ねてジョイバレーにしてみた。

行ってみると私のほかに3人組がいて驚いた。

こんな日に来てる釣りキチは私だけではなかったようだ。笑

まずは管理小屋から見て右側の岬に釣り座を構えた。

20131002_125932.jpg
使うルアーは1.8gのジキルのオレキン。

見たところ表層には浮いてないので、カウント2くらい落としたところから刻んで様子を見ていく。

カウント5でツンとバイトがあり、乗ったのだが3巻きした所でフックオフ。

なんか調子がいいのかなと思ったのも一瞬で、それ以降どんなタナをどの様に引いてもショートバイトすら得られない。

風がモロにアゲインストで飛距離がかなり損するので、13時9分最奥の流れ込みへ移動。

20131002_130957.jpg
そこから、スプーンを手を変え品を変えアプローチしていくがショートバイトのみ。

時折強い風が吹くのでラインでのアタリが分からず、そのショートを乗せられない。

1時間が経過してショートバイトが数本、とても釣れる気がしなかった。

タナと引くスピード、そしてカラーと何一つヒントが得られず、悶絶あるのみ。

今シーズンは苦手なスプーンで釣り込むつもりでいたが、ここまで厳しいと手も足も出ない。

ならばとさりげなく竹ミノーを投入。

一気にショートバイトが増える、が、釣れない。

ではトルネードではどうか。

同じ結果に終わる。

スティックやクランク、ミノー、縦釣り系、ボトム系ルアーもカスリもせず玉砕。

一巡して再び竹ミノーとトルネードにローテすると、立て続けにヒットするも、すべてネット直前バラシでがっかり。
 _| ̄|○

14時30分を回りスタートしてから1時間30分が経過したが、いまだゼロフィッシュ。

ヤバイ、マジで冷や汗が出てきてしまう。( ̄ロ ̄lll)

あまりにも厳しいリハビリ、もう修行のレベルだろう。

ここまで追い込まれたら、能書きを言わず、釣れるルアーで頑張るしかない。

トルネードに的を絞って釣り出したら、ついに14時37分、本日の初フィッシュ!

20131002_143956.jpg
取り込んだら直ぐフックが外れるくらいだから、相当な浅掛りなんだろう。

15時14分にも1本追加できたが、16時台は再び沈黙。

20131002_170807.jpg
アタリも遠のいて絶望感が漂う。

もう一組の3人連れは時速2匹くらいのペースで釣れてるので、尚更焦燥感に襲われる。

17時になると、すっかり晴れるくらいに天気が回復して静かだった表層にライズが見られるようになったのでチャンスだと気合を入れ直す。

幾分タナが浅くなってきたようで、カウント3くらいで当るようになってきた。

それに呼応するかのように17時以降、トルネードと竹ミノーで6尾を釣り上げる事ができた。

20131002_171552.jpg
20131002_172836.jpg
もしかすると、この時間帯だったら他のルアー(スプーン)でも釣れていたかも知れないが、やっと見つけた感が強かった釣れてるルアーを、やはり変える勇気は出なかった。

最後の1時間でやっと管釣りらしく釣れた所で、納竿の時間を迎えた。

難しかったけど益々もっと上手くなりたいと思った釣行だった。

本日の成績は5時間で8フィッシュ、3バラシだった。(T_T)

ルアー別釣果は下記の通り

トルネード黒  2尾
トルネードオレンジ  2尾
トルネードピンク(自作)  2尾
竹ミノー赤  2尾

*** 今シーズン通算 8尾 ***

自分の予想を遥かに上回る厳しさでした。(T_T)
改めて管釣りの難しさと奥の深さを痛感しました。
こんな日でも2桁は取れるように自分の技を磨きたいと思いました。
今季の管釣りも頑張ってと思われた方、是非下記ののバナーをポチッとクリックして頂ければ嬉しいです。
m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ  にほんブログ村 
  1. [ edit ]
  2. ジョイバレー
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:12

テーマ:◆トラウトルアーフィッシング◆ - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。