• 2017_05
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2017_07

こだわりフィッシング

釣りに夢中なヒゲオヤジの釣行記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

アイタタ (T_T)

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


2回続けて、釣行記でない記事掲載ですが、滅多にないネタなのでご了承下さい。 笑

昨日の釣行の片付けをしてたら、シャワーブローズのフックがライフベルトに引っかかっていた。

フックは返しがあるから繊維に引っ掛けると取りにくてしょうがない。

イチイチ外すのが面倒だからとルアーをロッドにセットしたまま車に積み込んでいる私が悪いのだが・・・。

ペンチでも簡単に取れないほど深く刺さっているので、思わず力が入る。

すると、やっと取れた!! (*^0゚)v

でもその反動でルアーが大きく動いて別なフックが違うところに刺さった、みたい。

そして、なんか痛いぞ。 (^^;

ゲッ、俺の左人指し指にガッツリ刺さっているではないか。 (´゚Д゚`)ンマッ!!

201207251735
結構深く入っていて、ちょっと引っ張ってみても全く抜けそうにない。 ( ̄ロ ̄lll)

角度を変えて見る。

201207251736
ペンチで抜こうと試みるが、返しがそれを阻む。

メチャメチャ痛いのだ。 (T_T)

文字通り途方にくれる。 _| ̄|○

これが映画だったら誰かが歯を食いしばれって言って、一気にペンチで引き抜くところだけど、そんな勇気は俺にはない。

近くの外科病院に電話して処置してもらうことになった。

指にシャワーブローズをぶら下げたまま、病院の受付へ行ってみると看護師さんが珍しそうに寄ってくる。

自分を釣っちゃったんですか?と言われ、ウマイ事言うなと思いつつ魚の恨みですかねと返す私。

すぐに診察室に通され処置開始。

麻酔すれば痛くないですよと先生は麻酔の注射針を患部に突き刺していく。

実はこれが結構痛い。

注射針を指の中へ刺す時の痛みがフックの所の痛みと合算して増幅される。

しかし、秒単位で麻酔が効いてきて30秒後には人指し指の感覚はまるでなくなった。

そっからは患部の表面を少し切開して傷口をやや広げ、後はペンチでグリグリと抜くだけだった。

麻酔のお陰で痛みは全くなかったが、とても直視出来ないので目をつぶっていた。

その内、取れたらしいのが気配で分かったのだが、先生がアッと声を上げた。

取れた反動で別なフックがまた私の人差し指に刺さっていた。 笑

勿論、返しまで刺さらず直ぐ取れるレベルだったのだが、私は麻酔のため全く感じなかった。

先生もやらかしちゃうんだね。

っていうか、ルアーつけたまま外すかねと、ちょっと疑問です。

まぁ、それでも取ってもらってホッとしました。

201207251737
処置料と痛み止め、化膿止めの薬代で〆て2700円也。 


ホントに痛い目に遭いました。
トリプルフックには要注意です。
バス釣りでもバーブレスが安全で魚にも優しいのは分かってるんですが、バレ易いので中々踏み切れません。
見てるだけで痛くなったという方、下記のブログ村のバナーをポチッと押してお見舞い頂ければ嬉しいです。
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:8
スポンサーサイト

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


2011年バスシーズンを振り返って

ヒゲオヤジに応援のクリック頂ければありがたいです。 --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ にほんブログ村


水温がジリジリッと上がってきていて、もう直ぐ10℃を完全に超える春らしさが増してきた。

いよいよ、今シーズンのバスフィッシングの開幕も近い。

なので、ここで2011年のバスシーズンを振り返ってみようと思う。

2011bassresult

まずは出撃回数と期間。

4月8日から12月5日までの釣行で総延べ出撃回数52回、日数にすると41日だった。

これは1日に場所を変えて2回(ボートとオカッパリ)なんて事がある為。

トータルで88匹の捕獲に成功。

1日当たりの平均捕獲数は2.1匹とまずまず、なんといっても19回のボウズを入れもこの数字なら文句は無いと思える。

ちなみにボウズ率は46.3%でけっこうデコってる。 ( ̄ロ ̄lll)

でも釣れる時期に沢山釣ってるので、平均してもそれなりの数字になってるようだ。

デカイのは与田裏の45cmが最大、平均でデカイのは横利根の30.7cmだが、総合と比較しても1cmしか変わらない。 笑

一番平均で釣れたのは、印旛新川の5匹だが、一番釣れるシーズンに1回しか行ってないので、あんまり参考にならないね。

そして、100%ボウズの桧原湖、印旛沼本湖、利根川、根子名川は今シーズンのリベンジを果たしたいと思う。

尚、オカッパリは2回しか行ってなくて、全てボウズだった。 _| ̄|○

さて、気になるのが時期や水温と釣果との関係だ。

水温が測れるマイボートでの出撃が圧倒的だったので、データは万全だ。

2011bassresultpertimentemp

ひと目見てピークが2つあることに気がつく。

アフター回復の夏場と冬前の荒食いの秋だ。

特に大漁が見込めるのが、梅雨のシーズンでもあるけど、6月下旬と7月始め。

この時期は絶対に外せないって事が一目瞭然。

釣行数が少ないのでデータが足りず何とも言えないが、もしかするとプリスポーン時期にもう1つ小さいピークがあるのかもしれない。

そして残念なのが、9月。

全く釣れてない。

その前のシーズンはもう少し釣れていた気がするので、もしかすると酷暑のせいだったかも。

少なくとも、私が行くフィールドでは全然ダメだった。 (T_T)

さらに興味深いのが、水温との関係。

自分でも驚くが、16℃以上でしか釣れてない。 (´゚Д゚`)ンマッ!!

夏のピークまでは見事に水温の上昇と釣果が一致していて、面白い。

9月にダメだった要因の一つに夏から秋にかけて急に水温が落ちたことも上げられるかもしれない。

とにかく、今年は昨年以上に頑張ってバスの捕獲を目指すつもりです!!

是非是非、皆様の応援よろしくお願いします。


そういうことなら応援してやるかと思われた方、応援のクリックをポチッとよろしくお願いします。
ヒゲオヤジも何とか、期待に応えていきたいと思います。 (^-^
 m(_ _)m  --> にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ    にほんブログ村
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:2

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用


ここんとこ、3連敗

最近、出勤前の早朝に近くのフィールドへバス釣りへ出かけるのが習慣になった。

とにかく、晴れると日中は暑いし、ますます魚は隠れちゃうし、夜明けと共に2時間くらい、ちょこっとバスを探るというスタイルが気に入ってる。

20090807ngt.jpg
が、続けて3連敗。

口惜しいです。 (T_T)

まずは、近くの野池にトライしたが、全く反応なし。

しかし、池のど真ん中を鯉が表層を悠々と泳いでいた。

フライが出来りゃ、鯉釣りも可能なのにと、歯軋りしてしまった。

あっ、場所はナイショね、これ以上バサーが増えても困っちゃうので・・・。

20090806noike.jpg
私の家から車で7分のこの野池、隠れスポットにも拘らず、連日バサーが押し寄せている。

1周歩いて7分くらいの小さい野池だし、比較的足場がいいからなのか、とても人気がある。

そのせいで、バスはスレちゃってるのかなぁ、何のアタリも無かった。

近いのでまたチャレンジしよう。

次は印旛中央水路。

初のウェーダーで攻めてみた。

ここは陸っぱりが出来るポイントが限定されるので、岸際の水中を歩きながら釣り歩くのは良いアイデアだと思った。

しかし、この所印旛沼水系がずっと増水していて、水深が結構あって難しかった。

岸際だけならいいのだが、障害物の舟や葦、ヘラ台があって、迂回しようと沖へ出ると深くてウェーダーでも足らない。

だから大して移動できず、ウェーダーの威力を発揮することなく納竿。

ゴミ溜まりのような所で、20センチクラスのバスをフッキングするもバラした、残念!!

3日目は、この間ブルーギルが釣れた旧長門川。

ワームを4インチに付け替え、テキサスリグにして、ここもウェーダーにて本格的に葦際を攻めた。

だが、そこらじゅうでウシガエルのおたまじゃくしが、ウヨウヨしていてそれを捕食してそれ以上食欲があるようにも見えなかった。

そして、時折聞こえてくる水音は葦際どころか、群生してる奥の方から聞こえてくるので、どう考えてもそこへルアーを入れるのは無理。

そして底の泥に足が取られて、歩きにくいったらありゃしない。

そしてリリーパットの大群生、下に居るのは分っているのに、どうにも攻めあぐねた。

良い攻略方法はないものかねぇ・・・。

結局、ノーバイトで納竿。

同じ旧長門川でも他に良いポイントは沢山あるが、攻める時間が足りなかった。

帰り際、車窓から、またしても、鯉が群れて表層をサスペンドしてる所を目撃。

思わず車を停めて偵察すると、岸際の葦に10センチ足らずの子バスもウヨウヨといた。

リリーパッドも殆ど無く、葦もほどほどだし、格好のポイントだと思った。

もっと釣りてぇー、だけど時間がないと諦めた。

今度はココだな。
  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / トラックバック:0
  4. / コメント:0

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

ヒゲオヤジ

Author:ヒゲオヤジ
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新トラックバック

フリーエリア

« 2017 06  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード


.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。