• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

フライフィッシングに初挑戦

管理釣り場でのトラウト・フィッシングは11月中旬からと決めてる私だが、山の方へ行けばもう釣れるだろうということで、FISHI ON・鹿留へ行ってきた。

私が縦釣りの師匠と崇めるNEOさんのブログ鹿留湖にて釣りまくっている様子が紹介されていたのも行くのを後押しした。

いつもは娘と行く時以外は、単独釣行であるが、今回は会社の同僚と3人でつるんで行った。

釣り場が遠い時は人数が多いのは助かる。

車の運転も交替できるし、喋ってれば道中の時間が長く感じられない。

何より、交通費の割り勘が嬉しい。

早朝、4時15分に出発。

東関道~首都高~中央道を経て都留ICで降りる。

途中、休憩や買物をしたので、現地には7時20分頃到着。

一日券、4100円を支払って釣り開始。

ポンド
ここは自然のままの渓流エリアや川を区切っての流水エリア、そして止水のポンドと色んなフィールドが用意されている。

かなり大きい止水のポンドから始めることにして、入口奥のワンドに陣取った。

水質はかなりクリアー、そして魚が殆ど浮いてる状態。

クリアーな水質
ルアーは一番釣果が見込めるNSTの1.8gを選択して、期待を込めての第1投。

巻きフォールと呼ばれるルアーアクションで沖から引いてくる。

だが、何の反応もなし。 Σ( ̄ロ ̄lll)???

そんなバカなと思い、レンジを色々変えてみるが結果は同じ。

水温を計ってみると、16℃ある。

決していい条件とはいえない。

トラウトが高活性を発揮するのは10~12℃と言われているので、やや高い。

食いつきが悪いのも納得だ。

そこから、持っていったありとあらゆるルアーを試すが、これはというのが見つからない。

水質がクリアーで魚のリアクションが見えているので、反応の悪さが実感できる。

ルアーを追うものの、近くまで来て見切ってUターンするのもいれば、全く無関心で無視するのもいる。

一番、反応するルアーはやっぱりNSTの1.8gだった。

面白いもので、同じNSTシリーズの0.4gや0.8gには無反応だった。

他には”おいかわ虫”でも1匹釣れた。

でも、すぐにスレてしまい、長続きしない。

ルアー
とにかくNSTの1.8gで、徹底的に釣れるアクションを見つけるだけ。

活性が低いのであおって引いてきたり、大きくフォールさせるアクションでは魚がついてこない。

なるべく表層を引いてはちょっと止めて、フォールさせて、また引くを繰り返すと、ようやく魚が反応し始めた。

ただ、食いが浅く、バラシも多い。

そんな中で、いきなりきた40cm級のレインボー。

40UP
スーッと引いている時にガツンと凄いアタリがきた。

引きも強くやりとりを充分楽しませてもらった。

ちなみにこの魚が喰ってきたポイントは最初とは違う立ち木エリア。

立ち木エリア
同じ場所で釣ってると、魚も人間も飽きてくるよね。

中々のタフコンディションなので、ルアー釣りをちょっと中断して、同行したフライマンにフライ・フィッシングを教わった。

生まれて初めてのフライ・フィッシング、やっぱりキャスティングが難しい。

思ったところへフライを落とすどころか、まともに飛ばせない。 (^-^;

幸い、管理釣り場なので、そんな程度のウデでも充分釣りになる。

何回もヘタなキャスティングを繰り返してりゃ、その内魚の鼻先に落ちることもある。

そしたら、さすがに1発だったね。

フライでの1尾
迷わずパクリとくる、見えてる釣りだけに面白い。

活性が低いので、鼻先じゃないと、魚に見切られてしまう。

寄ってきて、すぐエサと違うと分るらしく、これもUターンする。

魚も賢いよね。

こういう場合、本来ならフライを交換するところなのだが、借り物ゆえにそのまま続行。

毛ばりなんて、ある意味エサ釣りに近いから釣れて当たり前という感覚があったけど、実際にやってみると結構難しい。

もっとも、ルアーよりは釣れるのは間違いないけどね。

その証拠に周りを見回したら、ルアーの人は殆ど釣れてなかったけど、フライは着実に釣果を伸ばしてましたな。

帰りが混むのを恐れて、3時半で上がり、結局、流水エリアは行かずじまい。

今度来るときは是非試したいものだ。

本日の成績はルアーで4フィッシュ、2バラシ、フライで5フィッシュ、バラシなし。

フライやってるのが2時間足らずだったことを考えると、フライ恐るべし。

同行したフライマンは30尾以上釣り上げてるから、羨ましい限りだった。

ただ大物は間違いなくルアーの方が釣れる可能性が高いので、ルアーも馬鹿にできない。

今シーズンはフライも始めることにして、2刀流といきたいところだ。
  1. [ edit ]
  2. FISH ON! 鹿留
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0
スポンサーサイト

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。